連載「アジアの聖地から」

著者紹介
齋藤 浩司

齋藤浩司(株式会社B-WAYグループ 代表取締役)
互助会から葬儀社を経て2001年同社創業。2002年に葬送支援NPO法人を創設。2010年には宗教法人を新規認証。CSR活動として、2007年お寺で余ったお供え物を困窮世帯へ届けるフードバンクを設立。2013年からは東南アジアの貧しい子ども達への生活・教育支援を開始し、現在はカンボジアのスラムで孤児院と幼稚園を運営。活動時に各国の聖地を訪れ、宗教家や現地の人々から文化を学んでいる。東京都新宿区出身。

いいお墓(株式会社鎌倉新書)をフォローする
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】アンコールトム・バイヨン寺院は戦乱後の首都復興の象徴(カンボジア)

世界文化遺産アンコール遺跡群にある、仏教とヒンドゥー教の混合寺院、アンコールトム・バイヨン寺院。周囲に微笑みかける巨像郡のふもとで、音楽を奏でる男たちと出会いました。 戦乱からの復興を象徴する混合宗教寺院 カンボジア観光の玄関と...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】“愛の伝説”を祀るワット・マハープット(タイ)

この国の映画興行記録を更新した切ない恋愛ストーリー。その主人公となった霊が眠るお寺。厳格で知られるタイのお坊さんが、意外な一面と共に教えてくれた悲恋物語。 意外と気さくなタイのお坊さん タイの首都バンコク。下町の雰囲気が残るプラカノン地...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】36年以上建設が進む「真実の聖域」- サンクチュアリ・オブ・トゥース(タイ)

空と海にそびえ立つ、アジア各国の宗教と文化を統合させた宗教建築の傑作。 年に一度はお寺で修行、タイの若者の深い信仰とは。 1981年からいまだに工事中 タイのビーチリゾートで人気の高いパタヤ。歓楽街としても世界的に有名な場所です。そこ...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】密林に侵食される寺院遺跡 – タ・プローム(カンボジア)

生き続けるカジュマルは寺院を食い尽くすのか、それとも支えているのか。 この国の最も悲しい時代を生き抜いた尼僧は、薄暗い祠で祈り続けて10年。 【知識・文化・医療が集約された大都市】 カンボジア、アンコール世界遺産群のあるシェムリアップ...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】タイ王室第一級寺院 – ワット・ボウォーンニウェート(タイ)

国民から敬愛されたプミポン国王も出家した、タマユット派の総本山。 私財を寄付して出家した尼僧の何もない幸せ。 格式高く閑静な寺院 タイの首都バンコク。世界中のバックパッカーが集まるカオサン通り近くに、ワット・ボウォーンニウェートという...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】イタリア産の大理石寺院 – ワット・ベンチャマボピット(タイ)

現代寺院建築の最高峰、世界で最も美しい寺院の一つと評される名刹。 遭遇したタイ軍の得度式、総勢86人の王室への祈り。 最も尊敬されている国王が眠る寺 タイの首都バンコク。行政機関が立ち並ぶドゥシット地区に、真っ白な山門が目を引くワット...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】ワット・ラーチャナッダーラーム(タイ)- 世界で唯一の「鉄の城」

黒から金色へ改装 タイの首都バンコク。近代タイの民主主義を象徴する民主記念塔の近くに、ワット・ラーチャナッダーラームという寺院があります。このお寺はユネスコ世界遺産への申請もされ、まだ登録はされてないものの、その重要性を伺うことができます...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】アジアを代表する世界遺産 – アンコール・ワット(カンボジア)

壮大なヒンドゥー教の世界観 アンコールワット。言わずと知れたアジアを代表する世界遺産です。カンボジア、当時のアンコール王朝に12世紀後半に約30年の歳月をかけて造られた寺院。東京ドーム15個分という広さは、アンコール遺跡群の中でも最大級の...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】巨大な船のお寺 – ワット・ヤーンナーワー(タイ)

