永代供養墓ってどんな人が買っているの?購入者にきくメリット・デメリット

近年さまざまな事情から永代供養墓を選択する人が増えてきています。永代供養墓は寺院や霊園が承継者に代わって読経して供養を執り行い、永代にわたり管理をしてくれるお墓のことで、死を迎えた後、身寄りがない方や、家族に面倒をかけたくないという理由から、近年需要が高まってきています。分骨や改葬で永代供養墓を利用したり、無縁仏になった遺骨を永代供養墓に埋葬するケースなどもあります。

 

永代供養墓には、永代使用料が墓苑の個別の墓所よりも比較的安いなど、さまざまなメリットがあります。ただ、永代供養墓と言っても、故人の遺骨を壺から取り出し合祀・合葬するものから、故人の遺骨を壺に埋葬し個別に保管するもの、また納骨する場所が屋内の地下だったり地上だったりと、多くの区画の種類がたくさんあります。墓標の形態としては、宝塔のような形であったり、観音の像が象徴的に建っていたりとさまざまです。

 

一般的には、墓苑の墓所ごとに供養の「回忌」が定められており、その「回忌」が過ぎた遺骨は「合祀墓(ごうしぼ・ごうしばか)」に埋葬されますが、個別タイプもあります。寺の境内にある場合でも、宗旨宗派が不問の場合が多いです。

 

自分が眠ることになるお墓ですので、少しでもやすらぐ満足のいくお墓にしたいものです。ここでは、永代供養墓についての解説と、実際に購入した人の意見などを元にした、選び方のポイントなどを解説します。

 

都道府県一覧からお墓を探す

いいお墓では希望エリア・お墓の種類・宗旨宗派などの検索条件で全国のお墓を探すことができます

永代供養墓の特徴

永代供養墓とは

永代供養墓は、永遠墓、永代供養塔などとも呼ばれます。死を迎えた後、お墓を継ぐ人がいない場合、承継者に代わって墓地の管理者が遺骨を管理、供養してくれるのが特徴です。

主に屋外の墓地を指すことが多く、地上に参拝用のモニュメント(像・塔・碑など)があります。遺骨は地下、または半地下の納骨室に納めるもの。地上に設けた納骨室(納骨棚)に納めるものなど、さまざまなタイプがあります。墓誌に名前を彫ることができる永代供養墓もあります。

また遺骨の保管方法についても、個別に保管するものもあれば、骨壺などから出して合祀・合葬とするものもあります。一定期間は個別に保管、定められた期間を過ぎた後は合祀・合葬という場合もあり、予算や希望に合わせた選択が可能です。

また、宗旨宗派が不問の場合が多いです。

永代供養墓とは
永代供養墓とは、お墓を承継する人がいなくなってしまった際に寺院や霊園が、遺族に代わって供養してくれるお墓のことです。少子化や高齢化が進んだ現在では、子どもや家族への負担を減らしたいという考えから、承継者がいても永代供養墓を選ぶケースも増えてきています。そこで、永代供養墓の費用やお墓の形態、改装の方法などについて紹介します。

永代供養墓の永代とは

実際には何をもって永代供養墓とするか、統一は取れていません。寺院や霊園などによって永代供養という言葉の使い方が異なる場合もあります。中には寺院墓地などでは、承継者が途絶えたお墓は寺で供養していたので、普通のお墓が永代供養墓であるという説もあります。

主な永代供養墓の購入者

永代供養墓は、上記の通り管理者に管理と供養をしてもらえます。

そのため以下のような方が購入する傾向が高いです。

お墓の承継者、管理をする人がいない人

子どもがいない、あるいは親族がいないなどで、お墓の管理をする候補者がいない人が永代供養墓を購入する、または購入を検討する例が多いです。

永代供養墓であれば業者がお墓の管理と供養をしてくれます。お墓が管理されず雑草が伸び放題、誰も供養してくれずに放置されたままという状況を防ぐことができます。

子孫にお墓の面倒をかけたくない方々

自分に子孫がおり、その人達がお墓を管理してくれそうであっても、迷惑をかけたくなといった理由から、あえて永代供養墓を購入するケースが見られます。

先祖代々のお墓が子孫の居住地から遠い場所にある、または交通の便が非常に悪いところにあるなどの場合、お墓の管理や供養に多くの手間がかかります。またお墓の維持、管理にかかる費用など、経済的な負担を心配するという場合もあります。

自分でお墓を管理できるかどうか不安な子世代が、親世代のために永代供養墓を購入する、あるいは永代供養墓を強く薦めることもあります。生前に求められる方も多い傾向にあります。

