お墓の種類

自動搬送式納骨堂とは

近年では家族の在り方や働き方のスタイルは多様化しており、人それぞれになっています。お墓も同様で、自分のスタイルに合ったお墓選びをする人が増えてきました。そのスタイルのひとつとして挙げられるのが「納骨堂」です。中でも、自動搬送式納骨堂と呼ばれるタイプのものは、特に都市部を中心に利用者も増えています。 自動搬送式納骨堂は、遺骨が参拝スペースまで自動的に運ばれてくるという納骨堂のことです。アクセスの良いところに作られていることが多く、徒歩で気軽に訪れることができたり、遺族に代わって永代供養してくれたりというメリットもあります。ここでは、そんな自動搬送式納骨堂について解説します。
お墓にまつわるトラブル

お墓を継承するとき、どうすれば?

お墓の承継とは、お墓の名義を変更することです。新しい名義人を選ぶ際には「遺言書に従う」「話し合いをする」「家庭裁判所に調停を申し立てる」の方法があります。墓地や霊園によっても承継に関する規約等もありますので、不明な点は確認しましょう。墓地承継の流れについて、必要な書類などもご紹介しながらまとめます。
お墓にまつわるトラブル

相続税は不要!?お墓の相続と継承に関する費用

故人が亡くなった後で色々と手続きが面倒な相続。 「お墓」についてはどのように手続きをするべきかを知っていますか? 「税金が高かったらどうしよう」と不安に思う人もいるかもしれませんが「お墓」は受け継ぐにあたって税金がかからない特別...
お墓の費用

お墓の永代使用料と使用権 – 承継方法や手数料など

お墓を建てる際には永代使用料を支払い、お墓を建てる土地を確保します。一般的に不動産の売買では土地そのものの所有権を買うことができますが、お墓においてはあくまで墓地の所有者からその土地の使用権を取得するという扱いになっています。また、お墓や仏壇などは、法律上「祭祀財産」と呼ばれ、使用者が亡くなった場合は民法の規則に従って承継されます。近年は核家族化などによってお墓を受け継ぐ人が減少しているため、墓地の使用権に関する親族間の揉め事も少なくありません。ここでは、お墓の使用権の承継方法や手数料など、使用権にまつわる基礎知識について解説します。
ニュース

お墓のレンタル/将来に柔軟に対応できる注目の「レンタル墓」

核家族化や供養のあり方の多様化などが進んだ現代、お墓の購入に二の足を踏んでいる方もいるのではないでしょうか。そのような場合の選択肢として、「レンタル墓」が注目されています。一定期間お墓の貸し出しを行うサービスで、墓石のみの貸し出しと墓地も含めた貸し出しの2種類があります。原則として契約時に期間を決めますが、事情によっては途中で契約解除したり、更新したりすることもできるため、さまざまな状況に柔軟に対応できます。購入するよりも安い料金で利用できほか、契約期間満了時にも撤去費用がかからないなど、将来の心配が少ないのも嬉しいところです。ここではメリットやデメリットなど、近年増えてきているお墓のレンタルの気になる内容を紹介します。
お墓の費用

お墓にかかる費用 – 地域別の墓石・永代使用料の平均価格は?

お墓を購入することはめったにないことですから、費用がいくらかかるのか不安な方も多いのではないでしょうか。最近では、ネットで格安の値段の墓石を販売している石材店もありますが、霊園や寺院への永代使用料・管理費、開眼法要の費用など、お墓を建てる際にはさまざまな費用が必要です。また、石材やデザイン、区画面積によって、金額も異なります。 ここでは、お墓を建てるときにかかる費用の相場についてまとめました。
お墓のルール

納骨はいつまでに?お墓の準備や法要の手続きはどうするの?

