都立霊園の倍率はどのくらい?【2020年度抽選結果まとめ】

都立霊園には毎年、募集数以上の申し込みが殺到するため抽選が行われています。

2020年度(令和2年度)は、8月20日(木)に東京都公園協会本社で抽選が実施されました。今年度は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため抽選会場に入場することはできず、YouTubeにてライブ配信が行われました。

募集が行われた霊園は、「多磨霊園」「小平霊園」「八王子霊園」「八柱霊園」「青山霊園」「谷中霊園」「染井霊園」の7霊園でした。

本年度の都立霊園の公募受付数は、全体で25,301件。昨年の公募受付数公募26,836件より若干減りましたが、倍率は例年通り高く、一般埋蔵施設などは4.6倍、合葬埋蔵施設は3.4倍、樹林型合葬埋蔵施設は14.4倍、樹木型合葬埋蔵施設は1.1倍となりました。

都道府県一覧から霊園を探す

いいお墓では、ご希望のエリア、お墓の種類や特色・こだわり、宗旨・宗派などの検索条件で全国の霊園・墓地を探すことができます。

抽選の方法は?

都立霊園の当選者番号および順位は、抽選器から抽出された玉の数字をパソコンで規則的に組み合わせることで決定します。

2019年度の抽選会場では、設置されたモニターに抽選会場の映像が流れ、抽選結果がリアルタイムで発表されました。抽選会場の掲示板には当選番号が掲示され、多くの人が抽選結果を確認しようと会場に訪れていました。

2020年度は新型コロナウイルスの影響で、抽選会場に入場することはできませんでした。抽選はYouTubeにてライブ配信が行われました。

抽選結果はどこで確認できる?

抽選結果は、公益財団法人東京都公園協会ホームページ内「TOKYO霊園さんぽ」で公開されています。また、都立霊園の窓口および公益財団法人東京都公園協会本社窓口でも閲覧いただけます。

「都立霊園」の抽選に落選した約7割が「民営霊園」を購入! – 落選者はどう霊園を選べばいいの?
2020年(令和2年)は、8月20日(木)に抽選結果が発表された都立霊園ですが、例年と同様に応募が殺到しました。本年度の抽選会は、応募倍率の最も高い人気区画が25.2倍、平均倍率が4.6倍となりました。都立霊園は狭き門であることが知られてい

都立霊園の倍率は?

過去3年間の都立霊園の倍率は下のような結果となっています。

いずれも倍率は高い傾向にあります。2019年度から「樹林型合葬埋蔵施設」の倍率が急激に伸びており、自然に還ることができる樹木葬が注目を浴びていることが伺えます。

2018年度2019年度2020年度
公募受付数27,845件26,836件25,301件
一般埋蔵施設など5.5倍4.9倍4.6倍
合葬埋蔵施設3.7倍3.4倍3.4倍
樹林型合葬埋蔵施設7.9倍15.7倍14.4倍
樹木型合葬埋蔵施設1.5倍1.2倍1.1倍

都立霊園の募集情報と最新年の倍率

都立霊園では、毎年6月中旬から7月上旬に抽選申し込みの期間があります。本年度の募集情報と最新年の倍率は下のようになっています。応募の参考にしてみてください。

多磨霊園

本年度の募集要項

一般埋蔵施設(1.75~7.80平方メートル)【申込区分1】
  • 募集数:321か所
  • 使用料:1,613,500~7,191,600円
  • 年間管理料:1,400~5,600円
  • 申込者は、都内に5年以上継続して居住していること
    一度も埋蔵(葬)、収蔵したことがない遺骨を持ち、申込者は、申込遺骨の祭祀の主宰者であること(申込遺骨は改葬遺骨でないこと)
長期収蔵施設(みたま堂)【申込区分3】
  • 募集数:51か所
  • 使用料:6体用359,000円、4体用287,000円、2体用215,000円
  • 年間管理料:6体用5,440円、4体用4,350円、2体用3,260円
  • 申込者は、都内に5年以上継続して居住していること
    申込者は、申込遺骨の祭祀の主宰者であること
樹林型合葬埋蔵施設【申込区分8~10】
  • 募集数:2,220体
  • 使用料:遺骨1体あたり91,000円、粉状遺骨1体あたり30,000円
  • 年間管理料:なし
  • 申込者(及び存命の埋蔵予定者)は、都内に3年以上継続して居住していること
    <遺骨申込>
    申込者は、申込遺骨の祭祀の主宰者であること。2体用の場合、申込遺骨2体が夫婦、親子又は兄弟姉妹であること
    <遺骨・生前申込>
    申込遺骨は申込者と夫婦、親子又は兄弟姉妹であること
    <生前申込>
    1体用の場合、申込者が埋蔵予定者であること。2体用の場合は、申込者及び埋蔵予定者は全員存命であり、夫婦、親子又は兄弟姉妹であること
    ※樹林型合葬埋蔵施設(樹林墓地)は、樹林の下に多くの遺骨を一緒に埋蔵します。

