お墓コラム

日本最大級のお墓ポータルサイト「いいお墓」では、全国7,000件以上の霊園・墓地を検索できるほか、資料請求・見学予約・お墓の相談をすべて無料で承っています。お墓・永代供養墓・樹木葬の価格(費用)、お墓購入者の口コミ、建墓のポイント、石材店の選び方や、お墓の引越し(改葬)など、お墓に関する情報も満載。霊園・墓地のことなら「いいお墓」にお任せください。

お墓の種類

最近人気の永代供養墓・納骨堂【継ぐ人がいない方向け】

先祖から代々同じ土地に住み続けていた時代には、檀家であるお寺と強く結びつくことでお墓の維持管理、先祖の供養をしてきました。 社会の情勢が変わり転居することが多くなったり、少子化により家を継ぐ人がいなくなるとお墓を守っていくことが難しく...
ニュース

永代供養墓ってどんな人が買っているの?購入者にきくメリット・デメリット

近年さまざまな事情から永代供養墓を選択する人が増えてきています。永代供養墓は寺院や霊園が承継者に代わって供養や管理をしてくれるお墓のことで、継承者がいない方や、家族に面倒をかけたくないという理由から、近年需要が高まってきています。永代供養墓には、永代使用料が個別のお墓よりも比較的安い等、様々なメリットがあります。ただ、永代供養墓と言っても、遺骨を合祀・合葬するものから個別に保管するもの、また納骨する場所が地下だったり地上だったりと、種類がたくさんあります。自分が眠ることになるお墓ですので、少しでも満足のいくお墓にしたいものです。ここでは、永代供養墓についての解説と、実際に購入した人の意見などを元にした、選び方のポイントなどを解説します。
お墓コラム

房総半島初、花と眠る樹木葬「いすみ庭苑」開園

2017年3月3日、千葉県いすみ市の「本迹寺」において、花と眠る樹木葬「いすみ庭苑」の開眼法要が執り行われました。株式会社アンカレッジがプロデュースする「花と眠る樹木葬」のシリーズとしては初めて、房総半島エリアでの展開となります。 6...
お墓コラム

日本唯一の女性墓地設計家が手がけた新しいカタチのお墓「風の丘樹木葬」の墳墓完成!生前予約・埋葬予約者続々

八王子駅から10分(最寄り片倉駅)/継承者不要1区画54万円~/約5,700?(テニスコート約22面分)の広大な敷地 株式会社慈光 株式会社慈光(本社:東京都八王子/代表取締役:田辺静香)は、日本唯一の女性墓地設計家がデザインを...
お墓コラム

卒塔婆を立てるタイミング。知らずに立てていませんでしたか?

故人をしのぶための手段はさまざまあります。葬儀にはじまり、法要やお墓、卒塔婆を立てることもそのうちのひとつです。しかし、この卒塔婆を立てる意味というものを考えたことはあるでしょうか。ただ何となく立っているものであるから、自分も倣って立ててい...
お墓コラム

檀家をやめたい!- 檀家のなり方と辞め方/メリットとデメリット

かつて日本では先祖代々の家に住み続け、先祖のお墓を守り続けるという習慣がありました。そのため、お墓を管理している寺院の檀家になり葬儀や法事を行うのが通常でした。しかし核家族化が進むことで、そのありかたにも変化が見られています。これまで檀家で...
お墓コラム

【お寺散歩】世田谷のど真ん中に五重塔

世田谷のど真ん中に、五重塔があるのをご存知だろうか。 しかも、京都、醍醐寺にある国宝の五重塔を、図面からそっくりそのまま、サイズを約6分の1にして忠実に再現したものだ。 この五重塔があるのは、世田谷区弦巻のお寺『...
お墓コラム

歌碑・句碑のある墓所まとめ【百人一首編】

奈良時代から平安時代の和歌を集めて作られた、小倉百人一首。 藤原定家が小倉山で編さんした百人一首は、いまでも広い世代に愛されています。 歌碑を見ながら参ることのできる墓所を集めてみました。 花の色は 移りにけりな いたづら...
お墓コラム