葬儀を終えた後は、遺骨をお墓に納める納骨式を行います。先祖からのお墓があったり、故人が生前墓を準備していたりする場合は、四十九日法要に合わせて行われることが多いようです。しかし、お墓がない場合や遺族の気持ちの整理がついていない場合など、すぐに納骨をすることが難しいこともあります。また、お墓を建てるまでには霊園を探したり墓石の様式を決めたりするために、ある程度の期間が必要です。 ここでは、納骨にはどんな意味があるのか、納骨には期限があるのか、霊園・墓石の準備は急いだほうがよいのかについて説明します。お墓ができるまでにかかる期間や、お寺や石材店への依頼をはじめ、納骨式の手続きはどのように進めるのかなども紹介します。
お墓の整備・メンテナンス

灯篭とは – 何のために使う?お墓で使う灯篭の意味と用途

そもそも灯篭とは戸外用の照明器具のことで、仏教とともに中国大陸から伝わったといわれています。お墓に建てられる灯篭は墓前灯篭と呼ばれ、故人を神仏のもとに導き、供養するためのものと考えられているのです。近年では、お墓を華やかにするためのものとして、デザイン面が重視された灯篭もあります。今回はそんな灯篭について、その種類や名称をご紹介します。灯篭について詳しく知りたい、お墓に灯篭を設置しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。
お墓の種類

なぜ合祀を選ぶ人が増えているのか?合祀の意味・特徴とは

合祀とは、合葬とも呼ばれ、故人の遺骨を骨壷から出し、不特定多数の遺骨と一緒に納骨することを指します。永代供養とほぼ同じ意味の言葉として使われます。お墓の管理を霊園や寺院に任せられるので、家族が管理する負担が減る・墓の管理費用が抑えられるなどのメリットがあります。経済的な事情により自身でお墓を持つことが難しかったり、お墓を管理する後継者が家族にいなかったりなどの理由で、合祀を選ぶ人が増えています。ただ、合祀はその性質上、必ずしも家族の同意が得られるとは限りません。 ここでは、合祀のメリット・デメリット、骨壷の扱い、費用、合祀を選ぶ際の注意点などを、順を追って詳しくご説明します。
お墓の整備・メンテナンス

お墓の掃除の流れ – 時期・頻度、墓石掃除の仕方とマナー

みなさんは、お墓の掃除をいつ行うのか、決めていますか。お墓を掃除することは、ご先祖様を敬い感謝し、供養する意味がこめられています。お盆・彼岸・年末などの時期にお墓参りへ訪れることが多いですが、その際に掃除も合わせて行う人もいるでしょう。また、さまざまな事情を抱える人が増えているなか、最近ではお墓掃除の代行サービスを行う業者も増えてきました。自身で掃除する場合も、業者に委託する場合も、いずれもご先祖様を想う気持ちに変わりはありません。この記事では、自身で掃除する場合の道具(スポンジやタワシ)の使い方や手順、注意点などをご紹介します。
お墓参りのマナー

お墓参りの服装を選ぶポイントは?ご先祖様へのマナー

お盆や正月の帰省などでお墓参りに行く際、どのような服装で行ったらいいのか、迷うことはありませんか。特に初盆のときは、普段着でいいのかスーツを着るべきか、悩んでしまうかもしれません。また、人生の節目の報告などで、親戚と一緒に墓地を訪れることもあるかと思います。このときの格好も、男性・女性、それぞれ場にあった服装を身に付けることがマナーとして求められます。 これでなくてはいけない、という明確なルールはありませんが、最低限のマナーは心得ておきたいものです。ここでは、お墓参りをする際に知っておきたい、服装選びのポイントや注意点についてご説明します。
お墓の引越し・墓じまい

お墓の引越し(改葬・移設)の流れ

お墓の引越しは「改葬」と呼ばれているのですが、そのような言葉があるくらい昨今では一般的なことになっています。その背景には、仕事の事情やライフスタイルの変化により、一つの場所に定住し続けるのが難しくなってきていることがあります。しかし「改葬」は、自分の都合だけで勝手にできるものではありません。移転元や移転先での承認を得るほかにも、さまざまな手続きを行わなければなりません。
お墓の整備・メンテナンス

お墓と塩 – 雑草対策で使うのはOK?

