建立してから1年もたたないのに、お墓が傾いてしまいました。【Q&A】

Q.ある寺院でお墓を建てましたが、先日お墓参りに行った際、お墓が傾いているのに気がつきました。
どうしたらいいのでしょうか?不良施工なのでしょうか?

回答

ご指摘のとおり、基礎工事がいい加減だったために7~8年程度で傾きが出てしまうといったトラブルはよく発生しています。ただ、地震等の天災や第三者のいたずらや過失といった様々な原因も考えられます。

対応策ですが、まず建ててもらった石材店さんとの間で「保証契約」はあるでしょうか?
3~5年、長ければ10年程度の保証をつける場合もあるので、今回のような1年以内であれば無料で直してもらえる可能性が高いと思われます。
また、全国優良石材店の会(全優石)という業界団体に認定されている石材店で全優石の保証書を受け取られた場合は、5年間の保証もつきます。

仮にそういった保証が付いていない場合でも、1年以内であれば「通常の瑕疵担保責任」が問えるかもしれません。
原因が施工業者にとって通常予測不可能といえる場合にはこれも難しいですが、地盤や基礎工事、木の根等が原因の場合には業者として予測できる範囲といえますので十分交渉できるはずです。

寺院墓地であれば、お寺の住職さんから話を持っていってもらった方がスムーズな場合もありますので、どちらとより親密か、信頼できるかに寄りますが、「お寺にまず相談する」というのもよいでしょう。

また、上記で触れました全優石認定のある石材店であれば、直接相談しても埒が明かない場合に「全優石へ相談する」という手段もあります。

5/5 (1)