お墓のコラム

連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】十字架に殉じたキリシタン大名 – 小西行長

小西行長の家紋 小西氏の家紋は、「中結び祇園守」といわれています。 祇園守紋は、京都八坂神社の例祭「祇園祭」で用いられていた筒状の守を紋章化したものという説があります。また、真ん中が十字架のようにクロスしていることから、キリ...
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】鳥の巣を模した木瓜紋を掲げ、己が巣を広げた風雲児 – 織田信長

織田信長の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】炎の中で花開いた桔梗は、盛りわずかに散りゆく – 明智光秀

明智光秀の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】(幽斎)引両から離れた細川の星、乱世を流れゆく – 細川藤孝

細川藤孝(幽斎)の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】家紋を与えた織田氏に滅ぼされた、越前朝倉氏最後の当主 – 朝倉義景

朝倉義景の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】亀甲のように固い意志を持って信長に造反、浅井長政

浅井長政の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】桐とともに乱世を駆け抜け頂点を極める、豊臣秀吉

豊臣秀吉の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】猛る武将の大活躍は2匹の龍の加護か?島津義弘

島津義弘の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】天下大吉が叶わなかった秀吉子飼いの敏腕官僚、石田三成

石田三成の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】徳川家康 江戸幕府を開いた葵の御紋

徳川家康の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】宇喜多の剣片喰、八丈島に根付く – 秀吉に寵愛された宇喜多秀家

宇喜田秀家の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】三菱マークの源にもなった家紋?信長・秀吉・家康に仕えた山内一豊

山内一豊の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】家紋も創作した下剋上の代名詞、美濃のマムシ斎藤道三

斎藤道三の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】大内義隆 先祖が渡来人であることを家紋で表現 下剋上で滅亡した西国の覇者

大内義孝の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】毛利元就 三つ星のごとく両川を率いた知将の家紋

毛利元就の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】尼子経久 家紋を同じくする京極氏を追い落とした謀略の将

尼子経久の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】今川義元 桶狭間に落ちた足利一門の赤き鳥の家紋

今川義元の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】森蘭丸 信長とともに舞い飛び、散り去った若き鶴

森蘭丸の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】竹中重治 竹中の家紋九枚笹は風に乗り、秀吉にたどり着く

竹中重治の家紋を紹介することを通して、その人の「生涯」「功績」「家族」「墓」などについて簡潔にまとめた解説記事です。
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】吉川元春 毛利氏を支えた竜のごとき猛将の家紋

吉川元春の家紋 吉川氏の家紋は「丸に三つ引両」といわれています。 引両紋は、主に足利氏一門が用いた家紋です。吉川氏は藤原氏の支流・工藤氏の流れをくむ家ですが、「応仁の乱(1467~78年)」での功績で、足利氏の支流である細川...
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】福島正則 徳川に接近しながら豊臣を案じ続け、手折れた福島沢瀉

福島正則の家紋 福島氏の家紋は「福島沢瀉」といわれています。 沢瀉紋は、オモダカの葉と花を文様化したものです。オモダカは水辺に自生し、夏に白い花を咲かせます。群生が弓矢を立てたように、また葉が矢じりのように見えることから、武...
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】加藤清正 豊臣と徳川の間で忠誠心を揺らした蛇の目

加藤清正の家紋 加藤氏の家紋は「蛇の目」といわれています。 蛇の目紋は、ヘビの目に似ていることが名称の由来とされます。その形は、予備の弓弦を巻いておく弦巻をかたどったのがもとといわれ、ここから「弦巻紋」とも呼ばれます。 ...
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】長宗我部元親 四国に繁茂し枯れた土佐のカタバミ

長宗我部元親の家紋 長宗我部氏の家紋は「七つ片喰」といわれています。 その由来は、平安末期から鎌倉時代初期にさかのぼります。長宗我部氏の後裔とされる秦氏の秦能俊という人が、土佐へ役人として赴任することになりました。その際、別...
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】蒲生氏郷 将来を期待された近江の若鶴、会津藩の基礎をつくる

