都立青山霊園 – 大人気のブランド霊園/区画情報や園内マップをご紹介【現地レポート】

都立霊園の中でも最上級の立地条件を誇る都立青山霊園。お墓離れが進んでいる昨今においても人気が高く、例年募集が殺到します。2018年の倍率は14.3倍で、全都立霊園の中でトップでした。毎年のように応募している人も多く、俳優の梅沢富美男さんも15年間落選し続けて昨年ようやく当選したと明かしています。

永代使用料は4,542,400円からと非常に高いにもかかわらず、なぜこれほどまでに申し込みが殺到するのでしょうか。それは、都立青山霊園が国内最高峰の「ブランド墓」であり、ここにお墓をもつことが一種のステータスだからなのです。交通の便もよく、都内に住む人にとっての憧れのお墓が都立青山霊園だといえます。

ここでは、都立青山霊園の基本情報から令和2年の募集要項までご紹介します。

都道府県一覧から霊園を探す

いいお墓では、ご希望のエリア、お墓の種類や特色・こだわり、宗旨・宗派などの検索条件で全国の霊園・墓地を探すことができます。

都立青山霊園とは

都心の一等地に、23区内で最も広い約26ヘクタールの広大な敷地をかまえる都立青山霊園。青山、表参道、外苑前といったお洒落エリアの真ん中に位置しながら、緑豊かで閑静な環境が魅力的です。また、墓地から六本木ヒルズが見えるなど、都会ならではの景観を臨むことができます。

都立青山霊園は、日本初の公営墓地として1872(明治5)年に開設されました。多くの著名人も眠っていることもあり、墓参者だけでなく歴史探訪の見学者が大勢訪れています。

都立青山霊園の区画情報/令和2年の募集墓所

令和2年で募集が出ているのは一般埋蔵施設の54区画です。永代使用料は4,542,400~10,078,450円。組単位での申し込みとなるため、使用場所は選べません。

一般埋蔵施設

従来型の和墓の埋蔵施設です。

一般埋蔵施設(面積:1.60~3.55㎡)は、使用料:4,542,400~10,078,450円となっており、募集数は54ヶ所です。別途、年間管理料が1,400~2,800円必要です。

都立青山霊園への交通アクセス

電車の場合

都立青山霊園の最寄り駅は3つ。東京メトロ銀座線「外苑前駅」から徒歩約7分、東京メトロ千代田線「乃木坂駅」から徒歩約10分、東京メトロ半蔵門線・銀座線・都営地下鉄大江戸線「青山一丁目駅」から徒歩約9分です。

「外苑前駅」1b出口

都立青山霊園に表門はなく、園内のいたるところに入口があります。どの駅から歩いても距離に大差はありませんが、敷地面積が広大なため、目的のお墓が近い駅から霊園に向かうのがおすすめです。

「青山一丁目駅」近くの東1入口

車の場合

車を利用する場合は、首都高速3号渋谷線の高樹町出口から約7分です。

園内の管理事務所前に収容台数6台ほどの駐車場があるほか、繁盛期には臨時駐車場が設けられます。ただし、収容台数がかぎられているうえ、都心ゆえに渋滞が発生しやすいため、電車をご利用いただくことをおすすめします。

青山霊園の園内マップ

都立青山霊園の大部分を占めているのが一般墓地です。

そのほか、5ヵ所の立体埋蔵施設があります。こちらは20年納骨した後に合祀される永代供養墓となっています。

「立体埋蔵施設(第1区)」

「立体埋蔵施設(第3区。第5区)」

園内には縦横に細い路地が通っているほか、自動車の走れる広い道路があります。

中でも南北に縦断する約1.7kmの中央通りは桜の名所として知られ、春には多くの人が花見に訪れます。

都立青山霊園の管理事務所はどこにある?

都立青山霊園の管理事務所は、北中央入口のすぐそばにあります。

電車で来る場合は外苑前駅からが一番近く、徒歩約5分です。他の駅からくる場合は、外周を歩かず、墓域を横切ったほうが早く着きます。

事務所内にはベンチがあり、待ち合わせ場所や休憩場所としても利用できます。

管理事務所の向かいにも広々とした休憩スペースがあります。

国内最高峰のブランド墓・青山霊園は、都内の中心に位置する好環境・好立地霊園として唯一無二。

例年倍率が高い募集墓所は一般埋蔵施設のみ。落選後のこともあらかじめ考えておきたいものです。

都立青山霊園の区画募集、申込方法

使用料が高額なのにも関わらず、抽選は毎回高倍率となる都立青山霊園。毎年応募しているけれど、ずっと落選…という方も多いようです。
都心の一等地にありながら、自然を感じられる憩いの霊園です。

