墓石販売で気を付けたい重要ポイント!利用する際の留意点などを一挙公開!

墓石価格とは、墓石の購入を検討される方にとって大切なことにもかかわらず、具体的なことがわかりにくいという問題があります。墓石価格は石碑の種類や加工やデザイン、大きさなどで決まるので、なかなか総額がわかりにくいものです。仏壇や位牌はお墓と同じ故人の魂が入っているとされていますが、お墓との違いは、遺骨が納められているかどうか、ご本尊様を祀っているかどうかという点にあります。ここでは、墓石販売で気を付けたい重要ポイントを紹介していきます。

都道府県一覧からお墓を探す

いいお墓では希望エリア・お墓の種類・宗旨宗派などの検索条件で全国のお墓を探すことができます

霊園ごとに変わる墓石販売方法

墓石を求めるにはいくつかの方法があります。現在では、霊園ごとに墓石建立の条件が違っています。そこで霊園の特徴を紹介していきます。

公営霊園

公営墓地とは、地方公共団体が管理、運営している墓地です。最終的な責任は地方自治体で持つものの管理、運営は指定管理業者に委託している場合もあります。基本的に公営霊園はどのようなお墓を建立しても問題はありませんし、どの石材店に頼むのかについての規制もありません。公営なため、㎡あたりの価格は低い設定になっています。しかし、1区画の㎡数が大きな場合もあるため、墓石代が高額な価格になる可能性もあるため注意しましょう。管理、運営に対する不安がなく、比較的リーズナブルであり、宗教、宗旨宗派不問とメリットが多いため、競争率が高い傾向があります。

民営霊園

民営霊園とは、宗教団体や財団、社団法人などが事業主体の霊園です。管理、運営は民間の企業が受託している場合が多いです。そもそも民営霊園のはじまりは、昭和30年代ころ。寺院墓地や公営霊園だけでは墓地が不足する可能性があったことから、誕生したといわれています。寺院墓地と比べると申し込み時の制限が少なく、さまざまな種類の墓地を選べることが特徴です。民営霊園は、石材の大きさや高さ、彫刻の内容など、墓石を建立するにあたって規制や条件がある程度決まっている場合が多く、石材店も自由に選べないことがあります。建立条件がある分、霊園ごとに大体の価格相場がわかりやすいのも特徴です。宗教、宗旨宗派については不問なケースが多いです。

寺院墓地

寺院墓地は寺院の住職の意向によって、対応が大きく異なります。代々承継されるお墓が多いため、デザイン墓のような独特な形式のお墓は少ない傾向にあります。また、寺院墓地は石材店が指定される場合が多いので、最初にお寺の住職に相談してみることをおすすめします。

墓石の種類

墓石の形や大きさに法律などの決まりはありません。予算が許せば自由に形を決めることができます。
しかし、霊園や墓地には決められた区画があり、その霊園や墓地ごとに墓石施工に関するガイドラインが存在しています。
ただし、墓石の形態は大まかに分別することができます。

和型墓石

江戸時代に一般化した伝統的な墓石です。これは台石の上に、竿石と呼ばれる塔状の石を建てたものです。
竿石とは、お墓の一番縦に長い部分の石です。ここに家名などの文字を刻みます。一般的にお墓といえば和型墓石をイメージする方が多いと思います。

洋型墓石

洋型とはいっても日本で造り出された墓石なので、和洋折衷型と考えることもできます。厚めの台石の上に、低く幅の広い石を載せた形が一般的で、最近は洋型墓石のタイプが増えてきています。洋型墓石には「オルガン」型という形態もあります。これは正面から見ると横長の長方形の形をしており、棹石が斜めに角度がついておりオルガンの形に似ていることから「オルガン」型と呼ばれています。