蒲生氏郷の家紋 蒲生氏の家紋は「対い鶴」といわれています。 蒲生氏郷は幼名を鶴千代といい、会津の黒川城を改築し「鶴ヶ城」と名付けています。とくに城の名称は家紋にちなんだという説もあり、ツルに縁のある人物ですが、残念ながらツル...
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】小早川隆景 毛利氏を支えた水のごとき知将の家紋

小早川隆景の家紋 小早川氏の家紋は「左三つ巴」といわれています。 巴紋は世界各地にみられ、文様の代表ともいえます。日本では、弓用の武具「鞆」の形に似ていたため「鞆絵」と呼ばれ、後に「巴」の字があてられました。 また、弓...
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】大谷吉継 石田三成との義を選び、関ヶ原に潰えた蝶

大谷吉継の家紋 大谷氏の家紋は「対い蝶」といわれています。 大谷吉継は、この家紋を1585年頃から使い始めたようです。その前は「丸に違い鷹の羽」を用いていたとされ、彼の最期の戦となる「関ヶ原の戦い(1600年)」は、こちらの...
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】藤堂高虎 数々の主君に絡まり上へ上へと伸びたツタ

藤堂高虎の家紋 藤堂氏の家紋は「蔦」といわれています。蔦紋は、植物のツタの葉を文様化したもので、平安期からみられます。 江戸時代に大流行し、大名から旗本まで160以上の家が使用したともいわれ、その人気は町人にも及びま...
2021.04.06
連載「おはかもん」

【連載:おはかもん】柴田勝家 織田家重臣、めおと雁となり北ノ庄を飛ぶ

柴田勝家の家紋 柴田氏の家紋は「二つ雁金」といわれています。 上が口を開き、下が閉じて「阿吽」のかたちをしています。柴田勝家ゆかりの北ノ庄(現在の福井市)では、この家紋に由来してか2羽の雁を見ると勝家と妻・市(信長の妹)が戻...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】プノンペンで最も古いお寺 – ワット・プノン(カンボジア)

首都プノンペンの名前になった、ペン夫人の丘 仏像を救い、お寺を建てたペン夫人の善行に感謝し続ける人々 【仏像を救ったペン夫人の善行】 カンボジアの首都プノンペン。王宮がある中心地を廻っていると、緑々と草木が生い茂る小高い丘、きれいに...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】ベトナムで最も古い中華系寺院 – 天后宮(ベトナム)

人々を海の事故から救った不思議な能力、中国福建省の島に生きた“媽祖”の伝説。 ベトナムテレビの美人MCさんが、たくさんのご利益を教えてくれました。 海の女神 媽祖の伝説 ベトナムの首都ホーチミンのチャイナタウンと言われるチョロン地区に...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】美しいロケーション – ワット・チャン(ラオス)

大河メコンと賑やかなナイトマーケットとセットで行くのがおすすめ。 二人の若いお坊さんが、お寺での生活と修行の素直な動機を教えてくれました。 メコン川とナイトマーケット ラオスの首都ヴィエンチャンのメコン川沿いのファーグム通り。この...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】石柱を祀る神社 – ビエンチャンシティ・ピラー神社(ラオス)

道路の拡張工事中に出てきた家々を守る石柱、その数473基。 女性スタッフが叩いてくれた大きな銅鑼の響きは、今までにない不思議な感覚でした。 ラオスには珍しい“お寺”でなく“神社” ラオスの首都ビエンチャンに「Vientiane C...
2021.04.06
連載「アジアの聖地から」

【アジアの聖地から】重厚で貫禄あるガネーシャ – パタヤの水上寺院(タイ)

かつての水の都“東洋のベニス”を再現した大人気の水上マーケット。 そこには、数千人の観光客を護り、マーケットの繁盛を祈るガネーシャが祀られていました。 家族連れで楽しめる水上マーケット タイのパタヤと言えば歓楽街が有名で、どちらか...
2021.04.06
お墓の雑学/豆知識