都立霊園の募集要項や申込方法、スケジュールについての最新情報は、いいお墓の「都立霊園ガイド」でご案内していますので、そちらをご確認ください。

都立霊園ガイド/令和3年度(2021年)の募集要項 - 申込方法とスケジュール
都立霊園の墓地使用者公募の最新情報。募集期間・申込方法のほか、墓地の費用・募集数・抽選倍率など霊園別にご紹介しています。都立霊園の募集は年1回が基本となります。募集から抽選結果まで、東京都の発行する広報誌などで発表される情報をいち早くお知らせいたします。

東京都港区近辺のおすすめ霊園

都立霊園の中でも最上級の立地条件を誇る都立青山霊園。園内にある桜並木をはじめ、武蔵野の面影を留める樹木が生い茂り、23区の中心とは思えないほど落ち着いた雰囲気を醸しています。

お墓離れが進んでいる昨今でも人気が高く、応募が殺到するのが恒例行事のようにもなっているほど。「青山霊園の抽選に漏れた…」という方も多いのではないでしょうか。

でも、ご安心ください。

いいお墓」では、そんな青山霊園に立地はもちろん条件も近い霊園を多数、ご紹介しています。ここでは、それらの中から自信をもっておすすめする霊園をご紹介していきますね!

瑞光寺墓苑

寺院の特徴

毎月、月替わりの限定御首題をいただける、ということでも有名な瑞光寺。
※日蓮宗では「御朱印」ではなく「御首題」と呼び、御朱印帳ではなく御首題帳が必要です。

東京都新宿区…といっても、瑞光寺がある牛込地域は、江戸時代頃には大名や武家が住まいを構える住宅街で、今もなお閑静で落ち着いた時間が流れるエリアです。そんなエリアにあって、約2,000坪もの広大な敷地面積を有する瑞光寺は、開山から400年以上という歴史を感じさせる重厚な趣を残す名刹として知られています。

苑内はバリアフリーではありませんが、東京のど真ん中にある歴史の古い寺院にしては珍しく広い参道とスロープがあるので、車椅子を利用されている方やお年寄りの方でも安心してお参りすることができます。

瑞光寺のお墓

瑞光寺は日蓮宗のお寺ですが、お墓の建立にあたって過去の宗旨・宗派は問われないのでご安心ください。入檀料も不要です。

瑞光寺墓苑では、0.8㎡から8㎡を超える広さまで、さまざまなタイプの新区画をご案内しています。永代使用料も160万円~(墓石代別)と、青山霊園が400万円以上することを考えるとかなり安い料金が設定されており、費用面でも安心感が高いです。

東京都内、特に新宿区という中心部にある霊園としてはとにかく好条件が整っている瑞光寺墓苑。ぜひ一度、見学に行ってみてはいかがでしょうか?

瑞光寺墓苑の情報を詳しく見る

高輪墓苑 正満寺 「ふれあいの碑」

寺院の特徴

正満寺は、江戸時代より続く歴史と由緒ある寺院です。

高輪駅から徒歩10分で都心一等地ならではの交通の便の良さも魅力。桜田通りに面し、駐車場も完備されているので、車でのアクセスも便利です。

高輪駅周辺といえば、高級住宅街としても有名な地域です。その中でも正満寺の庭園には緑が多く、美しく整備されていて、風格ある落ち着いた雰囲気が漂います。

園内は自然豊かで日当たりも良く、明るい雰囲気。都心にありながら、心穏やかにお参りできます。

正満寺のお墓

正満寺は浄土真宗本願寺派の寺院ですが、お墓の建立にあたっては宗教・宗旨宗派は不問。永代供養墓納骨堂、樹木葬の3タイプのお墓があり、希望に合わせて選ぶことができます。

樹木葬(合祀)の場合、永代使用料が30万円。もっとも価格が高いのは、家族用永代供養墓で175万円ですが、それでも青山霊園と比較するとかなり安いですよね。

まずは一度、見学してみてはいかがでしょうか?

正満寺高輪墓苑の情報を詳しく見る

赤坂一ツ木陵苑

霊園の特徴

赤坂駅から徒歩5分。赤坂不動尊と書かれた立派な門が目印の赤坂一ツ木陵苑。ここは、自動搬送式の堂内陵墓。つまり、室内でありながら、昔ながらのお墓参りのように、家族そろってお花を手向け、線香をあげてお墓参りができる様式です。

お花やお香が用意されているため、手ぶらでお参りができるのが魅力。より気軽にお墓参りができますね。苑内には、葬儀や法事ができるスペースがあるため、供養に関することをまるごとお願いすることができます。

赤坂一ツ木陵苑のお墓

赤坂一ツ木陵苑では、宗旨や宗派は問わずに、お墓の購入ができます。

お墓一式が94万円。家族に継承できる堂内陵墓使用権や、継承者がいなくなった場合にも対応してもらえる永代供養もついていて、この価格。

建物の内壁のほとんどには大理石が使用されており、重厚で豪華な仕上がりになっています。

気軽に、楽しくお墓参りができること間違いなしの赤坂一ツ木陵苑。ぜひ一度見学に訪れてみてはいかがでしょうか?

赤坂一ツ木陵苑の情報を詳しく見る