お墓参りも法事のひとつだからと、何となく塩を持っていく方や、持っていこうか悩む方もいらっしゃるかもしません。また、お墓の開眼供養の際に塩が使われたことから、必要だと考える方もいるでしょう。しかし、実際は法事といっても、葬儀とお墓参りは異なるものなので、塩の扱いも変わってきます。ここではそんなお墓参りの際の塩の扱いについてご紹介します。
お墓の整備・メンテナンス

お墓の砂利 – 種類、効果、お手入れ方法

お墓の砂利は、多くの墓地で使われており、墓石の周りに敷かれているものを見かけることが多いかと思います。さまざまな色や大きさの砂利がありますが、それぞれがどのような意味を持ち、砂利を敷くことでどんな効果があるのでしょうか。また、手入れなどを行ったほうがよいのでしょうか。 墓参りに出かけたとき、ご先祖様を気持ちよくお参りできるように、砂利の持つ効果についてもご紹介します。
お墓のルール

拓本とは – 種類と用途、取り方/墓石の拓本

拓本とは、石や金属に描かれた文様や形状などを写し取る方法のことです。拓本という言葉をあまり聞いたことがないという方も、魚拓なら聞いたことがあるのではないでしょうか。魚拓は釣った魚の形を紙に転写したもので、拓本の一つです。拓本の対象物は金属や石、自然物から人工物と多岐にわたり、幅広い用途で利用することができます。今回は拓本の歴史や種類、用途などをご紹介いたします。
お墓のルール

お墓には家紋を入れるべき?/家紋がわからない時の対処法

お墓参りなどにいくと目にする機会が多いのが「家紋」です。しかし、意外と分からないことも多いです。お墓と家紋にはどのような関係があるのかを歴史を踏まえて解説します。洋風のお墓にも家紋は彫らなければならないのでしょうか?
お墓のルール

お彼岸とは – どうしてお彼岸の時期にお墓参りをするの?

お彼岸とは、春分、または秋分の日を中日(真中の日)とした前後3日、それぞれ7日間のことです。この時期に行われる仏教行事を彼岸会といいます。西方にあるという極楽に近づけるよう、この時期は修行にはげみ、功徳を積む時期とされています。しかし、実際...
お墓のルール

法事・法要とは – 法事の流れとお墓参りの仕方

法事・法要とは、亡くなった方の冥福を祈る仏教の儀式です。「家族や親せきが集まってお墓参りに行くこと」「お寺でお坊さんがお経を読む間、ずっと正座をしていて足がしびれた」など、法事を経験されたり、なんとなくおわかりの方も多いでしょう。ここでは、もう少し詳しく法事の意味や法事を行う時期、法事ではどのような事を行うかをご紹介します。また、法事とお盆やお彼岸との違いについてもご説明いたします。
お墓参りのマナー

お墓参りの時期、服装、持ち物は?知っておきたいお墓参りのマナー

お盆やお彼岸、命日にお墓参りへ行くという方はたくさんいらっしゃると思います。しかし、お墓参りの仕方やマナーについて、なんとなく子どもの頃から両親や目上の方の慣例に従っているだけで実際あまり知らない……という方も多いことでしょう。 この記事では、お墓参りの基本的な流れと、お墓の掃除の仕方、お墓参りに持っていくべきもの、服装やマナー、お墓参りでやってはいけないタブーなど、お墓参りに関する基本をご紹介しています。 お墓参りは決まった時期に行くべきなのか、お盆やお彼岸、命日以外でも行っていいのか、仏滅の日にお墓参りをしてもいいのか、などと迷ったことのある方や「自分のやり方が本当にこれでいいのか不安」「正しい方法をきちんと知っておきたい」と思われる方はぜひ参考にしてください。
お墓の種類

