納骨はいつまでに?時期・日程と手配のポイント/お墓の準備や法要の手続きまで

葬儀を終えた後は、遺骨をお墓に納める納骨式を行います。先祖からのお墓があったり、故人が生前墓を準備していたりする場合は、四十九日法要に合わせて行われることが多いようです。
しかし、お墓がない場合や遺族の気持ちの整理がついていない場合など、すぐに納骨をすることが難しいこともあります。また、お墓を建てるまでには霊園を探したり墓石の様式を決めたりするために、ある程度の期間が必要です。

ここでは、納骨にはどんな意味があるのか、納骨には期限があるのか、霊園・墓石の準備は急いだほうがよいのかについて説明します。お墓ができるまでにかかる期間や、お寺や石材店への依頼をはじめ、納骨式の手続きはどのように進めるのかなども紹介します。

都道府県一覧から霊園を探す

いいお墓では、ご希望のエリア、お墓の種類や特色・こだわり、宗旨・宗派などの検索条件で全国の霊園・墓地を探すことができます。

納骨のタイミング

納骨はいつまでに行わなければならない、という決まりはありません。基本的にいつ行ってもよいとされています。

お墓があるかないかなどの条件によっても変わってきますが、ご自身やご家族の状況に応じて納骨を行うことが可能です。ただ納骨をする際には準備や手配なども必要なので、それも頭に入れてタイミングを決めるとよいかもしれません。

四十九日までに納骨する

四十九日は、故人が亡くなった日を1日目として、その日から数えて49日目のことです。四十九日までを忌中(きちゅう)または喪中(もちゅう)といいます。

これは仏教において、亡くなった方があの世とこの世の間をさまよっている期間が四十九日間と言われているからであり、この期間のことを「忌み日」といいます。また、忌み日が過ぎ、故人が成仏したあとのことを「忌明け」と言います。

すでに納骨できるお墓がある場合には、一般的に四十九日の法要に合わせて納骨式を行うことが多いようです。四十九日は親族や知人が集まり、お寺に依頼して僧侶に読経してもらうなど、供養の法要を行うため、その際に併せて納骨式を行うことが可能です。

反対に、仏教的な意味合いを重視すると、納骨は四十九日を過ぎた後がよいという考え方もあります。この考えは仏教の中陰説がもとになっており、中陰とは魂が次の転生先に移るまでの期間のことをいい、中陰の間は魂がこの世をさまよっているとされています。中陰の最長期間が49日といわれており、仏教の観点からすると四十九日の法要後に納骨するのが、ひとつの目安といえるでしょう。

百か日(ひゃっかにち)法要までに納骨する

四十九日までに納骨の準備が整わなかった場合や、四十九日では少し時間が足りないと思う人は、百か日法要を目安にすると良いでしょう。

百か日法要はあまりなじみがない法要ですが、別名「卒哭忌(そっこくき)」といい、声を上げて泣く「哭」の状態から卒業する法要を意味します。遺族にとって、嘆き悲しんでいた状態から脱け出す、悲しみに一区切りをつけ、それぞれの日常に戻っていく節目の法要となります。一つの区切りとして選ぶ目安に考えても良いでしょう。

新盆までに納骨する

新盆は故人が亡くなってから初めて迎えるお盆のことで、多くの場合新盆には親戚や知人を集めて盛大に供養を行います。このときに併せて納骨式を行うこともよいでしょう。納骨をしないまま新盆を迎えることは良くないという考えもありますが、特にそのような決まりはないので、宗教や菩提寺の指定がなければ問題はありません。

また四十九日の法要を終えると忌明けとなりますが、忌明け前に新盆を迎える場合、一般的には次の年を新盆とします。しかし、これはそれぞれの家庭によって判断されます。判断に迷ったら、菩提寺や付き合いのあるお寺に相談することをおすすめします。

一周忌までに納骨する

納骨するお墓を新しく建てる場合、完成までにはだいたい2~3ヵ月の期間が必要になるので、一周忌の法要を納骨のタイミングの目安にする方が多いようです。一周忌は故人が亡くなってからちょうど1年目の同月同日のことで、一周忌の法要を終えると「喪が明ける」とされています。

一周忌の法要もほかの法要と同じように親族等を集め、僧侶に依頼して読経をあげてもらったあと、焼香などの儀式を行います。新しいお墓に納骨をする場合には、開眼供養やお性根入れとよばれる儀式も必要になるので、一周忌の法要のタイミングで一度に済ませることも可能です。

三回忌までに納骨する

納骨のタイミングに決まりはありませんが、遅くとも三回忌までに済ませるのがよいといわれています。三回忌は一周忌と同様に「回忌法要(かいきほうよう)」または「年忌法要(ねんきほうよう)」のひとつで、近親者を集めて儀式を行い、会食をします。