日本百観音とは – 西国・坂東・秩父の観音巡礼

日本百観音(にほんひゃくかんのん)とは、西国三十三所・坂東三十三所・秩父三十四所を合わせた100カ所の観音霊場のことをいいます。なお、百観音の結願寺(巡礼の最後の寺)は秩父の第三十四番「水潜寺」とされ、巡礼者はすべての札所を巡拝した後、善光寺(長野県長野市)と北向観音(長野県上田市)にお礼参りをすることが慣わしとされています。
お墓コラム

門跡寺院とは – 主な門跡寺院と納骨・供養のご案内

門跡(もんぜき)寺院とは、皇室一門や公家の方が出家して住職を務める寺院のことをいい、古くより皇室と関わりのある格式高い寺院とされています。 「門跡」とは元来、「門葉門流」の意味で、開祖の正式な後継者のことを指す言葉でしたが、平安時代に宇多天皇が仁和寺で出家し、御室(おむろ)を造営して住み、それを「御室門跡」と称して以来、皇族や公家などが出家して寺主となる寺院を「門跡」と称するようになり、格式高い寺院を表す称号へと変化しました。 この記事では、主な門跡寺院をご紹介するとともに、門跡寺院での納骨や供養の情報を載せています。
お墓コラム

小林秀雄のお墓 – 東慶寺(鎌倉市)【著名人が眠るお墓】

お墓には物語があり、古を生きた人々の生きざまが詰まっています。 今を生きる私たちがお墓に教えられることは図りしれません。 「著名人が眠るお墓」、ここではそんなたくさんの物語を紐解いていきます。 文:吉田広行(よしだひろゆき) ...
お墓に関する「よくある質問」

和型のお墓と洋型のお墓、どっちを選べば良いの?

Q. 墓石には和型や洋型だったり、最近ではそれ以外のデザインもあるようですが、そういったお墓の型はどうやって決めればよいのでしょうか。霊園やお寺の宗派などによって決まりがあったりするのでしょうか。
お墓コラム

お墓の“即決”購入の実態が消費者調査から赤裸々に…。そんなに短期間で決めていいの?

お墓を買うと決断したら、できるだけ多くの情報を集め、比較検討することが大切です。 お墓は一度購入すると、簡単には移転や再購入はできません。また、ある程度まとまった金額を必要とする買い物でもあるため、お墓を買う際の決断はできるだけ慎重に...
お墓コラム

皆さんの考える最期の迎え方とは【お坊さんQ&A -hasunoha】

皆さんの考える最期の迎え方とは(女性/40代からの質問) 昨年の秋頃に、NHK のドキュメンタリー『ありのままの最期 末期がんの“看取り医師”死までの450日』が放送されました。 医師で僧侶の田中雅博さんが、末期がんとなり亡くなるまでを...
お墓に関する「よくある質問」

遠い田舎の墓の管理はどうすればいいの?【お墓から納骨堂へ】

日本は家ごとにお墓を立て、先祖代々の遺骨を埋葬・管理する伝統があります。ところが都心への人口集中や墓地の不足を背景に、先祖代々のお墓に納骨するのではなく、自分が住んでいる近くの納骨堂に遺骨を預けて管理してもらう人が増えています。 法律...
お墓に関する「よくある質問」

永代供養墓と納骨堂の違いは?- 種類と費用相場、メリット・デメリット

お墓のことについて調べていると、「永代供養墓」や「納骨堂」といった単語をよく耳にすると思います。自分の希望に合ったお墓を選ぶためにも、それぞれの意味や違いについてしっかり理解しておきたいものです。 この記事では、永代供養墓と納骨堂の違...
都市別お墓ランキング

大阪で人気の永代供養墓TOP10!アクセスや費用なども詳細に解説

「永代供養墓」とは、霊園や寺院により永続的に供養・管理が受けられるお墓のことを指します。最近は永代供養墓の需要も高まっており、永代供養墓を検討・購入する方も多く、注目を集めています。 今回は、大阪府で人気の永代供養墓をランキング形式で...
都市別お墓ランキング