増える永代供養~檀家制度から変わる価値観とお墓の傾向

これまでの日本では、亡くなった人は先祖代々のお墓に入るというのが一般的でした。しかし地方の過疎化が進む現在、お墓の管理が難しいなどの背景もあり、人々の価値観の変化や多様化がお墓や埋葬のスタイルに影響を与えるようになってきました。そんな中で多...
2021.04.06
お墓の雑学/豆知識

「自分でお墓を造りたい」あなたに朗報!!お墓の自作キット

今、「お墓をイメージしてみてください」と言われたら、どんなお墓の姿が思い浮かびますか? 二段、三段と台座があって、その上に細長い石がどっかりと置いてあるお墓でしょうか? それとも、芝生の上に並んでいる幅が広くて、おしゃれな言葉が刻まれ...
2021.04.06
お墓の雑学/豆知識

歌碑・句碑のある墓所まとめ【百人一首編】

奈良時代から平安時代の和歌を集めて作られた、小倉百人一首。 藤原定家が小倉山で編さんした百人一首は、いまでも広い世代に愛されています。 歌碑を見ながら参ることのできる墓所を集めてみました。 花の色は 移りにけりな いたづら...
2021.04.06
お墓の雑学/豆知識

【おしゃれなお墓】“キューブ型”墓石がグッドデザイン賞受賞

株式会社石長(本社:神奈川県鎌倉市、杉山洋一代表取締役)が手掛けた墓石「水庭(すいてい)」が、「2015年度グッドデザイン賞」を受賞しました。これまで墓石がこの賞を受賞した例は非常に少なく、11 年振り、2例目の快挙になります。 水面に青...
2021.04.06
お墓の雑学/豆知識

【発見】座禅だけじゃない!お寺の新しい使い方

法事・法要などの僧侶派遣サービスだけでなく、日常生活の中で“お寺”や“お坊さん”が、以前より身近になっているように感じます。 でも、せっかくお寺に興味を持っても、実際に足を運んでみるのは抵抗を感じる方もいるかもしれません。「辛い修行を...
2021.04.06
お墓の雑学/豆知識

【大分・熊本発】日本初!遠くてお寺に行けない人のために、“えんむすびのお寺”が法事をYouTubeで配信してくれます

「お墓参りに行きたいけれど、遠くて行けない」 そんな悩みに答えてくれるサービスを2016年1月、大分県と熊本県(両県にまたがる県境にあるので、住所が2つあるそうです)の金剛宝寺がスタートしました。 その名も「どこでもお墓参(おぼ...
2021.04.06
お墓の雑学/豆知識

【日本初】ぎゅっ!と抱きしめたい!!お坊さんが考えた円柱墓”&”ってどんなお墓?

東京・江戸川区の證大寺が、2016年10月、日本で初となる円柱のお墓「&(安堵・あんど)」の販売を開始しました。 急激に進む少子高齢化によって、先祖代々から続くお墓を維持できない。これまでの戸籍に基づく家族や家庭といった考え方には収ま...
2021.04.06
お墓の雑学/豆知識

【福島発】震災から5年。福島県が誇る銘石と石材彫刻の技を全国の人たちに知ってもらいたい“ふくしまの石プロジェクト”

未曾有の大災害となった東日本大震災から、もうすぐ5年が経とうとしています。 震災直後はメディアも連日、震源地の様子や、そこから一歩を踏み出し立ち向かっていく人々の様子を放送していました。しかし、震災から月日は流れ、その当時の記憶、復興...
2021.04.06
お墓の雑学/豆知識

石原さとみ主演!ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』の舞台は霊園だった?今人気のおしゃれ霊園をご紹介

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』でロケ地となった霊園をご紹介!全国各地のガーデニングがオシャレな霊園もここから探せます!
2021.04.06
お墓の雑学/豆知識

お墓と宗派 – 葬式や納骨での仏教各派の違いとは?

