お墓参りの花はどこで買う?造花でもよい?お花の費用相場やマナー

お盆やお彼岸などに、亡くなった方を偲んで、お墓参りに行く方も多いと思います。その際は花を持っていき、お墓にお供えするのが一般的です。
お墓参りでお供えする花は、「五供」と呼ばれる基本的なお供え物の一つです。美しい花をお供えすることによって、ご先祖様や自分の気持ちを清らかにする効果があると言われています。また、故人に対して感謝の気持ちや哀悼の意を表すこともできます。

 

花はお墓参りに欠かせないものですが、選ぶべき仏花の種類はあるのでしょうか。また、お供えした花は持ち帰るべきなのでしょうか。
この記事ではお墓参りでお供えする花について、その意味や選ぶべきお花の種類、避けたほうがよい花、供え方やマナーなどをご紹介します。

都道府県一覧から霊園・墓地を探す

いいお墓では、ご希望のエリア、お墓の種類や特色・こだわり、宗旨・宗派などの検索条件で全国の霊園・墓地を探すことができます。

お墓参りで花を供えるという行為

お墓参りでご先祖様に花を供えることをした経験がある方は多いと思います。

この「花を供える」という行為には、綺麗な花をご先祖様に供えることで、お墓参りをしている自分の心と、ご先祖様の心を清らかにする意味合いがこめられています。また、花を供えることで、人間の人生の無常観を表すと言われています。活けたばかりの花はみずみずしく美しいものです。しかし時が経つにつれて枯れてしまい、花から感じる生命力が無くなってしまいます。その様子は人が一生を迎える様子を表していると言われています。
それ以外にも、ある諸説によるとお釈迦様が仏様になる前、修行を行っていた頃、
燃灯仏(ねんとうぶつ)という仏様にお会いしたのですが、ご供養するものを何も持っておらず、近くで青蓮華(しょうれんげ)というお花を手に入れてご供養した。とも言われています。

お墓参りで選ぶべき花の種類とは

お墓参りの際にどのような種類の花を供えればよいのか、選び方がわからずにお悩みの方もいらっしゃると思います。

基本的に特定の花を供えなければいけないといったルールはありませんが、生前故人が好まれていたお花やより長持ちをするような花が好ましいと言われています。また、枯れてもあまり散らないような種類の花を供えるようにするのがよいでしょう。具体的には菊がよく選ばれています。菊は、古代より観賞用に好まれ、心を和ませる高貴なイメージが持たれています。
また、天皇家の家紋としても用いられており、国家を象徴しているような花として認識されています。
夏から冬頃の長い期間で購入することができ、枯れた後も花びらが飛び散らないところも、お墓参りにおすすめです。

もし悩まれた際は、故人が好んでいた花や白色系のお花をお供えしてあげると良いかもしれません。

一方で、毒のある花、棘のある花、香りの強い花は避けるのが無難で、このような特徴を持つ花の例としては、彼岸花やバラなどが挙げられます。

造花について

花には生花以外に、造花もあります。先述の通り、お墓参りで供える花は長持ちするほうが好ましいです。
造花は、長く美しい状態を保つことができます。この点では供える花として適しているように思えます。

造花なら虫も寄り付かず、1年程度ならそれ程傷むこともありません。常に咲いている造花を供えられることが近年多くの人に選ばれている理由でしょう。

しかし一方で、お墓参りをする際に造花を供えることは、あまり好ましくないとも言わることもあります。
宗派によって考え方もさまざまですが、一般的に灯・華・香の3種類をもって仏の慈悲や智慧を表すものとされています。
花によって、この3つをお墓に供えることができるというわけです。そのため、造花を供えた場合、灯・華・香のうち「香」の部分が問題となります。ご先祖様が香りを召し上がることができなくなってしまうということです。そのため、造花はお墓に供える花としてあまりふさわしくないと言われております。

やはり、大切なことは故人を思う心を持って、花を供えるということでしょう。

お供えする花の購入場所

では、お墓参りで供える花は、一体どこで購入したらよいのでしょうか。
大型スーパーに入っているような花屋、もしくはホームセンターに入っている花屋などが挙げられます。自宅の近所に花屋があるならご相談してみるのも良いかもしれません。
予算の目安としては、約500~3,000円程度と言われており、予算を伝えて、その範囲内で花を作ってもらうのもよいでしょう。
この方法なら、自分で一つひとつ値段をチェックする手間を省けます。
また、自分で選ぶより、お店の方に選んでもらった方が、お墓に合った花を選んでもらえるかもしれません。

造花も様々な場所でも販売されており、100円ショップ・量販店・大型スーパーなどが主な購入場所です。

お墓参りでの花の供え方

まず、お墓参りで花を供える際は、より長く花の寿命をもたせてあげるために、葉の部分は水につけないようにします。葉が水についた状態だと、腐りやすくなってしまいます。水に浸した状態で茎を鋭利なハサミなどで斜めに切ってあげることで、花がより水を吸収しやすくなり、普段より長持ちするようになります。

造花の場合は、軽いことが多く風がきついと飛んでしまう可能性もあります。
重りを入れるなどの工夫をすると良いでしょう。

また、花の種類は、偶数ではなく必ず奇数本にするのがルールとされています。
偶数は死を分けることを意味するのであまり縁起が良いとは言えないからです。
奇数本の場合でも、7本などあまりにも数が多くなると、花が溢れてしまい、隙間がないと湿気が溜まりやすく虫が付いたり枯れたりしやすくなるので注意しましょう。

また、先述のように、花はお参りする人の心に影響を与えるという考え方があります。お参りする人の心を穏やかにすることを考えて、その方向に花を向けて供えるというやり方もあります。

お供えをした花の回収時期について

お墓参り後、いつ花を回収すればよいのか疑問に思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一般的に、花を供えた後は次のお墓参りまでそのままにしておくという場合が多いです。
墓地や霊園によっては、枯れてしまった花は管理者が片づけてくれる場合もあります。

ただ、花を長期に渡り放置してしまうと、花が枯れたり、虫が湧いてしまうことがあります。
そのため、もし次のお墓参りまで期間が空いてしまう場合は参拝後に回収するか、管理者にお願いするのが良いかもしれません。

まとめ

普段そこまで意識しないかもしれませんが、今回ご紹介したように、お墓参りで供える花には意味があり、選び方や供え方にもポイントがあります。次回お墓参りに行く時に、ご紹介したことが少しでも参考になれば幸いです。

 

お墓については、さまざまな疑問や悩みをお持ちの方がいると思います。いいお墓ではお墓に関するさまざまな情報を発信しているほか、お墓の建立や改装の相談も受け付けています。何かありましたら、お気軽にお問い合わせください。

4.91/5 (11)