納骨堂だと無縁仏になるって本当?

時代の変化とともにお墓に対する人々の意識も変わりつつあり、お墓を所有せずに遺骨を納骨堂に預けて供養する人も増えてきています。

一人暮らし世帯の増加や墓地の不足が叫ばれている中、納骨堂は注目されているスタイルの一つですが、まだまだ社会全体に受け入れられているわけではありません。

そのため、「一定期間が過ぎると無縁仏にされてしまうのではないか」「故人に対して非礼ではないのか」といった心配をする人が少なくないようです。

では、本当に納骨堂に預けると無縁仏になってしまうのか。

納骨堂にお骨を預けることに関する疑問についてお答えします。

 

都道府県一覧からお墓を探す

いいお墓では希望エリア・お墓の種類・宗旨宗派などの検索条件で全国のお墓を探すことができます

納骨堂でも供養をし続けてもらえるの?

納骨堂に遺骨を預けた場合、「一定期間を過ぎると無縁仏にされてしまうのではないか」とよく聞かれます。

確かに、納骨堂に預けられた遺骨は一定期間が過ぎると合祀墓と呼ばれるお墓に移され、それ以後は無縁仏として扱われるのが一般的でした。

ただ、最近は一定期間が過ぎても個々に供養し続けてもらえる、「納骨堂の永代使用」という方式を用意しているお寺が増えてきています。

料金は一定期間が過ぎると合祀されてしまう方式よりも高くはなりますが、無縁仏扱いにされることに抵抗感のある方は、この永代使用契約を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

故人を思う気持ちが最大の供養

何らかの事情でお墓を所有できない方は、納骨堂の利用も選択肢の一つです。

いまは永代使用が可能な納骨堂が増えていますし、お墓を所有すると普段の管理や自分が亡くなった後の供養をどうするかといった不安が生じますが、納骨堂ならそんな心配をする必要もありません。

ただ、そういった納骨堂に関するメリットは理解できても、「故人に対して非礼ではないのか」という親族や家族の反対を受ける場合もあるかと思います。

そんな時には、「個人を思う気持ちが最大の供養であって、お墓の形態ではないです」とお伝えしてみてはいかがでしょうか?

 

お墓

 

多様化する納骨堂のスタイル

納骨堂と聞くと、お寺の中にある暗いスペースに多数のお骨が並んでいるようなイメージがありませんか?

ところが、最近の納骨堂は多様化しており、驚くほどの進化を見せています。

ロッカー式の納骨堂はよく知られていますが、最近のロッカー式納骨堂には華やかなデザインが施されており、扉には墓石のように家紋を刻印することも可能になっていることは知られてないようです。

他には、墓石を設置できる納骨堂やタッチパネルを操作すると自動で遺骨が運ばれてくるという納骨堂も登場しています。

このように大きな変化を遂げている現在の納骨堂は、21世紀を生きる日本人の生活スタイルや死生観に合った「現代スタイルのお墓」であると言ってもいいでしょう。

納骨堂を探したい方は納骨堂なびをご覧ください。

納骨堂ナビ(姉妹サイト)ではさまざまなタイプの納骨堂をご紹介しています。


日本最大級のお墓ポータルサイト「いいお墓」では、全国7,000件以上の霊園・墓地を検索できるほか、資料請求・見学予約・お墓の相談をすべて無料で承っています。お墓・永代供養墓・樹木葬の価格(費用)、お墓購入者の口コミ、建墓のポイント、石材店の選び方や、お墓の引越し(改葬)など、お墓に関する情報も満載。霊園・墓地のことなら「いいお墓」にお任せください。

また、運営元の株式会社鎌倉新書(東証一部上場、証券コード:6184)では、お墓だけではなく、葬儀・葬式、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持ち、幅広い情報を提供しています。

 

5/5 (5)