樹木葬のメリット・デメリットは?起こりやすいトラブルをわかりやすく解説

多様化するお墓の中、近年人気が高まっている「樹木葬」。1999年に初めて登場した埋葬方法で、今では公営霊園や民営霊園、寺院墓地などさまざまな霊園でも導入されています。募集が開始されるとすぐ埋まり、人気のある所では抽選倍率が10倍になる、なんてこともあります。

一方で、比較的新しいタイプということもあり、トラブルやデメリットなどがないのか気になるところですよね。実際に樹木葬を選んだ人の意見もふまえて、樹木葬で起こる場合があるトラブルやデメリットついて確認していきましょう。

樹木葬とは?

樹木葬は、その名の通り墓石ではなく樹木を墓標としたスタイルです。この樹木を「シンボルツリー」とよび、1つひとつの区画に対してそれぞれシンボルツリーが1本ずつあるタイプや、1本の樹木の周りに複数の遺骨を納骨するタイプなどがあります。

埋葬方法は主に3タイプに分類されます。

1.遺骨を特に包まずにそのまま土に埋めるタイプ

2.納骨袋や和紙など自然に還りやすい素材で包んで埋めるタイプ

3.骨壺に入れて埋めるタイプ

ただし樹木葬は特に決まった形はなく、それぞれの霊園によって差異が見られるため、あらかじめよく確認しておくことが大切です。

樹木葬の主な購入者

樹木葬の購入層は、およそ4タイプに分かれます。

1.まずあげられるのが、子供がいない人や子供に迷惑をかけたくないと考えている人です。

2.樹木葬の多くは永代供養のため承継者が必要なく、お墓の管理の心配をせずにすみます。同じ理由から、独身の人も樹木葬を利用する割合が高いようです。

3.樹木葬は自然回帰の希望をする人にも人気があります。エコ意識の高まりが、樹木葬人気に拍車をかけている一面も。

4.樹木葬は省スペースな分リーズナブルであることも多いため、お墓にあまり予算をかけたくない人の選択肢としても人気があるようです。

樹木葬を探してみる

樹木葬で起こりうるトラブルとは?

続いて、樹木葬で実際に起こりうるトラブルについて見ていきましょう。

返骨ができない

樹木葬の埋葬方法には、「合祀」と「個別」の2種類があります。合祀はほかの人と遺骨をとりまとめるため費用が抑えられる傾向にあり、管理料もそれほどかからないことから、視野に入れることもあるでしょう。

しかし合祀を選んだ場合、ほかの人と遺骨が混ざってしまうため、後から遺骨を取り出すことはできません。子供など継承者となる可能性のある人がいる場合は、特にこの点を理解してもらうことが必要不可欠です。

法律の許可が必要

樹木葬は自然葬の一種と考えられることも多いですが、法律の許可が必要です。墓標が墓石から樹木になっただけなので、個人所有の庭などで樹木葬を行おうとした場合、「墓地、埋葬等に関する法律」に触れてしまうおそれがあります。

ただし、遺骨を粉末状にして樹木などの元に撒く「散骨」は「墓地、埋葬等に関する法律」の対象外です。法律的には問題ないものの、トラブルを避けるために、近隣の住民からの理解や了承を得ることが大切でしょう。

家族間で意見が分かれてしまうことがある

樹木葬は新しい埋葬方法のため、伝統的なお墓にこだわりがある場合、家族間で意見が分かれてしまうことがあります。

親御さんは子どもに迷惑をかけたくないという思いで、承継不要の樹木葬を選択することがありますが、子供は必ずしも墓を承継したくないと思っているわけではないことも多いようです。

