墓石カタログの活用方法 – お墓づくりの極意をお教えします!

お墓を建てる際に、まず墓石カタログを入手する方は少なくありません。石材店で作成している墓石カタログを取り寄せ、比較検討することで、それぞれの石材店が得意としていることや、気を付けていることなどといった特徴が見えてきます。また、過去の建墓実績を見ることで、これまでどのようなお墓をつくってきたのかも見ることができ、希望するお墓に近いものを探す指針とすることもできます。

都道府県一覧から霊園を探す

いいお墓では、ご希望のエリア、お墓の種類や特色・こだわり、宗旨・宗派などの検索条件で全国の霊園・墓地を探すことができます。

墓石カタログにはどんな種類がある?

石材店が作成している墓石カタログにはさまざまなものがあります。以下では、どのような種類の墓石カタログがあるのかを紹介していきます。

多くの墓石が紹介されたカタログ

購入できる多くの墓石がラインナップされたカタログです。デザインや石種から選ぶことができ、価格のガイドラインもしっかりと掲載されています。

なお、いいお墓では「定額墓石ブラン」と称し、「3つの定額価格ですべてが揃う、豊富なラインナップから選べるお墓」のカタログを無料進呈しています。たくさんの見本の中から選べるセミオーダーの墓石です。デザインや価格が明確なことで選びやすいと評判の墓石カタログとなっています。

墓石カタログ ~定額墓石プラン~|いいお墓
永久保存版の墓石カタログを無料で資料請求...

石材店の総合カタログ

それぞれの石材店が用意している墓石カタログです。お墓のデザインや石種などの紹介もされていますが、その石材店の沿革や、基礎工事風景、彫刻などのデザイン処理、会社代表や営業マンの言葉、顔写真なども掲載されており、総合的にその石材店がわかる総合カタログとなっています。

墓石カタログの入手方法

墓石カタログを手に入れたいと思った場合、どのような方法があるのでしょうか。

お墓のポータルサイトで入手する

いいお墓など、お墓探しのポータルサイトに自らの要望を伝え、希望に適った墓石カタログを送付してもらう方法です。

お墓のポータルサイトでは特定の石材店に偏ることなく幅広い情報を有しているので、希望に合わせてカタログを見繕ってもらえて、一度に何種類も手に入れることができるのがメリットです。墓石とともに霊園・墓地の資料請求もできるので、多くの選択肢から検討したい方にはおすすめの方法です。また、石材店で用意しているカタログも請求できる場合があります。

日本最大級のお墓ポータルサイト!全国のお墓が探せる【いいお墓】
お墓・墓地・霊園探しなら年間相談件数14万件以上の日本最大級のお墓ポータルサイト。 資料請求・見学予約が完全無料。専門の相談員にご相談だけでもOK!お気軽に電話ください。エリア・口コミ・価格などご希望の条件でお探しのお墓がすぐに見つかる。

石材店のホームページから入手する

ホームページなどから資料請求を行うことでカタログ入手できる石材店も多く存在します。複数の石材店からカタログを取り寄せ、比較検討できるようにするとよいでしょう。

全国の石材店/墓石販売店一覧 - 13563件|無料で資料請求【いいお墓】
全国で石材店を探すなら、日本最大級のお墓探しサイト【いいお墓】にお任せください。豊富な石材店情報の中から、予算や種類、アクセスなどご希望に沿った石材店の情報をお探しいただけます。資料請求・見学予約は無料!見学後のアンケート回答で3,000円分のギフト券をプレゼント!

石材店に直接訪問して入手する

お墓を建てる場所が決まっている場合は、そのお墓に近い石材店を選び、直接出向いてカタログをもらうということもできます。

その場合、事前に電話などでカタログの有無を確認しておくとよいでしょう。また、その石材店に依頼をするかどうかを決めていない場合は、比較検討する旨を明確に伝えておくことをおすすめします。

信頼できる石材店の選び方|大手と個人経営店の違い、近くの石材店の探し方など
石材店は、墓石などの加工や販売を行っているお店です。大切な方が亡くなった際は、葬儀に目が行きがちですが、石材店との付き合いについても考えておく必要があります。石材店は、お墓の彫刻や建立だけでなく、納骨や法要、墓石が壊れた際の修繕などさまざまな面でお世話になる存在です。石材店と一口に言ってもその数はとても多く、どこを選べばよいか判断に困ってしまいます。価格や契約などのハード面だけでなく、工事はきちんとしているか、彫刻や字彫りなどの希望に丁寧に応えてくれるかなど、ソフト面でも安心できる業者を選びたいところです。そこで、ここでは信頼できる石材店を選ぶポイントについてご紹介します。

