樹木葬を購入した方は満足?後悔?購入者の声をご紹介!

大切な方がご逝去され葬儀で火葬した後、先祖代々の承継しているお墓がある場合は遺骨を納骨し、そうでない場合は新しいお墓を購入することになります。

近年人々の生活の変化とともに葬送の在り方や弔い方も大きく変わってきました。
先祖代々の遺骨が眠るお墓の墓じまいをして、永代供養付きの樹木葬や納骨堂に改葬することは一般的になりつつあります。

骨壺を屋内のロッカーのような場所に納骨する納骨堂や、里山の様な樹林に囲まれたエリアに埋葬・散骨する樹木葬など、石材を使ったお墓以外のお墓も増えてきました。

樹木葬は1999年に登場した新しいタイプのお墓です。民営霊園や寺院墓地でも敷地の一部を「樹木葬」の区画にしたり、樹木葬専用の墓地を作ったりするなど各地で広がりをみせています。

この記事では、実際に樹木葬を購入した人の意見や事例をご紹介します。後悔しないお墓選びのために、樹木葬を検討している人はぜひ参考にしてください。

都道府県一覧から樹木葬を探す

いいお墓では、ご希望のエリア、お墓の種類や特色・こだわり、宗旨・宗派などの検索条件で全国の樹木葬・樹林墓地を探すことができます。

そもそも樹木葬とは?

樹木葬とは樹林墓地とも呼ばれ、遺骨を埋葬した墓所に木を植えて自然に還す弔い方のことを指します。
火葬し埋葬された後の管理やメンテナンスは個人で行う必要がないため、お墓を承継する人、後継ぎがいないという方にとっては特にメリットのある方法です。また、故人が自然に還ることを望んでいる場合にも魅力あるスタイルだと言えるでしょう。樹木葬は寺院のほか、都立霊園のような公営霊園や民営霊園でも導入されています。

樹木葬は草花に囲まれた庭園のような整備をされた霊園や、里山のような自然に囲まれた霊園もあり、墓地霊園のタイプによって見え方も異なります。

費用や管理の負担が少ないというメリットがある一方で、後悔する事例もあるようです。この記事では樹木葬を行った人の声をご紹介します。

樹木葬について知りたい方はまずコチラをお読みください
樹木葬とは - 種類・特徴や費用相場、メリット・デメリットを解説!
昨今、注目を集めている樹木葬についての解説ページです。樹木葬の特徴や費用相場、一般墓・納骨堂との費用の違いを表で確認!樹木葬のタイプ、メリット・デメリットなど、樹木葬について知りたい内容をすべて網羅しています。全国の樹木葬探しは「いいお墓」におまかせください!

樹木葬の特長

樹木葬は特にコスト、継承という面においてメリットを感じる人が多いようです。

  • 自然に還ることができる
  • 後を継ぐ必要がない
  • 墓石代が不要のため費用の負担が少ない
  • 宗旨宗派が不問の場合が多い

樹木葬の墓標であるシンボルツリーは大きく2パターン

  • 一つひとつの区画に対し、それぞれ目印であるシンボルツリーが1本ずつあるパターン
  • 1本の樹木の周りに、複数の遺骨を納骨するパターン

故人の区画が分かれているかどうかで後々遺骨を墓所から取り出せなくなるケースもあるので、事前の確認が必要です。

交通の便が悪い場合も多い

樹木葬は「庭園タイプ」「公園タイプ」「里山タイプ」の3つのタイプにわかれますが、性質上、都市部から少し離れていたり、里山の場合は公共交通機関でのアクセスが難しい場所に墓地がある場合も珍しくはありません。そのため契約時には満足していても、後々交通の便の悪さが負担となり後悔する事例があります。いざ改葬しようとしても、樹木葬の場合は遺骨を取り出すことが出来ないケーズもあるため、事前に確認をしておく必要があります。

樹木葬の墓地霊園タイプを把握しておこう!