1人あるいは夫婦のみなどでお墓に入りたい方々

何らかの事情があって自分一人、もしくは夫婦のみなど限られた人のみでお墓に入りたいということも考えられます。

このような場合、永代供養墓は有力な候補になります。家族関係の変化や生涯非婚率の増加などが背景となり、永代供養墓の需要は高まっているとも言われています。

永代供養とは - 普通のお墓より安い?選び方や種類、管理費用など
永代供養とは、お墓を管理する身内がいない場合や、さまざまな事情でご先祖様を供養し続けることが難しい場合に、寺院や霊園などが代わりにお墓を建立し、管理・供養し続けてくれるという納骨方法を指します。 少子高齢化によって後継者がいない、遠方に住んでいて家族でなかなかお墓参りに行けないなど、人々の生活スタイルが変わりつつある昨今、個人のお墓を持つ以外の手段として、安価な永代供養が選ばれることがあります。 ここでは永代供養の手続きや納骨先の選び方、永代供養墓の種類や特徴、費用相場などをご紹介します。

永代供養墓を選んで良かったと思う方の意見

永代供養墓を選択して良かったという人の意見には、以下のようなものがあります。

管理料や墓じまいの心配がない

「最初は、樹木葬を希望して見学に行きましたが、永代供養墓の説明を伺い、年間管理料は発生せず、万が一墓じまいの時も、すべてお任せできるとの事で、迷わず決めました。園内の管理も行き届き、お墓のイメージが変わるような施設で、子ども達も、明るくてきれいなやすらぐ所と驚いています。お墓の管理がきちんとした施設を購入して良かったと思います」

スタッフの対応がよかった

「私は永代供養墓を選びましたが、大切なのはこの場所でずっと眠れることに喜びを感じることだと思います。ですから、ロケーションやスタッフの方々がどれだけお墓を大切に守ってくださるかが大きなポイントだと思います。私は、このお墓ならば500年、1000年と変わらずにいてくれること。そして、お寺が運営している霊園内にあるお墓なので、スタッフの皆さんがお墓を売って終わりではなく、そこから一緒に末永い関係を築こうとしてくれているところに共鳴し、決めました」

年中無休でアクセスも良好

「交通機関を利用してお墓参りがしたかったので、交通の便が良くて大変便利です。一年中休みが無く利用できるのがうれしいです。何も持たないでいつでもゆったりとお参り出来、満足してます。永代供養墓なので相続人がいなくなっても心配する事もありませんのでここに決めて本当に良かったと感謝してます。これからの時代はこういったお墓の在り方も検討すると良いかもしれません」

永代供養墓は合理的

「お墓を持つのは大変なことなのと、お墓を管理していくことが難しい時代になってきている様に思う。これから子どもたちに迷惑をかけないよう永代供養墓というのはとても合理的で良いと思いました」

何度でも墓参りに来たくなる

「私の場合、お盆や彼岸などの時に気軽に墓参りができるよう、自宅に近くて環境のよいところ、寺院内にある永代供養墓を探していました。また、墓参りに来たいと思える様なところをと探していましたら本当に希望通りの素晴らしい寺に出会えました。やはりいつでも何度でも墓参りに行きたくなる様な寺の墓所がいいとおもいました」

永代供養墓だがずっと利用可能だった

「永代使用料込みといっても長くても33回忌までというところが多い中で、こちらは名義変更する跡継ぎがいる限りずっと使えます。

そう考えると90万は決して高くないと思います。駅からも近くていつでも行けるので、購入してよかったと思います。お墓も高級感があって落ち着きます」

宗旨宗派が不問

永代供養墓の多くが宗旨宗派不問の場合が多いです。寺院の中にある永代供養墓でも、檀家にならなくていいというのも人気の要因の一つです。

あまり良くなかったと思う方の意見

便利な部分が目立つ永代供養墓ですが、一方ではあまり良くないという意見も見られます。

合祀が不安

「将来の永代供養の合祀場所が、はっきり決まっていませんでした」

法要の予約が取りにくい

「普通の土日でも参拝している方が多いので、混雑時期には法要の予約がなかなか取れないこともあるので注意が必要です」

営業が強すぎ

「民間管理はおすすめできません。営業が前面に出すぎていました。その点、寺のほうが信用できます

永代供養墓 - 種類と特徴/合葬と合祀の違い
「永代供養墓」という言葉を耳にしたり、広告などで目にした方もいらっしゃることでしょう。一般的なお墓との違いはどこにあるのでしょうか。お墓の新たな選択肢となった永代供養墓がどのような経緯で登場したのか、またそのメリット・デメリットなどについてみていきましょう。

中にはこんな意見も

ここまでは永代供養墓に関する意見を良い意見とそうでない意見に分けてご紹介しました。それ以外にも、お墓選びのときに参考になりそうな意見も多数寄せられています。

タイプを見極めるべし

「永代供養墓でも合祀タイプや骨壺安置形式があるのでよく考えてから決めた方が良い」

交通機関の充実は大切

交通機関が充実している事は大変重要だと思います。

我が家は高齢の父が交通機関を利用してお参りに行ける事が条件でした」

チェックポイントがたくさんある

1.死後のこととはいえ、周辺環境、陽当たり、駐車場規模は良いに越したことはない。

2.販売受託会社(石材会社)の幹部の人柄・経営内容の良し悪しは重要。

3.墓所と寺院は近い方が安心。

直接管理してくれる人と話しておこう

「1か所ではなく、時間の許す限り数か所見学に行く事をおすすめします。

案内の方がとても雰囲気が良く説明も丁寧で感じが良かったのですが、実際購入後に直接関わるのは管理会社の方なので、その方ともお話を交わすのも必要かもしれません」

家族との話し合いが大事

子どもの代に負担を掛けず且つ親の生前の希望を叶えるという難しい問題をいかに克服できるかがポイントだと思います。その為にはまず自分の考えをしっかり持ち家族との話し合いが重要ではと思います

