霊園でお墓を建てるときの費用相場は?一般墓や納骨堂など種類ごとに解説!

霊園でお墓を建てようと思ったとき、「費用がいくらになるか」ということは誰もが気になるポイントです。

民営霊園、公営霊園、寺院墓地など、どの墓所に申し込んでも、永代使用料、墓石代、管理費などの費用はかかってきます。そこで事前にかかる費用の相場をあらかじめ知っておくことで、自分の予算に合った霊園を選んでいきたいものです。

今回は、霊園でお墓を購入する際にかかる費用についてまとめていきます。霊園の種類、費用の内訳や相場、お墓にかかった平均費用についての最新の調査結果などもご紹介するので、お墓選びの参考にしてください。

都道府県一覧からお墓を探す

いいお墓では希望エリア・お墓の種類・宗旨宗派などの検索条件で全国のお墓を探すことができます

そもそも墓所の種類には何があるの?

霊園でかかる費用について解説する前に、「そもそも霊園とはどういう場所なのか」について知っておきましょう。

墓所の種類は大きく分けて3つあります。自治体によって管理される「公営霊園」、財団法人や社団法人、宗教法人などによって管理される「民営霊園」、そして寺院によって管理される「寺院墓地」です。

公営霊園、民営霊園、寺院墓地にはそれぞれ異なる点があります。寺院墓地を利用するにはその寺院の宗教・宗派に属していること、檀家になることを前提条件とする寺院が大部分ですが、公営霊園、民営霊園では宗教・宗派の制約がない場合が大半です。一方、公営霊園と民営霊園は費用面で差があります。永代使用料、管理料共、公営霊園の方が価格が抑えめであるという傾向があります。

お墓には主に公営霊園、民営霊園、寺院墓地の3種類があり、それぞれに違いがあることを頭に入れておきましょう。

かかる費用は霊園ごとに異なる

霊園にかかる費用は一概にはいえず、その霊園や墓地ごとに異なります。運営・管理しているのが公営霊園、民営霊園、寺院墓地のどれに当たるのか、どのような埋葬方法かによっても費用に差が出るため、以下のポイントをチェックしておきましょう。

公営もしくは民営霊園か、寺院墓地かをチェックしよう

自治体が運営する公営霊園は、一般的に費用が安い傾向があります。それに比べて社団法人や財団法人、宗教法人が運営する民営霊園は、費用面では割高に感じられることも多いでしょう。寺院墓地の費用はその寺院の格や地域性による部分が大きく、一概にはいえません。

いずれにしても、契約前にその霊園や墓地ごとの費用をしっかり確認しておくことが大切です。

埋葬方法にも違いがある

霊園の費用は埋葬方法によっても異なります。主な種類には、「一般墓」「納骨堂」「樹木葬」などがあります。一般的には墓石を建てる一般墓がもっとも高く、次いで納骨堂、樹木葬などの順になっているといわれています。

霊園でかかる費用の内訳は?

霊園でお墓を購入する際にかかる費用には、「永代使用料」「墓石代」「管理費」などがあります。以下でそれぞれの内容を見ていきましょう。

永代使用料

永代使用料とは、お墓の土地部分の使用権を有するのにかかる費用を指します。好立地や地価が高い場所にある霊園ほど、永代使用料が高額になる傾向があります。

購入したお墓は承継者がいれば、使用名義人を変更すれば永代にわたって使用できます。しかし承継者がいない場合や使用料を滞納した場合などは、使用権を返還しなくてはいけなくなるケースもあります。

墓石代

一般墓を建てる場合にかかる墓石の費用です。墓石の硬さや色などの石質や、デザインなどによって費用が大きく上下します。

管理費

霊園内の施設の維持や管理に使用される費用です。参道・水道設備・緑地などの整備、墓地清掃などに使用されます。管理費の相場は後ほど詳しく解説していきます。

霊園でお墓を建てるときの費用相場は?

ここからは霊園でかかる費用の相場を、一般墓、納骨堂、樹木葬、永代供養墓といった埋葬の仕方ごとに見ていきましょう。それらの費用とは別にかかる管理費の相場もご紹介します。

一般墓

「いいお墓」が行った第11回「お墓の消費者全国実態調査」によると、2019年の一般墓の平均購入額は約176.2万円でした。墓石代も含まれるため、納骨堂や樹木葬の場合よりも相場が高くなりがちです。

費用は地域によって差があり、東京都では約210.4万円、関東地方では約183.5万円でした。

なお、2019年の一般墓の平均購入額は、2018年よりも全体的に20~50万円ほど上がる結果となりました。地価の高騰などの影響を受けるため、これらの費用はあくまで目安程度に考えておくといいでしょう。

納骨堂

納骨堂の費用はロッカー式、仏壇式、自動搬送型などのタイプによっても異なりますが、同調査の結果、2019年の納骨堂の平均購入額は約87.7万円でした。東京都では約92.6万円、関東地方では約89.7万円と、一般墓同様に平均費用より高い傾向があります。

樹木葬

同調査の結果、2019年の樹木葬の平均購入額は約68.8万円でした。

東京都では約79.8万円、関東地方では約71.6万円となりました。大きな木の周囲に作られた区画に埋葬するタイプ、個々の区画に木を1本ずつ植えるタイプなど、樹木葬の形式によっても費用は異なります。

霊園で管理費はいくらかかる?

上で紹介した費用に加え、管理費がかかる霊園も多くあります。管理費は1年もしくは3年に1回など、定期的に支払う費用です。

公営霊園でかかる管理費の相場は、年間管理費の相場は、公営霊園(東京都・一般埋蔵施設、1㎡あたり)で700円程度、民営霊園では5,000円~15,000円程度、寺院墓地6,000円~25,000円程度となっています。

かかる費用を把握してぴったりの霊園を選ぼう

霊園でお墓を購入する際にかかる費用は、一般墓、納骨堂、樹木葬、合祀などの種類によって幅があるとわかりました。ご自身の予算に合わせ、費用面で納得のいく霊園を選びましょう。

霊園探しの際は現地に足を運んで見学したり、家族や親戚と話し合ったり、焦らず時間をかけて決めるのがおすすめです。お墓は一生に一度といえる大きな買い物なので、慎重に選びたいものですね。

5/5 (1)