墓石について徹底紹介! お墓をなぜ建てるのか、その目的・種類・石種などを詳しく説明!

お墓とは、故人を埋葬する場所に建つシンボルです。葬儀を執り行い、火葬した遺骨を埋葬した後は手を合わせ、供養の対象となる場所でもあります。日本で一般の人がお墓を建てるようになったのは江戸時代といわれています。霊園、墓地、墓所などお墓を指す言葉もたくさんありますが、それだけ暮らしになじみ深いものということかもしれません。

故人の戒名・法号と死亡年月日を記しておまつりするのが位牌です(浄土真宗では位牌は用いません)。そして、仏教各宗派の本尊仏とともに、位牌や法名軸などをおまつりするのが仏壇です。また、仏具なども仏前に供えます。

仏壇や位牌はお墓と同じ故人の魂が入っているとされていますが、お墓との違いは、遺骨が納められているかどうか、ご本尊様をまつっているかどうかという点にあります。

わざわざ足を運んでお参りするお墓は、故人を身近に感じる仏壇とは異なる存在であります。しかし、故人と向き合い、故人の思い出を巡らせるための貴重な時間を生み出してくれる一種のシンボルとして、私たちの生活の一部となっていることに相違はありません。

ここでは、お墓をなぜ建てるのか、その目的・種類・石種などについて詳しく説明していきます。

都道府県一覧からお墓を探す

いいお墓では希望エリア・お墓の種類・宗旨宗派などの検索条件で全国のお墓を探すことができます

墓石の種類

墓石の形や大きさには決まりはありません。予算が許せば自由に形を決めることができます。しかし、霊園や墓地には決められた区画があり、その霊園や墓地ごとに墓石施工に際するガイドラインが存在しています。ただし、墓石の形態は大まかに分別することができます。

和型墓石

江戸時代に一般化した伝統的な墓石です。これは台石の上に、竿石と呼ばれる塔状の石を建てたものです。竿石とは、お墓の一番縦に長い部分の石です。ここに家名などの文字を刻みます。お墓というとこの和型墓石をイメージする方が多いと思います。

洋型墓石

洋型とはいっても日本で造り出された墓石ですから、和洋折衷型と考えることができます。厚めの台石の上に、低く幅の広い石を載せた形が一般的です。最近はこの洋型墓石のタイプが増えてきています。洋型のは「オルガン」型という形態もあります。これは正面から見ると横長の長方形の形をしており、棹石が斜めに角度がついておりオルガンの形に似ていることから「オルガン」型と呼ばれています。

デザイン墓石

一般的な形式にとらわれない個性的なデザインの墓石を求める型も増えてきました。この背景には家を基軸としていた墓地の在り方が、故人を主体としたものへと変化してきている事情があると考えられます。自由な形式を認める霊園などでは、故人の職業や趣味、宇宙観などを表した意匠的な墓石を見ることもできます。

現在では、上記3タイプが主流となりますが、「五輪塔」「宝篋印塔」「宝塔・多宝塔」「無縫塔」などの種類もあります。また、「神道」の墓石の形態は異なるものになります。

墓石カタログ ~定額墓石プラン~|いいお墓
永久保存版の墓石カタログを無料で資料請求...
和型のお墓と洋型のお墓、どっちを選べば良いの?
Q. 墓石には和型や洋型だったり、最近ではそれ以外のデザインもあるようですが、そういったお墓の型はどうやって決めればよいのでしょうか。霊園やお寺の宗派などによって決まりがあったりするのでしょうか。

墓石の工事

国内、国外の採石場から採石された石材は、加工工場に運ばれ、墓石に加工されます。その間に墓地では基礎工事などの準備を始めます。石材店の工事開始から墓石の据え付けが終わるまで、数週間ほど掛かるのが一般的です。

基礎工事

基礎工事とは、図面に従い外柵や石碑を据え付けるためにコンクリートの基礎を打つ施工工事のことです。耐久性と強度を向上させるため、外柵の基礎工事には鉄筋を配していきます。

