民営霊園で違う石材店からそれぞれ見積もりをとることはできる?【Q&A】

同一の民営霊園で、違う石材店さんからそれぞれ見積もりをとることはできますか?
また、異なる霊園であればそれぞれ異なる石材店さんから見積もりをとっても差し支えありませんか?
公営霊園や寺院墓地の場合はどうでしょうか?教えてください。

民営霊園を使用する場合、墓石建立は霊園より指定されている石材店(指定石材店)で行うことになります。

規模にもよりますが民営霊園であれば通常は複数の指定石材店が存在するため、事前にその石材店を調べておけば指定石材店の中から選ぶことは可能です。

ただし、いずれかの指定石材店とやり取りを開始すると、該当霊園での担当石材店が決まってしまうので相見積もりを取ることはできません。

 

担当石材店が他の候補となっている霊園でも指定石材店になっている場合、その霊園の相談も合わせて行うことで担当石材店となりますが、その条件が揃わなければ異なる石材店で見積もりを取ることができます。

 

指定石材店制度には、民営霊園の事業主体となる宗教法人(通常はお寺)では霊園の開発造成にかかる多額の資金を賄いきれず複数の石材店から資金面での支援を受けていること、霊園経営の管理・運用面でも石材店の協力が必要なこと、一定の基準をクリアした石材店のみに限定することでトラブルを回避したいといった背景事情が存在します。

寺院墓地の場合も指定石材店が決まっていることが多いです。なお、寺院墓地では1社独占の場合もあるため、相見積もりはもちろん選択肢すらない場合もあります。詳しくはお寺の住職さんに相談するのがよいでしょう。

 

公営霊園の場合は税金事業ですので石材店など民間企業が出資する構造にはなく、公共性の観点からも指定石材店のような制度・慣行は形成されないため、使用者は受け入れが決まった後に墓石建立を依頼する石材店・施工業者を自由に選ぶことができます。もちろん相見積もりを取ることも可能です。

このQ&Aに関連する記事をご紹介

指定石材店とは【お墓の用語集】
「指定石材店」とは、霊園・墓地の運営主体より建墓権を与えられた石材業者のことを言います。 民営霊園など、指定石材店制度のある霊園では、墓石の購入や工事を決められた石材業者でしか行えません。指定石材店になっていない業者を希望する場合はそ...
信頼できる石材店の選び方|大手と個人経営店の違い、近くの石材店の探し方など
石材店は、墓石などの加工や販売を行っているお店です。大切な方が亡くなった際は、葬儀に目が行きがちですが、石材店との付き合いについても考えておく必要があります。石材店は、お墓の彫刻や建立だけでなく、納骨や法要、墓石が壊れた際の修繕などさまざまな面でお世話になる存在です。石材店と一口に言ってもその数はとても多く、どこを選べばよいか判断に困ってしまいます。価格や契約などのハード面だけでなく、工事はきちんとしているか、彫刻や字彫りなどの希望に丁寧に応えてくれるかなど、ソフト面でも安心できる業者を選びたいところです。そこで、ここでは信頼できる石材店を選ぶポイントについてご紹介します。