東京の納骨堂ランキング10選!おすすめを厳選紹介

東京都の納骨堂をランキング形式にてご紹介し、それぞれのポイントや特徴を分かりやすく説明していきます。
都市別お墓ランキング

埼玉のおすすめ納骨堂10選!評判・口コミ人気ランキング

近年新しいお墓のスタイルとして注目を集めている「納骨堂」。全国各地に様々な納骨堂がありますが、埼玉県にも素敵な納骨堂がたくさんあります。 今回は、「埼玉県で人気のある納骨堂TOP10」を納骨墓も含めてご紹介。 埼玉県には、自然豊...
都市別お墓ランキング

神奈川の納骨堂ランキング10選!立地、費用、口コミで比較

元々は、一時的に遺骨を預けるための施設として解釈されていた「納骨堂」。近年、現代のライフスタイルにあった新しいお墓として注目を集めています。 一般的な墓石を使ったお墓に比べて、費用が抑えられる、アクセスのいい場所が多い、さまざまな納骨...
都市別お墓ランキング

横浜の納骨堂おすすめランキング10選!費用と評判と立地で比較

屋内の施設に遺骨を納めることができ、お墓を管理する必要がない「納骨堂」。その「遺骨を屋内に収蔵する」ということこそが、一般的なお墓、永代供養墓、樹木葬との大きな違いであり、ひとつの定義になります。 また、一般的な墓石のあるお墓と比べて...
都市別お墓ランキング

大阪の納骨堂ランキング10選!おすすめ順に記載

現代のさまざまなライフスタイルに、臨機応変に対応できる納骨堂。室内に遺骨を安置する施設をさし、交通至便で手間がかからないことから、都市部を中心に注目を集めている供養方法です。「未来型」とも言えるお墓ですが、「納骨堂って何?」という方もまだま...
都市別お墓ランキング

関西の納骨堂ランキング11選!安くて口コミの良いお店を厳選

お墓の継承や管理が難しい家庭が増えてきたことにより、最近注目されるようになったお墓の新しいスタイル「納骨堂」。 関西圏は歴史ある寺院が多く、納骨堂の種類も多くあります。「今住んでいる場所の近くにしたい」や、「憧れの地に眠りたい」、「費...
都市別お墓ランキング

関東の納骨堂ランキング14選!安くて口コミの良いお店を厳選

新しいお墓のスタイルとして注目を浴びている「納骨堂」。お墓の継承が難しい方やご家族にお墓の管理を負担させたくない方が増えてきたことで、人気が出てきました。 室内墓であるため目にする機会も少なく、自分が住んでいる地域にあるのかどうか探さ...
都市別お墓ランキング

九州の納骨堂ランキング5選!安くて口コミの良いお店を厳選

九州地方は古くから、大陸の文化の影響を受けており、お墓選びにも独自の傾向があることをご存知でしょうか? 実は、九州地方、なかでも福岡は納骨堂の数が全国で一番多い地域です。 福岡では、ほとんどの寺院に納骨堂が隣接されていて、それぞ...
都市別お墓ランキング

浅草の納骨堂ランキング7選!安くて口コミの良いお店を厳選

納骨堂はもともと、遺骨を一時的に収蔵するための施設とされていました。しかし最近は恒久的に遺骨を納められる納骨堂も増え、お墓の選択肢のひとつとして多くの方に選ばれるようになりました。 この記事では東京の浅草エリアで納骨堂を探している方向...
都市別お墓ランキング

東京のおすすめ樹木葬10選!費用と口コミで徹底比較

東京都の樹木葬が行える霊園をランキング形式にてご紹介し、それぞれのポイントや特徴を分かりやすく説明していきます。
都市別お墓ランキング

大阪の樹木葬人気ランキング10選!値段、口コミ、立地で比較

承継の必要がないことや、費用が安いことから最近注目を浴びている「樹木葬」。大阪にも樹木葬を行っている霊園が多数あることをご存じですか? 樹木葬といっても、その形態は霊園や寺院ごとにさまざまです。眺望に魅力がある園や自然の豊かさに力を入...
都市別お墓ランキング

関西の樹木葬人気ランキング12選!値段、口コミ、立地で比較

関西でも広まりを見せつつある樹木葬は、墓石のかわりにシンボルツリーなど樹木や花を墓標とする自然葬です。多様化するお墓の中でも希望者を多く増やしており、今注目を集める埋葬スタイルのひとつといえるでしょう。 多様化する昨今の家族の形に応え...
都市別お墓ランキング

