戒名のお布施の相場は?戒名料はいくら包むべき?【Q&A】

戒名料はいくら包むのが一般的ですか?

戒名は寺院への貢献に対して与えられ、それに対するお布施でのお返しが戒名料といえます。
そのため、戒名料には決まった値段はありません。ただし実際には寺院によってある程度の相場が決められていることが多く、「信士」「信女」で5万円~20万円程度、「居士」「大姉」で15万円~30万円程度、院号になると50万円以上が相場となるようです。

このQ&Aに関連する記事をご紹介

戒名は絶対に必要?戒名の意味やお布施の目安
戒名とは、仏弟子となった証として故人に送られる名前の総称として用いられています。一般的な戒名を授かる際のお布施は、葬儀のお布施に含まれる場合もあれば、戒名のお礼として葬儀のお布施とは別にお渡しする場合など、さまざまです。
墓石の彫刻・文字 - 戒名彫刻の時期や方法、価格をご紹介
墓石には、故人の名前や宗派などを彫刻します。墓石に彫刻を施すことは、残された遺族の故人に対する感謝の証ともいえます。一般的に、日本では人が亡くなると、故人に戒名が与えられるという風習があります。戒名とは、俗名を捨てて新しい名前を得ることで、本当の意味での仏教徒となるために与えられるものです。ではこの戒名を授かったら、いつ墓石に彫刻すればよいのでしょうか。今回はそんな疑問にお答えするために、戒名を彫刻する時期や方法、その価格についてまとめてみました。和型・洋型などお墓の種類によって刻む内容が異なる点や、お墓に刻む文字の書体などについてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。