お墓デザインにはどんなものがある? – 墓石の型と特徴/近年注目のデザイン墓についてご紹介

昨今、さまざまなデザインのお墓を見かけることが増えてきました。さまざまな供養のかたちが浸透してきているなか、墓石のお墓デザインにも多様性が見られるようになってきています。

故人への想いを刻んだり、好きだったものをかたどったり、生前に自らの終息の場所を決めたりとデザイン性のあるお墓にしたいとお考えの人もいるでしょう。

ここでは、和・洋・オリジナルデザインのお墓についてや宗教によるお墓のデザインの違い、お墓デザインを決めるうえで注意すべき点を解説します。お墓のデザインを考える参考にしてみてください。

都道府県一覧から霊園を探す

いいお墓では、ご希望のエリア、お墓の種類や特色・こだわり、宗旨・宗派などの検索条件で全国の霊園・墓地を探すことができます。

お墓デザインの基本/墓石の原形・ルーツとは

墓石の原形は、お釈迦様(ブッダ)がご入滅された後、埋葬された地に建てられた「ストゥーパ」(漢語:卒塔婆)であると言われています。江戸時代に角柱墓石が登場するまで、墓石は石造の供養塔であり、層塔のデザインを踏襲したものが主流でした。

現在、一般的となっている「和型」の角柱墓石のデザインは、板碑もしくは位牌をルーツとすると考えられています。

戦後、墓石の種類でもさまざまな形が現れましたが、東日本を中心に人気がある横長の「洋型墓」をはじめ、従来のお墓のスタイルに縛られず故人や施主の心を反映した「オリジナルデザイン墓」という自由な形式の墓石も増えてきています。

チェックポイント

外観やデザインだけでなく、墓石の欠け防止や汚れを目立たないようにする「墓石の角の面取り」や、安全のための「外柵階段の滑り止め」他、一見気がつかない工夫について配慮することもポイントです。
霊園・墓地によって、オリジナル墓石の建墓などに制限がある所もあります。事前に確認しておきましょう。

和型墓石の特徴とデザイン

江戸時代中頃から広く普及し、仏舎利塔を起源とする墓石で、現在も日本のお墓の多くの形はこの和型が主流になっています。見た目の安定感と昔からのお墓の形は年齢層を問わず幅広く受入れられています。

墓石の原型は、お釈迦様の遺骨などを安置した仏教建築「ストゥーパ」であるといわれています。ストゥーパには多くの様式がありますが、日本の墓石は層塔のデザインのストゥーパを踏襲していました。

今日でも、もっとも一般的に用いられているのは伝統的な和型の墓石ではないでしょうか。

しかし、霊園の普及とともに少しずつ墓石の好みも変化してきました。モダンさを取り入れた好きなデザインの墓石を選ぶという考え方も、広く浸透しつつあるようです。

和型墓石の構成

一般的な和型の墓石は、三段あるいは四段の構成になっています。

四段の場合は上から「棹石(さおいし)」「上台石」「中台石」「芝石(芝台)」となっており、棹石は「天(家庭円満)」、上台石は「人(人望・出世)」、中台石は「地(財産維持)」を表しているといわれています。なお、棹石のサイズは横幅によって分類されており、24㎝の八寸角、27㎝の九寸角、30㎝の尺角などがあります。

和型の墓石に備えられているものとしては、お線香をたくための「香炉(こうろ)」、生花を飾る「花立(はなたて)」、水をいれておく「水鉢(みずはち)」、墓石の前に置かれている「拝石(はいせき)」などがあります。地下に納骨棺がある構造のお墓では、排石が置かれているところの下に納骨棺の入り口があります。

和型の墓石には、家名が入れられるのが一般的です。また、宗派によっては「南無阿弥陀仏」「南無妙法蓮華経」などの文字が入れられることもあります。

「和型」供養塔

現在主流となっている和型墓石が生まれる前、日本には、五輪塔、宝篋印塔(ほうきょういんとう)、多宝塔、無縫塔などといった様々な形をした墓石がありました。ここでは、それぞれについて解説します。

五輪塔(ごりんとう)

五輪塔は、平安時代に生まれた弘法大師の発案と言われる墓石で、鎌倉時代から室町時代にかけて最も多く建てられました。五輪塔は故人を自然の五大元素に回帰させることを表す供養塔です。

墓石は仏教(特に密教)の宇宙観である五大を表す「五輪」によって構成されています。上から宝珠形の「空輪」、半月形の「風輪」、三角形の「火輪」、円形の「水輪」、方形の「地輪」からなり、それぞれの石には梵字が書かれます。五輪塔には小スペースでも建てられる一石五輪塔や略式五輪塔などもあります。

五輪塔

宝篋印塔(ほうきょういんとう)

宝篋印塔は「一切如来心秘密全身舎利宝篋印陀羅尼経」の写経を納めて建立する仏塔です。中国から伝来した石塔で鎌倉時代には供養塔として盛んに建立されました。江戸時代には支配階級の墓石として、現在では主に法人の供養塔として用いられています。

宝篋印塔

多宝塔(たほうとう)