永代供養墓が合っている人合わない人

それでは、永代供養墓の利用に向いている人と、反対に永代供養墓を購入したら後悔するかもしれない人の間にはどのような違いがあるのでしょうか。ここではそれぞれをタイプ別に考えていきます。

永代供養墓が合う人

従来のお墓の制度にこだわりがない人

永代供養墓は一般的・従来的なお墓とは違ったシステムです。

しきたりや慣習にこだわらず、新しいシステムを受け入れられる人の方が永代供養墓に向いています。

お墓の制度に違和感のある人

「こだわりがある人」とは似ているようで根本的に異なります。

「こだわりがない」とは現在のお墓にまつわる諸事情を「気にしない」人で、「違和感がある」とはそういった事情を「マイナスの意味で気にする」人です。

例えば檀家というシステムに不都合を感じている人や、子孫が延々と墓を守るというしきたりに疑問に持っている人などは、お墓の制度に「違和感がある」人になります。

そういった人たちには永代供養墓という仕組みの方がむしろしっくり来るかもしれませんので、一度検討してみることをおすすめします。

遠隔地のお墓を墓じまいしたい人

例えば実家は北海道だけど住んでいるのは沖縄といったように、お墓と居住地が離れていると、お墓参りもお墓の管理も大変です。

そういったときは従来のお墓から永代供養墓に改装し、既存のお墓を墓じまいをした方が、さまざまな意味で負担が減ります。

永代供養墓が合わない人

家族のお墓や土地に執着がある人

永代供養墓は個人のお墓がないことも多く、あったとしても最終的には合祀されてしまいます。

家族だけのお墓を作りたいという人や、住んでいた土地でずっと眠りにつきたいという人にとっては向いていないかもしれません。

親族などに反対者がいる人

永代供養墓という形に馴染みがない人や、抵抗感を覚える人もいます。

もし親族が永代供養墓の利用について反対している場合、永代供養墓の購入は控えた方が余計なトラブルを避けることができます。

せっかく永代供養墓を選んでも、その意思を無視して通常の墓地に改葬されてしまうかもしれません。

また、生きている間に何らかの不利益を受ける可能性も否定できなくなります。

反対者がいる場合は永代供養墓の購入を見送った方が無難です。

永代供養墓の選び方
永代供養墓の最も重要なポイントは、その名前の通り、管理と祭祀が約束されているところにあります。外観や納骨方法によって名付けられたものではないため、永代供養墓の形はさまざまです。ここでは、永代供養墓を上手に選ぶためのポイントをいくつかの観点からご紹介します。

まとめ

永代供養墓は管理と供養を業者に一任できるシステムなので、お墓の管理をする人がいない人や、管理の手間をかけたくない人に向いています。

しかし「永代」といっても個別に永遠に管理と供養をしてもらえるわけではなく、一定期間後は合祀されることなどに注意を払わなければなりません。

お墓選びのときは契約内容を確認し、複数のお墓を比較検討してください。

また、葬儀や仏壇、戒名や位牌、海洋散骨のことなど、供養に関することなら何でもお気軽にご相談ください。

永代供養の費用・金額を抑える方法は?種類別に相場を紹介
「永代供養(えいたいくよう)」とは、さまざまな事情でお墓参りが難しくなってしまった場合に、お寺や霊園が、親族に代わって故人を手厚く管理・供養してくれるというものです。 一般的には、墓所ごとに供養の回忌が定められており、一定期間が過ぎた遺骨は「合祀墓(ごうしぼ・ごうしばか)」に移されますが、個別タイプもあります。 費用は埋葬形式やお墓の種類によっても異なり、「2017年度 お墓の消費者全国実態調査」によれば、永代使用料や墓石代のほか、工事代金など諸々を合わせた平均額は92.1万円となっています。 一般墓に比べて安価で、管理に安心感があることから、納骨堂や樹木葬などと並んで、近年注目されている様式です。
永代供養墓の特徴とは? メリット・デメリット、費用、種類を詳しく解説!
お墓のことについて調べていると、「永代供養墓」という単語をよく見かけますよね? 近年は家族形態の変化や少子化により、永代供養墓を利用する人も多くなっています。永代供養墓であることをアピールしている霊園も多く、お墓選びのひとつの基準にな...

エリアから永代供養墓を探す

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

4.93/5 (41)