樹木葬には大きく分けて、3つのタイプがあります。ただし、霊園タイプは場所や区画によってさまざまな特長があり、その形態は簡単に分けられない場合もあります。樹木葬を選ぶ際には、一度は見学に行くことをおすすめします。

樹木葬では、お墓の場所や埋葬されたご遺骨の場所を示す「墓標」について霊園によっても取り扱いが変わってくることもあります。「墓標」が明確にわかる場合もあれば、自然に還る散骨のように明確にはわからなくなるケースもあるので、新規購入の方も改葬の方もしっかり確認が必要です。

1、庭園タイプ

庭園タイプの樹木葬はガーデニング霊園・ガーデン墓地とも呼ばれます。樹木や四季の草花に囲まれ、きちんと手入れされた庭園のような雰囲気が特長です。都心にあり比較的こじんまりとしていることが多く、アクセスがよいことなどがメリットですが、郊外の墓地に比べ価格が高めになるデメリットもあります。また都市部の一画にあるため、景観に関してすこぶるよいというケースはまれになります。

2、公園タイプ

公園タイプの樹木葬は、郊外にあることが多いため墓所は広く、庭園タイプ(ガーデニング型)よりも比較的値段が安めという傾向があります。また、景観がよく明るい雰囲気で、散策していても気持ちが良いことなどのメリットも挙げられます。里山タイプとは違いきちんと整備されており、休憩所や洗面所が備えられているという安心感もあります。デメリットは、都心の家から少し離れてしまい、アクセスが良いとは断言できないことです。

3、里山タイプ

里山タイプの樹木葬は、自然の景観を活かすことがコンセプトのため、整地は最小限になっています。生命力あふれる樹林の中に植樹をし、根元に遺骨を埋葬、そして土へと還します。一見して霊園と分からないことも多いです。
郊外から離れた遠方に霊園があることが多く、少々不便なのが難点ですが、自然をそのまま活かしているため、景観がよく自然に優しいことが特長です。

樹木葬の埋葬方法別の注意点を把握しておこう!

樹木葬の埋葬方法について代表的な3つのタイプについてご紹介します。樹木葬を選ぶには後悔をしないように、埋葬方法を把握しておくことが必要です。

樹木葬の埋葬方法によっては、散骨をして遺骨を取り出せなくなってしまう場合もありますので、事前に確認をしておきましょう。

1、合祀型の樹木葬

シンボルツリーの下に、他の方と共に遺骨を埋葬する合祀という方法です。3つの中でも比較的費用を安く抑えられますが、お墓参りでは故人に対する参拝が難しくなります。

また、合祀は他の方と遺骨を一緒にするため、後々になって遺骨を取り出せないというデメリットもあります。

2、集合型の樹木葬

合祀型と似た埋葬方法ですが、シンボルとなる木の下が区画で分けられており、他の方と故人の遺骨が混ざらないと言う点に違いがあります。

集合はしているものの個人の区画が設けられるため、合祀型よりも費用は高くなりますが、一般墓と比べれば安く抑えられます。

3、個別型の樹木葬

個人のスペースごとに個別に一本の木を植え、その木の下に遺骨を埋葬する方法です。従来のお墓のスタイルに近く、参拝も行いやすいです。

個人の区画が明確であるため、樹木を選んだり墓域のデザインにもこだわったりすることができますが、個別にスペースが必要な分、費用は高くなります。

遺骨の管理について

合祀型は最初から、個別型は弔い上げ後に合祀され、遺骨を取り出すことができなくなります。そのため改葬をすることができずに後悔する事例もあります。合祀の場合は改葬をすることが出来ないことや、個別型の場合は契約内容によって弔い上げの周忌が変わることなどを、事前に親族と話し合っておく必要があります。

また、骨壺に入れて納骨をするのか、散骨をするのかについても事前に親族やお寺さん、僧侶と確認しておくと霊園探しもスムーズに進むでしょう。

樹木葬の購入者はどんな人?