タイミングは気にせずきちんとお墓探しを

納骨は故人にとっても、残された遺族にとっても非常に大きな意味をもつ儀式です。

お墓は終の棲家といわれるように、故人の魂が眠る場所です。子孫は代々にわたってそれを受け継ぎ、供養を続けて守っていく必要があります。だからこそ「いつまでに納骨する」ということにとらわれず、しっかりとお墓探しをして、納得したうえで納骨することが大切です。

納骨式までの準備

納骨するタイミングを決めたら、納骨式を行うための準備をします。

納骨式までにやっておくべきこととしては、

  • 納骨する場所の選定
  • 納骨式を行う場所への連絡
  • 石材店に字掘り、納骨式の対応を依頼
  • 納骨に必要な書類の準備
  • 料理やお茶などおもてなしの準備
  • お供え物や引き出物の準備
  • 参列者への連絡

などがあげられます。

納骨する場所の選定

日本ではお墓もしくは納骨堂などに納骨するのが一般的です。既にお墓の用意がされている場合はお墓に、お墓の用意が間に合わない場合は一時的に納骨堂へ納め、用意ができ次第お墓に移すことも可能です。

納骨式を行う場所への連絡

納骨式を行う際は、お墓に納骨する場合も、納骨堂を利用する場合も、納骨式の時期を事前に伝えて予約をする必要があります。僧侶に読経してもらう納骨法要の場合には、僧侶の予定を確認しておくことも必要なので忘れずに行いましょう。

土日やお盆・お彼岸に重なる場合は混み合うことも多いので、早めに連絡することをおすすめします。

石材店に字掘り、納骨式の対応を依頼

お墓に納骨する場合は、石材店へ依頼し、納骨式までにお墓へ戒名や故人の氏名を彫ってもらいます。場合によっては完成まで数週間かかることもありますので、日時を決めたら石材店にもすぐ連絡しましょう。お墓の納骨室が簡単に開閉できないタイプの場合は、納骨式の日時と共に、納骨式で墓石を動かしてもらえるよう伝えておくとスムーズです。

納骨に必要な書類の準備

納骨の際に準備が必要なのは「埋葬許可証」と、「墓地の利用許可証」と印鑑です。また、永代供養の合祀墓に納骨する場合は「受入許可証」が必要となります。

料理やお茶などおもてなしの準備

四十九日や一周忌法要と同時に納骨式を行う場合には、会食の手配が必要になります。また、納骨式だけを行う場合にも、参列者へのお茶やお菓子などを用意しておくとよいでしょう。

お供え物や引き出物の準備

仏教の場合には、菓子や果物・お酒などのお供え物を用意します。そのほかにも、数珠、お花、線香、お布施など必要なものを併せて用意しておきましょう。用意すべきものが分からない場合には、寺院などに確認すると教えてくれます。

参列者への連絡

身内のみで行うことが多い納骨式ですが、親族や知人などの参列者には納骨式の日時と場所を伝えましょう。身内以外の参列者が多い場合には、招待状を出すと親切です。

お寺と日程を相談しよう

法要に合わせて納骨を行う場合には、事前にお寺と相談して日程などを決めます。

当然、納骨式も四十九日法要に合わせた日程にすることが多いです。例えば四十九日後が平日ならば、直前の土日、祝日に執り行うのが普通です。また宗派によっても、三カ月またぐのはよくないとか、五十七日法要を忌明けとするとか、決まりがいろいろありますので、そのあたりはお寺とよく相談しましょう。

四十九日で避けるべき日程は特にありません。この法要では、仏滅や友引など、六曜を気にする必要はありません。法事は基本的に休日に行われることが多いため、混雑が予想されますので、できるだけ早めに日取りは決めてしまいましょう。

