分骨とは – 分骨の方法/必要な手続き

都道府県一覧からお墓を探す

いいお墓では希望エリア・お墓の種類・宗旨宗派などの検索条件で全国のお墓を探すことができます

分骨とは

分骨とは、遺骨の一部を別の墓地に埋葬することをいいます。
分骨を考えられる方々は、「お墓が遠方にあり、お墓参りがままならない」という理由や、「宗派の本山に遺骨を納めたい」などの理由から分骨を考えるようです。

分骨をする際に手続きは必要になりますが、改葬のようにお墓や遺骨をすべて移すわけではないため、手続きは比較的簡単です。
ただし遺骨の所有権は、基本的には「祭祀を主催する生存者」になります。それぞれの墓地・墓所に氏名が提出されている形となるので、その所有権者の承諾を得ない限り、分骨を勝手に行うことはできません。

分骨の方法

分骨は大きく2つの方法に分けられます。

既にお墓に埋葬してある遺骨の一部を分骨する方法

お墓の管理者に分骨の意向を伝え「分骨証明書」を発行してもらい、その「分骨証明書」を新たに埋葬する先の墓地管理者に提出します。
遺骨を移動する前には、僧侶に分骨をするための法要を執り行ってもらい、その後に遺骨を取り出すようにします。

火葬場で分骨を行う方法

火葬を行う際に、火葬場の管理者に分骨の旨を話し、「火葬証明書」(火葬のために必要な「火葬許可証」とは別のものです)を発行してもらいます。
平成11年の「墓地、埋葬に関する法律」の改正により、火葬場で発行する「火葬許可証」を埋葬先の墓地管理者に提出すれば、分骨ができるようになりました。受け入れ先の墓地との手続きがスムーズにいくように、空欄の部分に分骨のために発行したということを、火葬場の管理者に一筆添えてもらうとよいでしょう。

葬儀社にも分骨することを事前に伝えておけば、火葬の際、分骨用の小さな骨壺を用意してもらえます。遺骨は骨上げの時に移すようにします。
分骨も、骨を納める時には、僧侶にお願いして法要を行います。

 


日本最大級のお墓ポータルサイト「いいお墓」では、全国7,000件以上の霊園・墓地を検索できるほか、資料請求・見学予約・お墓の相談をすべて無料で承っています。お墓・永代供養墓・樹木葬の価格(費用)、お墓購入者の口コミ、建墓のポイント、石材店の選び方や、お墓の引越し(改葬)など、お墓に関する情報も満載。霊園・墓地のことなら「いいお墓」にお任せください。

また、運営元の株式会社鎌倉新書(東証一部上場、証券コード:6184)では、お墓だけではなく、葬儀・葬式、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持ち、幅広い情報を提供しています。

5/5 (5)