外柵据え付け

基礎工事を終えたら、外柵の据え付けを行います。外柵とは周囲との境界を分けるために墓地の回りを囲んだものでさまざまな形式があります。墓所や霊園によっては、外柵はないケースもあります。土台石→階段→玉垣の順番で据え付けを行います。

石碑据え付け

外柵工事を終えたら、石碑の据え付けを行います。芝台→中台→上台→竿石→付属品の順番で」据え付けを行います。石碑にはあらかじめお客様の依頼に従った、家名などの文字や、家紋など基礎彫刻がなされています。文字の書体は、業者が書体見本を見せてくれるので、その中から選びます。

完成検査

墓所完成後は完成検査を行います。

引き渡し

お客さまへの引き渡しを行います。

一般墓のメリットや永代供養墓との違いとは?費用から建立方法までしっかり解説!
お墓といえば皆が思い浮かべるのが「一般墓」。最近では「永代供養墓」という埋葬方法も出てきていますが、そんな埋葬方法との違い、「費用」や「建立方法」など、みなさんの疑問にお答えする解説記事です。

お墓の構造と各部分の名称

お墓の構造に決まりはありませんが、一般的な構造における各部分の名称を紹介します。

墓誌

墓誌は、そのお墓に埋葬されている先祖の戒名生年月日・没年月日など「銘」を刻むものです。功績などを刻むこともあります。

納骨室(カロート)

芝台の地下に納骨室を作ったものや、地上に納骨室を作ったものがあります(陸・丘カロート)。石やコンクリートで作られています。納骨室(カロート)の形式は地域によって異なります。

水鉢

先祖に水を供えるための鉢のことで、墓石の手前に作られることが多いです。

香炉

線香を立ててお供えする「立ち置き型」と、寝かせてお供えする「くりぬき型」があります。

卒塔婆立て

卒塔婆を立てておくためのものです。卒塔婆とは、先祖を供養するためにお墓を建てる木の長い板です。石製や金属製のものなでさまざまな種類がありますが、機能に変わりはありません。宗派によっては使用しない場合もあります。

花立

墓石に備え付けられている、供養する時に花を立てるものが花立です。

蓮華台

蓮華とは蓮の花のことで、通常は竿石の根本に設置される場合が多いです。

墓石の彫刻・文字 - 戒名彫刻の時期や方法、価格をご紹介
墓石には、故人の名前や宗派などを彫刻します。墓石に彫刻を施すことは、残された遺族の故人に対する感謝の証ともいえます。一般的に、日本では人が亡くなると、故人に戒名が与えられるという風習があります。戒名とは、俗名を捨てて新しい名前を得ることで、本当の意味での仏教徒となるために与えられるものです。ではこの戒名を授かったら、いつ墓石に彫刻すればよいのでしょうか。今回はそんな疑問にお答えするために、戒名を彫刻する時期や方法、その価格についてまとめてみました。和型・洋型などお墓の種類によって刻む内容が異なる点や、お墓に刻む文字の書体などについてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

納骨までの手続き

遺骨を埋葬するには埋葬許可証を墓地のあるお寺か霊園の管理事務所などに提出します。納骨の日が決まれば、家族や親せき、故人と親しかったかたなどに知らせます。

石材店に連絡をして、すでに先祖をまつっているお墓に納骨する場合は戒名などを新たに彫ってもらい、生前に建てた寿陵墓の場合は、墓石に刻んである戒名などから、事前に朱色を取り除いてもらいます。

新しくお墓を建てた場合の納骨法要は、開眼法要を兼ねた形で行われます。既に先祖をまつっているお墓に納骨する場合には、納骨法要のみを行います。

お墓を掃除する

お墓の周囲の雑草やごみを掃除し、墓石も清めます。

墓前に供え物をする

基本的には開眼法要と変わりませんが、供え物には故人の鉱物も加えます。

墓前での法要

寺院の僧侶が、墓前で、お墓の開眼法要(必要な場合)と納骨法要を行います。

納骨

納骨室の入り口の石を取り外し、納骨を執り行います。

読経と焼香

僧侶の読経の間に、参列者全員が再び焼香をします。

法要と法事の違い/忌日法要、年忌法要とは
法要や法事とは、人の死に関わる儀式の一つです。身内が亡くなり、葬儀や法要を経験したことがある方や、親戚の法事に参列したことがある方もいらっしゃると思います。しかし、法要や法事に関わることは多くないため、法要と法事について詳しく説明できる方は少ないかもしれません。そこで、法要と法事の意味合いや違い、種類などについてご紹介します。