デザイン墓

一般的な形式にとらわれない個性的なデザインの墓石を求める型も増えてきました。この背景には家を基軸としていた墓地の在り方が、故人を主体としたものへと変化してきている事情があると考えられます。自由な形式を認める霊園などでは、故人の職業や趣味、世界観などを表した意匠的な墓石を見ることもできます。

 

墓石としては、上記3タイプが主流となりますが、宗旨宗派によって、墓石の種類に特徴があることもあります。

石の種類について

お墓は何代にもわたって子孫に受け継がれていくものです。したがって硬度が高く、風化しにくい石を選ぶことが大切です。風化作用に強く、磨くと光沢が出る素材としてしられているのは、花崗岩、安山岩、閃緑岩、班れい岩などです。

代表的な石種の紹介

よく御影石という名前を耳にしますが、御影石とは花崗岩の総称です。六甲山嶺の神戸市御影付近が産地として有名だったのでそのように呼ばれるようになりました。御影石は墓石として最も人気があり、国内産地としては茨城県(稲田御影、真壁御影)、福島県(浮金石)、山梨県(甲州御影)、愛知県(三州御影)、香川県(庵治石)、山口県(徳山御影)などが有名です。現在では多くを外国から輸入をしています。その中でも中国からの石材輸入が多くを占めています。中国で墓石などの製品化が本格化したのは1990年代で、福建省で日本の業者との合弁工場が作られたのがきっかけとなります。そのほか、黒系の花崗岩「クンナム」が採掘されるインドも石材の産地として有名です。

墓石はどのような販路で販売されているの?

墓石はいろいろなルートで販売されていますが、ここでは代表的な販路を紹介していきます。

石材店が墓石を販売

石材店ではお墓の建立に関する相談を随時受け付けています。販売展示場が併設されている石材店もあり、実際に実物を眺めながら、お墓の形態やデザイン、石種などを選定できるのはうれしいことです。しかし、民営霊園や寺院墓地のように、墓石の販売店が自由に選べない場合もありますので、あらかじめ確認をしておくことをおすすめします。

霊園が区画に合わせた墓石を販売

霊園で墓石の建立を請け負ってくれる場合があります。民営霊園は、石材の大きさや高さ、彫刻をする内容など、墓石を建立するにあたり規制や条件がある程度決まっている場合が多いため、石材店が指定されていることがあります。指定石材店制度と言いますが、この制度が導入されている霊園かどうかは確認したうえで、墓石をどの石材店にお願いをするのかを決める必要があります。

カタログで墓石を販売

「いいお墓」では、「定額墓石ブラン」と称し、“3つの定額価格ですべてが揃う、豊富なラインナップから選べるお墓”のカタログを無料進呈しています。多くのプロトタイプの中から自ら選べるセミオーダーのお墓です。すべてがセット価格になっているため、費用のことで心配する必要がありません。ただし、民営霊園や寺院墓地では受け入れられない場合がありますので、事前に確認する必要があります。

インターネットで墓石を販売

昨今、墓石を販売するインターネットサイトが増えてきています。そこでは価格別で、デザインや石種が選べるようになっています。お墓ができる流れや、めどとなる製作期間も記載されていたりします。ただし、基礎工事など施工費が込みの場合と別の場合があったり、保証の有無もあるので、しっかりと確認する必要があります。ただし、民営霊園や寺院墓地では受け入れられない場合がありますので、事前に確認する必要があります。

お墓の構造と各付属部分の名称

お墓の構造に決まりはありませんが、一般的な構造における各付属部分の名称を紹介しておきます。

墓誌

墓誌は、そのお墓に埋葬されている先祖の戒名生年月日・没年月日など「銘」を刻むものです。功績などを刻むこともあります。

納骨室(カロート)

芝台の地下に納骨室を作ったものや、地上に納骨室を作ったものがあります(陸・丘カロート)。石やコンクリートで作られています。納骨室(カロート)の形式は地域によって異なります。

