樹木葬墓地を購入する場合、先祖代々のお墓はどうする?【Q&A】

自分自身の死後は「樹木葬墓地」で自然に還りたいと思い、樹木葬墓地の購入を考えています。一方、先祖代々のお墓もあります。
私は子どもたちに墓守や先祖供養の儀式を義務付けたくないのですが、夫はどちらでもよい、というか子どもが継ぐのが当たり前と考えているようです。
樹木葬を購入する場合、先祖代々の墓との折り合いはどのようにしたらよいのでしょうか。

同じような望みをお持ちの方は近年増えてきています。 しかし、お墓をめぐる環境がなかなか追いついていないというのが現状のようで、子供がいる場合は、その子供にお墓を承継させるケースが大半です。

子孫にお墓の承継(供養や費用)を義務付けたくないという場合は、永代供養付きの霊園・墓地や樹木葬、納骨堂が選ばれることが多く、今ある先祖代々の墓に関しても、承継させずに無縁墓にもしないよう永代供養墓(樹木葬)に移すことができます。

菩提寺で永代供養墓があればそこに、菩提寺になければ他の墓地に移る(改葬する)ことになります。

このQ&Aに関連する記事をご紹介

樹木葬とは - 種類・特徴や費用相場、メリット・デメリットを解説!
昨今、注目を集めている樹木葬についての解説ページです。樹木葬の特徴や費用相場、一般墓・納骨堂との費用の違いを表で確認!樹木葬のタイプ、メリット・デメリットなど、樹木葬について知りたい内容をすべて網羅しています。全国の樹木葬探しは「いいお墓」におまかせください!
樹木葬を購入した方は満足?後悔?購入者の声をご紹介!
近年人気が高まっているのが「樹木葬」です。募集が開始されたらすぐ埋まり、人気の高いところでは応募倍率が10倍になるケースもあるほどです。 この記事では、実際に樹木葬を選んだ人の意見を紹介します。
永代供養とは - 普通のお墓より安い?選び方や種類、管理費用など
永代供養とは、お墓を管理する身内がいない場合や、さまざまな事情でご先祖様を供養し続けることが難しい場合に、寺院や霊園などが代わりにお墓を建立し、管理・供養し続けてくれるという納骨方法を指します。 少子高齢化によって後継者がいない、遠方に住んでいて家族でなかなかお墓参りに行けないなど、人々の生活スタイルが変わりつつある昨今、個人のお墓を持つ以外の手段として、安価な永代供養が選ばれることがあります。 ここでは永代供養の手続きや納骨先の選び方、永代供養墓の種類や特徴、費用相場などをご紹介します。
改葬とは - お墓の引越し手順、費用と急増している理由を徹底解説
「改葬」とは、すでに埋葬されている遺体や遺骨を、所定の手続きを踏んで永代供養墓、外墓、納骨壇など別の形態のお墓に移動させることで、いわばお墓の引越しのことをいいます。近い言葉に「墓じまい」がありますが、お墓を撤去して更地に戻すことを墓じまい、現在とは異なるお墓に遺骨を移動させることを改葬と呼びます。 改葬許可証の発行に改葬許可申請書などの書類や手続きが必要なほか、元のお墓で行う供養・抜魂式(魂抜き)、移転先で行う納骨式や開眼供養など、改葬にはいくつかの手順があります。また、土葬から改葬する際には火葬が必要となります。 そこで今回は、改葬の詳しい流れやマナー、改葬が近年急増している理由、改葬にかかる費用などについてご紹介します。