また、多くの場合、納骨は石材店の方が行うので、その旨を伝えておく必要があります。お墓に新たに名前を彫る際は、余裕をもって2~3週間前に依頼すると安心です。

納骨式の手順

納骨式当日はどのような手順で儀式が進むのか見ていきましょう。

  • お礼の挨拶
  • 僧侶による読経
  • 納骨
  • 2度目の読経
  • 焼香
  • 会食

一般的な流れを紹介しますが、宗教や宗派・地域によって多少の違いがある場合もあります。

お礼の挨拶

遺族の代表または施主が参列者へお礼の挨拶を述べます。

僧侶による読経

納骨の前に、僧侶が読経をします。

納骨

お墓や納骨室を開けて遺骨を納めます。

2度目の読経

納骨後、再度僧侶が読経をします。

焼香

遺族、近親者、知人の順番で参列者が焼香をします。

会食

四十九日や一周忌法要と同時に納骨式をする場合は、儀式後に会食をします。

納骨にかかる費用

納骨式にかかる費用は、納骨の作業費用のみではありません。納骨にはさまざまな費用がかかります。ここでは必要な費用について解説します。

一般的なお墓に納骨する場合は、数万円から10万円前後が必要になります。

  • 納骨作業費用
  • 彫刻料
  • 塔婆(卒塔婆)料
  • 僧侶に支払うお布施、お車代、御膳料
  • 法要部屋の使用料

お墓を新しく作る場合は、さらに200万円ほどの費用が必要です。

納骨作業費用

お墓の開け閉めなどの納骨にかかる作業費用です。これは納骨では必ずかかる費用で、1万~3万円が相場です。

彫刻料

墓石に追加で没年・戒名を彫る場合にかかる費用です。相場は3万~5万円程度です。

塔婆(卒塔婆)料

塔婆(卒塔婆)を建てる場合に発生する費用で、1本あたり2,000~5,000円ほどかかる場合が多いです。

僧侶に支払うお布施、お車代、御膳料

お布施は読経への謝礼として用意する費用です。3万~5万円程度が相場とされています。ほかに、墓地への車代は5,000円~1万円の用意が一般的です。また、僧侶が会食に臨席しないときは、御膳料として1万円程度お渡しします。

お布施の相場は?
僧侶に支払うお布施は3万~5万円程度が相場とされています。また、墓地への車代や御膳料は5千円~1万円の用意が一般的です。ただし、地域や宗派によって変動はあります。あくまで目安として参考にしてください。

法要部屋の使用料

自宅以外で行う場合に発生する可能性のある費用です。霊園などの法要部屋を使用する場合には、1万~3万円かかるのが一般的です。寺院を使用する場合は、寺院に費用を確認しておきましょう。

費用を抑える方法は・・・?

近年では、お墓を建てる費用を抑えるために永代供養や散骨という方法を選ぶ人も増えてきています。
永代供養は、お寺が遺族に代わって供養してくれることを言います。お墓参りなどの負担を負うことなく、お寺が遺骨の管理や供養を引き受けてくれることから、選ばれることが増えています。

一方、散骨というのは、粉砕した遺骨を海や山などの自然に返す供養の方法です。周りの環境への配慮は必要ですが、費用が抑えられることに加えて故人の思い出の場所や風景の良いところへ遺骨を撒くことが可能です。散骨後の遺骨の管理が必要ないというメリットがあります。

お墓の準備ができていないときの納骨

四十九日法要にて、納骨式も無事に済ませられればよいのですが、それまでにお墓の用意が間に合わない場合もあります。墓地の手配から墓石の購入、戒名彫りなど、突然のことでとてもそこまで手が回らなかった時には、どうすればよいでしょうか?

こういう場合にも焦る必要はありません。遺骨は自宅に安置しておいても問題はありませんし、納骨堂にて一時預かりをお願いすることも可能です。納骨式が忌明けに行われるのは、四十九日法要と日程を合わせているだけであり、決まりがあるわけではありません。お墓の用意が間に合わないのであれば、百カ日、あるいは一周忌を目安に納骨式を執り行うとよいでしょう。

ただし、この時注意しなければならないのは、三回忌を過ぎてしまうと次の法事まで期間がだいぶあいてしまうということです。納骨堂で預かってもらえる日数にも限度があります。お墓はできるだけ、早めに用意するのが一番です。

手元供養という方法も

遺骨を保管する方法として、お墓に納骨する以外に自宅で保管する方法があります。このような保管方法は手元供養とも呼ばれ、最近増えてきています。
「なかなか気持ちの整理がつかない」「そばにいて欲しい」と思う人も多いでしょう。気持ちの切り替えができず、納骨を躊躇していることも考えられます。
また、先祖のお墓が遠くなかなかお墓参りに足を運ぶことが難しかったり、お墓そのもの自体をいらないと考える人も増えてきています。費用の面からお墓を準備することが難しい人もいるでしょう。
このような背景から、自宅等で遺骨を保管される人も増えてきています。現在では、さまざまな手元供養の仏壇やミニ骨壺、ペンダントやアクセサリーなどもあり、手元供養が広まってきているといえるでしょう。

まとめ

納骨をする時期やタイミングに決まりはありません。

火葬してすぐに納骨を行うケースもあれば、しばらく自宅に安置しておいて、気持ちや身辺の整理がついたタイミングで納骨を行うケースもあります。納骨式に親族や知人を集めたいけれど、忙しいなどの理由で難しい場合には、回忌法要のタイミングで併せて行うこともひとつの方法です。
いずれにしても、ご家族でよく話し合い、どのタイミングで納骨するのがよいかを考えてみてはいかがでしょうか。

納骨について詳しく知りたい方は、「いいお墓」の以下の記事をご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。