卒塔婆・塔婆とは/卒塔婆の意味、立てる時期と本数、処分方法など

卒塔婆は略して別名「塔婆(とうば)」ともいい、仏塔のことを意味しますが、一般的には『追善供養のために経文や題目などを書き、お墓の後ろに立てる塔の形をした縦長の木片のこと』を言います。

追善供養というのは、葬送、納骨や年忌法要、お盆やお彼岸の墓参りなどで、喪主などが亡くなった人を弔い、冥福を祈り、成仏を願うために行う供養のことで、仏塔とは、仏舎利(=お釈迦様の遺骨)を納めた塔のことです。仏塔を簡略化したものである卒塔婆には、五輪塔などと同じく仏教の宇宙観である五大(空・風・火・水・地)が表されています。

なお、言葉の語源は、古代インドのサンスクリッド語の「ストゥーパ」という言葉を、漢語(中国語)で音写したものです。

都道府県一覧から霊園を探す

いいお墓では、ご希望のエリア、お墓の種類や特色・こだわり、宗旨・宗派などの検索条件で全国の霊園・墓地を探すことができます。

卒塔婆とはいったい何?

卒塔婆とは、故人の供養のために立てるもので、細長い板のような形をしています。また、塔婆供養を捧げる私たちも功徳を積むことができます。卒塔婆の起源は、サンスクリット語のストゥーパにあります。ストゥーパとは、仏舎利塔のことでありお釈迦様の遺骨を納める塚のことを指しています。しかし、分骨する遺骨が不足してしまったため、高僧の骨や経文を多重の塔に納めることになり、これらもストゥーパと呼び、これをもとにして作られたのが卒塔婆です。

平安末期の頃から登場しはじめ、故人の供養のために墓石を建てることが一般的になると追善供養を目的として墓石とともに供えられるようになりました。追善供養とは、「生きている人の善行が故人の善行ともなる」という考えによって行われるもので、供養のひとつの形です。卒塔婆を立てることは追善供養を目的として行われていますが、浄土真宗は、すぐに極楽浄土できるという「他力本願、他力念仏」の教義が基本にあるため、卒塔婆を立てる習慣がありません。供養のひとつの形で必ずしもしなければならないというわけではありませんが、立てることは推奨されています。

「卒塔婆(ストゥーパ)」って何を意味しているの?

卒塔婆は仏塔とも訳され、“お釈迦様の遺骨を納めた塔”のことも意味します。お釈迦さまが入滅すると、遺骨が8つに分けられ、8つの国に遺骨を安置するための仏塔(ストゥーパ)が建てられました。後に、お釈迦さまだけではなく、その弟子である高僧も仏塔(ストゥーパ)を建てるようになりました。もともとお椀を伏せたようなかたちをしていましたが、仏教が中国・朝鮮半島を経由して日本に渡るまで、時代とともに色々なかたちに変化しています。

なお、日本のお寺でよく見ることのできる五重塔、五輪塔ももとをたどれば仏塔(ストゥーパ)です。

お墓に立てる木片の卒塔婆の形状も、五輪塔のかたちがもとになっており、仏教の宇宙観である五大が表現されています。 (下から順に:「地(四角)」、「水(円)」、「火(三角)」、「風(半円)」、「空(宝珠形)」)
仏教ではこれら「地・水・火・風・空」の5つの要素が、この世界を構成していると説かれており、人間もこの5つの要素によって、“生かされている”と考えられています。

※浄土宗では「南無阿弥陀仏」、日蓮宗では「南無妙法蓮華経」と書かれる場合があります。

卒塔婆は誰が何のために立てるの?

 

卒塔婆は亡くなった故人の追善供養(納骨や年忌法要、お盆やお彼岸の墓参りなど、亡くなった人に対して行う供養)のために立てられます。

卒塔婆に書かれる内容は以下のものがあげられますが、それぞれの宗旨・宗派、お寺さんによっても異なります。
[戒名(法名)/没年月日(命日)/回忌/経文・題目・聖句・梵字/願主名/願主/供養年月日]

卒塔婆

一故人に対して卒塔婆1本という形で立てるのが一般的ですが、「いつ」、「何本」というような決まりはありません。基本的には遺族が立てることになりますが、故人と親しい関係にあった人や故人と親しい間柄になくても故人を供養したいと考えている人ならば、誰が立てても問題はありません。普段お墓参りをすることができない人が卒塔婆を立てて供養することもあれば、読経が行われる法要など規模が大きな決まった日程で行われる供養のための儀式の際には、親戚などの少し間柄が遠い縁者であっても卒塔婆を立てることもあります。故人が極楽に往生できることを約束してくれるためのものでもあります。

ご先祖様、故人に対しての供養の一つの形が卒塔婆なのです。

「浄土真宗」のように卒塔婆を建てる習慣がない宗派もあります。
お盆やお彼岸、年忌法要の際や、法事に参加できない時には、寺院や霊園・墓地の管理事務所に「卒塔婆供養」の依頼をしておけば、お墓に卒塔婆を立てておいてもらえます。盆・彼岸などの繁忙期は、早めに依頼しておきましょう。
卒塔婆は通常、墨汁で戒名や聖句・梵字などが書かれますが、近年は印刷でプリントするケースも増えています。
※「梵字」は、古代インド語を表す文字のことで、梵語(サンスクリット語)を書き表す際に用いた文字です。真言宗や天台宗などでは「大日如来」を表すものといわれています。

