永代供養墓と納骨堂の違いは?【Q&A】

Q.お墓を探し始めたのですが、永代供養墓と納骨堂の違いが分かりません。違いは何でしょう?

回答

元々、納骨堂は墓地に埋葬するまで「一時的に」遺骨を預かってもらうといったものが多かったため、

納骨堂:お墓に用意するまでの間、一時的に遺骨を預かってもらう施設
永代供養墓:永代に渡ってお寺に供養してもらうお墓

という対立的な区分けで捉える場合が一般的であったといえます。

ところが、納骨堂といっても一時的なものとはせずに永代供養墓として利用するケースも多くなって来る一方、永代供養墓の施設として納骨堂を利用するということが多く、昨今ではもはや対立概念として使われないことの方が増えてきました。この場合、

納骨堂:遺骨を土に埋葬せず、屋内に収蔵する施設
永代供養墓:承継者にかわり、墓地の管理者が永代にわたって遺骨を管理、供養するお墓

となります。

とはいえ、現実として用語上の統一は取れていないため、お寺や霊園によって言葉の使い方が異なる場合も珍しくありません。個々の検討に当たっては具体的に何を説明してるかよく確認することが必要になります。

5/5 (4)