ラーマ3世のジャンク船への想い タイの王宮周辺へ行くには、チャオプラヤー川をボートで移動する人々も多く、電車からボートへの乗換駅となるのがサパーンタクシン駅。そこから徒歩3分ほどのところに、とても独創的なお寺があります。 重...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】世界最大の黄金仏 – ワット・トライミット(タイ)

世紀の発見、無住の廃寺から現れた120億円の仏像。 カトリック国ポーランドから、宗教を越えた平和を祈るクリスチャン。 【中華街で賑わう、お城のようなお寺】 バンコクのチャイナタウン、ヤワラー通りにはこのエリアのシンボル中華門がそび...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】道教の最高神を祀る寺 – 玉皇上帝寺(ベトナム)

オバマ元大統領が参詣したことで世界的な知名度に。 子宝祈願に絶大なご利益。地元の旦那さんいわく「生まれる確率は98%!」 オバマ元大統領が参詣 ベトナム最大の人口800万人を誇るホーチミン市。政治の中心である首都ハノイに対して、こ...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】ホーチミンで最も古いお寺 – 覚林寺(ベトナム)

ベトナムの教科書にも載るほどの格式、二大仏教寺院の一つ、覚林寺。そこでは、悲しい生い立ちを背負い、お寺で楽しく暮らす6才と9才の小僧さんと出会いました。 (画像は、華やかな色合いの覚林寺山門) 教科書にも載っている名刹 ベトナムの...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】ホーチミンで最も大きなお寺 – 永厳寺(ベトナム)

日本に留学していた僧侶が建立した永厳寺。“平和の鐘”は日本との友好を後世に残しています。 そこではご親切な一族と出会い、法要と会食にまで参加させていただきました。 ベトナムの信仰の中心 ベトナムの経済の中心ホーチミン。国際空港から...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】数少ないヒンドゥー教寺院 – スリ タンディ ユッタ パニ(ベトナム)

窓も飾りもない高い塀、中の様子が全く分からない宗教施設。 小さな入口から入ると景色は一転、ミントグリーンとピンクの憩いの場に人々が集っていました。 ベトナムとヒンドゥー教 ベトナムでは8割を仏教徒が占め、1割がカトリック、そして残...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】ラオスで最も女性が訪れるお寺 – ワット・シームアン(ラオス)

自らの命に変えて建立を願った、伝説の女性シーさんが眠るお寺。 そこでは人生の大きな節目を迎え、伝統的儀式に訪れた大学生に出会いました。 “世界で一番行きたい国”ラオス ラオスには友人がいるのでよく訪れるのですが、ラオスと言うと「どこだ...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】ラオスの国章に描かれる寺院 – タートルアン(ラオス)

ラオス最高峰の寺院であり、45mの黄金の仏塔は国のシンボル。 商社に勤め始めたお二人が、一年で一番盛り上がるタートルアン祭りを教えてくれました。 首都を築いた王が再建 ラオスの首都ビエンチャンに、ラオス最高峰の寺院であり、国のシンボル...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】首都ビエンチャン最古のお寺 – ワット・シーサケット(ラオス)

境内には6,840体もの仏像が安置され、16世紀の建立当時の希少な姿を保つお寺。 そこで三年間も絵を描き続ける男性が、ここはラオスの象徴だとお話ししてくれました。 16世紀の建立当時の姿で再建 ラオスは米国誌アンケートの「世界でいちば...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】エメラルド仏のために建立 – ワット・ホー・プラケオ(ラオス)

かつてラオスの国宝だったエメラルド仏はタイに略奪され、今はかつての栄華が寂しく残るお寺「ワット・ホー・プラケオ」 そこでは3人の子供のため、休みなしに働くお父さんからお話を聞きました。
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】ラオスの珍スポット – ブッダパーク(ラオス)