墓地、霊園の種類

墓地、霊園は大きく3つのタイプにわかれています。

公営霊園

都道府県、市町村などの地方自治体が管理・運営している墓地です。申し込みや問い合わせは、各都道府県や市区町村役場になります。

公営霊園は、墓地にとって最も重要な永続性が保証されており、かつ、永代使用料や管理費が安く抑えられています。また、自治体が管理をしているので、宗旨宗派による申し込みの制限など宗教的な制約は一切ありません。ただし契約に関してはいろいろと条件がつきます。現住所がその自治体にある、お墓の承継者がいる、遺骨がある、などです。

募集に関しても、随時行っているわけではありませんし、募集があっても希望者が多い場合は抽選制で、購入が困難な場合もあります。

また、大規模開発の霊園が多いため、立地の面で不便なところも少なくありません。申し込みにあたっては十分な検討が必要です。

公営霊園とは - 特徴と費用相場、民営霊園との違い
墓地や霊園は、だれがそこを管理、運営しているかによって「公営霊園」「民営霊園」「寺院墓地」の3つの種類に分類できます。中でも公営霊園は、都道府県や市区町村など、地方公共団体が運営しているため、安心感がある、価格が安いといった意見も聞かれます。今回は、そんな公営霊園について、特徴や費用相場などを解説いたします。

民営霊園

財団法人や社団法人、宗教法人が事業主体であり、民間企業が運営の委託を受けているケースもある霊園です。宗旨宗派を問わず申し込むことができます。

公営霊園に比べると永代使用料や管理費などは多少割高ですが、遺骨の有無などで申し込みに制限がかけられることはほとんどありません。

霊園によってはお墓のデザインや大きさなどを自由に選べる場合もありますが、石材店は指定されている場合が多いようです。

民営霊園とは - 費用相場とメリット・デメリット
民営霊園とは、公営霊園や寺院墓地とどのような点が異なるのでしょうか。今回は、民営霊園とはどんなものなのか、その特徴や代表的な施設、メリット、デメリットなどについて詳しく紹介したいと思います。

寺院墓地

寺院墓地は、大抵、寺院の境内地にあり、その寺院が管理している墓地のことをいいます。

寺院墓地のお墓を求めるということは、そのお寺の檀家になることが前提となっている場合がほとんどなので、必ずその寺院の住職にお寺の行事やお付き合いの仕方について確認しておいた方がよいでしょう。同時に、住職の人柄についても、長く信頼してお付き合いできるかどうか考慮に入れる必要があります。

メリットとしては、手厚く供養していただけるという点です。お墓が境内にあるので法要を本堂で営め、依頼すれば僧侶が読経して供養してくれます。お寺の中にあるので、管理面でも安心です。

寺院墓地とは - 費用とメリット・デメリット
「寺院墓地(じいんぼち)」とは、各宗派のお寺によって管理・運営されている墓地のことです。お寺との繋がりが強いことから、檀家になれば手厚い供養や節目ごとの法要を安心して任せられるのがその他の霊園との違いですが、気になるのは管理費や、そういった費用に関するトラブルです。 お墓を経営主体ごとに分けると、都道府県や自治体による「公営墓地」と、宗教法人あるいは公益法人による「民営霊園」、宗教法人である寺がその敷地内で運営する「寺院墓地」があります。ここでは、そのうち寺院墓地で永代供養をするための費用や管理費の相場、利用するメリット・デメリットについて解説しています。