関東の樹木葬人気ランキング14選!値段、口コミ、立地で比較

お墓の形態が多様化している昨今ですが、その中でも希望者が増加して注目を集めているのが樹木葬です。関東でも寺院のほか、都立霊園などの公営霊園や民営霊園などで樹木葬が導入されてきています。 そのため、いざ樹木葬に興味をもっても、情報量が多...
都市別お墓ランキング

九州の樹木葬人気ランキング10選!値段、口コミ、立地で比較

樹木葬とは、墓石の代わりに樹木や花を墓標とするお墓です。自然に還るというコンセプトが現代の多くの人の心を掴み、人気が高まっています。 また、墓石を使わないことから費用を安く抑えられることが多い、承継者を必要としない永代供養墓がほとんど...
ニュース

墓石の産地、石材の種類 – 国産と外国産の違い

墓石の産地とは、墓石に使われる石が採掘されるところのことです。海外では中国やインドなど海外から輸入するものもあれば、国産の石材もあります。暮石にはその産地や石の種類によって、さまざまな特徴があります。 ここでは暮石の主な産地や特徴、石の種類や選び方について説明していきます。
おはかもん

大谷吉継 石田三成との義を選び、関ヶ原に潰えた蝶

大谷吉継の家紋 大谷氏の家紋は「対い蝶」といわれています。 大谷吉継は、この家紋を1585年頃から使い始めたようです。その前は「丸に違い鷹の羽」を用いていたとされ、彼の最期の戦となる「関ヶ原の戦い(1600年)」は、こちらの...
アジアの聖地から

美しいロケーション ワット・チャン(ラオス)

大河メコンと賑やかなナイトマーケットとセットで行くのがおすすめ。 二人の若いお坊さんが、お寺での生活と修行の素直な動機を教えてくれました。 メコン川とナイトマーケット ラオスの首都ヴィエンチャンのメコン川沿いのファーグム通り。この...
おはかもん

藤堂高虎 数々の主君に絡まり上へ上へと伸びたツタ

藤堂高虎の家紋 藤堂氏の家紋は「蔦」といわれています。蔦紋は、植物のツタの葉を文様化したもので、平安期からみられます。 江戸時代に大流行し、大名から旗本まで160以上の家が使用したともいわれ、その人気は町人にも及びま...
おはかもん

小西行長 十字架に殉じたキリシタン大名

小西行長の家紋 小西氏の家紋は、「中結び祇園守」といわれています。 祇園守紋は、京都八坂神社の例祭「祇園祭」で用いられていた筒状の守を紋章化したものという説があります。また、真ん中が十字架のようにクロスしていることから、キリ...
ニュース

樹木葬墓地は生前購入した方がお得?【お墓と相続税】

埋葬方法の一つである樹木葬の大きなメリットとして挙げられるのが費用の安さです。 基本的に墓石を立てる際には数百万円もの費用がかかり、経済的な負担がかかりやすいです。 しかし、樹木葬なら墓石を購入する必要がありません。 また...
公営霊園ガイド

京都市営地蔵山墓地 お墓参りしやすさと、美しい景観が魅力

京都市東山区にある京都市営地蔵山墓地。人気の観光地からほど近いにもかかわらず、周囲は歴史ある寺院や京都女子大学・住宅街という静かで心安らぐ霊園です。 環境の良さ以外にも、お墓参りのしやすさ、費用の安さと三拍子揃った地蔵山墓地をご紹介し...
公営霊園ガイド

横浜市営霊園「久保山墓地」横浜市街やみなとみらいを見渡せる絶景が魅力

神奈川県横浜市の市営霊園・納骨堂は7ヶ所あります。国内で最も人口の多い市である横浜市だけあり、市営霊園だけでなく納骨堂も続々と開設されています。 横浜市西区にある久保山墓地は、明治7(1874)年度に開設された歴史ある市営霊園です。 ...
墓マイラー

