檀家をやめたい!檀家のなり方と辞め方/メリットとデメリット

かつて日本では先祖代々の家に住み続け、先祖のお墓を守り続けるという習慣がありました。そのため、お墓を管理している寺院の檀家になり葬儀や法事を行うのが通常でした。

しかし、核家族化が進むことで、そのありかたにも変化が見られています。これまで檀家であることが当然であると考えていた人も多くみられますが、実は、仏式の葬儀や法事を行うのに檀家であることは必要ではありません

本記事では、檀家とはどういうものか?辞めたいと思ったらどうしたらいいのかを解説します。

墓じまい資料一括請求【無料】

墓地の解体・撤去を考えている方のご状況に合わせて「いいお墓」が厳選した墓じまい業者をご紹介!

フォームに必要情報を入力するだけで、お近くの墓じまい業者の資料を一括でお取り寄せいただけます。

そもそも檀家とは何?

檀家というのは特定の寺院に所属している家のことを指します。浄土宗においては「信徒」、浄土真宗では「門徒」とも呼ばれています。

「ダーナパティ」というサンスクリット語から来た言葉であり「寺や僧を援助する庇護者」という意味があります。日本では江戸時代に「寺請制度」が施行され、全ての世帯がどこかのお寺の檀家になることを義務付けられました。それが檀家制度の始まりです。

檀家は寺院の運営を支えるため、葬祭供養を寺院に任せるかわりに、お布施として経済的な支援を行います。しかし、現代においては核家族化が進むことで檀家でない人もみられ、自分が檀家であるかどうかが分からないという人もいるでしょう。ただ、お墓が寺院にある場合には檀家になっている可能性が高いと言えます。

檀家って自由に辞められるの?/離檀料の相場は?

結論から言うと、檀家は辞められます。しかしながら、檀家をやめるのは簡単なものではありません

檀家を辞めることを「離壇」といい、お墓を別の場所に移すことを意味します。墓地はお寺の土地を借りて建てています。改葬といってお寺からお墓を移転したり、墓じまいというようにお墓を撤去するためには、お墓を返還する手続きが必要となります

改葬には自治体から「改葬許可証」を発行してもらう必要があり、改葬許可申請書には、もともとお墓があった寺院の署名と捺印が必要になります。遺骨を勝手に持ち出したり、散骨したりすることはできないのです。

さらに、寺院に対しても離檀料を支払わなければいけません。離壇料の相場は5万円~20万円であると言えるでしょう。寺院にとってみれば、檀家が少なくなることは運営にも影響します。そのため、寺院から高額な離檀料を請求されるといったトラブルも見られています。

こういったトラブルは、突然離壇を申し出ることや、礼を欠いた行動に出ることが原因になることが多いのも事実です。離壇を考えている際には事前に相談し、礼儀を持って接することでトラブルは回避できるでしょう

離檀料って?
元来、法律上では檀家を離れるに際し「離檀料」というものを払う義務はありません。しかし、これまでお墓を守っていただいたことや、お世話になったことへの感謝の気持ちをあらわした「お気持ち」となるものです。お墓を移す作業にはお寺の敷地内に工事が入りますし、手続きの書類もお寺に依頼することですので、お願いをしてやっていただく作業がたくさんあるわけです。ある意味、それまでのお寺への感謝の気持ちとさまざまな手続きへの御礼と考えれば、分かりやすいのではないでしょうか。

檀家にはどうやってなるの?/入檀料の相場は?

では逆に、檀家にはどうやってなるのでしょうか?

檀家になることを入檀といいます。入檀の方法は非常に簡単であり、希望する寺院に入檀料を支払い、檀家契約書や墓地契約書といった必要書類に記入するだけです。

入檀料の一般的な相場は10万円~30万円であると考えられます。さらに、位牌を安置する位牌堂の費用も別途必要となり、位牌を安置する場所によっても異なりますが、その相場は10万円程度です。

宗派や寺院によってその金額は異なりますので、希望する寺院に確認してみるのがいいでしょう。入檀するにあたって寺院や墓地を見学する機会も得られますので、しっかりと確認してから契約を結ぶのがおすすめです。

檀家になることにメリットやデメリットはあるの?

メリット

檀家になるメリットには、法事が重なった時やお盆などの繁忙期でも優先してもらえるケースが多いことがあげられます。お盆やお彼岸といった時期には各地で法要が行われるため、法要依頼も集中します。しかし、寺院は檀家を優先して法要を行いますので、混雑する時期においても安心です。

また、仏事の知識は普段はなかなか得る機会が少ないため、難しいと感じてしまう人もいるでしょう。特に、初めて法要を行う際にはわからないことも多く、不安に感じることがあるかもしれません。しかし檀家であれば菩提寺の住職に相談が可能です。

さらに地方で法要を行う場合にも来てもらえるケースもあり、手厚い供養が受けられます。

デメリット

しかしながら、檀家のデメリットとしてはお布施などの費用がかかることがあげられるでしょう。檀家を辞めるにも費用がかかります。

さらに寺院は檀家の支えで運営されているため、寺の修繕や改修を行う際には寄付を求められる可能性もあります。

他にも檀家はその寺院のルールに従わなくてはいけないこともあげられるでしょう。宗派はもちろんのこと、希望の形式で葬儀を行うことも難しくなる可能性も考えられます。

増えつつある「墓檀家」という仕組み

これまで檀家制度が定着していた日本においても、時代の流れが変わり寺院との関わり合い方にも変化が見られています。

檀家になることで費用がかかることや、核家族化で別の土地に暮らす人も増えていることから、新しくお墓を建てた際の開眼法要や納骨法要といった、お墓で営む法要の時にだけ決まった寺院にお願いする人もみられます。これを「墓檀家」といいます。どこかの檀家になっている人であっても、どこの檀家でもない人でも墓前法要の時にはその寺院に任せられるシステムであり、寺院が多い京都などの地域を中心に増え続けています。

また、墓檀家墓地では宗派にこだわらず、条件の良い立地にお墓が立てられるといったメリットもあります。檀家離れがすすむなか、存続が難しくなっている寺院もあり、寺院では柔軟な対応が求められるようになりました。檀家制度においても多様化が必要とされています。

菩提寺(お付き合いのあるお寺)がない方で、読経や戒名授与を希望される方に全国の僧侶(お坊さん)を手配いたします。