墓石に彫る文字入れの方法や費用を詳しく紹介!

終の棲家である墓石には、故人を偲んで、その名前や宗派などを彫刻しますが、最近では、いろいろな文字を選んで彫る傾向も出てきています。和型・洋型などお墓の種類によって刻む内容が異なる点や、お墓に刻む文字の書体、戒名を彫刻する時期や方法などについて紹介していきます。

都道府県一覧からお墓を探す

いいお墓では希望エリア・お墓の種類・宗旨宗派などの検索条件で全国のお墓を探すことができます

墓石文字の習慣はいつから始まったの?

墓石に名字や名前を彫る墓石文字の習慣ができたのは明治以降になって共同墓地が造られるようになってからです。墓石ははじめ、個人や夫婦の為のものでしたが、明治中期以降は家制度の確立により、家単位で建立される習慣が定着しました。そのため、正面には以前は故人の戒名(法名)を彫っていたものから、「○○家(先祖代々)之墓」といった形に変わっていきました。このように、告別・葬送から火葬、開眼法要やお墓参りの法要の際に、相続する喪主や施主をはじめとする親族が、どれが誰のお墓なのか分かるよう、お墓の石碑に家名や名前、題目を刻むことが一般的となりました。

墓石に彫る、墓石文字は決まっているの?

仏壇や位牌はお墓と同じ故人の「魂」が入っているとされていますが、お墓との違いは、遺骨が埋葬されているかどうか、ご本尊様をまつっているかどうかという点にあります。
故人の象徴でもある墓石に彫る墓石文字は、お寺や霊園によって、ある程度の決まりがある場合と、まったく自由な場合とがありますので、あらかじめ確認をする必要があります。
また、墓じまいや改葬でお骨を引っ越しさせる際に、彫る文字に間違いがないよう気を付けたいものです。

和型の墓石文字の場合

和型のお墓では代々墓と呼ばれる、先祖から永代にわたり家族の皆が入るお墓が一般的です。そのため、「○○家之墓」や「○○家先祖代々之墓」「○○家先累代之墓」など、名字を墓石の縦長の竿石の正面、中央に彫るのが一般的です。
最近では“家”という概念が希薄になったせいか、“先祖代々”とか“累代”の文字を省き、和型墓石には「○○家之墓」「○○家」というような家名表示が多いようです。また、宗教の宗旨宗派によって、仏門に沿った使われやすい文字の傾向はあります。

洋型の墓石文字の場合

洋型の墓石は、台石の上に横長の石が乗り全体的に横に長く背が低い形がほとんどです。墓石文字も1文字から3文字程の、短いものが多くみられます。

デザイン墓の場合

デザイン墓石は、形式や固定観念に囚われず、比較的落ち着いたものから斬新な形までさまざまです。そのため墓石に刻む文字は、墓石形状に依存する傾向があります。

宗派別墓石文字の傾向

宗派別に使用傾向の高い墓石文字を紹介していきます。

浄土宗

石の正面の頂部に、阿弥陀如来を表す梵字を刻みます。「南無阿弥陀仏」(なむあみだぶつ)、「倶会一処」)(くえいっしょ)と刻む場合もあります。「倶会一処」とは、亡くなった人は全て菩薩さまと1つの浄土でお会いできるという意味です。