水鉢

水鉢とは、先祖に水を供えるための鉢のことで、墓石の手前に作られることが多いです。

香炉

お盆や彼岸などのお墓参りの時や法要などの際に、線香を立ててお供えする「立ち置き型」と、線香を寝かせてお供えする「くりぬき型」があります。

卒塔婆立て

卒塔婆を立てておくためのものです。卒塔婆とは、先祖を供養するためにお墓を建てる木の長い板です。石製や金属製のものなでさまざまな種類がありますが、機能に変わりはありません。宗派によっては使用しない場合もあります。

花立て

墓石に備え付けられている、供養する時に花を立てるものが花筒を有する花立てです。

蓮華台

蓮華とは蓮の花のことで、通常は竿石の根本に設置される場合が多いです。

灯篭

灯篭とは、その中にろうそくを立てて火を付けることで明るくなる、日本の伝統的な照明機器ですね。

スリン

竿石(一番上の石)のすぐ下、ざぶとんのように敷かれた飾り部分のことで、 蓮の葉や猫の足のような渦巻き型の飾りなどがある。

墓石工事の流れ

国内、国外の採石場から採石された石材は、加工場に運ばれ、墓石に加工されます。その間に墓地では基礎工事などの準備を始めます。
石材店の工事開始から墓石の据え付けが終わるまでは数週間ほど掛かるのが一般的です。

基礎工事

基礎工事とは、図面に従い外柵や石碑を据え付けるためにコンクリートの基礎を打つ施工工事のことです。耐久性と強度を向上させるため、外柵の基礎工事には鉄筋を配していきます。

外柵据え付け

基礎工事を終えたら、外柵の据え付けを行います。外柵とは周囲との境界を分けるために墓地の回りを囲んだものでさまざまな形式があります。墓所や霊園によっては、外柵はないケースもあります。土台石→階段→玉垣の順番で据え付けを行います。

石碑据え付け

外柵工事を終えたら、石碑の据え付けを行います。芝台→中台→上台→竿石→付属品の順番で」据え付けを行います。石碑にはあらかじめお客様の依頼に従った、家名などの文字や、家紋など基礎彫刻がなされています。文字の書体は、業者が書体見本を見せてくれるので、その中から選びます。

完成検査

墓所完成後は完成検査を行います。

引き渡し

お客さまへの引き渡しを行います。

お墓選びの流れ

さまざまな要素が集約されてお墓の価格は決まってくるので、価格だけに注目してお墓を購入するのは注意する必要がります。

見積りを必ずとる

どのような墓石を建立したいのかがそのかたちが決まった段階で、必ず見積りをとるようにしましょう。※お墓・墓石・石碑の寸法は「寸」(すん)又は「尺」(しゃく)で表示します。

資料請求で複数の墓地の情報を手に入れる

資料請求で気になる霊園の情報を手に入れましょう。お墓の種類だけでなく、民間霊園、寺院墓地、公営霊園など運営母体などもチェックできます。

霊園の見学予約

気になる霊園が決まったら、現地で見学しましょう。資料だけでは確認できないポイントや葬送方法などのほか、交通アクセス等も確認しましょう。家族が来やすい立地を選ぶことがポイントです。

いいお墓とは

いいお墓では、全国の9,000件以上の墓地情報を掲載し、年間14万件のご相談を承っております。「いいお墓」の運営は、1984年創業の出版社である株式会社鎌倉新書(東証一部上場、証券コード:6184)が行っています。

墓石について詳しく知りたい方はこちらの記事もオススメです

墓石について徹底紹介! お墓をなぜ建てるのか、その目的・種類・石種などを詳しく説明!
お墓とは、故人を埋葬する場所に建つシンボルです。葬儀を執り行い、火葬した遺骨を埋葬した後は手を合わせ、供養の対象となる場所でもあります。日本で一般の人がお墓を建てるようになったのは江戸時代といわれています。霊園、墓地、墓所などお墓を指す言葉...
5/5 (2)