納骨堂での永代供養について知りたい!永代供養墓と納骨堂の違いや費用は?

お墓のことについて調べていると、「永代供養」や「納骨堂」といった単語を耳にする機会も多いと思います。ところで、これらの単語にはどのような意味があるのでしょうか。自分の希望に合ったお墓を選ぶためにも、それぞれの意味や違いについてしっかり理解しておきたいものです。

この記事では納骨堂での永代供養をテーマに、永代供養墓と納骨堂の違いや、永代供養墓の種類、納骨堂の種類、納骨堂で永代供養するメリットやデメリット、かかる費用の目安などを解説します。

都道府県一覧からお墓を探す

いいお墓では希望エリア・お墓の種類・宗旨宗派などの検索条件で全国のお墓を探すことができます

永代供養墓と納骨堂の違いは?

もともと納骨堂は、墓地に埋葬するまでの遺骨を預かる場所とされていました。そのため以前は、納骨堂は「お墓を用意するまでの間に遺骨を一時的に収納する場所」、永代供養墓は「永代にわたって供養してもらうお墓」と考えるのが一般的でした。

ところが、最近は納骨堂を一時的な遺骨の預かり場所とせず、永代供養墓として利用するケースも増えています。つまり納骨堂を永代供養墓として利用するのが一般的になってきていて、近年では上記のように対立的な区分けで捉えないことが多いといえます。

ただし、寺院や霊園に供養・管理してもらえる納骨堂がメジャーになってきたといっても、一般墓のように代々承継して使える納骨堂がないわけではありません。

つまり近年では、納骨堂は「遺骨を土に埋葬せず屋内に収蔵する施設」、永代供養墓は「墓地や霊園が永代にわたって遺骨を供養・管理してくれるお墓」を意味します。

納骨堂を探してみる

納骨堂は永代供養墓の1種類!ほかにはどんな種類がある?

納骨堂

上記のことから、納骨堂は永代供養墓の一種といえます。永代供養墓としての納骨堂は、施設の中に個別に遺骨を安置するタイプのお墓で、霊園や寺院が永代にわたって供養・管理を行ってくれます。

樹木葬

永代供養墓にはほかにも、樹木葬と呼ばれるタイプのお墓もあります。永代供養の樹木葬は墓石の代わりに樹木を墓標とするもので、霊園や寺院に供養・管理してもらえます。

合祀

永代供養墓の一種として、合祀も挙げられます。合祀は、ほかの故人と一緒に「合祀墓」と呼ばれる共通のお墓に埋葬するタイプを指します。

お墓の形態はさまざまで、墳丘や塔のような形や、モニュメントのような形があります。合祀の場合、改葬や分骨はできません。

納骨堂を探してみる

納骨堂にもさまざまな種類がある

永代供養墓の中にもいろいろな種類がありましたが、納骨堂にも「仏壇型」「ロッカー型」「自動搬送式」「墓石型」「位牌型」「合祀型」などさまざまなタイプがあります。それらの特徴や違いについて、以下で確認していきましょう。

仏壇型

仏壇タイプの納骨壇が横並びになっているタイプの納骨堂。「霊廟型(れいびょうがた)」とも呼ばれ、納骨堂の種類の中では費用が比較的割高です。

位牌を安置する仏壇がある上段と、遺骨を納める下段に分かれています。遺影やお花を飾ることも可能です。

ロッカー型

ロッカーのように並んだ棚に遺骨を納めるタイプの納骨堂。

参拝時に納骨壇を開くものと、納骨壇の前に参拝用のご本尊が用意されたものの2種類があります。

自動搬送式

ICカードやタッチパネルを操作すると、位牌や遺骨が参拝スペースまで自動的に運ばれてくるタイプの納骨堂。最新式の納骨堂で、都心では近年このタイプが増えてきています。

自動搬送式納骨堂では、納骨と参拝の場所を分けることで、納骨スペースを小さくすることができます。そのためひとつの納骨堂で数千期の遺骨を安置できるなど、限られたスペースを有効に活用できるのがメリットです。

墓石型

霊園の一般墓のように、それぞれ墓石を置くタイプの納骨堂。一般墓は屋外にあることも多いですが、墓石型の納骨堂は室内にあることが多く、天気の影響を受けずにお参りできます。

位牌型

位牌が並べられ、遺骨は別の保管場所に納められているタイプの納骨堂。お内仏の周りに位牌を立てるのが一般的で、費用はロッカー型よりもさらに安い傾向があります。

合祀型

納骨堂内で、ほかの故人の遺骨と一緒に埋葬されるタイプ。永代供養塔の中に骨壺を保管するもので、骨壺から焼骨を取り出し、ほかの遺骨と埋葬します。納骨堂の種類の中では費用がもっとも安く抑えられます。

納骨堂を探してみる

納骨堂で永代供養するメリットは?

