墓石の値段相場はいくら?値段が決まる理由と内訳を詳しく解説!

お墓の購入を検討される方にとって、一番気になることのひとつが墓石の値段だと思います。一番大切なことなのに何故こんなに分かりづらいんだろう、これまでそんな声を多く聞いてきました。確かに墓石の値段には、石材の種類や大きさ、加工方法やデザイン、その他にも建立場所や設置工事など複数の要素が関わってきます。本記事では、墓石相場の内訳から購入時の注意点についてご紹介します。

都道府県一覧から霊園・墓地を探す

いいお墓では、ご希望のエリア、お墓の種類や特色・こだわり、宗旨・宗派などの検索条件で全国の霊園・墓地を探すことができます。

お墓の値段はどう決まる?

お墓の値段の内訳

お墓を建立する際、墓石代の他にかかってくるのが、永代使用料(墓所の使用権)と管理費です。この永代使用料と墓石と管理料の価格が合算されたものが、お墓の価格となります。お墓を購入する場合、墓石費用に加え、永代使用料や工事費などを含めると、約100万円から220万円程度が平均的な費用とされています。

永代使用料

永代使用料とは、墓地・霊園にある墓所の土地を借りる費用となります。永代使用料は、あくまで墓所の土地を使用する権利を購入しているのであり、土地を購入している訳ではありません。永代使用料を最初に支払えば、その後支払う必要のある費用は一般的に管理費のみになります。この永代使用料と管理費を納めれば、先祖代々お墓を引き継ぐことができます。永代使用料の相場は墓所の地域によって異なりますが、約70万円が平均価格となっています。

管理料

お墓を建立してしまえば費用はもうかからないと思ったらそれは間違いです。墓地・霊園に墓所を管理してもらうために、管理料として定期的に支払います。毎年納める場合が多いですが、霊園によっては数年分をまとめて納める場合もあります。墓地・霊園は管理費より、墓所の水道・電気代の支払いや清掃、共有施設(休憩所・トイレ・水汲み場等)の維持管理を行います。管理費の相場は、1万円前後ですが寺院墓地はお布施が必要な局面が出てきますので、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

墓石代

使用する石材の種類や大きさなどによって墓石費用は異なってきますが、墓石相場は約70~120万円くらいだといわれています。地域によって墓石相場は違ってきますので、建立する墓所の地域の石材店に相談してみることをおすすめします。

墓石の値段に幅がある理由

墓石は、お墓や墓所の大きさによって、使う石材の量が変わってきます。また、和型と洋型では、竿石の形態で使う石材の量が違ってきます。そして、御影石など使用する石の種類や材質によっても、価格は変動します。彫刻など細工を施す彫る作業が加わると、さらに価格は加算されてきます。このようにお墓にはさまざまな費用がかかるため、価格に幅があります。そのため、出された見積もりが事前に明記した価格と大きく違うこともあり、お客様の混乱を招かないようにあえて定価を表記していないことが多いのです。

墓石カタログを活用したお墓造りの極意!
お墓を建てる際には、まず、墓石カタログを入手したいものです。石材店で作成している墓石カタログを取り寄せ、比較検討してみる。そうすることで、得意としていることや、気を付けていることなど、それぞれの石材店の特徴がわかってきます。また、過去の建墓...

墓石の値段の内訳

石代とは、お墓を建立する際に墓石にかかる費用のことです。墓石相場は、全国平均で約70万円〜120万円ほどになっています。地域によって墓石相場は多少異なりますのでご注意ください。

墓石代の内訳として挙げられるのが墓石の値段・設置費用・文字の彫刻費用の3つです。

墓石の値段

石材本体(竿石)、外柵、納骨棺(カロート)、花立て、水鉢、香炉といった「お墓」の付帯品となる石材の費用で、通常墓石セットとされている場合が多く見られます。

墓石の基礎工事費

墓石設置の費用とは、墓石を設置する際にかかる(基礎)工事費用のことで、平均的な工事費用は墓石代に含まれていることがほとんどです。墓石には、建築基準法のようなものはありません。基礎工事は見えない部分ですが、先々を考えると一番大切な部分であり、地盤の強度や、墓石の大きさに合わせて行う必要がります。

大切なのは、墓石の価格が、高くならないよう必要にして十分な施工です。耐震施行や、墓地までの運搬道や区画周辺で特別な工事が必要な場合は、別途費用が加算されることがあります。

彫刻費用

文字の彫刻代とは、購入した墓石に家名・題字・題目・建立者名・建立日などを彫るためにかかる費用のことです。基本的な彫刻費用は基礎工事と同様、墓石の値段に含まれています。追加で依頼する彫刻費用は様々ですが、戒名や生前のお名前などのほか特別なデザインを施す場合となります。

