不要になった墓地は返金・転売等できるのでしょうか?【Q&A】

数年前に墓地を購入しました。
その後、親族と相談の結果、交通が不便ということで、他の霊園にお墓を新たに建てようということになり、その墓地が不要になりました。
そういった場合、墓地代金の返金・転売は可能なのでしょうか?

墓地の返金・転売はできません。

 

墓地(永代使用権)購入というものは「永代使用料」を支払うことで、永代に渡って墓地を使用できる権利を得ることを言います。
つまり、それは土地の「所有権」を得たのではなく、あくまで使用権を得たということに過ぎません。

したがって、墓地が不要になった場合は、通常の不動産のように所有権を移転したり売買することはできません。

墓地が不要になった場合、墓地の経営主体に返却しなければならず、同時に使用権は消滅するため、永代使用料も返却対象にはなりません。

 

また、墓石に関しても魂が入ったものですので、他人に転売するというケースはまず考えられません。

このQ&Aに関連する記事をご紹介

お墓の永代使用料と使用権 - 承継方法や手数料など
お墓を建てる際には永代使用料を支払い、お墓を建てる土地を確保します。一般的に不動産の売買では土地そのものの所有権を買うことができますが、お墓においてはあくまで墓地の所有者からその土地の使用権を取得するという扱いになっています。また、お墓や仏壇などは、法律上「祭祀財産」と呼ばれ、使用者が亡くなった場合は民法の規則に従って承継されます。近年は核家族化などによってお墓を受け継ぐ人が減少しているため、墓地の使用権に関する親族間の揉め事も少なくありません。ここでは、お墓の使用権の承継方法や手数料など、使用権にまつわる基礎知識について解説します。
知人から墓地を譲り受けることはできますか?【Q&A】
知人が使用していない墓地を買わないかと言ってきました。 場所も良いし検討しようと思うのですが、そもそもこのような取引が認められるのでしょうか。 墓所の購入(永代使用権の取得)は、土地の所有権を...
都立霊園の区画を他人に譲渡することはできますか?【Q&A】
3年ほど前に都立霊園を相続しました。私は埼玉に住んでいて、もう少し近くにお墓がほしいためお墓の引越しを考えているのですが、この区画を親戚が譲れと言ってきます。 いろいろあって親戚には譲りたくないので、それならば他人に譲りた...
墓地の名義変更方法は?費用・必要書類について解説します
墓地の名義変更は、名義人(お墓の所有者)が亡くなったり、本籍や苗字が変わったりしたときなど、変更があった際に行う手続きです。お墓に所有権はありませんが、管理費を払っている限り半永久的に使用できるという権利があるため、相続の際は必ず行わなけれ...