墓石カタログのチェックポイント

墓石カタログを入手した後のチェックポイントをご紹介します。

対応エリアの確認

墓石を建立する際には、墓石を運搬する必要などもあるため、サービスの対象エリアを設定している場合があります。気に入った石材店があったとしても、遠方にある場合などは、工事を請けてくれない可能性もありますので確認する必要があります。

墓石の使用量や広さ

お墓の大きさによって使用する石材の量が違ってきます。石材の量が変われば、価格にも反映されます。必ず現地を採寸して見積もりを出してもらいましょう。

お墓の大きさ - 墓地の区画面積、墓石サイズ、価格の基準
お墓を買おうと考えた時、どれくらいの大きさにすれば良いのか、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。小さいお墓でもいいのか、大きいお墓を買ってしまったら掃除など、子孫に心配をかけないかなど、大きさに関する悩みは尽きません。そこで今回は、お墓の大きさに関する基本的な考え方や、一般的なお墓の大きさの基準について説明していきます。これからお墓の購入をご検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

墓石の原石の種類や産地

和型・洋型など墓石の形に関わらず、墓石に使われる原石の種類は、国産のもので約50種類、中国やインドなど外国産のもので100種類以上あります。

国産石のほうが外国産石と比べて価格が高くなる傾向があります。また、石材には等級があり、それにより価格も変化します。

色褪せることがない、吸水性が低い、硬度の高い石材が良いとされているので、価格だけではなく、品質も考慮して選ぶ必要があります。

墓石の産地、石材の種類 - 国産と外国産の違い
墓石の産地とは、墓石に使われる石が採掘されるところのことです。海外では中国やインドなど海外から輸入するものもあれば、国産の石材もあります。暮石にはその産地や石の種類によって、さまざまな特徴があります。 ここでは暮石の主な産地や特徴、石の種類や選び方について説明していきます。

墓石の彫刻、耐震加工などのオプション

デザイン性の高い墓石や、家名や家紋などの彫刻を竿石などに施工する場合や、墓石の磨き直し、耐震加工などオプションの作業が加わると、価格にも影響をおよぼします。

免振・耐震対策を施工しておくことで、墓石の倒壊などによる思わぬ出費を抑えることができるなど、先々にかかる費用も含めて検討する必要があります。 

墓石の彫刻・文字 - 戒名彫刻の時期や方法、価格をご紹介
墓石には、故人の名前や宗派などを彫刻します。墓石に彫刻を施すことは、残された遺族の故人に対する感謝の証ともいえます。一般的に、日本では人が亡くなると、故人に戒名が与えられるという風習があります。戒名とは、俗名を捨てて新しい名前を得ることで、本当の意味での仏教徒となるために与えられるものです。ではこの戒名を授かったら、いつ墓石に彫刻すればよいのでしょうか。今回はそんな疑問にお答えするために、戒名を彫刻する時期や方法、その価格についてまとめてみました。和型・洋型などお墓の種類によって刻む内容が異なる点や、お墓に刻む文字の書体などについてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。
お墓の耐震・地震対策 - 工法別・耐震加工の長所と短所
もし地震でお墓が倒壊してしまうと、復旧には時間と費用がかかります。あらかじめ耐震加工で備えをしておけば、いざというときの不安も軽減することができます。この記事では、お墓の耐震について解説します。

施工現場の状況

霊園・墓地の駐車場から墓所区画までの距離や、クレーン車が通れる車幅の有無などにより、石材を運ぶ工程が変わってきます。墓所区画まで石材を運ぶためのスペースを確保しづらい場合は、運搬方法を別途手配しなければならないため、施工価格は加算されることになります。

お墓の建て方‐お墓の種類や石種、工事(施工)・納骨までの流れをご紹介!
お墓の形状や現場(地盤など)の状況によって異なりますが、工事には通常2~5日程度を要します。 工事日程は事前に確認しておかなければなりませんが、施工の途中経過を見学されると、表面ではわからない基礎部分やお墓のつくり、その過程がよくわかって安心ですし、自ず愛着も湧いてきます。 お任せする石材店には、完成写真だけでなく、お墓の施工途中の写真もお願いしてみてはいかがでしょうか。

霊園ごとに変わる状況

公営霊園

基本的に公営霊園の墓地はどのようなお墓を建立しても問題はありません。また、どの石材店に施工を依頼するかについても特に規制はありません。

公営霊園では、平米あたりの価格は低い設定になっていますが、1区画の平米数が大きな場合もあるため、結果的に高額になる可能性もあるので注意をしましょう。

公営霊園とは - 特徴と費用相場、民営霊園との違い
墓地や霊園は、だれがそこを管理、運営しているかによって「公営霊園」「民営霊園」「寺院墓地」の3つの種類に分類できます。中でも公営霊園は、都道府県や市区町村など、地方公共団体が運営しているため、安心感がある、価格が安いといった意見も聞かれます。今回は、そんな公営霊園について、特徴や費用相場などを解説いたします。