新たな埋葬方法のお墓

昨今では、石材を使った従来のお墓だけではなく、新たな埋葬方法のお墓も注目を集めています。

永代供養墓

永代供養墓は寺院や霊園が承継者に代わって供養や管理をしてくれるお墓のことで、継承者がいない方や、家族に面倒をかけたくないという理由から、近年需要が高まってきています。

永代供養墓には、永代使用料が個別のお墓よりも比較的安い等、様々なメリットがあります。ただ、永代供養墓と言っても、遺骨を合祀・合葬するものから個別に保管するもの、また納骨する場所が地下だったり地上だったりと、種類がたくさんあります。

永代供養墓ってどんな人が買っているの?購入者にきくメリット・デメリット
近年さまざまな事情から永代供養墓を選択する人が増えてきています。永代供養墓は寺院や霊園が承継者に代わって供養や管理をしてくれるお墓のことで、継承者がいない方や、家族に面倒をかけたくないという理由から、近年需要が高まってきています。永代供養墓には、永代使用料が個別のお墓よりも比較的安い等、様々なメリットがあります。ただ、永代供養墓と言っても、遺骨を合祀・合葬するものから個別に保管するもの、また納骨する場所が地下だったり地上だったりと、種類がたくさんあります。自分が眠ることになるお墓ですので、少しでも満足のいくお墓にしたいものです。ここでは、永代供養墓についての解説と、実際に購入した人の意見などを元にした、選び方のポイントなどを解説します。

納骨堂

納骨堂とは、骨壷に入った遺骨をそのまま納めておく建物のことです。納骨堂は、公営霊園やお寺、寺院の中に設置されていることが多いです。最近では、駅から近い場所に納骨堂が設けられることも多くなってきました。また、納骨堂は一般的なお墓と違って、墓石が不要です。そのためコストを抑えることができます。

近年では、お墓を相続する家族のいない方が、納骨堂のあるお寺や寺院に永代供養を頼むことも多くなっています。

納骨堂の費用 - 種類・形式と価格相場をご紹介
納骨堂とは、骨壷に入った遺骨をそのまま納めておく建物のことです。納骨堂は、公営霊園やお寺、寺院の中に設置されていることが多いです。最近では、駅から近い場所に納骨堂が設けられることも多くなってきました。また、納骨堂は一般的なお墓と違って、墓石が不要です。そのためコストを抑えることができます。近年では、お墓を相続する家族のいない方が、納骨堂のあるお寺や寺院に永代供養を頼むことも多くなっています。今回は、そんな納骨堂の永代使用料や管理料といった費用の支払い相場をご紹介します。納骨堂の利用について気になっている方はぜひ参考にしてみてください。

樹木葬

”自然に還る”というコンセプトのもと、墓石の代わりに樹木を墓標とする樹木葬。散骨などと並ぶ自然葬の一種で、近年希望者が増えているお墓のスタイルです。

メリットとして上げられることのひとつに、一般墓に比べて費用を安く抑えられる点があります。その理由として、墓石を使わないこと、広いスペースを必要としないという樹木葬の特徴が大きく関わっています。最近では、既にあるお墓に納骨されている遺骨の一部を墓じまいして散骨、一部をお引越し、つまり改葬して樹木葬を購入するケースもあります。

また、生前にお墓を探す方にとって樹木葬は、自然に還るため後継ぎが不要なことや石材をあまり使わないためリーズナブルなことなどが魅力的に見えて注目が集まっています。

樹木葬のメリット・デメリットは?起こりやすいトラブルをわかりやすく解説
「樹木葬」という言葉を聞いたことはありますか?多様化するお墓の中、近年人気が高まっている「樹木葬」。1999年に初めて登場した埋葬方法で、今では公営霊園や民営霊園、寺院墓地などさまざまな霊園でも導入されています。募集が開始されるとすぐ埋まり...