経木塔婆とは

一般的な「卒塔婆・塔婆」は、お墓や墓標の後ろに建てるものですが、「経木塔婆」は経木という薄い木の板で作られた小ぶりなサイズの卒塔婆です。

「経木塔婆」の使用方法は、地域や宗教・宗派、寺院のしきたりなどによって異なりますが、戒名を書いて仏壇に祀ったり、お経の一説や戒名を記して川に流したり、また、水槽に入れるだけの供養方法などを行ったりします。

「経木塔婆」は主に関西、特に、京都で良く行われる風習です。

卒塔婆を立てる本数は決まっているの?

卒塔婆は何本立てなければならないという決まりはありません。ひとりの故人に対して卒塔婆1本という形で立てることが一般的ですが、それ以上に立てても問題はありません。

ご家族のみなさんでそれぞれで立てる方もいらっしゃいますし、「○○○家一同」「兄弟一同」のようにしてまとめて立てる形でも問題はありません。施主以外に子どもたちそれぞれが卒塔婆を立てることもできます。また、施主がひとりで両親に1本づつ卒塔婆を立てることも可能です。ただし立てすぎてお墓の敷地外に飛び出すようになると周囲のお墓に迷惑になるため、配慮は必要です。

卒塔婆はいつ立てるもの?

卒塔婆を立てる目的は、追善供養にあります。つまり供養のために立てるものなので、いつに立てなければならないという決まりはありません。

卒塔婆はいつ立ててもいいものですが、卒塔婆を立てる善いタイミングというものはあります。習慣としては供養の節目に立てることが多く、法要(四十九日一周忌、納骨式など)をはじめ、祥月命日(命日)にお盆、春と秋のお彼岸、施餓鬼会などがそれに相当します。

また、最後の年忌法要「弔い上げ」の際に使用されるのは、杉を素材とすることが多い「生木塔婆」といわれるものです。「落慶法要」などの際には、「角塔婆」という四角い角柱の塔婆を立てることもあります。

施餓鬼会と卒塔婆供養

お盆と共に夏の行事の一つが施餓鬼会(せがきえ)です。本来この施餓鬼会はお盆とは別の行事です。地域によって5月の連休中や、年忌、百ヶ日の法要などと合わせて行う場合もあるようですが、大半の地域ではお盆の期間に行われています。 その際、卒塔婆を建てて供養を行います。

仏教でいう餓鬼とは、いつも飢えと渇きで苦しんでいる亡者のことです。餓鬼の世界はまさに飢えの世界で食物があっても食べることのできない世界です。食べても喉がハリのように細くなって飲み込むことができなかったり、食べようとして手にすると、その食物が燃え尽きてしまったりします。このような餓鬼に飲食(おんじき)を施して救い出すのが施餓鬼です。

自分の力でその苦しみから抜け出すことのできない餓鬼にとって、施餓鬼会が唯一の救いになるとされています。施餓鬼会の法要では、お寺に設けられた施餓鬼壇に「三界万霊」と書いた位牌を安置し、檀家の人が持ち寄った米や野菜、果物、菓子などと一緒に卒塔婆を建てて法要を行い、亡者を供養し、その滅罪追福を祈ります。

古い卒塔婆はどうしたらいい?

卒塔婆を下げる時期というのは特に決まっていません。しかし、卒塔婆は木製なので、時間とともに劣化し、腐食していきます。長期間そのまま放置していると虫の巣になってしまったり、文字が薄れてしまったり傷んできたり、朽ちていき墓所が汚れる原因にもなります。また、お盆や法要の際に新しい卒塔婆を立てていけばスペースの関係で立てることができなくなります。古い卒塔婆は、適宜処分しておきましょう。

卒塔婆の処分はお寺や墓地、霊園と相談します。処分する時期や処分方法は、管理場所によってそれぞれ異なりますが、ゴミとして捨てていいものではありません。数千円の焚き上げ料を支払って、お焚き上げ処分をしてもらうことが一般的です。

卒塔婆は指定された場所で処分してくださいね。

塔婆料の納め方

塔婆料は法要の当日のお寺さんにお納めします。その際、お布施とは違う封筒でお渡しします。

表書きは上段に「御塔婆料」、下段には施主の名前を記載します。

料金は、2,000円~10,000円くらいだといわれていますが、それぞれのお寺で決められた額が設定されている場合が多いので、事前に確認をしておきましょう。

供養の気持ちを伝えるのが卒塔婆の役目

卒塔婆は、いつだれが立てても問題ないものです。卒塔婆を立てる際にもっとも大切なことは、供養の気持ちを表すことにあります。善行を立てて故人の善行を増やして供養することがその役割です。

そのため、ほかの遺族や墓地やお寺、管理者に迷惑がかからないように、遺族などと相談していつ卒塔婆を立てるのか、卒塔婆を立てるための管理者への連絡を事前にしっかりとるなどといった配慮をしっかりと行うことは大切です。ある程度の時期を決めて卒塔婆を立てると、もめることなく卒塔婆を立てることができます。