改葬する場合、墓石を新たに建てる?古い墓石を移動する?【Q&A】

田舎に先祖代々のお墓があるが、墓石は移すのがいいのか処分して新しい墓石を建てた方がいいのかわからないので教えてください。
既存の墓石を運んでくる場合も新たな墓石を建てる場合も予算は200万円以内で考えたいです。

今ある墓石を新しい墓地に持ち込む場合は、移動距離や墓石の大きさによって異なりますが運搬費がそれなりにかかります。

墓石自体は新しく購入するほうが高くはなりますが、墓石の運搬費は処分費用よりも高く付くため、既存の古い墓石を使ってもさほど金額に差は出ない場合が多いようです。

また、古い墓石を移動する場合は、新しい墓地で持ち込み可能なのか、持ち込めてもサイズが合うのか、墓石が痛んではいないかなど、あらかじめよく確認しておく必要があります。

 

墓石を新規購入する場合も再利用する場合も、お墓の引越しである改葬は何かとお金がかかるものです。

仮に新しくお墓を建てる総費用を150万円とすると、改葬ではさらに50万円~80万円ほど多くかかると計算しておくとよいでしょう。

そのため、都市部にお住まいの方が改葬を行うときは、新しいお墓を永代供養墓や納骨堂、樹木葬から選ばれる方も多くいらっしゃいます。

このQ&Aに関連する記事をご紹介

お墓の引越し(改葬)の流れ/墓地移転の方法と注意点
お墓の引越しは、正式には「改葬」と呼ばれる行為で、すでに墓地や霊園に納骨されている遺骨を他の墓地や霊園に移動することを指します。さまざまな事情から、お墓の引越しを希望する人が増えてきていますが、引越しをする際には市区町村の許可を得なくてはいけません。改装許可申請書や改装許可証、受入証明書などの書類を揃えて、移転元・移転先双方の自治体の窓口で、公式な手続きを行う必要があります。また、引越しの方法もいくつかあり、自分の状況と希望に合った方法を選択することが重要です。ここでは、できる限りスムーズに引越しができるように、改葬の手順について解説します。
改葬とは - お墓の引越し手順、費用と急増している理由を徹底解説
「改葬」とは、すでに埋葬されている遺体や遺骨を、所定の手続きを踏んで永代供養墓、外墓、納骨壇など別の形態のお墓に移動させることで、いわばお墓の引越しのことをいいます。近い言葉に「墓じまい」がありますが、お墓を撤去して更地に戻すことを墓じまい、現在とは異なるお墓に遺骨を移動させることを改葬と呼びます。 改葬許可証の発行に改葬許可申請書などの書類や手続きが必要なほか、元のお墓で行う供養・抜魂式(魂抜き)、移転先で行う納骨式や開眼供養など、改葬にはいくつかの手順があります。また、土葬から改葬する際には火葬が必要となります。 そこで今回は、改葬の詳しい流れやマナー、改葬が近年急増している理由、改葬にかかる費用などについてご紹介します。
お墓の引越し・移転・改葬にかかる費用の内訳
お墓を自宅近くに移したい、お墓の世話を引き継いだなどの理由で、お墓の引越しを検討する方が増えてきています。お墓の引越しは家の引越しとは違う手続きが必要ですし、お骨の扱いはどうなるのか、費用がどのくらいかかるのか、相場もよく分からないと、不安を抱えている方も多いかと思います。 お墓の引越しをする際には、現在のお墓がある移転元・引越し先である依頼先の両方に費用を払う必要があります。また、お墓のある自治体や管理者に、各種書類を発行してもらうための費用もかかってきます。こうした諸費用も含めた相場を前もって知っておくと、手続きを潤滑に進めることができるでしょう。