承継者がいなくてもいい

永代供養するメリットのひとつは、供養・管理を墓地や霊園に任せられるため、お墓の承継者が必要ないという点です。子孫がいない、子孫が遠くに住んでいるなどの理由で承継者がいなくても、墓地や霊園に永代にわたって供養してもらえるため安心できます。

一般墓に比べて費用が安い

納骨堂で永代供養すると、一般墓を建てるよりも費用が大幅に安くなります。一般墓を建てると永代使用料のほか墓石代がかかるため、総額で300万円前後かかることも。しかし納骨堂の場合は墓石代が必要ないため、費用を50万円前後に抑えることも可能です。

屋内のためお参りが快適

納骨堂は基本的に屋内にあるため、雨や風など天候の影響を受けず快適に参拝できます。冷暖房を完備している霊園や墓地も多く、時期や天気を気にせずお参りできるでしょう。

管理が不要

一般墓の場合、掃除や草とりなどこまめなメンテナンスが必要です。しかし納骨堂は屋内にある場合が多いので、管理をする手間がほとんどかかりません。支払った年間管理費の中から、霊園や墓地の管理運営者が清掃などを行ってくれるので安心です。

アクセスが良い

納骨堂は寺院の一角など、比較的アクセスが良い場所に建立されている場合も多くあります。都心の納骨堂は最寄り駅から徒歩圏内にあることも多く、気軽にお参りに行けるでしょう。

宗旨・宗派不問

お寺が管理する墓地は、そのお寺以外の宗教・宗派の方は利用不可の場合もあります。しかし納骨堂の場合、宗旨・宗派を問われることはほとんどないといえます。寺院の納骨堂であっても、宗教を問わない場合が増えているため、宗教などの慣習に左右されずに納骨したい方に向いているでしょう。

納骨堂を探してみる

納骨堂で永代供養するデメリットは?

一定期間が過ぎると合祀されることが多い

納骨堂のデメリットとして真っ先に挙げられるのが、一定期間が過ぎると遺骨が合祀されることも多いという点です。これまでは33回忌で合祀される場合も多くありましたが、最近では周忌が短く、7回忌、13回忌などで合祀されるケースも増えています。

また、一度合祀されるとほかの人の遺骨と混ざってしまうため、遺骨を再度取り出すことはできません。

お参りの仕方に制限がある場合も

納骨堂によっては、お参りの仕方に制限を設けているところもあります。火のついた線香をたくのが禁止されている、食べ物やお酒などの供物に制限があるなど、細かいルールは契約前にそれぞれの納骨堂で確認してください。

災害で遺骨を紛失するおそれも

「地震大国」と呼ばれる日本では、災害がよく起こります。大半が屋内にある納骨堂は、災害により建物が倒壊するおそれもあります。その際、納めていた遺骨を紛失してしまう、ほかの遺骨と混ざってしまうなどの場合も考えられます。

ただし、最近の納骨堂はしっかりとした耐震性を有する施設も増えており、心配いらない場合も多いでしょう。

納骨堂を探してみる

納骨堂で永代供養する場合にかかる費用は?

納骨堂での永代供養にかかる費用は、個人用が50万円程度、家族用が100万円程度が目安といえます。ただし「ロッカー型」や「仏壇型」などの種類や、規模の大きさ、納骨時の戒名や法要の有無、立地の違いなどによっても大きく異なります。

このうちもっとも割高なのは仏壇型や墓石型で、100万円前後が相場です。ロッカー型の納骨堂は、個人用で20万円~でしょう。近年増えている自動搬送式は70万円~、位牌型は30万円~、合祀型は10万円前後を目安に考えてください。

納骨堂を探してみる

永代供養を考えるなら納骨堂もひとつの選択肢

承継者がいなくても霊園や墓地に供養・管理をしてもらえるため、永代供養墓の人気は近年高まっているようです。永代供養墓には複数の種類がありますが、なかでも納骨堂は費用面やお参りの快適さなどのメリットが大きいといわれています。

永代供養墓を検討しているなら、候補のひとつとして納骨堂を考えてみてはいかがでしょうか。

5/5 (2)