浄土真宗

墓石の正面には「南無阿弥陀仏(南旡阿弥陀仏)」(=名号)と刻みます。「倶会一処」「○○家総廟」と刻む場合もあります。

真言宗

「南無大師遍照金剛」を入れたり、 梵字を入れた後に「○○家先祖代々」などと入れたりします。

天台宗

石の正面の頂部に釈迦如来または阿弥陀如来を表す梵字を刻みます。「南無阿弥陀仏」と刻む場合もあります。

日蓮宗

石の正面に「南無妙法蓮華経」と刻みます。石の頂部に「妙法」とだけ刻む場合もあります。

曹洞宗

石の頂部に「円相」といって「○」を刻みます。「南無釈迦牟尼仏」と刻む場合もあります。

臨済宗

石の頂部に「円相」といって「○」を刻みます。「南無釈迦牟尼仏」と刻む場合もあります。

神道

神道の墓石は仏教の墓石とは異なる細長い角柱型で、頂上部は四角錐になっています。墓石には、「○○家奥津(都)城」と刻みます。

洋型の墓石文字の場合

近年増えてきている洋型墓石に彫る文字にも、いろいろなケースがあります。

家名

一般のお墓と同様に「○○家」など、家名や題目を記載する場合があります。また、苗字ではなく、何気ない名前や愛称を刻む場合も見受けられます。

感謝を表す言葉

故人に対してまるでお声掛けをするかのような、感謝を表す言葉を記す場合もあります。文例をあげると、そのままずばり「感謝」という言葉のほか、「一期一会」「無我」「ありがとう」や「お礼」「悠久」「静寂」「旅立ち」「安らかに」「永遠」「想い」「偲ぶ」「生きる」「流れ」「希望」「やすらぐ」「ほほえむ」「祈る」などという熟語などのワードや、詩・俳句などが選ばれることもあります。選び方はさまざまですが、遺族の故人に対する思いが表れた言葉です。

故人との関係性を感じさせる言葉

「魅」「逢」「隠」「奏」「清」「宙」「空」「祥」「曙」「憩」「昴」「願」「悠」「浄」「心」「誉」「燈」「想」「偲」「絆」「愛」「慈」「恵」「戒」「慕」「好」「情」といった一文字の漢字など、それぞれの遺族の方が故人との関係性の中から思い描いた言葉をピックアップしていきます。生前の故人の気持ちに寄り添い、これまで一緒に生きてきた過程の中から生まれてきた言葉を選ばれる方も多いです。

外国語の言葉

日本語に限らず、外国語の言葉を選ばれる方もいらっしゃいます。「Que Sera, Sera」「forever」「la vie en rose」「thank you」「love」「wish」など。故人が好きだった言葉や、歌のタイトルなど故人と縁の深いワードのほか、オリジナリティある言葉が選ばれるケースが多いようです。

墓石に彫ってはいけない文字もあるの?

著作権が絡む言葉は、法的にNGとなる場合があります。特に歌詞はタブーです。以前「千の風」という歌が流行った際、歌詞の一部を彫られた方が多かったようですが、歌詞の一部を引用する場合は正規の手続きをしないと著作権法違反になる可能性がありますのでご注意下さい。

書体に関して決まりはありますか?

墓石文字の書体については石材店などが書体見本を見せてくれるので、その中から好きな書体を選びます。「楷書体」「行書体」「草書体」「隷書体」「ゴシック」などがあります。わかりやすいということで楷書が好まれるケースが多いようです。自筆の字も刻めますが、その場合は割高になるケースが多いです。

墓石文字彫刻の手順

墓石文字を彫刻するためには、いろいろな手順があるので、彫り方の名称、どのような特徴があるのかをご紹介します。

彫り込み

スタンダードな墓石文字彫りで、墓石正面の大きな文字を彫るときによく使います。筆を置く地点を深く彫り込むことでメリハリをつけていきます。

線彫り

細い線を彫ることです。文字よりも、花などのイラストの絵のデザインに用いられることが多いです。

浮かし彫り

周囲を彫って、文字や家紋などを浮き出すように見せる彫り方です。文字部分にペンキを入れずに、簡単に文字を目立たせることができます。

平彫り

彫りの強弱をつけずに、フラットに彫る方法です。

ヤゲン彫り

断面から見て「V字」に彫る方法で、梵字などを彫る場合に用います。

二段彫り

輪郭をスジ彫りし、その中を軽くブラストする彫り方です。

文字立体

輪郭をスジ彫りし、その中をふっくらと彫る方法です。

戒名について

日本では人が亡くなると、故人に対して戒名が与えられるという供養の風習があります。戒名ではなく、法名や法号と呼ぶ宗派もあります。また、故人や遺族の意向で、特定の信仰宗派などがない場合は俗名で送ることもあります。戒名は、お墓の最も上部にある竿石の側面、または裏面などに彫るのが一般的です。またお墓の横に墓誌を設置して刻む場合もあります。

墓誌に刻む内容は?