墳墓とは – その意味、墓石の種類や費用など/納骨堂との違い

墳墓(ふんぼ)とは、死者を埋葬するお墓やそのお墓がある場所を示す言葉で、元々は土を盛って作るお墓という意味もありました。そのためピラミッドや古墳といった史跡も、石や土を積み上げて作る墳墓の一つと言えるでしょう。 現代の日本における墳墓と言えば、区画された墓地に墓石を据える様式が一般的です。寺院や民営霊園のほか、自治体などが運営する公営墓地も人気があります。承継者がいなくなったお墓は無縁墳墓と呼ばれ、いくつかの条件をクリアすることで管理者による撤去という改葬が行われます。 今回はそうした墳墓について、墓石の種類や費用、墓石の形状や歴史などを詳しく解説します。
お墓の種類

共同墓地とは – 使用料・管理費などの費用/永代供養も可能?

共同墓地とは、集落・村落など地域の共同体によって使用、管理・運営されている墓地のことを言います。集落墓地、部落墓地、村墓地、みなし墓地などと呼ばれることもあります。それぞれの地域での生活に根差した、ある意味で自然発生的な墓地とも言えそうです。また、天理教やキリスト教信者のための共同墓地なども存在します。 しかし近年では、共同で納骨するという意味で、合祀墓や合葬墓を共同墓地と呼ぶことも多くなりました。合祀墓や合葬墓としての共同墓地は管理者による永代供養が行われることが多く、承継者の負担が少なく済むというメリットがあります。 この記事では共同墓地の定義をはじめ、使用料・管理料などの費用、共同墓地を選ぶ際に気を付けたい点などをご説明します。
お墓参りのマナー

お墓参り代行とは – サービス内容や費用の相場を解説

お墓参り代行とは、何らかの理由でお墓参りができない場合にお墓の掃除やメンテナンス、お参りなどを代行してくれるサービスです。 「引っ越しをしてお墓が遠くなってしまった」「足腰が弱くなってしまい、なかなかお墓に行けない」などの悩みを持っている方にはメリットの大きいサービスですが、「他人にお墓参りを頼んで大丈夫なの?」「デメリットはないの?」と不安に思う方も多いでしょう。 そこで今回は、お墓参り代行の詳しいサービス内容や費用の相場、業者による違いなどをご紹介します。墓石の状況を確認するだけのプランなど気軽に利用しやすいサービスもあるので、ぜひ参考にしてください。
お墓のルール

開眼供養・開眼法要とは – 日程と当日の流れ/お墓・仏壇・魂入れ・納骨のマナー

開眼供養(開眼法要)とは、新しくお墓を建てたときや仏壇を購入したときなどに行う、仏様の魂を入れ込む大切な供養です。開眼供養は供養であると同時にお祝いごとでもあり、終わった後は僧侶や参列者を招いて会食を開くのが一般的です。 開眼供養は四十九日や一周忌などの納骨式と一緒に行う場合と、開眼供養のみ行う場合とでお布施の相場や参列者の服装も違ってきます。では、開眼供養はどのように準備し、行えばよいのでしょうか。 ここでは、開眼供養の意味や由来、主催者として準備するべきこと、開眼供養に必要な費用や招かれたときのマナーなどを詳しくご紹介いたします。また、お布施や半返しの表書きの書き方や、祝儀袋・不祝儀袋の選び方など、細かい決まりごとについてもご説明いたしますので準備の際の参考にしてください。
ニュース

四十九日の準備 – 日程と当日の流れ/参列者、服装、位牌など

葬儀が終わるとほっとする間もなく、すぐに四十九日法要の準備をしなくてはなりません。四十九日法要は葬儀同様に重要な仏事ですので、事前にしっかり準備して臨む必要があります。 四十九日の数え方は亡くなった日を一日目とし、四十九日目より前に法要の日程を設定するため、実はあまり準備期間がありません。また、四十九日法要にはどのような準備が必要なのか、知らないという方も多いのではないでしょうか。位牌や仏壇の用意、僧侶に渡すお布施、招く人への案内状、香典返し、お供えに対する引き出物など用意するものも多いため、早めの準備が肝要です。 ここでは、四十九日を迎えるに当たり、施主が慌てないように、法事当日の流れに沿って知っておきたい事柄をご説明いたします。
お墓の引越し・墓じまい

