連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】ラオスで最も女性が訪れるお寺 – ワット・シームアン(ラオス)

自らの命に変えて建立を願った、伝説の女性シーさんが眠るお寺。 そこでは人生の大きな節目を迎え、伝統的儀式に訪れた大学生に出会いました。 “世界で一番行きたい国”ラオス ラオスには友人がいるのでよく訪れるのですが、ラオスと言うと「どこだ...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】ラオスの国章に描かれる寺院 – タートルアン(ラオス)

ラオス最高峰の寺院であり、45mの黄金の仏塔は国のシンボル。 商社に勤め始めたお二人が、一年で一番盛り上がるタートルアン祭りを教えてくれました。 首都を築いた王が再建 ラオスの首都ビエンチャンに、ラオス最高峰の寺院であり、国のシンボル...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】首都ビエンチャン最古のお寺 – ワット・シーサケット(ラオス)

境内には6,840体もの仏像が安置され、16世紀の建立当時の希少な姿を保つお寺。 そこで三年間も絵を描き続ける男性が、ここはラオスの象徴だとお話ししてくれました。 16世紀の建立当時の姿で再建 ラオスは米国誌アンケートの「世界でいちば...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】エメラルド仏のために建立 – ワット・ホー・プラケオ(ラオス)

かつてラオスの国宝だったエメラルド仏はタイに略奪され、今はかつての栄華が寂しく残るお寺「ワット・ホー・プラケオ」 そこでは3人の子供のため、休みなしに働くお父さんからお話を聞きました。
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】ラオスの珍スポット – ブッダパーク(ラオス)

ラオスの首都ビエンチャン中心部から東に25km、そこには誰もが驚く摩訶不思議な空間があります。そこは「ブッダパーク」と呼ばれ、正式にはワット・シェンクワンというお寺の名称を持っています。お寺と言っても本堂もなければ、僧侶もいません。そこには独特の形と世界観に溢れた仏教とヒンドゥー教のモニュメントが200体以上も建っているのです。
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】世界最大120mの仏塔 – ワット・プラパトムチェディ(タイ)

インドから最初に仏教が伝わった、タイ最古の町“ナコームパトム” お参りに来てきていた大学生の祈りは“地元をもっと良い町にしたい” 仏教の町にそびえ立つ世界最大の仏塔 首都バンコクから西に約55㎞にあるナコームパトム県。広大な水田に畑作...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】週末には2万人が訪れる魔法の祈祷 – ワット・ソムラオン アンデット(カンボジア)

涅槃像に添い寝する人、食事を作る近所の人々、身寄りのない高齢者も生活する開放されたお寺。 とても元気で明るい住職は、カンボジア7万人の僧侶のうち3番目の地位という高僧でした。 地域の人々に開放されたお寺 カンボジアのプノンペン国際空港...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】キリングフィールドの一つ – ワット・チョン ポッ クエッ(カンボジア)

内戦時代の処刑場の跡地、今でも約600体の遺骨が悲しく眠ります。 ヘトヘトになりながら、一日中大量の薪を割る若いお坊さんたち。 樹齢300年の木々が生い茂るお寺 カンボジアの首都プノンペン郊外にあるお寺“ワット・チョン ポッ クエッ”...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】世界中の女性を魅了する真っピンクの教会 – タンディン教会(ベトナム)

ホーチミン№1のインスタ映えスポットが、ミサが始まると一転して厳粛な教会に。貧しい方々への医療と物資の提供を、毎週ミサに参加する医大生が教えてくれました。 アニメの世界から飛び出してきたピンクの教会 ベトナムには1割ほどのクリスチャンが...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】西遊記の孫悟空を祀るお寺 – 王爺寺(ベトナム)

中国移民の祈りの場所として、同郷出身者の集会所として建立。 フォーのお店をオープンするというご夫婦の開眼供養を拝見させていただきました。 華人の祈りの場所として建立 ベトナム最大の都市ホーチミンにチョロン地区と呼ばれるチャイナタウ...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】160mの巨大仏画 – ワット・カオシーチャン(タイ)

国民に敬愛された、プミポン前国王の即位50周年を記念し建立。 そこでは中学校音楽部の男の子たちが、訪れる人々の幸せを祈り演奏していました。 160mの斜面いっぱいの仏画 タイで人気のパタヤビーチから20km、車で30分ほど走ると、誰も...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】巨大なピンクのガネーシャ – ワット・サマーン・ラッタナーラーム(タイ)

お願いごとを叶えてくれる速さは他のお寺の三倍。 子ども達がお寺に通ってくれるように、日本のアニメの人気キャラクターが勢ぞろい。 三倍のスピードで願いがかなうお寺 タイのチャチュンサオ県にワット・サマーン・ラッタナーラームというお寺...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】タイで2番目に参拝者の多い寺 – ワット・ソートーン(タイ)