戒名などを彫刻する際の字彫りにかかる費用については、おおよそ3万円から5万円程度が相場です。棹石に彫る場合と墓碑に彫る場合など、オーダー状況に応じても変化しますので、事前に石材店に確認しましょう。また、墓石の正面に模様などを掘る場合には、10万円程度からが目安となります。

墓石価格の比較ポイントとは?墓石の構造から価格の注意点を解説!
墓石価格とは、墓石を購入される方にとって大切なことにもかかわらず、具体的なことがわかりにくいという問題があります。できれば充分比較をして、なるべく良いものを安く手に入れたいものです。墓石価格は石碑の種類や加工やデザイン、大きさや彫刻内容など...

墓石の値段を決める要素

墓石の原石の種類や産地

墓石に使う石は「花岡岩」「閃緑岩」「斑レイ岩」「安山岩」などが挙げられます。いずれも耐久性が高く文字などが風化しにくい上に加工がしやすいことから長きにわたり墓石として採用されてきました。墓石の原石には、国産のもので約50種類、中国やインドなど外国産のもので100種類程度の種類があります。国産石の方が外国産出の石と比べて、総体的に高価になる傾向にあります。また、ほとんどの石には等級があり、それにより価格も変化します。吸水性が低い、硬度の高い石材などが、品質も良く価格も高くなります。

よく御影石という名前を耳にしますが、御影石とは花崗岩の総称です。御影石の一種で石質の高さから「花崗岩のダイヤ」と称される「庵治石」(あじいし)や「石の貴婦人」と評される大島石など有名な石種もあります。現在では多くを外国から輸入をしており、その中でも中国からの石材輸入が多くを占めています。そのほか、黒系の花崗岩「クンナム」が採掘されるインドも石材の産地として有名です。「クンナム」は、世界で最も硬く希少な黒御影石として最高ランクの石ともいわれています。

墓石の産地、石材の種類 - 国産と外国産の違い
墓石の産地とは、墓石に使われる石が採掘されるところのことです。海外では中国やインドなど海外から輸入するものもあれば、国産の石材もあります。暮石にはその産地や石の種類によって、さまざまな特徴があります。 ここでは暮石の主な産地や特徴、石の種類や選び方について説明していきます。

お墓の墓所の面積・石材の使用量

お墓の大きさによって使用する石材の削る量が違ってきます。墓所の敷地が大きく石材の量が変わってくると、当然、価格にも反映されます。

加工費用

加工場所が国内か外国かによって価格が違ってきます。外国の場合、現在、約9割以上が中国を占めることになります。概して、国内加工の方が外国加工より価格は高くなる傾向にあります。

墓石への彫刻など(家名、家紋、模様など)

デザイン性の高い形状の墓石や、家名や家紋などの彫刻を竿石などに施した場合や磨き直しなども、墓石価格に影響をおよぼします。

現場の状況

駐車場から墓所までの距離、クレーン車が通れる車幅の有無などにより、墓所まで石材を運ぶ工程が変わってきます。墓所までのスペースが整備されていない場合は、運搬する方法を別途手配しなければならないため、価格は加算されることになります。

墓石のデザインや種類による費用相場の違いは?デザイン墓を詳しく説明!
墓石というと皆さんどのような形のものを思い浮かべますか。〇〇家の墓と彫られた昔ながらの代々継いでいく和風のお墓であったり、最近では洋型のお墓などに人気が集まっているようです。しかし、寺院やデザインの規制がある霊園墓地など以外では、墓石のデザ...

墓石以外の付属品

墓誌

墓誌(ぼし)とは、お墓の横に建立される石碑のことであり、宗旨や宗派、その地域の習わしなどで「墓標」「霊標」「戒名板」「法名碑」とさまざまな呼び方があります。墓誌には、そのお墓に納骨されている故人のお名前や戒名、没年月日などが彫刻されています。

お墓を建立する際に、墓地のスペースによっては墓誌を建立することが難しい場合もあります。宗旨宗派によってお墓に墓誌を設置するかどうかが異なり、設置する墓誌が増えれば、その分かかる費用は高くなりますが、安くするために建立しないという方法もあります。一般的な石材の場合の相場は5〜50万円です。

墓誌の意味とは - 戒名彫刻、その費用(墓誌の価格、名入れ、追加彫刻)
墓誌(ぼし)とは、お墓の横に建てられる石碑のことです。墓誌には、そのお墓に納骨されている故人のお名前や戒名、没年月日などが彫刻されています。お墓を建てる際に、墓地のスペースによっては墓誌を建てることが難しい場合もあります。そこで、墓誌を建てるかどうかを検討されている方向けに、墓誌を建てる意味や役割、費用などについて紹介します。