墓じまいの流れ – 手順と手続き/トラブル回避のポイント

墓じまいとは、先祖のお墓を片付け、お墓を建てていた土地をお寺や霊園の管理者に返却することを言います。お墓を継ぐ人がいない、故郷から離れて暮らしていてお参りがなかなかできないといった諸々の理由により行うことが多いようです。 墓じまいの流れとしては、閉眼法要を行い、ご先祖の遺骨を合祀墓など永代供養墓に移し、墓石を撤去します。通常は区画を更地にして返還します。 この記事では、墓じまいをする時の流れや、改葬許可申請などの準備、お布施などの費用相場、親戚同士のいざこざなど、墓じまいに関連するトラブルなどについても解説します。大切なご先祖様のお墓だからこそ、きちんとした管理のできる移転先に供養してもらえるよう、正しく墓じまいを行いましょう。
お墓の種類

民営霊園とは – 費用相場とメリット・デメリット

民営霊園とは、公営霊園や寺院墓地とどのような点が異なるのでしょうか。今回は、民営霊園とはどんなものなのか、その特徴や代表的な施設、メリット、デメリットなどについて詳しく紹介したいと思います。
お墓のルール

お盆の服装の基本 – お墓参りと初盆・新盆法要で気をつけたいこと

お盆は、亡くなった方や祖先を祀る日本の大切な夏の行事の一つです。実家に帰省してお墓参りをしたり、新盆の法要に招かれたり、お参りするお客様を迎えたりする方も多いと思います。通夜やお葬式の服装といえば喪服ですが、お盆の場合はどのような服装が適しているのか不安な方もいらっしゃるかと思います。そこで今回は、男性と女性、子どものお盆の服装について紹介します。
お墓のルール

供養とは – 供養の意味、種類や方法、行うタイミング

「供養」とは、亡くなった人などに対して冥福を祈る、すべての行いのことを言います。仏壇に向かって手を合わせたり、読経をしたりする行為も供養です。また、墓前に花を添えることも、私たちが日常的に行っている供養のひとつといえるでしょう。今回は、さまざまな供養の種類や方法、供養の意味などについて、詳しくご紹介していきたいと思います。
ニュース

海外の墓石 – 外国産墓石材の種類と特徴

外国産の墓石用石材は、中国やインドだけでなく、ヨーロッパやアメリカ、韓国など世界中から輸入されていますが、近年は世界各国の原石が中国に輸出され、中国で製品化されてから日本に輸入される傾向が強くなっています。 ここでは、海外の墓石について、それぞれ主な輸入先とその国の墓石材の特徴を紹介します。
ニュース

インドの墓石 – インド産墓石材の種類と特徴

インドの石材は硬く色艶がよいのが特徴ですが、安定性に欠けるため、量的にはインドからの輸入は減少傾向にあります。インド産石材は中国産石材と異なり、使用される石種がある程度限定されているのが特徴です。
ニュース

中国の墓石 – 中国産墓石材の種類と特徴

石材が本格的に輸入され始めたのは約40年前。約20年前には中国・福建省で初めて日本の業者との合弁工場が設立し、墓石の加工が始められました。 その後、現在に至るまで、中国産墓石は原石においても製品においても、国内産とは大きな価格差を有し、品質面でも急速に改善されつつあるため、現在では墓石や外柵などの製品は圧倒的に中国産が多くなっています。
ニュース

日本の墓石 – 国産墓石材の種類と特徴

山地と島部で構成されている日本列島は、石材が産出されない地域はなく、北海道から沖縄まで様々な石材が産出されます。国産の岩石は十数種、200種類以上の銘柄がありますが、近年では価格の安い中国産などの外国産石材に市場を奪われ、100銘柄以下になり、ほとんどの銘柄の採石量が減少しています。一方国産の銘柄でもブランドイメージの確立している石材は、高級墓石材として安定した需要を誇っているものもあります。
お墓を探す

墓石の種類 – お墓に最適な石種3条件とは?

