寺院墓地でお墓を建てる石材店は自由に選べますか?【Q&A】

立地条件の良い寺墓地を見つけたので申し込みをしようと住職にお話をしてみました。人当たりもよくこの場所に是非お墓を持ちたい気持ちになったのですが、問題が発生しました。
住職から墓石屋さんを紹介されお話を伺ったのですが、担当者は非常に粗暴な態度で、金額も私の想定を超えたものでした。住職に相談すると「うちにお墓を建てる方は皆さん、その石材店に依頼する条件になります」とあっさり。他の石材店が工事をすることは許可できないとのこと。紹介された墓石屋さんでお墓は建てたくないのですが、そのお寺にお墓を建てたい気持ちは強いです。どうしたらよいでしょうか?

民営霊園だけでなく寺院墓地の場合でも石材店が指定されていることがあります。

石材店が指定されている場合、墓石の施工や管理上のトラブルを未然に防ぐ目的が通常ですが、資金力の乏しいお寺が石材店の資金援助によって墓所整備を行い、代わりに指定業者としたり、リベートをもらえる業者を指定しているというケースも稀にあります。

寺院墓地では民営霊園とは異なり、一業者独占の場合が多いので、石材店をまったく選べないケースも少なくありません。

 

ちょっとした行き違いで悪い印象を持ってしまったということであれば、住職さんに事情を説明して相談することで解決できる場合もあります。それでも解決できないようであれば、その墓地は諦めることになる可能性が高いです。

このQ&Aに関連する記事をご紹介

指定石材店とは【お墓の用語集】
「指定石材店」とは、霊園・墓地の運営主体より建墓権を与えられた石材業者のことを言います。 民営霊園など、指定石材店制度のある霊園では、墓石の購入や工事を決められた石材業者でしか行えません。指定石材店になっていない業者を希望する場合はそ...
信頼できる石材店の選び方|大手と個人経営店の違い、近くの石材店の探し方など
石材店は、墓石などの加工や販売を行っているお店です。大切な方が亡くなった際は、葬儀に目が行きがちですが、石材店との付き合いについても考えておく必要があります。石材店は、お墓の彫刻や建立だけでなく、納骨や法要、墓石が壊れた際の修繕などさまざまな面でお世話になる存在です。石材店と一口に言ってもその数はとても多く、どこを選べばよいか判断に困ってしまいます。価格や契約などのハード面だけでなく、工事はきちんとしているか、彫刻や字彫りなどの希望に丁寧に応えてくれるかなど、ソフト面でも安心できる業者を選びたいところです。そこで、ここでは信頼できる石材店を選ぶポイントについてご紹介します。