多宝塔は円筒型の竿石の上に笠石を積み上げた塔で、平安時代以降に建立されるようになりました。現在では個人の墓石、または供養塔として建立されます。

多宝塔

無縫塔(むほうとう)

無縫塔は「卵塔」とも呼ばれる台座の上に卵型の塔身を載せた墓石で、僧侶の墓石に多く用いられます。

無縫塔

神道の墓石デザイン

神道のお墓は基本的な構成は仏式と同じですが、神道では焼香を行わないため香炉がありません。また、玉串を奉げるための八足台が必要となります。

墓石は竿石が細長い角柱型で、頭部を四角錘状にした「兜巾(トキン)」と言われる加工を施したものが多くなっています。この形は修験者の被る黒色の頭巾の形とも、三種の神器の一つである「天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)」を表したものであるとも言われます。

神道の墓石(兜巾加工)

墓石には「○○家之奥都(津)城」と刻まれます。「奥都(津)城(おくつき)」とは、上代の墓のことであり、神道式の墓もそう呼ばれています。「都(津)」は、万葉仮名で「~の」の意味となり、「都」は神官や氏子など、「津」は一般の信徒の墓に使われます。

また、神道では戒名ではなく霊名が用いられます。霊名は姓名の下に「之霊・命・命霊・霊位」などを付けます。

神道の場合、通常神社は墓地を所有していないため、神式でお墓を建立する場合は公営や民営の霊園の墓地を購入する必要があります。

洋型墓石の特徴とデザイン

現代的な外観と背の低い形状に親しみを覚える人が少なくなく、首都圏や東日本を中心に人気があります。

もともとはキリスト教式の墓石から派生したといわれている洋型の墓石ですが、宗教・宗派を問わず使用することができます。
ガーデニング霊園、民営の霊園・墓地、芝生墓地などの出現により、洋型墓石は急速に普及しました。

洋型墓石の特徴

  • 小さいスペース、少ない墓石量で建墓ができる。
  • 外柵工事や土盛りを必要としない場合が多いため、和型に比べ低価格。
  • 形式に「オルガン型」と「ストレート型」「プレート型」などがある。
  • 自由な形式のお墓に合う。オリジナルの文字やレリーフ彫刻をしたい方に人気。
  • 色や種類を問わず幅広い石種に合う。
  • 和型の墓石に比べて背が低いため、地震に強い。

一般的な洋型の墓石としては、棹石の部分が垂直になっている「ストレート型」や棹石の部分がオルガンのように斜めになっている「オルガン型」などがあります。

どちらも台石は1つまたは2つで、和型の墓石と同様にほとんどの場合は香炉や花立、水鉢などが備えられています。

和型の墓石には家名を入れることが一般的ですが、洋型の墓石では故人への想いを込めたメッセージを彫るのが一般的です。思い思いの文字を刻むことができるのも、人気の理由の一つとなっています。

キリスト教の墓石デザイン

日本のキリスト教のお墓は、明治初期につくられた外人墓地がその起源であると言われています。現在ではカトリックでは教会ごとに墓地や納骨堂を、プロテスタントでは日本キリスト教団各地区ごとに墓地を所有しています。

キリスト教の墓石は、墓石に必ず十字架が刻まれることのほか、形や構成が自由であることが特徴で、敷石の上に十字架を載せた形や、墓石の前面が傾斜しているオルガン型、前面が垂直になっている平型など様々な形式があります。また、石材についてもこれまで墓石用として使われなかった大理石や赤御影石などを使用することも多く、それは日本の墓に黒御影石が使われるようになった要因であるともいわれます。

日本においては、キリスト教のお墓も火葬で埋葬されるのが一般的です。また、キリスト教のお墓は単独墓であることが一般的ですが、家族で入れるお墓もあります。単独墓の場合は、碑銘として洗礼名が刻まれます。また、キリスト教では線香を焚かず蝋燭を立てるため、香炉の代わりに蝋燭立てが設置されます。

最近注目のオリジナルデザイン墓石

自由な発想で個性的なオリジナルデザイン墓石は、ニューデザイン墓石と呼ばれます。故人への想いをあらわしたい、在りし日の故人を感じていたい……という心から生まれます。

将棋が好きだった事から将棋盤の形をしたお墓、お酒好きだった故人を偲んで徳利型のお墓、愛煙家の故人を偲んで煙草の形状をお墓など、故人の自然観や宇宙観をお墓というものを通して表現しているのが特長です。

CADや3Dシミュレーターを駆使し、要望にそった形で設計しますので、事前に完成品に近いデザイン墓を確認することもできます。

故人をイメージしたデザイン

故人をイメージした個性的な墓石には在りし日の故人をお墓から感じたいという気持ちが込められています。故人をイメージした墓石を選ぶことで、お墓参りのたびに故人の存在を感じることができます。

特にオリジナルデザイン墓石は、故人が愛したものをモチーフにしたデザインが多くみられます。故人が愛煙家だったならタバコをイメージしたデザインをあしらう、将棋が好きだったなら将棋盤の形の墓石にする、などです。

