法要や供養のやり方、進め方はだれが決めるべき?【Q&A】

法要や供養のやり方・進め方はだれが決めるべきなのでしょうか?
親戚の方からいろいろと口を出されて困っています。

法要の具体的な手順といった事柄に関しては地域の慣習によることが多く、また宗旨宗派によってもさまざまに異なりますので、これが正解というものはありません。

やはり、お付き合いのあるお寺や、法要でお勤めに来られるお寺の僧侶にご相談されるのが確実と思います。

 

ただし法律では「祭祀(さいし)を主宰すべき者」という概念があり、祭祀に係る財産を承継すると規定されています。

簡単に言えば家系図、仏壇、仏具、祭壇、祭具、墓地、墓石などの財産の所有権を受け継ぐということで、この者が供養などの祭祀事に関して主導する役割を担うという前提に立っていると考えられます。

親戚や身内で意見の相違がありなかなか意見がまとまらないといった場合、基本的には上記「祭祀の主宰者」が決めていくのが基本にはなります。

このQ&Aに関連する記事をご紹介

法事・法要とは - 忌日法要・年忌法要/法事の流れとお墓参りの仕方
法事・法要とは、亡くなった方の冥福を祈る仏教の儀式です。「家族や親せきが集まってお墓参りに行くこと」「お寺でお坊さんがお経を読む間、ずっと正座をしていて足がしびれた」など、法事を経験されたり、なんとなくおわかりの方も多いでしょう。ここでは、もう少し詳しく法事の意味や法事を行う時期、法事ではどのような事を行うかをご紹介します。また、法事とお盆やお彼岸との違いについてもご説明いたします。
四十九日の準備 - 日程と当日の流れ/参列者、服装、位牌など
葬儀が終わるとほっとする間もなく、すぐに四十九日法要の準備をしなくてはなりません。四十九日法要は葬儀同様に重要な仏事ですので、事前にしっかり準備して臨む必要があります。 四十九日の数え方は亡くなった日を一日目とし、四十九日目より前に法要の日程を設定するため、実はあまり準備期間がありません。また、四十九日法要にはどのような準備が必要なのか、知らないという方も多いのではないでしょうか。位牌や仏壇の用意、僧侶に渡すお布施、招く人への案内状、香典返し、お供えに対する引き出物など用意するものも多いため、早めの準備が肝要です。 ここでは、四十九日を迎えるに当たり、施主が慌てないように、法事当日の流れに沿って知っておきたい事柄をご説明いたします。
一周忌とは - お布施や香典相場、香典返し、当日の服装など
一周忌とは、故人が亡くなってから一年目の命日に行う法要のことです。 一回忌と間違われがちですが、一回忌は葬儀におけるおつとめのことを指し、亡くなったその年のことなので、一周忌とは異なるものです。 一周忌では、四十九日法要などと同じく、お供えに対する引き出物や香典返し、案内状、僧侶へのお布施など、準備しなくてはいけないものが数多くあります。四十九日と比べると時間的な余裕はありますが、参列者の都合を考えて1カ月以上前に案内を送付するなど、早めの準備が肝心です。 ここでは、一周忌を迎えるにあたって必要な準備や費用、お布施、香典・香典返し・引き出物の相場、また法要に招かれた時の服装やマナーについてご紹介します。
開眼供養・開眼法要とは - 日程と当日の流れ/お墓・仏壇・魂入れ・納骨のマナー
開眼供養(開眼法要)とは、新しくお墓を建てたときや仏壇を購入したときなどに行う、仏様の魂を入れ込む大切な供養です。開眼供養は供養であると同時にお祝いごとでもあり、終わった後は僧侶や参列者を招いて会食を開くのが一般的です。 開眼供養は四十九日や一周忌などの納骨式と一緒に行う場合と、開眼供養のみ行う場合とでお布施の相場や参列者の服装も違ってきます。では、開眼供養はどのように準備し、行えばよいのでしょうか。 ここでは、開眼供養の意味や由来、主催者として準備するべきこと、開眼供養に必要な費用や招かれたときのマナーなどを詳しくご紹介いたします。また、お布施や半返しの表書きの書き方や、祝儀袋・不祝儀袋の選び方など、細かい決まりごとについてもご説明いたしますので準備の際の参考にしてください。