最新年の倍率

参考として令和2年度の募集要項と倍率を記載します。募集があったのは、5種類のうち2種類のみでした。※令和2年度の募集はすでに終了しています。

種別募集数倍率使用料管理料
一般埋蔵施設3741.5倍1,659,600円~1,400円~
長期収蔵施設(みたま堂)4025.2倍215,000円~3,260円~

小平霊園

本年度の募集要項

一般埋蔵施設(1.85~6.00平方メートル)【申込区分1】
  • 募集数:100か所
  • 使用料:1,618,750~5,250,000円
  • 年間管理料:1,400~4,200円
  • 申込者は、都内に5年以上継続して居住していること
    一度も埋蔵(葬)、収蔵したことがない遺骨を持ち、申込者は、申込遺骨の祭祀の主宰者であること(申込遺骨は改葬遺骨でないこと)
芝生埋蔵施設(4.00平方メートル)【申込区分1】
  • 募集数:25か所
  • 使用料:3,540,000円
  • 年間管理料:3,760円
  • 申込者は、都内に5年以上継続して居住していること
    一度も埋蔵(葬)、収蔵したことがない遺骨を持ち、申込者は、申込遺骨の祭祀の主宰者であること(申込遺骨は改葬遺骨でないこと)
合葬埋蔵施設【申込区分5~7】
  • 募集数:800体
  • 使用料(一定期間後共同埋蔵):遺骨1体あたり70,000円
  • 使用料(直接共同埋蔵):遺骨1体あたり60,000円
  • 年間管理料:なし
  • 申込者(及び存命の埋蔵予定者)は、都内に3年以上継続して居住していること
    <遺骨申込>
    申込者は、申込遺骨の祭祀の主宰者であること。2体用の場合、申込遺骨2体が夫婦、親子又は兄弟姉妹であること
    <遺骨・生前申込>
    2体用の場合、申込遺骨は申込者と夫婦、親子又は兄弟姉妹であること。3体用の場合、申込遺骨及び埋蔵予定者は、申込者と夫婦、親子又は兄弟姉妹であること
    <生前申込>
    1体用の場合、申込者が埋蔵予定者であること。2体用及び3体用の場合は、申込者及び埋蔵予定者は全員存命であり、夫婦、親子又は兄弟姉妹であること
    ※合葬埋蔵施設の「一定期間後共同埋蔵」とは、使用許可日から20年間個別に保管した後に共同埋蔵するものであり、「直接共同埋蔵」とは、納骨時に速やかに共同埋蔵するものです。
樹木型合葬埋蔵施設【申込区分11】
  • 募集数:300体
  • 使用料:遺骨1体あたり194,000円
  • 年間管理料:なし
  • 申込者は、都内に3年以上継続して居住していること
    <遺骨申込>
    申込者は、申込遺骨の祭祀の主宰者であること。2体用の場合、申込遺骨2体が夫婦、親子又は兄弟姉妹であること
    ※樹木型合葬埋蔵施設(樹木墓地)は、樹木の周辺に遺骨を一体ずつ埋蔵します。

最新年の倍率

参考として令和2年度(2020年)の募集要項と倍率を記載します。募集があったのは、6種類のうち5種類でした。※令和2年度の募集はすでに終了しています。

種別募集数倍率使用料管理料
一般埋蔵施設855.4倍1,662,500円~1,400円~
芝生埋蔵施設175.6倍3,540,000円3,760円
合葬埋蔵施設80010.0倍60,000円~
樹林型合葬埋蔵施設71914.4倍44,000円~
樹木型合葬埋蔵施設4001.1倍194,000円~

八王子霊園

本年度の募集要項

芝生埋蔵施設(4.00平方メートル)【申込区分1】
  • 募集数:95か所
  • 使用料:1,196,000円
  • 年間管理料:3,760円
  • 申込者は、都内に5年以上継続して居住していること
    一度も埋蔵(葬)、収蔵したことがない遺骨を持ち、申込者は、申込遺骨の祭祀の主宰者であること(申込遺骨は改葬遺骨でないこと)

