外国の国籍で日本のお墓に入ることはできるのでしょうか?【Q&A】

外国人と結婚して相手方の国籍を持っています。
今は伴侶と死別して日本で暮らしていますが、将来、日本の両親のお墓に入ることができるのでしょうか。
ご両親がお持ちのお墓によっていくつかの場合が考えられます。

お寺のお墓の場合

そのお墓を管理されているお寺様にご相談してみてください。
伴侶だった方が仏教以外の宗教の場合ですと、お寺のお墓に入ることはできないと思われます。一方、仏教徒であれば、ご両親のお墓のあるお寺さんに戒名をいただいて、そのお墓に入ることも考えられます。

宗教不問の霊園の場合

霊園のきまりによる問題は特にありません。
そのお墓の名義人のご意向を聞いてみる必要があります。名義人が同意するのであれば、国籍、宗教に関係なく同じお墓に入ることは考えられます。

ご両親のお墓に入れない場合

永代供養墓」などと呼ばれるお墓があります。
これは複数の人のご遺骨を一緒に安置するタイプのお墓で、継承者のいない方や先祖代々のお墓に入ることを希望されない方に向いています。公園墓地の永代供養墓は、宗教、国籍は問いませんが、寺院の永代供養墓はその寺院の宗派に帰衣することを条件としている場合が多くあります。

このQ&Aに関連する記事をご紹介

全国の霊園・墓地《宗教不問を受入可能》7095件掲載|いいお墓【公式】 - 無料で簡単に資料請求
全国の霊園・墓地なら、日本最大級のお墓検索サイト【いいお墓】。ご自宅から一番近い宗教不問を受入可能の霊園・墓地を探せます。豊富な霊園情報の中から、費用予算や口コミ、アクセスなど希望に沿ったお墓をご案内。資料請求・見学予約は無料!今なら霊園見学で3,000円ギフト券+購入された方には最大1万円ギフト券を進呈!
実家のお墓に入りたいのですが、嫁ぎ先は分骨にすべきか迷っています。【Q&A】
Q. 姉妹二人とも結婚しています。いずれ実家で親夫婦が新たに墓を持つ予定です。費用の負担はどうするのですか。 また、親戚も遠方で家族四人仲良くやってきましたので、姉妹とも実家のその墓にすべて入るか、あるいは嫁ぎ先との分骨のいずれかを考えています。