行く先々のこと話しづらいものですが、じっくりと家族間でコミュニケーションをとり、全員が納得できるお墓選びをする必要があるでしょう。

樹木葬を探してみる

実際に樹木葬を選んだ人が感じる、樹木葬のメリット

ここで、樹木葬を選んで満足したという人の意見を見ていきましょう。

景観の良さ

樹木葬の霊園には、景観に気を使っている施設が数多くあります。

整えられた芝生とシンボルツリーが美しい庭園のようになっている霊園なども多く、従来のお墓参りのイメージが払拭されるという声も。

実際に訪れてみて、霊園のイメージが希望に叶うようなら、「こういった場所で眠りたい」「こういった場所で眠らせてあげたい」という気持ちを満たすことができるでしょう。

月日の流れや季節を感じられる

樹木葬のシンボルツリーは年々成長するため、故人が眠りについた後の年月を、植物の成長を通して感じることができます。

シンボルツリーが桜などの季節の花を咲かせる樹木であれば、四季の移ろいを感じることも。

こうした時の経過を、自然の中で感じながら故人をしのぶことができるのは、樹木葬独自のメリットといえそうです。

コストパフォーマンスが良い

樹木葬は墓石を伴った一般墓よりも価格を抑えることができる傾向にあるため、樹木葬ならなんとか購入できるといった声も聞かれます。

また、お墓へのコストを抑えることで、生前に使えるお金や子孫に残すお金が増えるというメリットもあるようです。

樹木葬を探してみる

実際に樹木葬を選んだ人が感じる、樹木葬のデメリット

次に実際に樹木葬を選んだ人の中で、選んで後悔した、失敗したと感じた人の意見を見てみましょう。

手入れの悪さ

樹木葬のエリア自体は手入れが行き届いていても、エリアの周りは雑草だらけ、という場所もあります。

こういった点はパンフレットなどでは分からないことも多いため、現地を見学して確認をすることが大切です。

契約前には必ず一度は現地を訪れるようにしましょう。

墓地の一角でしかなかった

樹木葬というと大自然に囲まれた場所をイメージしがちですが、近年では既存の霊園や寺院墓地の1角に造られた樹木葬の区画が造られるケースも増えてきています。

そういった施設は一般的な墓地が近くにあるため、期待していた景観が得られずガッカリしてしまうことも。

また、樹木が墓標となっていても、樹木葬という名称とは程遠いものもあるようです。樹木葬はこうだといった定義はないため、必ず現地で確認することが必要です。

アクセスが良くない場合がある

都市圏にある、庭園型、公園型の霊園は比較的アクセスが良い場合も多いですが、里山型は山間部にある場合が多く、アクセスがあまり良くない場合があります。

中には車でしか行くことができず、その上山を登っていくという道程を経なければならないことも。

アクセスに関しても、現地に行って必ず確認した方がよい事項といえるでしょう。

線香やお供えが禁止

墓前には線香やお花をお供えしたいと考える方も少なくないでしょうが、樹木葬の霊園の中には、消防対策やイメージを大切にするために、線香やロウソクを禁止している場所があります。また、虫や動物が来てしまうという理由で、お供えを置くことができないケースも。

このような施設の多くは、シンボルツリーの場所とは別にお供えができる祭壇が備えられていますが、そのような場所がない施設も考えられます。線香やお供え物についての決まりは、契約前に必ず確かめておきましょう。

意外に安価ではなくなる場合も

樹木葬のメリットとしてコストパフォーマンスの良さがあげられるように、予算を抑える目的で樹木葬を選ぶ人もいますが、いざ価格を見てみたら意外に安価ではなくなってしまうことも。

樹木葬は継承しないことを前提としている場合がほとんどのため、個人用、あるいは夫婦用などのタイプが多くあります。それぞれ単体での価格は安く抑えられているものの、3人、4人の埋葬を考えた場合、一般墓と変わらない程度にまで加算されることがあります。また、一般墓の価格を超える樹木葬が、意外と人気を集めているケースもあるようです。

散骨や合祀に比べると価格が高いものも多く、どういう埋葬を望むのかをきちんと考えた上で、比較検討して購入するよう心がけましょう。

樹木葬を探してみる

樹木葬があっているかしっかりと検討しよう

樹木葬は年々注目を集めるお墓のひとつで、実際に多くのメリットがありますが、同時にトラブルが発生してしまう場合も考えられます。

遺骨にこだわりがある人や宗教に強いこだわりがある人、また、承継しないことに必ずしもこだわりのない人は樹木葬があわないといったケースも。自分や家族の希望に樹木葬があっているのか、しっかりと検討することが大切です。

 

エリアから樹木葬を探す

5/5 (1)