墓石の種類

お墓は何代にもわたって子孫に受け継がれていくものです。したがって硬度が高く、風化しにくい石を選ぶことが大切です。風化作用に強く、磨くと光沢が出る素材としてしられているのは、花崗岩、安山岩、閃緑岩、班れい岩などです。

よく御影石という名前を耳にしますが、御影石とは花崗岩の総称です。六甲山嶺の神戸市御影付近が産地として有名だったのでそのように呼ばれるようになりました。

御影石は墓石として最も人気があり、国内産地としては茨城県(稲田御影、真壁御影)、福島県(浮金石)、山梨県(甲州御影)、愛知県(三州御影)、香川県(庵治石)、山口県(徳山御影)などが有名です。

現在では多くを外国から輸入をしています。その中でも中国からの石材輸入が多くを占めています。中国で墓石などの製品化が本格化したのは1990年代で、福建省で日本の業者との合弁工場が作られたのがきっかけとなります。

そのほか、黒系の花崗岩「クンナム」が採掘されるインドも石材の産地として有名です。

墓石の産地、石材の種類 - 国産と外国産の違い
墓石の産地とは、墓石に使われる石が採掘されるところのことです。海外では中国やインドなど海外から輸入するものもあれば、国産の石材もあります。暮石にはその産地や石の種類によって、さまざまな特徴があります。 ここでは暮石の主な産地や特徴、石の種類や選び方について説明していきます。

お墓選びの流れ

お墓は一生に一度の大きな買い物です。気に入らなかったから買い替えるというわけにはいきません。それだけ慎重に選ばなければならないのです。お墓を選ぶ際、どのような点に注意すればよいのか、後々、後悔しないですむお墓選びをしていきましょう。

霊園・墓地さがしの6つのポイント - お墓の購入前に知っておきたいこと
普段はあまり考える機会のないお墓の選び方ですが、お墓はある程度まとまった金額が必要になる高価な買い物であり、建ててしまったら簡単にやり直しや移転ができるものではありません。故人の宗教・宗派はもとより、場所探しや石材店選びもお墓選びの重要なポイントです。石材の価格や工事費のほか、手厚い供養のためには欠かすことのできない管理費用などの経済的な制約もあります。これからお墓を新設するというときには、よく考えて後悔のないようにしたいものですが、実際にはさまざまな失敗談も散見されます。ここでは、そんなお墓の選び方で失敗しないための基本的なポイントを、6つの項目にまとめてご紹介します。

資料請求で複数の墓地の情報を手に入れる

資料請求で気になる霊園の情報を手に入れましょう。お墓の種類だけでなく、
民間霊園、寺院墓地、公営霊園など運営母体などもチェックできます。
霊園の資料請求はこちら

霊園の見学予約

気になる霊園が決まったら、現地で見学しましょう。
資料だけでは確認できないポイントや、交通アクセス等も確認しましょう。
家族が来やすい立地を選ぶことがポイントです。

霊園見学の方法とは?地域やアクセス面、見るべきポイントと注意点
霊園見学とは、実際にその霊園に足を運んで現地の状況などを確認することです。霊園見学をすることで、インターネットやチラシなどの資料からではわからない情報を知ることができます。しかし、ただ見学するだけでは意味がありません。見学をしてよい霊園かどうか判断するために、見学で確認しておくべきポイントがあります。たとえば、霊園見学では霊園内だけでなく、霊園がある地域やアクセス方法について確認しておくことが大切です。 そこで、今回は霊園見学の際に見ておくべきポイントや、見学の際に持参すると便利なもの、霊園の申し込み方法などについて詳しくご紹介します。霊園を比較する際にぜひご活用ください。

いいお墓の安心実績

年間14万件の相談実績

いいお墓では、年間14万件のご相談を承っております。
その実績をいかし、最適な霊園選びをお手伝いいたします。

全国9,000件以上の墓地掲載

全国の9,000件以上の墓地情報を掲載しています。ご希望の霊園が見つかります。
口コミも掲載していますので、その霊園選びの本当の情報を提供しております。

東証一部上場企業が運営

「いいお墓」の運営は、1984年創業の出版社である株式会社鎌倉新書(東証一部上場、証券コード:6184)が行っています。

5/5 (3)