ラオスの首都ビエンチャン中心部から東に25km、そこには誰もが驚く摩訶不思議な空間があります。そこは「ブッダパーク」と呼ばれ、正式にはワット・シェンクワンというお寺の名称を持っています。お寺と言っても本堂もなければ、僧侶もいません。そこには独特の形と世界観に溢れた仏教とヒンドゥー教のモニュメントが200体以上も建っているのです。
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】世界最大120mの仏塔 – ワット・プラパトムチェディ(タイ)

インドから最初に仏教が伝わった、タイ最古の町“ナコームパトム” お参りに来てきていた大学生の祈りは“地元をもっと良い町にしたい” 仏教の町にそびえ立つ世界最大の仏塔 首都バンコクから西に約55㎞にあるナコームパトム県。広大な水田に畑作...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】週末には2万人が訪れる魔法の祈祷 – ワット・ソムラオン アンデット(カンボジア)

涅槃像に添い寝する人、食事を作る近所の人々、身寄りのない高齢者も生活する開放されたお寺。 とても元気で明るい住職は、カンボジア7万人の僧侶のうち3番目の地位という高僧でした。 地域の人々に開放されたお寺 カンボジアのプノンペン国際空港...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】キリングフィールドの一つ – ワット・チョン ポッ クエッ(カンボジア)

内戦時代の処刑場の跡地、今でも約600体の遺骨が悲しく眠ります。 ヘトヘトになりながら、一日中大量の薪を割る若いお坊さんたち。 樹齢300年の木々が生い茂るお寺 カンボジアの首都プノンペン郊外にあるお寺“ワット・チョン ポッ クエッ”...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】世界中の女性を魅了する真っピンクの教会 – タンディン教会(ベトナム)

ホーチミン№1のインスタ映えスポットが、ミサが始まると一転して厳粛な教会に。貧しい方々への医療と物資の提供を、毎週ミサに参加する医大生が教えてくれました。 アニメの世界から飛び出してきたピンクの教会 ベトナムには1割ほどのクリスチャンが...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】西遊記の孫悟空を祀るお寺 – 王爺寺(ベトナム)

中国移民の祈りの場所として、同郷出身者の集会所として建立。 フォーのお店をオープンするというご夫婦の開眼供養を拝見させていただきました。 華人の祈りの場所として建立 ベトナム最大の都市ホーチミンにチョロン地区と呼ばれるチャイナタウ...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】160mの巨大仏画 – ワット・カオシーチャン(タイ)

国民に敬愛された、プミポン前国王の即位50周年を記念し建立。 そこでは中学校音楽部の男の子たちが、訪れる人々の幸せを祈り演奏していました。 160mの斜面いっぱいの仏画 タイで人気のパタヤビーチから20km、車で30分ほど走ると、誰も...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】巨大なピンクのガネーシャ – ワット・サマーン・ラッタナーラーム(タイ)

お願いごとを叶えてくれる速さは他のお寺の三倍。 子ども達がお寺に通ってくれるように、日本のアニメの人気キャラクターが勢ぞろい。 三倍のスピードで願いがかなうお寺 タイのチャチュンサオ県にワット・サマーン・ラッタナーラームというお寺...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】タイで2番目に参拝者の多い寺 – ワット・ソートーン(タイ)

無病息災だけでなく、その絶大なご利益で宝くじも大当たり。 美人社長は衣類のネット販売が大成功、お礼に持ってきたのはユニークなお供えものでした。 タイで二番目に参拝者の多いお寺 タイのチャチューンサオ県にあるワット・ソートーン。1764...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】三つの頭を持つ超巨大な象 – エラワン・ミュージアム(タイ)

象の体内は美しいステンドグラスに包まれた幻想的な世界。歴史的にも宗教的にも象は特別な存在であることを、タイの人々が教えてくれました。 街を見下ろす43mの超巨大な象 タイの首都バンコクに隣接するサムットプラカーン県にあるエラワン・ミュー...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】パタヤの街を一望できる丘の上 – ワット・プラヤイ(タイ)

