気を付けたい、お墓の引越し!トラブル事例をご紹介

お墓の引越し(=改葬)の際に起こることがあるトラブルの事例をご紹介します。事前にどのようなトラブルが起こり得るのかを把握しておくことで、実際に問題が発生しないよう心掛けていただければと思います。

移転元のお寺の住職が改葬に同意してくれません。どうすればいいでしょうか?

改葬を決めることができるのはあくまでも墓地使用権者で、お寺の住職が正当な理由なしに改葬を拒否することはできません。

また、離檀料を請求される場合もありますが、離檀料には法的な根拠はありません。

こうした行き違いが起こらないように、改葬を考え始めた段階で、まず、住職にご相談してみることをおすすめします。何の前触れもなく、いきなり「お墓を移します」と宣言するのは、やはり角が立ちます。改葬したい理由を説明し、住職に理解をしてもらうことが必要です。

そして、実際に改葬をする時には、閉眼法要をお願いし、長年お世話になったお礼としてお布施をお渡ししましょう。

親族が改葬を反対しています。承諾なしに改葬をしてもいいのでしょうか?

改葬を行うには、親族の承諾を得る必要はありません。墓地の使用権者が決定することができるのです。
ただし、親族の賛同を得ておく方が、スムーズに改葬を行うことができるでしょう。永代に渡りお墓は維持していくものですから、皆が納得した気持ちで改葬ができるよう心掛けたいものです。

お寺に墓地を返還したのに、永代使用料の一部を返還してもらえません。なぜでしょうか?

永代使用料が返還されることはまずないといって良いでしょう。

墓地の使用規則に「理由の如何を問わず返納はしないものとする」といった記述がなされている場合が多いです。

墓所を更地にしなければならないことから、かえって費用がかさむことになります。

 

お墓の引越し(改葬)の流れ/墓地移転の方法と注意点
お墓の引越しは、正式には「改葬」と呼ばれる行為で、すでに墓地や霊園に納骨されている遺骨を他の墓地や霊園に移動することを指します。さまざまな事情から、お墓の引越しを希望する人が増えてきていますが、引越しをする際には市区町村の許可を得なくてはいけません。改装許可申請書や改装許可証、受入証明書などの書類を揃えて、移転元・移転先双方の自治体の窓口で、公式な手続きを行う必要があります。また、引越しの方法もいくつかあり、自分の状況と希望に合った方法を選択することが重要です。ここでは、できる限りスムーズに引越しができるように、改葬の手順について解説します。