溝口健二 池上本門寺の子院・大坊本行寺に眠る

日本を代表する映画監督・溝口健二の古風な佇まいの墓 溝口健二は日本を代表する映画監督として黒澤明、小津安二郎と並び称される世界でも名高い映画監督の一人である。 その影響は仏ヌーヴェルヴァーグの旗手ゴダールなどにも及んでいる。...
おはかもん

小早川隆景 毛利氏を支えた水のごとき知将の家紋

小早川隆景の家紋 小早川氏の家紋は「左三つ巴」といわれています。 巴紋は世界各地にみられ、文様の代表ともいえます。日本では、弓用の武具「鞆」の形に似ていたため「鞆絵」と呼ばれ、後に「巴」の字があてられました。 また、弓...
おはかもん

蒲生氏郷 将来を期待された近江の若鶴、会津藩の基礎をつくる

蒲生氏郷の家紋 蒲生氏の家紋は「対い鶴」といわれています。 蒲生氏郷は幼名を鶴千代といい、会津の黒川城を改築し「鶴ヶ城」と名付けています。とくに城の名称は家紋にちなんだという説もあり、ツルに縁のある人物ですが、残念ながらツル...
おはかもん

長宗我部元親 四国に繁茂し枯れた土佐のカタバミ

長宗我部元親の家紋 長宗我部氏の家紋は「七つ片喰」といわれています。 その由来は、平安末期から鎌倉時代初期にさかのぼります。長宗我部氏の後裔とされる秦氏の秦能俊という人が、土佐へ役人として赴任することになりました。その際、別...
アジアの聖地から

石柱を祀る神社 ビエンチャンシティ・ピラー神社(ラオス)

道路の拡張工事中に出てきた家々を守る石柱、その数473基。 女性スタッフが叩いてくれた大きな銅鑼の響きは、今までにない不思議な感覚でした。 ラオスには珍しい“お寺”でなく“神社” ラオスの首都ビエンチャンに「Vientiane C...
墓マイラー

吉本隆明 戦後最大の思想家の小さき墓

築地本願寺和田堀廟のお墓 吉本家の代々墓は、明大前に移設された築地本願寺和田堀廟にある。 和田堀廟は、関東大震災で本堂が類焼するとともに境内墓地等の移転が決まったもので、当時の陸軍省火薬庫跡に移設されたという。 境内に...
公営霊園ガイド

「清水山墓地」東山から京都盆地を見下ろす京都市営墓地 令和2年新規利用者募集中

令和2年2月から先着順で新規利用者の募集を行っている、京都市営清水山墓地。国道1号(五条バイパス)に沿って開けた南西向きの斜面が中心のため、日当たりが良く明るい雰囲気の霊園です。 バスでのアクセスが良く、山を切り開いて作られた霊園とし...
都市別お墓ランキング

横浜の人気霊園10選!安さと評判で比較しました

住みやすい街としても有名な横浜市は、お墓・霊園探しにおいても、人気のエリアです。横浜の霊園は、立地や景観がよい傾向があり、アクセスもよいことから、首都圏の霊園の中でも屈指の人気があります。 また、ペットと一緒に入れる霊園や、公営の新規...
都市別お墓ランキング

東京でおすすめのお墓10選!費用と評判をまとめました

多くの人にとって、お墓を買うという行為は一生に一度のことです。そのためいざお墓を立てようと決めても、どこから考えていけばいいのか困ってしまうことも多いでしょう。 お墓選びに失敗しないためにも、さまざまな観点から調べ、自分の希望する形に...
お墓コラム

雑司ヶ谷霊園に眠る有名人とは?霊園へのアクセス方法もご紹介

東京の南池袋にある雑司ヶ谷霊園。都心にありながらけやきやイチョウが立ち並び、雑木林のような自然を擁するこの霊園には、散策に訪れる方が多くいらっしゃいます。 また、明治時代に設立されて以来、夏目漱石や竹久夢二など数多くの著名人・有名人が...
おはかもん

加藤清正 豊臣と徳川の間で忠誠心を揺らした蛇の目

加藤清正の家紋 加藤氏の家紋は「蛇の目」といわれています。 蛇の目紋は、ヘビの目に似ていることが名称の由来とされます。その形は、予備の弓弦を巻いておく弦巻をかたどったのがもとといわれ、ここから「弦巻紋」とも呼ばれます。 ...