墓石に使われる石材には様々な種類があります。石材は取れる産地によって色や材質、耐久性が様々で、その風土に合った石材が墓石として使われています。墓石に使う石材は、大まかな分類として「花崗岩」「閃緑岩」「斑レイ岩」「安山岩」の4種が挙げられ、産地や成分などにより300以上の種類があります。
お墓の整備・メンテナンス

お墓の耐震・地震対策 – 工法別・耐震加工の長所と短所

もし地震でお墓が倒壊してしまうと、復旧には時間と費用がかかります。あらかじめ耐震加工で備えをしておけば、いざというときの不安も軽減することができます。この記事では、お墓の耐震について解説します。
ニュース

【おしゃれなお墓】“キューブ型”墓石がグッドデザイン賞受賞

株式会社石長(本社:神奈川県鎌倉市、杉山洋一代表取締役)が手掛けた墓石「水庭(すいてい)」が、「2015年度グッドデザイン賞」を受賞しました。これまで墓石がこの賞を受賞した例は非常に少なく、11 年振り、2例目の快挙になります。 今回...
お墓の整備・メンテナンス

墓石の劣化の年数や原因など

墓石の劣化とは、年数が経つにつれ墓石の艶が無くなったり、風合いが変わってしまったりすることです。経年劣化には独特の魅力もあるため、無理に綺麗にする必要はありません。しかし、日常の汚れが溜まり見た目が損なわれてしまう劣化もあります。これはこまめに掃除することで美しさを保つことができます。この記事では、お墓の耐用年数や劣化の原因、劣化を遅らせる掃除方法などをご紹介します。
お墓の種類

期限付き墓地とは – 選ぶメリットと費用相場

期限付き墓地とはその名の通り、使用期限がある墓地のことです。使用期限は墓地によって2、3年と短期間のものから、数十年と長期間のものもあります。地方の過疎化や少子化により現在増えている無縁墓地を解消する手段としても注目されている新しい形態のお墓です。期限付き墓地を使うメリットや使用にかかる費用について詳しくまとめました。
お墓の整備・メンテナンス

お墓の修理 – 修理の流れ、内容、費用相場

お墓の修理とは、一見大変そうですが修理を依頼するときの手順をしっかりとおさえておけば簡単に行うことができます。お墓の破損にはどのようなものがあるのか、どのように修理するのか、その修理にかかる費用はいくら位になるのかなど知っておきたい「お墓の修理」についてまとめました。
お墓の整備・メンテナンス

妊娠中のお墓参り – 行ってもいい時期はいつ?服装や注意すべきこと

お墓参りとは、ご先祖様や故人を偲ぶ大切なイベントです。しかし体調が変わりやすい妊娠中の方が行く場合、注意しなければいけないことがたくさんあります。そこで妊娠中の方がお墓参りに行く場合避けるべき時期や季節、体調など、一般的に注意するべきポイントについて調べてみました。なお、体調はひとりひとりの状況によっても異なります。医師に相談の上、お墓参りに行きましょう。
お墓の整備・メンテナンス

お墓の植木 – 選び方のポイント

お墓は、墓石が所狭しと並び無機質な空間になりがちですが、そこに植物の緑があることによって、癒やしの効果がもたらされます。また供養の気持ちを込めて、故人の好きだった植物が植えられることもあります。このようなメリットがある一方で、こまめな管理が必要などのデメリットもありますので、お墓の植木を考えている場合には、ご家族などとよく相談することが大切です。
お墓の引越し・墓じまい

墓じまいとは – 霊園・墓地から墓石を撤去・処分する/無縁墓となる前にすべきこと

墓じまいとは、お墓を片づけて更地にし、お寺や墓地の管理者に敷地を返すことを指します。最近では、少子化によりお墓を守る承継者が途絶えてしまい、無縁墓が増えてきています。無縁墓になってしまうと最終的にお墓は撤去され、遺骨は合祀墓に納められることになります。そのため、家族を大切に思う人ほど、しっかりと墓じまいについて考えることが必要です。具体的にどのように進めていくのか説明します。
お墓に関する「よくある質問」