最新年の倍率

参考として令和2年度の募集要項と倍率を記載します。※令和2年度の募集はすでに終了しています。

種別募集数倍率使用料管理料
芝生埋蔵施設953.1倍1,196,000円3,760円

八柱霊園

本年度の募集要項

一般埋蔵施設(1.75~5.90平方メートル)【申込区分2】
  • 募集数:315か所
  • 使用料:351,750~1,185,900円
  • 年間管理料:1,400~4,200円
  • 申込者は、都内又は千葉県松戸市に5年以上継続して居住していること
    申込者は、申込遺骨の祭祀の主宰者であること
芝生埋蔵施設(4.00平方メートル)【申込区分2】
  • 募集数:30か所
  • 使用料:844,000円
  • 年間管理料:3,760円
  • 申込者は、都内又は千葉県松戸市に5年以上継続して居住していること
    申込者は、申込遺骨の祭祀の主宰者であること
合葬埋蔵施設【申込区分5~7】
  • 募集数:2,000体
  • 使用料(一定期間後共同埋蔵):遺骨1体あたり134,000円
  • 使用料(直接共同埋蔵):遺骨1体あたり54,000円
  • 年間管理料:なし
  • 申込者(及び存命の埋蔵予定者)は、都内又は千葉県松戸市に5年以上継続して居住していること
    <遺骨申込>
    申込者は、申込遺骨の祭祀の主宰者であること。2体用の場合、申込遺骨2体が夫婦、親子又は兄弟姉妹であること
    <遺骨・生前申込>
    2体用の場合、申込遺骨は申込者と夫婦、親子又は兄弟姉妹であること。3体用の場合、申込遺骨及び埋蔵予定者は、申込者と夫婦、親子又は兄弟姉妹であること
    <生前申込>
    1体用の場合、申込者が埋蔵予定者であること。2体用及び3体用の場合は、申込者及び埋蔵予定者は全員存命であり、夫婦、親子又は兄弟姉妹であること
    ※合葬埋蔵施設の「一定期間後共同埋蔵」とは、使用許可日から20年間個別に保管した後に共同埋蔵するものであり、「直接共同埋蔵」とは、納骨時に速やかに共同埋蔵するものです。

最新年の倍率

参考として令和2年度の募集要項と倍率を記載します。募集があったのは、4種類のうち3種類でした。※令和2年度の募集はすでに終了しています。

種別募集数倍率使用料管理料
一般埋蔵施設3332.9倍341,700円~1.400円~
芝生埋蔵施設248.5倍844,000円~3,760円
合葬埋蔵施設20000.7倍54,000円~-

青山霊園

本年度の募集要項

一般埋蔵施設(1.55~4.00平方メートル)【申込区分3】
  • 募集数:56か所
  • 使用料:4,400,450~11,356,000円
  • 年間管理料:1,400~2,800円
  • 申込者は、都内に5年以上継続して居住していること
    申込者は、申込遺骨の祭祀の主宰者であること

最新年の倍率

参考として令和2年度の募集要項と倍率を記載します。募集があったのは、2種類のうち1種類でした。※令和2年度の募集はすでに終了しています。

種別募集数倍率使用料管理料
一般埋蔵施設5413.0倍4,542,400円~1,400円~

谷中霊園

本年度の募集要項

一般埋蔵施設(1.60~3.95平方メートル)【申込区分3】
  • 募集数:67か所
  • 使用料:2,896,000~7,149,500円
  • 年間管理料:1,400~2,800円
  • 申込者は、都内に5年以上継続して居住していること
    申込者は、申込遺骨の祭祀の主宰者であること

最新年の倍率

参考として令和2年度の募集要項と倍率を記載します。募集があったのは、2種類のうち1種類でした。※令和2年度の募集はすでに終了しています。

種別募集数倍率使用料管理料
一般埋蔵施設678.2倍2,805,500円~1,400円~

染井霊園

本年度の募集要項

一般埋蔵施設(1.50~1.80平方メートル)【申込区分3】
  • 募集数:44か所
  • 使用料:2,556,000~3,067,200円
  • 年間管理料:1,400円
  • 申込者は、都内に5年以上継続して居住していること
    申込者は、申込遺骨の祭祀の主宰者であること
立体埋蔵施設【申込区分4】
  • 募集数:30か所
  • 使用料:648,000円
  • 年間管理料:なし
  • 申込者は、都内に5年以上継続して居住していること
    申込者は、申込遺骨の祭祀の主宰者であること

最新年の倍率

参考として令和2年度の募集要項と倍率を記載します。※令和2年度の募集はすでに終了しています。

種別募集数倍率使用料管理料
一般埋蔵施設367.9倍2,721,600円~1,400円~