故人の戒名や死亡年月日など「没年」などを墓石の竿石の側面に刻みますが、墓石とは別に墓誌を建立することもあります。墓誌には故人の「戒名」「俗名」「死亡年月日」「死亡時の年齢=享年」などを彫ります。

戒名はお墓にいつ彫るの?

彫る時期は地域や宗派、それぞれのお寺の考え方などで異なりますが、期限が設けられているわけではありません。一般的には四十九日など納骨の法事時に合わせて彫る場合が多いようです。

墓石文字の字彫りにかかる費用相場

お墓に戒名などを彫刻する際の字彫りにかかる費用については、おおよそ3万円から5万円程度が相場です。棹石に彫る場合と墓碑に彫る場合など、状況や内訳に応じても変化しますので、事前に石材店に見積りをとり確認をしましょう。また、墓石の正面に模様などを掘る場合には、10万円程度からが目安となります。

墓石文字の削り直しや追加彫刻

すでに彫刻された文字などを消して、再度文字彫刻を入れる場合は、墓石の表面の「削り直し&磨き」という工程が必要になります。その場合、墓石の再設置費用、削り直しの費用がかかり、だいたい3万円ほどとなります。また、お墓やお仏壇など、ご先祖様の魂(霊)が宿っているものを移動したり処分したりするときには、お経をあげて「魂抜き」という供養をする必要があります。魂抜きは、主に、墓石を処分・撤去したり移動させたりするときに行いますが、移動しない場合でもお墓を新しくする際や、追加で戒名を彫刻してもらう際にも行う必要があるのです。つまり、墓石に後から文字を追加しないのであれば、魂抜きは必要ありません。後から何かしら文字を追加で彫ってもらう場合のみ必要となります。僧侶にお経をあげてもらうので、魂抜きの費用を僧侶にお布施としてお渡しするということになります。お布施料は、2万円~5万円が主な相場となります。

墓石文字の彩色について

墓石に彫った名前などの文字は、生きているうちに建てたお墓である寿陵では、その文字は朱色で彩色することになります。名号など仏を表す文字は金色で塗ります。そのほかの文字は濃紺にするのが基本とされています。ただし、これは地方によるので、色を入れない場合もあります。石材店など業者の方に彩色の依頼をした場合などは、1万円から3万円くらいの費用を想定しておくとよいでしょう。

霊園ごとに変わる墓石文字の彫り方

「公営霊園」「民営霊園」「寺院墓地」ごとに墓石文字彫りの関する、異なる習慣があります。

公営霊園

市営霊園など公営霊園はどのようなお墓を建立しても問題なく、墓石文字も基本的には自由に彫ることができます。また、どの石材店に頼むのかについての規制もありません。

民営霊園

大抵の民営霊園は、石材の大きさや高さ、彫刻をする内容など、墓石を建立するにあたり規制や条件がある程度決まっている場合が多いです。また、基本的には石材店が自由に選べない場合も多いです。

寺院墓地

寺院墓地は寺院の住職の意向によって、墓石文字に関する対応は違ってきます。石材店はその寺院に出入りをしている石材店が指定される場合が多いです。お寺の住職に相談してみることをおすすめします。お通夜や葬儀、回忌法要やお墓参りのお供えなども寺院の宗教に沿って執り行われることになります。

墓石文字について まとめ

墓石文字の彫刻について紹介しました。お墓が和型か洋型かによって刻む文字の種類や場所などは変わります。和型の場合、宗派によって墓石文字の傾向は違ってきます。また、オリジナルで独自の文字やイラストなどを刻むこともあるようです。いずれにしても、最終的に文字が決まった時点で見積もりをもらうようにしましょう。
刻んだ彫刻は、「墓じまい」をすることなどがなければ、長年残るものです。お盆や墓参りのたびにお墓とは必ず接することになりますので、故人を想う「気持ち」や、故人の「魂」がしっかりと伝わる内容を彫刻したいものです。

いいお墓とは

いいお墓では、全国の9,000件以上の墓地情報を掲載し、年間14万件のご相談を承っております。「いいお墓」の運営は、1984年創業の出版社である株式会社鎌倉新書(東証一部上場、証券コード:6184)が行っています。

5/5 (2)