墓じまいとは – 霊園・墓地から墓石を撤去・処分する/無縁墓となる前にすべきこと

墓じまいとは、お墓を片づけて更地にし、お寺や墓地の管理者に敷地を返すことを指します。最近では、少子化によりお墓を守る承継者が途絶えてしまい、無縁墓が増えてきています。

無縁墓になってしまうと最終的にお墓は撤去され、遺骨は合祀墓に納められることになります。そのため、家族を大切に思う人ほど、しっかりと墓じまいについて考えることが必要です。具体的にどのように進めていくのか説明します。

都道府県一覧からお墓を探す

いいお墓では希望エリア・お墓の種類・宗旨宗派などの検索条件で全国のお墓を探すことができます

墓じまい資料一括請求【無料】

墓地の解体・撤去を考えている方のご状況に合わせて「いいお墓」が厳選した墓じまい業者をご紹介!

フォームに必要情報を入力するだけで、お近くの墓じまい業者の資料を一括でお取り寄せいただけます。

墓じまいの前に考えるべきこと

墓じまいには必ず、改葬が伴います。

お墓を片づけるからと言って、お墓の中の遺骨まで処分してしまうわけにはいかないので、遺骨をどのような形で供養するかを決める必要があります。

もし「承継者がいなくなる」という理由で墓じまいをするのであれば、維持費や管理費がかからない方法を考える必要があります。

そういった意味でも墓じまいは、内容や費用・流れをしっかりと理解した上で進めていく必要があります。

墓じまいが増加する理由

どうして、最近墓じまいが増えてきているのでしょうか。

最も大きな理由は「少子化によりお墓の承継者がいなくなっている」ことが挙げられます。高齢になってしまってお墓の管理ができなくなってしまった人や、子孫がみんな遠くに住んでいてお墓の維持が難しいという人もいます。

いずれにせよ、ライフスタイルの変化が墓じまいの増加に繋がってきているのです。

墓じまいしないとどうなる?

「お墓はそのままにしておけばいいんじゃないの?」と考える人もいると思います。では、墓じまいをしないとどうなってしまうのでしょうか。

お墓は購入した際、土地を借りる契約になっているため、お寺や霊園に管理料を支払う形となります。そのため、放置されたお墓は管理料の未払い状態が続き、一定期間を超えると「無縁墓」として扱われて強制的に撤去されてしまいます。

家墓の承継者がいなくなると無縁墓になる

承継者がいなくなり「無縁墓」として強制撤去されたお墓や遺骨はどうなってしまうのでしょうか。

まず、遺骨は他の人の遺骨と一緒に直接合祀墓に入れることになるため、後から「もう一度納骨し直したい」と言ってもそれは永久にできなくなります。

承継者がいないなどの状況の場合は、必ず事前に墓じまいについて考え、お墓の放置は避けなければいけません。

墓じまい後に遺骨を供養する方法

それでは、墓じまい後はどのように遺骨を供養するのでしょうか。供養の方法はいくつかあります。

合祀、納骨堂、散骨、手元供養など

合祀

他の人の遺骨と併せて埋葬する方法です。共用スペースでの参拝なのでお墓の維持費がかからず、承継者不在の場合多く選ばれる埋葬方法です。

納骨堂

他人と遺骨を混ぜたくない場合の選択肢の1つですが、年間の維持管理費がかかるため、供養する人がいなくなったときに再度遺骨をどうするか考える必要があります。

散骨

永久に遺骨を手放すため維持費がかかりません。しかし、特定の参拝スペースなどはなくなります。

手元供養

遺骨を自宅で管理する方法になります。こちらも維持費がかからないのがメリットですが、この場合も供養者がいなくなった場合のことを考えておく必要があります。

墓じまいの流れ

次に、墓じまいをどのような流れで進めていくのかを、必要な手続きと併せて紹介していきます。

墓じまいに必要な手続き

新しい改葬先を確保

改葬先の管理者から下記の書類を発行してもらいます。

・受入証明書

・永代使用許可書

埋葬証明書を発行

現在埋葬されている墓地の管理者から、埋葬証明書を発行してもらいます。

改葬許可書の受け取り

永代供養や納骨堂に遺骨を移す際に必要となる手続きです。散骨や手元供養の場合は不要なことが多いですが、念のため事前に確認しておきましょう。

・改葬許可申請書※必要事項を記入

・受入証明書

・埋葬証明書

 

上記を一緒に、墓地のある市区町村に提出し、改葬の申請を行って改葬許可書を受け取ります。

遺骨を取り出し(魂抜き)

住職などにお経を挙げてもらってから遺骨を取り出します。遺骨の取り出しは石材店にお願いするため、事前にどこにお願いするか決めておきます。

納骨、魂入れ

改葬先に改葬許可証を提出し、納骨を行います。手元供養や散骨の場合は異なります。

墓じまいの費用

次に、費用についてご説明します。

墓じまいに、かかる費用はどのようなものがあるのでしょうか。

必要書類の発行

埋葬証明や受入証明には、数百~数千円かかる場合があります。

魂抜きの儀式へのお布施

こちらの相場は、2万~5万円が一般的です。

離壇料

3万~15万円あたりが相場ですが、付き合いの年数やお寺の格によっても異なり、多くても20万円程度です。

お墓の撤去作業費用

相場目安は、1㎡あたり10万円程度です。スペースが狭くクレーンが入らない場合には料金が加算され、高額になることもあります。

改葬先への納骨費用

改葬方法によって異なるため、5万~100万円と相場にも大きな幅が出てしまいます。

改葬方法の相場と併せてご確認ください。

遺骨のメンテナンス費用

自分でもできますが、専門業者に頼むと1体2万円程度が相場です。

代行サービスの場合

墓じまいには代行サービス業者があります。

ここまで紹介してきた通り、墓じまいは個人で行うと手続きや作業が多く、費用もかさみます。代行サービスを利用することで、30万円程度で作業を代行してもらえる場合もあります。

墓じまいの注意点

「墓じまい」の際、注意しなくてはいけない点がいくつかあります。

遺骨の数(遺骨の数分だけ改葬許可証が必要)

お墓には複数の遺骨を埋葬していることもあると思います。その場合に注意したいのが改葬許可証」についてです。

この書類は遺骨の数だけ必要になるので、1つの遺骨につき1つの改葬許可証を用意しましょう。

土葬の遺骨の注意点(古い遺骨、火葬が必要)

土葬の遺骨は、土を落としてから火葬を行なわくてはいけないので注意が必要です。

親族への相談

親族間でのトラブル回避のため、しっかりと家族親戚と話し合って丁寧に進めることをおすすめします。

まとめ

墓じまいについて紹介してきました。どなたにも共通したお悩みとして、「承継者や供養者はちゃんと決まっているのか」「お墓を維持管理していけるのか」など不安に思うことでしょう。まずは親族や家族で話し合ってみてください。きっと問題点や不明点が出てくることもあると思います。その場合、相談したいことがでてきた方や見積もりを依頼したいなど、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

4.93/5 (14)