無病息災だけでなく、その絶大なご利益で宝くじも大当たり。 美人社長は衣類のネット販売が大成功、お礼に持ってきたのはユニークなお供えものでした。 タイで二番目に参拝者の多いお寺 タイのチャチューンサオ県にあるワット・ソートーン。1764...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】三つの頭を持つ超巨大な象 – エラワン・ミュージアム(タイ)

象の体内は美しいステンドグラスに包まれた幻想的な世界。歴史的にも宗教的にも象は特別な存在であることを、タイの人々が教えてくれました。 街を見下ろす43mの超巨大な象 タイの首都バンコクに隣接するサムットプラカーン県にあるエラワン・ミュー...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】パタヤの街を一望できる丘の上 – ワット・プラヤイ(タイ)

丘の上で鎮座するビッグブッダ タイのパタヤといえばビーチリゾートやその周辺の歓楽街で世界的に知られていますが、そんなエリアにもとても有名なお寺があります。それが「ワット・プラヤイ」、通称は「ビッグブッダ」です。 1977年に建立され...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】17世紀から19世紀の古都 – ウドン山のお寺(カンボジア)

17世紀から19世紀に栄えた都 カンボジアの都と言えば現在のプノンペン、そして世界遺産アンコール・ワットを建造したクメール王朝は世界的に有名ですが、首都プノンペンから約40㎞先にもウドン(Oudong)という古都があります。 17世...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】鮮やかなオレンジ色の本堂 – ワット・ミーサイ(ラオス)

本堂の中は、煌びやかな仏様と仏画に埋め尽くされた宝石箱のような美しさ。 旧正月を前にお坊さんたちもワクワク、普段は見せないご機嫌な姿でした。 オレンジ色の本堂と壁一面の仏画 ラオスの首都ヴィエンチャンを東西に横切るセーターティラー...
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】織田信長に仕え百万石を芽吹かせた前田利家、加賀梅鉢の家紋

前田利家の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】十字架に殉じたキリシタン大名 – 小西行長

小西行長の家紋 小西氏の家紋は、「中結び祇園守」といわれています。 祇園守紋は、京都八坂神社の例祭「祇園祭」で用いられていた筒状の守を紋章化したものという説があります。また、真ん中が十字架のようにクロスしていることから、キリ...
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】鳥の巣を模した木瓜紋を掲げ、己が巣を広げた風雲児 – 織田信長

織田信長の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】炎の中で花開いた桔梗は、盛りわずかに散りゆく – 明智光秀

明智光秀の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】(幽斎)引両から離れた細川の星、乱世を流れゆく – 細川藤孝

細川藤孝(幽斎)の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】家紋を与えた織田氏に滅ぼされた、越前朝倉氏最後の当主 – 朝倉義景

朝倉義景の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】亀甲のように固い意志を持って信長に造反、浅井長政

浅井長政の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】桐とともに乱世を駆け抜け頂点を極める、豊臣秀吉

豊臣秀吉の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】猛る武将の大活躍は2匹の龍の加護か?島津義弘

島津義弘の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】天下大吉が叶わなかった秀吉子飼いの敏腕官僚、石田三成

石田三成の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】徳川家康 江戸幕府を開いた葵の御紋

徳川家康の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】宇喜多の剣片喰、八丈島に根付く – 秀吉に寵愛された宇喜多秀家

宇喜田秀家の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】三菱マークの源にもなった家紋?信長・秀吉・家康に仕えた山内一豊

山内一豊の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】家紋も創作した下剋上の代名詞、美濃のマムシ斎藤道三

斎藤道三の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】大内義隆 先祖が渡来人であることを家紋で表現 下剋上で滅亡した西国の覇者

大内義孝の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】毛利元就 三つ星のごとく両川を率いた知将の家紋

毛利元就の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】尼子経久 家紋を同じくする京極氏を追い落とした謀略の将

尼子経久の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】今川義元 桶狭間に落ちた足利一門の赤き鳥の家紋

今川義元の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】森蘭丸 信長とともに舞い飛び、散り去った若き鶴

森蘭丸の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】竹中重治 竹中の家紋九枚笹は風に乗り、秀吉にたどり着く

竹中重治の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】吉川元春 毛利氏を支えた竜のごとき猛将の家紋

吉川元春の家紋 吉川氏の家紋は「丸に三つ引両」といわれています。 引両紋は、主に足利氏一門が用いた家紋です。吉川氏は藤原氏の支流・工藤氏の流れをくむ家ですが、「応仁の乱(1467~78年)」での功績で、足利氏の支流である細川...
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】福島正則 徳川に接近しながら豊臣を案じ続け、手折れた福島沢瀉