樹木葬を購入する人は大きく4つのタイプに分かれます。

子どもがいない人、または子どもに迷惑をかけたくない人

樹木葬の多くは永代供養です。後継ぎがいなくても、寺院などが遺族に代わってお墓の管理をしてくれます。

そのため、子どものいない夫婦が樹木葬の検討をすることが多く、少子高齢化の背景も相まって樹木葬の人気は高まっています。

また、子どもがいる人の中でも、子どもに迷惑をかけたくないというニーズを持っている方もいます。

終活を考える中で子どもに迷惑をかけたくないというニーズは非常に大きく、お墓参りをするために長期休暇を使って帰省することが大変だったなどのご自身の経験から、(永代供養にすれば)負担がかからない樹木葬を選ぶ傾向があるようです。

独身の人

独身の方が樹木葬を利用する割合も高い傾向にあります。永代供養にすれば承継者がいなくても大丈夫なため、独身の方には選ばれやすいようです。

自然に還る意識が強い人

エコ意識の高まりを背景に自然回帰を願う人が増加したことも、樹木葬の人気に拍車をかけているといわれています。

日本では土葬が認められていないため、樹木葬が選択されるケースも増えてきました。

散骨という手段もありますが、手を合わせる場所がなく遺族はお参りをしにくくなるといったデメリットもあります。その点、樹木葬は自然回帰の希望を叶えながら、墓標となるシンボルツリーを用意することができます。遺族がお参りに困ることもありません。

あまり費用をかけられない人

一般墓のように墓石を用意するのは石材の費用もかかるため、経済的にも大きな負担になりがちです。
樹木葬は一般墓のように墓石を建てるより費用もかからず、土地面積も少ないためお求めやすい価格で提供されています。
そのため、お墓にあまり費用をかけられない人の選択肢として、検討されやすい傾向にあります。

樹木葬を選んで満足している人の声

樹木葬を選んで「満足した」という人の意見をピックアップします。

景観の良さや季節を感じられるなど、樹木葬の特長でもある「自然」というイメージが満足感につながっているようです。

景観が良い

樹木葬がある霊園では、景観に気を遣っている施設が多くあります。

整えられた芝生の中にシンボルツリーが点在する様子が美しい庭園のような施設もあり、従来のお墓参りが持つ湿っぽいイメージがないという意見が散見されます。

「こういった場所で眠りたい」と自分のためにお墓を買って満足して眠りにつく人もいますし、「こういった場所で眠らせてあげたい」と親のためにお墓を買い、お参りの度に素敵な景観に満足する人もいます。