民営霊園

民営の霊園・墓地では、石材の大きさや高さ、彫刻をする内容など、墓石を建立するにあたり規制や条件がある程度決まっている場合が多いです。また、指定石材店が定められていて石材店を自由に選べない場合も多いです。

霊園・墓地ごとに大体の価格相場が決まっているため、霊園や石材店の担当者に聞くことをおすすめします。

民営霊園とは - 費用相場とメリット・デメリット
民営霊園とは、公営霊園や寺院墓地とどのような点が異なるのでしょうか。今回は、民営霊園とはどんなものなのか、その特徴や代表的な施設、メリット、デメリットなどについて詳しく紹介したいと思います。

寺院墓地

寺院墓地は、運営寺院の住職の意向によって対応が違ってきます。先祖代々受け継がれているお墓が多いため、デザイン墓のような独特な形式のお墓は少ない傾向にあります。また、墓地に建立できる石材店はその寺院に出入りをしている石材店が指定される場合が多いです。

寺院墓地とは - 費用とメリット・デメリット
「寺院墓地(じいんぼち)」とは、各宗派のお寺によって管理・運営されている墓地のことです。お寺との繋がりが強いことから、檀家になれば手厚い供養や節目ごとの法要を安心して任せられるのがその他の霊園との違いですが、気になるのは管理費や、そういった費用に関するトラブルです。 お墓を経営主体ごとに分けると、都道府県や自治体による「公営墓地」と、宗教法人あるいは公益法人による「民営霊園」、宗教法人である寺がその敷地内で運営する「寺院墓地」があります。ここでは、そのうち寺院墓地で永代供養をするための費用や管理費の相場、利用するメリット・デメリットについて解説しています。

墓石の価格を判断する際の注意点

さまざまな要素が集約されてお墓の価格は決まってくるので、購入検討時には価格以外にも注意しておく必要があります。

指定石材店制度

墓地や霊園によっては石材店が指定されている場合があり、これを指定石材店と言います。

自分で石材店を探して安い墓石を選ぶといったことができないので、お墓の値段が高くなる可能性があります。

一般的に、民営霊園の場合は石材店が指定されていることがほとんどです。寺院の場合はどちらの可能性もあるため、お寺に確認しましょう。

公営の霊園には石材店が指定されていないため自分で安い墓石を探すことができますが、その際には信頼できる石材店かどうか見極めたうえで依頼するようにしましょう。

指定石材店とは【お墓の用語集】
「指定石材店」とは、霊園・墓地の運営主体より建墓権を与えられた石材業者のことを言います。 民営霊園など、指定石材店制度のある霊園では、墓石の購入や工事を決められた石材業者でしか行えません。指定石材店になっていない業者を希望する場合はそ...

改葬(お墓の引越し)の可能性

改葬お墓の引越し)を行う場合、元ある墓所の墓じまいを行うとともに、引越し移転先の墓所を確保する必要があります。ゆくゆくのことではありますが、改葬する場合にも費用がかかることを頭に入れておきましょう。

改葬とは - お墓の引越し手順、費用と急増している理由を徹底解説
「改葬」とは、すでに埋葬されている遺体や遺骨を、所定の手続きを踏んで永代供養墓、外墓、納骨壇など別の形態のお墓に移動させることで、いわばお墓の引越しのことをいいます。近い言葉に「墓じまい」がありますが、お墓を撤去して更地に戻すことを墓じまい、現在とは異なるお墓に遺骨を移動させることを改葬と呼びます。 改葬許可証の発行に改葬許可申請書などの書類や手続きが必要なほか、元のお墓で行う供養・抜魂式(魂抜き)、移転先で行う納骨式や開眼供養など、改葬にはいくつかの手順があります。また、土葬から改葬する際には火葬が必要となります。 そこで今回は、改葬の詳しい流れやマナー、改葬が近年急増している理由、改葬にかかる費用などについてご紹介します。

リフォームや建て替えを行う可能性

お墓や墓石のリフォームや建て替えを行う場合にも費用がかかってきます。リフォームする内容にもよりますが、墓石の手入れをする際には基本的に費用が発生するので、その点も考慮に入れておきましょう。

お墓の建替・修繕(リフォーム)方法
なるべく早めに修繕に取り掛かったり、建替えを行うことによって、これからも受け継いでいくお墓を末永く守っていくことができます。地震に対応する、免震施工や耐震施工、お墓の特殊洗浄やコーティングなどのご紹介もいたします。

お墓づくりのご相談なら「いいお墓」