人気の彫刻

また、墓石への彫刻モチーフとしてはお花も人気です。特に和を感じさせる「桜」や清らかなイメージのある「百合」、お釈迦様を象徴する「蓮華」などは根強い人気を誇っています。お花をモチーフにした彫刻を彫りたいときには、その花のイメージや花言葉などを考えながら決めるといいかもしれません。

なお、墓石に文字やデザインを詰め込み過ぎるとバランスが悪くなってしまいます。最近では彫刻技術も進歩を遂げていますが、あまりにも細かいデザインだと彫れなくなってしまいます。最終的な仕上がりをイメージしながらデザインを考えるといいでしょう。

近年では、多くの石材店がCGを取り入れています。実際に墓石を立てる前に仕上がりのイメージを確認することができるので、失敗を避けるためにもぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

はっとする彫刻

霊園などでよく見かけるのが、漢字1文字の彫刻です。大きく彫ることができるので、しっかりと文字を刻むことができるのがメリットです。また、デザインしやすく見た目がすっきりとまとまります。

墓石に彫られることの多い漢字としては、「偲(しのぶ)」「悠(はるか)」「想(おもい)」「絆(きずな)」「心(こころ)」「和(わ)」「憩(いこい)」などがあります。1文字だと見た目が少し寂しくなってしまうこともあるので、花の彫刻も入れて華やかな雰囲気にする人も多いようです。

また、短いメッセージを彫ることもできます。「ありがとう」「あなたに逢えてよかった」「心やすらかに」「また会う日まで」など、故人に一番伝えたい思いを墓石に刻みましょう。

もちろん、これよりも長いメッセージを彫刻することも可能です。ただし、メッセージが長すぎると文字が小さくなってしまうので注意してください。

こんなお墓も!?海外のお墓のデザイン

世界のお墓の中には、びっくりしてしまうようなデザインのものもあります。

例えば、墓石が車やバイク、ビリヤード、本、サッカーボールなどの形をしているお墓です。決してイラストが墓石に彫られているわけではなく、墓石そのものがこれらの形になっています。恐らく、故人が生前に愛したものを全力で表現したのでしょう。

また、故人をそのままかたどった墓石も存在します。等身大の墓石だと、もはやお墓というよりは銅像のように思えますね。墓石量も相当になるので、本人をかたどったお墓を立てるために遺族が相当な苦労をしたことは間違いありません。

従来のお墓のイメージとあまりにも違うと、やはりまわりは驚いてしまいます。しかし、ここまで個性的なお墓を立てるのは簡単ではないはずです。そこには、故人への深い愛情が込められているのかもしれませんね。

オリジナルデザイン墓石についてもっと知りたい方はこちらもご覧ください。

お墓デザインの注意点/意匠に関するトラブル

個性的な墓石が受け入れられるようになってから、石材店でもさまざまなデザインの墓石に対応するようになりました。しかし、それと同時に増えたのが「意匠」に関するトラブルです。

お客さんの注文に応えるために石材店が他社の墓石のデザインを真似ているケースもあるようです。しかし、意匠登録を済ませている墓石のデザインを安易に真似てしまうと法に抵触してしまう可能性があります。意匠権を侵害したと判断された場合は、損害賠償の請求や使用の差止請求などが行われます。なお、この類似のデザインの墓石があると知らなかった場合についても同様の処置がとられます

墓地や霊園を見学したときに、素敵な墓石を見かけることがあるかもしれません。しかし、それを安易にまねてしまうとトラブルに発展する可能性があります。

新しいデザインの墓石をつくろうと考えている人は、意匠についても頭に入れておくとよいでしょう。

意匠とは

意匠とは、物品あるいは物品の外観に現れるデザインのことです。自分のデザインが意匠登録をされると「意匠権」が発生し、意匠権を得たデザインが使用された物品を独占して販売することができるようになります。

意匠権を得るためには、特許庁に意匠登録を出願する必要があります。また、このときに、出願した内容が審査に合格して初めて、意匠権を得ることができます。なお、意匠権の存族期間は20年とされています。

意匠登録を得るためには、以下の3つの条件を満たしている必要があります。

  1. 物品あるいは物品の部分における形状・模様・色彩に関するデザインであること
    意匠とは、物品あるいは物品の外観に関するデザインです。モチーフなど、物品ではないものは意匠登録を得ることはできません。
  2. 工業上利用できる(量産できる)もの
    遺書の定義として、はっきりと「工業上使用できる」と定められているわけではありません。しかし、量産できないものは意匠登録の対象からは除かれます。
  3. 視覚を通じて美感を起こさせるもの

これら3つの条件をクリアしたうえで、これまでに世の中で発表されていない新しいデザインのみが意匠登録の審査に合格できます。

まとめ/墓石の相談なら「いいお墓」

現在でも、「旧来の伝統を継承したい」という思いから多くの人は和型の墓石を選んでいます。しかし、個性的なお墓を立てることは決して悪いことではありません

「故人らしいお墓を立てたい」と思う人は、ぜひオリジナルデザイン墓石を検討してみてはいかがでしょうか。

またいいお墓では、オリジナルデザイン墓石を相談できる石材店のご紹介も行っています。石材店選びでお悩みの方もご相談ください。