宇宙葬とは – 旅行?探検?好みに合わせて選べる宇宙葬

人工衛星の着陸回収、宇宙関連の日本人宇宙飛行士の期間、何かと宇宙の話題がある中で、宇宙葬も静かにブームを迎えています。しかし、一口に宇宙葬と言っても、バルーンに乗せて成層圏で散骨するものから、宇宙の果てまで探検するものまで、実はいろんな種類があります。月面に遺骨を置いて、いわば月を墓標に故人を偲ぶ、そんなサービスも生まれています。

都道府県一覧から霊園・墓地を探す

いいお墓では、ご希望のエリア、お墓の種類や特色・こだわり、宗旨・宗派などの検索条件で全国の霊園・墓地を探すことができます。

宇宙葬の種類

ロケットに乗って行く宇宙葬には大きく「宇宙旅行」「人工衛星」「月面墓地」「探検・冒険」「バルーン」という5つのタイプがあります。

宇宙旅行タイプ

「ちょっと宇宙を味わってみたいな」という方向けです。故人の遺骨の一部を宇宙空間に送ります。少しだけ地球に出て、また大気圏に突入。母なる地球に帰ります。

人工衛星タイプ

「せっかく宇宙に行くなら、本格的に宇宙に滞在したい」という方向けです。宇宙に出て地球の周りをぐるぐる回り、宇宙から地球に遺してきた大切な遺族たちを見守るの宇宙葬です。時間をかけてゆっくりと高度を下げて最後は大気圏に突入、流れ星のようになります。

月面墓地タイプ

「宇宙葬とはいえ、やっぱりお墓もほしいな」という方向けです。月面に遺骨を安置するので、いわば月が墓標になります。遺族たちは子孫の代までも、月を愛でながらご先祖様であるあなたに思いを馳せます。

探検・冒険タイプ

「宇宙の果てを見てみたい」そんな冒険心旺盛な方向けです。宇宙探査機に乗って、宇宙空間をずっとずっと旅し続けます。ちなみに、冥王星の発見者の遺骨は、冥王星を観測する探査機「ニュー・ホライズンズ」に乗っているそうです。

バルーンタイプ

バルーン工房と組んだことにより実現した方法で、近年始まったばかりの試みになります。確保しなければいけない場所のスペースは、最低10m四方の空き地。そして角度45度の上空付近に電線などの危険となるものが無いことが条件です。

最初にバルーンに遺灰を入れ、そのあとにヘリウムガスか水素ガスを注入します。そうすると直径2m~2.5m程の大きさに膨らみます。それから上空の状況などを説明し、1分間の黙祷開始。最後に遺族が挨拶を行った後、バルーンを飛ばすという流れになります。使われる巨大バルーンは、ゆっくりと高度を高め、2時間ほどの時間をかけ、高度30~35kmの成層圏付近に到着。宇宙の中で、気圧で3~4倍に膨張したあと、風船が割れ一気に散骨されます。

天然ゴムのバルーンで環境にも配慮

自然に還るのが最終目的ですから、バルーンの素材は天然ゴム使用。環境に害を及ぼすことのないように、日光や水で分解されるように作られています。

バルーン宇宙葬を行うと、「空から見守ってくれている」という気持ちが芽生えます。それはやはり、散骨の際に、空へ空へと昇っていく風船が心に焼き付けられるからです。空を見上げるたびに、家族は故人を思い、偲ぶことができます。

宇宙葬をするには?

宇宙葬を行うためには、地球をいったん離れる必要がありますので、専門の会社に依頼しなければなりません。宇宙葬を取り扱っている会社は、日本にもいくつかあります。
株式会社銀河ステージ(東京本社:東京都港区、代表取締役社長:安楽友宏)は、宇宙葬だけでなく、樹木葬や海洋散骨なども取り扱っています。

【行ってきました】銀河ステージで、宇宙葬について聞いてみた
このところテレビやネットなどでも話題になっている宇宙葬。何だかわからないけど面白そう。でも、もうちょっと詳しく知りたいなと思っている方はいらっしゃいませんか? 今回は、宇宙葬のサービスを提供している株式会社銀河ステージ(大阪本社:大阪...

エリジウムスペース(本社:カリフォルニア州サンフランシスコ、代表:トマ・シヴェ)は、2013年にできた新しい宇宙葬の会社です。東京都内に事務所があり、日本語も通じます。

(文・構成 小林憲行)