実家のお墓に入りたいのですが、嫁ぎ先は分骨にすべきか迷っています。【Q&A】

Q. 姉妹二人とも結婚しています。いずれ実家で親夫婦が新たに墓を持つ予定です。費用の負担はどうするのですか。 また、親戚も遠方で家族四人仲良くやってきましたので、姉妹とも実家のその墓にすべて入るか、あるいは嫁ぎ先との分骨のいずれかを考えています。
お墓に関する「よくある質問」

独身の叔母が代々のお墓に入ることに問題はないのでしょうか。【Q&A】

Q. 一生を一人で過ごした叔母が現在特別養護老人ホームに入っています。面倒を見る人が無く父が10年以上も面倒を見てきました。 最近、叔母が死んだらという話を父がします。叔母の入る墓が無いので、父が「うちの墓ができたら、うちの墓に入れてやる」と叔母本人にも親戚にも言っているのですが、代々の墓には繋がりの無い人が入ると……という話も聞いたことがあります。 まだ土地も無いのですが、もし父がお墓の土地を買った場合、どのようにしたらいいのでしょうか。
お墓に関する「よくある質問」

外国の国籍で日本のお墓に入ることはできるのでしょうか?【Q&A】

Q. 外国人と結婚して相手方の国籍を持っています。 今は伴侶と死別して日本で暮らしていますが、将来、日本の両親のお墓に入ることができるのでしょうか。
ニュース

お墓の引っ越し、墓じまいにも!遠くのお墓に「手持ち」で遺骨を運んでくれる新サービス!

永代供養墓や納骨堂、樹木葬など、承継者のいない方のために、ご家族に代わってお寺などが永代にわたって故人を供養してくれる、そんなサービスが付加されたお墓が増えています。 お墓の引っ越しや墓じまいにをきっかけに、こうした永代供養サービス付...
お墓にまつわるトラブル

お墓の引越しトラブル事例

お墓の引越し(=改葬)の際に起こることがあるトラブルの事例をご紹介します。事前にどのようなトラブルが起こり得るのかを把握しておくことで、実際に問題が発生しないよう心掛けていただければと思います。
おすすめ霊園レポート

【行ってきました】ペットと一緒に眠れる都心の樹木葬墓地

樹木葬がいい! ペットと一緒に入れればなおいい! しかもそれが都心にあれば言うことない! お墓について、そんな夢を叶えてくれる樹木葬墓地が東京・大田区の久が原庭苑です。 最寄りの駅は東急池上線の久が原駅。そこから商店街を歩いて抜...
お墓に関する「よくある質問」

ペットと一緒に入れるお墓って本当にあるの?

同じ月日をともに重ねてきたペットたちは家族の一員です。 彼らは私たちより生涯をまっとうするスピードが早いため、先に彼らを天国に見送る場合が多いでしょう。 そんな大切な家族の一員が一生を終えたとき一緒に眠りたいと思いませんか? ...
ニュース

【オトナの社会科見学】イケメン職人が造る!こだわりの“純国産のお墓”ができるまで

今、日本の多くのお墓は海外から輸入された石を使っています。また、日本の石を使っていても加工は海外で行うというケースも少なくありません。 そんな中、国産の石を国内で加工する、「純国産」にこだわってお墓を造っているところがあります。 ...
ニュース

石屋魂を見せろ!あの地震から始まった奮闘【庄子石材店の挑戦】

本記事は、鎌倉新書が発行する供養業界のビジネス情報誌「月刊『仏事』2015年2月号」の記事を再編集したものです。 宮城県仙台市若林区に活動拠点があった、「庄子石材店」。 明治37年に創業。それ以来、地域密着型の老舗石材店...