月日や季節を実感できる

樹木葬のシンボルツリーは年々成長していきます。故人が眠りについてからの年月を、植物の成長で感じることができます。

また、シンボルツリーがサクラなど花を咲かせる植物の場合は、それによって季節を感じることも可能です。

「◯◯がなくなって何年」「何回目の春」という月日の流れや季節を感じ、自然の中で故人を偲ぶことができるのは、樹木葬独自のメリットです。

コストパフォーマンスがいい

経済的に普通のお墓を買うほどのお金は用意できないものの、樹木葬ならなんとか購入できるという人もいます。

そういった人は無事にお墓を手に入れることができて良かったと満足しています。

また、お墓へのコストを抑えたため、生前に使えるお金が増える、子孫に残すお金ができたなどの声も聞かれます。

アクセスの良い場所がある

樹木葬を実施している霊園は自然の中というイメージがあるためか、アクセスが悪いと思っている人が多いようです。

しかし実際には、都会の中にある樹木葬の霊園も多く、駅やバス停から徒歩圏内という好アクセスの場所もあります。

そういった霊園を選べば、車を持っていない都市生活者でも問題なくお参りが可能です。

子どもの負担が少ない

樹木葬の多くは永代供養のため、自分の子どもにお墓参りのための負担をかけることがなくなります。

自分自身が親のお墓参りで長距離の移動をしていた世代にとって、子どもに迷惑をかけたくないという想いに応えるお墓になっています。

樹木葬を選んで後悔している方の声

反対に、樹木葬を選んで後悔した、または不満を感じたという人の意見を紹介していきます。

パンフレットなどの画像からはわからない部分もあります。樹木葬を購入する際には後悔しないために事前に現地を見学することをおすすめします。

手入れが悪い

樹木葬のエリア自体は手入れが行き届いているものの、エリアの周りは手入れがされておらず雑草だらけという場所もあります。

手入れが行き届いていない場合、樹木が枯れることもあります。先祖や故人をきちんと弔うためにも現地見学の際に管理状況も質問項目として準備しておいたほうがいいですね。

契約前には必ず現地の見学をしてください。

普通の墓地の一角でしかなかった

通常の霊園の一部を樹木葬のエリアにしている施設もあります。

そういった施設は一般的な墓地がすぐ近くにあるため、期待していたような景観を得られないことがあります。こちらもパンフレットなどの写真には写らない部分なので、やはり事前の見学は大切です。

線香やお供えが禁止されていた

樹木葬の霊園では、防火対策や景観のイメージを大切にするために線香やロウソクの使用を禁止しているところもあります。

また、自然に囲まれていることが多いため、虫や動物が来るなどの理由でお供え物を置くことができないところもあります。

そういった施設では、シンボルツリーとは別の場所にお線香などを備えし、手を合わせることができる祭壇が備えられていることも多いのですが、祭壇がないことも考えられます。

線香やお供え物についての決まりは、見学をする時に必ず確かめてください。

樹木葬は必ず見学をすることをおすすめします

樹木葬の特長や購入者の意見などをご紹介してきましたが、樹木葬には民営、公営、寺院などの運営母体や、里山・庭園・公園などのタイプによっても満足度は変わってきます。

後から遺骨が取り出せなかったり、景観が思ったのと違ったり、お供え物ができなかったりなど想定外の事態が発覚することもあります。

墓じまいや改葬の後、手元で供養をされたい方はこちらの記事もオススメです
手元供養とは - 自宅で遺骨を保管する方法と注意点を解説!
遺骨をご自宅で保管する際、そもそも保管をしてよいのか、どのように保管をすればよいのか、遺骨を入れる箱はどんなものを使用すればよいのかなど疑問が出てくるかと思います。ここでは、自宅で遺骨を保管する方法や注意点について紹介しています。
墓じまいにあたり、檀家を離れる場合はこちらの記事もオススメです
離檀料の目安相場 - 離檀の方法とトラブル事例
離檀料とは、長年お世話になった寺院の檀家を離れる際、寺院側にお渡しするお布施のことです。 あくまで「お布施」ですから、そもそも寺院側には離檀料の支払いにおいて具体的な請求をする権限はありません。しかし万が一、離檀に際し法外な金額を寺院から要求され、関係がこじれてしまった場合には、檀家総代・寺院の宗派の本山・行政書士などの専門家に相談するという方法を考える必要があります。 そこで今回は、離檀料の意義から目安相場、離檀料を巡るトラブル事例について解説します。

後悔しないお墓選びのために、実際に現地に行き、事前に見学をすることをおすすめします。

いいお墓では全国の樹木葬をご紹介しております。お気軽にお問い合わせください。

全国の樹木葬◎932件掲載|いいお墓【公式】 - 無料で簡単に資料請求
全国の樹木葬なら、日本最大級のお墓検索サイト【いいお墓】。ご自宅から一番近い樹木葬を探せます。豊富な霊園情報の中から、費用予算や口コミ、アクセスなど希望に沿ったお墓をご案内。資料請求・見学予約は無料!今なら霊園見学で3,000円ギフト券+購入された方には最大1万円ギフト券を進呈!