日本は仏教が主流ですが、仏教の中に宗派が数多くあり、宗派によって葬式やお墓の形が違います。特に近年は核家族化が進み、自分の宗派を知らない方も多くなってきているため、宗教と実生活の関係性が薄くなってきているかもしれません。しかし、宗派について知らないと、嫁ぎ先の納骨事情や他宗派の葬式に参列する場合など、葬儀に関わる際に困るかもしれません。トラブルを未然に防ぐためにも、宗派の違いや簡単なしきたりの違いについて知っておくことは大切なことです。 ここでは代表的な宗派の歴史と、各宗派の葬儀やお墓とそれらに関連した違いについて説明します。
2021.04.05
お墓の雑学/豆知識

お彼岸のお墓参りは「ふるさと納税」で。豊後高田市が寄付のお礼に“お墓参りの代行サービス”を開始

豊後高田市では2016年3月1日から「ふるさと納税」へ寄付した人への返礼品として、“ご先祖が眠るふるさとのお墓の掃除や供花を代行してくれるサービス”を開始しています。 豊後高田市の「ふるさと安心見守りサービス」 大分県の豊後高田市には、...
2021.04.01
お墓の雑学/豆知識

墓相学とは?気になるお墓の吉凶

墓相は占いの一種でさまざまな見方があり、墓石の建立の際などの参考にされています。 そこで今回は、墓地の向きや形、色、大きさなどの観点から吉凶が分かる墓相についてご紹介しています。お墓の建立や改葬を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。
2021.03.30
お墓の雑学/豆知識

コロナ禍でお墓探しはどうなる?確認したい3つのポイント

2度目の緊急事態宣言が解除された後も、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、不要不急の外出自粛が要請されています。 その要請を受け自宅で待機されている方が多いと思いますが、お墓探しを検討している皆さまにとっては悩ましいことになっ...
2021.03.29
お墓の雑学/豆知識

増加する「無縁墓」- 撤去費用などで社会問題化/回避する方法は?

無縁墓とは、管理・承継する人がいなくなったお墓を意味します。たとえ縁故者がいたとしても管理費の滞納や支払いの拒否などによって無縁墓となるケースもあります。家族や供養のあり方の変化から無縁墓の数は年々増加し、撤去費用などが大きな社会問題となっています。近年では、将来無縁墓になってしまう事態を避けるため、または子孫の負担を軽減するために、お墓の整理を行う家族も増えてきました。いわゆる「墓じまい」や永代供養墓への改葬など、先祖供養の方法も多様化してきています。ここでは無縁墓の扱いに加えて、無縁化を避けるための選択肢と費用などについて解説していきます。
2021.03.22
お墓の雑学/豆知識

【墓友】お墓は現代の縮図、墓友は血縁に代わる新しいつながり

お墓の引越し=改葬、墓じまいなどと並んで最近のお墓事情を語る上で重要な言葉に「墓友(はかとも)」があります。 情報番組のほか、ドラマの題材で扱われたこともあります。また、女優・川島なお美さんのお葬式でも話題になりましたので「墓友」という言...
2021.03.16
お墓の雑学/豆知識

無縁仏になると葬式や供養、お骨はどうなるの?

近年、無縁仏の扱いがしばしばニュースなどで問題となっています。無縁仏とは、引き取り手のいないご遺体、あるいは管理・供養する人のいないお墓のことで、家族関係や地域社会の希薄化などによって増加してきています。そのため、将来のことを考慮して永代供養墓や納骨堂の利用を検討している人も少なくありません。また、無縁仏となったご遺体の葬式は自治体が行いますが、遺骨や墓地の管理は基本的に自治体や寺院が引き受けます。ここでは、無縁仏となった方の火葬や埋葬はどのように行われるのか、あるいは無縁墓となったお墓の管理費用など、具体的な取り扱われ方について紹介します。
2021.03.10
お墓の雑学/豆知識

お彼岸のぼたもちとおはぎ、その違いとは – 季節?材料?それとも…

お彼岸で意外と悩まれる方が多いこと、それは「ぼたもち」と「おはぎ」。そもそも「ぼたもち」と「おはぎ」の違いとは何か、そして、お彼岸で食べるべきなのは一体、どちらなのか……両者の違いを論じた記事は多数ありますが、ありすぎてよくわからないという状況に陥る方も少なくないようです。そこで今回は、「ぼたもち」と「おはぎ」の見分け方に関する諸説と、結論どう違うのかをまとめました。
2021.03.05