福島正則の家紋 福島氏の家紋は「福島沢瀉」といわれています。 沢瀉紋は、オモダカの葉と花を文様化したものです。オモダカは水辺に自生し、夏に白い花を咲かせます。群生が弓矢を立てたように、また葉が矢じりのように見えることから、武...
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】加藤清正 豊臣と徳川の間で忠誠心を揺らした蛇の目

加藤清正の家紋 加藤氏の家紋は「蛇の目」といわれています。 蛇の目紋は、ヘビの目に似ていることが名称の由来とされます。その形は、予備の弓弦を巻いておく弦巻をかたどったのがもとといわれ、ここから「弦巻紋」とも呼ばれます。 ...
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】長宗我部元親 四国に繁茂し枯れた土佐のカタバミ

長宗我部元親の家紋 長宗我部氏の家紋は「七つ片喰」といわれています。 その由来は、平安末期から鎌倉時代初期にさかのぼります。長宗我部氏の後裔とされる秦氏の秦能俊という人が、土佐へ役人として赴任することになりました。その際、別...
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】蒲生氏郷 将来を期待された近江の若鶴、会津藩の基礎をつくる

蒲生氏郷の家紋 蒲生氏の家紋は「対い鶴」といわれています。 蒲生氏郷は幼名を鶴千代といい、会津の黒川城を改築し「鶴ヶ城」と名付けています。とくに城の名称は家紋にちなんだという説もあり、ツルに縁のある人物ですが、残念ながらツル...
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】小早川隆景 毛利氏を支えた水のごとき知将の家紋

小早川隆景の家紋 小早川氏の家紋は「左三つ巴」といわれています。 巴紋は世界各地にみられ、文様の代表ともいえます。日本では、弓用の武具「鞆」の形に似ていたため「鞆絵」と呼ばれ、後に「巴」の字があてられました。 また、弓...
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】大谷吉継 石田三成との義を選び、関ヶ原に潰えた蝶

大谷吉継の家紋 大谷氏の家紋は「対い蝶」といわれています。 大谷吉継は、この家紋を1585年頃から使い始めたようです。その前は「丸に違い鷹の羽」を用いていたとされ、彼の最期の戦となる「関ヶ原の戦い(1600年)」は、こちらの...
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】藤堂高虎 数々の主君に絡まり上へ上へと伸びたツタ

藤堂高虎の家紋 藤堂氏の家紋は「蔦」といわれています。蔦紋は、植物のツタの葉を文様化したもので、平安期からみられます。 江戸時代に大流行し、大名から旗本まで160以上の家が使用したともいわれ、その人気は町人にも及びま...
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】柴田勝家 織田家重臣、めおと雁となり北ノ庄を飛ぶ

柴田勝家の家紋 柴田氏の家紋は「二つ雁金」といわれています。 上が口を開き、下が閉じて「阿吽」のかたちをしています。柴田勝家ゆかりの北ノ庄(現在の福井市)では、この家紋に由来してか2羽の雁を見ると勝家と妻・市(信長の妹)が戻...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】プノンペンで最も古いお寺 – ワット・プノン(カンボジア)

首都プノンペンの名前になった、ペン夫人の丘 仏像を救い、お寺を建てたペン夫人の善行に感謝し続ける人々 【仏像を救ったペン夫人の善行】 カンボジアの首都プノンペン。王宮がある中心地を廻っていると、緑々と草木が生い茂る小高い丘、きれいに...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】ベトナムで最も古い中華系寺院 – 天后宮(ベトナム)

人々を海の事故から救った不思議な能力、中国福建省の島に生きた“媽祖”の伝説。 ベトナムテレビの美人MCさんが、たくさんのご利益を教えてくれました。 海の女神 媽祖の伝説 ベトナムの首都ホーチミンのチャイナタウンと言われるチョロン地区に...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】美しいロケーション – ワット・チャン(ラオス)

大河メコンと賑やかなナイトマーケットとセットで行くのがおすすめ。 二人の若いお坊さんが、お寺での生活と修行の素直な動機を教えてくれました。 メコン川とナイトマーケット ラオスの首都ヴィエンチャンのメコン川沿いのファーグム通り。この...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】石柱を祀る神社 – ビエンチャンシティ・ピラー神社(ラオス)

道路の拡張工事中に出てきた家々を守る石柱、その数473基。 女性スタッフが叩いてくれた大きな銅鑼の響きは、今までにない不思議な感覚でした。 ラオスには珍しい“お寺”でなく“神社” ラオスの首都ビエンチャンに「Vientiane C...
2021.04.06