丘の上で鎮座するビッグブッダ タイのパタヤといえばビーチリゾートやその周辺の歓楽街で世界的に知られていますが、そんなエリアにもとても有名なお寺があります。それが「ワット・プラヤイ」、通称は「ビッグブッダ」です。 1977年に建立され...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】17世紀から19世紀の古都 – ウドン山のお寺(カンボジア)

17世紀から19世紀に栄えた都 カンボジアの都と言えば現在のプノンペン、そして世界遺産アンコール・ワットを建造したクメール王朝は世界的に有名ですが、首都プノンペンから約40㎞先にもウドン(Oudong)という古都があります。 17世...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】鮮やかなオレンジ色の本堂 – ワット・ミーサイ(ラオス)

本堂の中は、煌びやかな仏様と仏画に埋め尽くされた宝石箱のような美しさ。 旧正月を前にお坊さんたちもワクワク、普段は見せないご機嫌な姿でした。 オレンジ色の本堂と壁一面の仏画 ラオスの首都ヴィエンチャンを東西に横切るセーターティラー...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】プノンペンで最も古いお寺 – ワット・プノン(カンボジア)

首都プノンペンの名前になった、ペン夫人の丘 仏像を救い、お寺を建てたペン夫人の善行に感謝し続ける人々 【仏像を救ったペン夫人の善行】 カンボジアの首都プノンペン。王宮がある中心地を廻っていると、緑々と草木が生い茂る小高い丘、きれいに...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】ベトナムで最も古い中華系寺院 – 天后宮(ベトナム)

人々を海の事故から救った不思議な能力、中国福建省の島に生きた“媽祖”の伝説。 ベトナムテレビの美人MCさんが、たくさんのご利益を教えてくれました。 海の女神 媽祖の伝説 ベトナムの首都ホーチミンのチャイナタウンと言われるチョロン地区に...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】美しいロケーション – ワット・チャン(ラオス)

大河メコンと賑やかなナイトマーケットとセットで行くのがおすすめ。 二人の若いお坊さんが、お寺での生活と修行の素直な動機を教えてくれました。 メコン川とナイトマーケット ラオスの首都ヴィエンチャンのメコン川沿いのファーグム通り。この...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】石柱を祀る神社 – ビエンチャンシティ・ピラー神社(ラオス)

道路の拡張工事中に出てきた家々を守る石柱、その数473基。 女性スタッフが叩いてくれた大きな銅鑼の響きは、今までにない不思議な感覚でした。 ラオスには珍しい“お寺”でなく“神社” ラオスの首都ビエンチャンに「Vientiane C...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】重厚で貫禄あるガネーシャ – パタヤの水上寺院(タイ)

かつての水の都“東洋のベニス”を再現した大人気の水上マーケット。 そこには、数千人の観光客を護り、マーケットの繁盛を祈るガネーシャが祀られていました。 家族連れで楽しめる水上マーケット タイのパタヤと言えば歓楽街が有名で、どちらか...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】黄金の丘にそびえ立つ仏舎利塔 – ワット・サケット(タイ)

タイの首都バンコク。平坦な土地が続く中、遠くからでもよく見える小高い丘の上に、金色に輝く仏塔があります。ここは仏舎利が納められていることでも有名なワット・サケットです。タイの人には「プー・カオトーン」、正に「黄金の丘」の名で親しまれています。
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】高さ21メートルの巨大ブランコ – ワット・スタット(タイ)

タイのバンコクにある“バムルン・ムアン通り”。敬虔な仏教徒で賑わう通りを進むと見える、天高くそびえたつ巨大なブランコ。このブランコがあるのがワット・スタットという王宮寺院です。現在の首都バンコク朝(ラタナコーシン朝)の創始者たる、ラーマ1世の命により1807年に着工し、完成したのは27年後のラーマ3世の時代でした。