墓前に供える花は造花でもよい?【Q&A】

墓前に手向ける花は造花でも構いませんか?
それとも生花でなければいけないのでしょうか?

生花でなければならないといった決まりはありません。

 

お墓を華やかにするためのものなので、もともとは家の庭に咲くお花を持参して手向けられていました。

現代ではそういうわけにもいかないため、生花店でお花を買ってお墓に供えることが一般的になっています。

お墓が遠かったり、忙しいなどの事情で頻繁にお墓参りには行けない場合などで、お墓に花を絶やさないようにしたいのであれば造花を飾られるのも良いでしょう。

このQ&Aに関連する記事をご紹介

お墓参りの花はどこで買う?造花でもよい?お花の費用相場やマナー
お盆やお彼岸などに、亡くなった方を偲んで、お墓参りに行く方も多いと思います。その際は花を持っていき、お墓にお供えするのが一般的です。 お墓参りでお供えする花は、「五供」と呼ばれる基本的なお供え物の一つです。美しい花をお供えすることによって、ご先祖様や自分の気持ちを清らかにする効果があると言われています。また、故人に対して感謝の気持ちや哀悼の意を表すこともできます。 花はお墓参りに欠かせないものですが、選ぶべき仏花の種類はあるのでしょうか。また、お供えした花は持ち帰るべきなのでしょうか。 この記事ではお墓参りでお供えする花について、その意味や選ぶべきお花の種類、避けたほうがよい花、供え方やマナーなどをご紹介します。
お墓のお供え物 - 種類や置き方/参拝後のマナーまで
お墓のお供えというと、お花やお線香、それに故人が好きだったお菓子や果物、お酒などが一般的です。お墓は通常屋外に建立されることから、お供えの種類や配置についてはあまり深く考慮されることはないかもしれません。しかし、お墓のお供えは、仏壇と同じ「五供」と呼ばれる仏教の供え物の基本に即して行われるものです。故人や先祖に気持ちが伝わるように供養の方法についてもきちんと押さえておきたいものです。ここでは、お墓のお供え物の置き方や選び方などのマナーについて説明します。また、お花は造花でもよいのか、食べ物は参拝の後は食べるべきか持ち帰るべきかなど、お墓ならではの疑問についても触れています。