香炉

お盆や彼岸などのお墓参りの時や法要などの際に、線香を立ててお供えする「立ち置き型」と、線香を寝かせてお供えする「くりぬき型」があり、一般的な墓前用の香炉の相場は1~3万円ほどです。

お墓の香炉 - 種類と選び方、値段相場
お墓の香炉とは、お墓の手前にあるお線香をあげる部分のことです。昔はお墓でもお線香を立てるタイプの「香立て」が設置されていましたが、雨や風でお線香が消えてしまうことが多いので、近年では香炉を設置するのが一般的になりました。香炉の役割や種類について解説するとともに、たくさんある香炉から、自分のお墓に合う香炉の選び方についてもまとめました。

卒塔婆立て

卒塔婆(塔婆)を立てておくためのものです。卒塔婆とは、先祖を供養するためにお墓に建てる木の長い板です。石製や金属製のものなでさまざまな種類がありますが、機能に変わりはありません。宗派によっては使用しない場合もあります。1万円程度で購入できます。

卒塔婆を立てるタイミング。知らずに立てていませんでしたか?
故人をしのぶための手段はさまざまあります。葬儀にはじまり、法要やお墓、卒塔婆を立てることもそのうちのひとつです。しかし、この卒塔婆を立てる意味というものを考えたことはあるでしょうか。ただ何となく立っているものであるから、自分も倣って立ててい...

灯篭

灯篭とは、その中にろうそくを立てて火を付けることで明るくなる、日本の伝統的な照明機器です。故人の浄土への道標という意味もあります。一般的な相場は3〜10万円ですが、価格の幅は広いです。

お墓の構造 - 部位の名称と装飾品の役割/石碑・カロート・外柵とは?
お墓は主に墓石(石碑)、遺骨を納める納骨所(カロート)、墓所を囲む外柵から成り立つ構造物です。この他にも、お供えをするための花立や香炉、供物台や塔婆立、燈篭、植木などの付属品や装飾品などがあります。お墓を構成する部位には、それぞれ意味や役割があります。基本的な部位である、石碑、カロート、外柵の意味や役割について詳しい方は少ないと思います。ここでは、お墓の構造にかかわる部位と花立、香炉、塔婆立などのお墓の装飾品や供養に使うものなどについて、その名称や意味・役割、宗教や宗派による違いなどを紹介します。

墓石建立以外でかかる費用

納骨法要

お墓へ納骨する際には、納骨法要(納骨式)を開く必要があります。開眼法要などと同時に行うことも多いですが、回忌法要に僧侶に出席してもらう場合、3〜5万円がお布施の相場になります。地域にもよりますが、別途お車代として5,000円~10,000円程度、会食辞退の場合は、御膳料として10,000円程度を渡しするのが相場となっています。

埋葬手数料(納骨の作業費)

ご遺骨を納骨するために、お墓下部にあるカロートと呼ばれる場所を開けます。ご自身での作業が難しかったり、墓石を傷つける可能性がある場合は、石材店に作業を依頼することもできます。ご遺骨の取り出しと埋葬で工賃が2~3万円程度が相場となっています。

開眼供養

新しいお墓に納骨する場合、「開眼供養」と呼ばれる法要を行います。ただし個別に何回も供養を行わず、四十九日などの法要、納骨法要と同時に行うことも一般的になってきています。

他の法要と同時に行う場合でも、僧侶へのお布施はそれぞれ別にお渡しし各3〜5万円が御布施相場となります。僧侶に遠方から来ていただいた場合はお車代が、会食に参加されない場合はその代わりとしての御膳料がそれぞれ5千〜1万円ずつ、出席者への会食代や引き出物代が一人1万円程度必要となります。

開眼供養・開眼法要とは - 日程と当日の流れ/お墓・仏壇・魂入れ・納骨のマナー
開眼供養(開眼法要)とは、新しくお墓を建てたときや仏壇を購入したときなどに行う、仏様の魂を入れ込む大切な供養です。開眼供養は供養であると同時にお祝いごとでもあり、終わった後は僧侶や参列者を招いて会食を開くのが一般的です。 開眼供養は四十九日や一周忌などの納骨式と一緒に行う場合と、開眼供養のみ行う場合とでお布施の相場や参列者の服装も違ってきます。では、開眼供養はどのように準備し、行えばよいのでしょうか。 ここでは、開眼供養の意味や由来、主催者として準備するべきこと、開眼供養に必要な費用や招かれたときのマナーなどを詳しくご紹介いたします。また、お布施や半返しの表書きの書き方や、祝儀袋・不祝儀袋の選び方など、細かい決まりごとについてもご説明いたしますので準備の際の参考にしてください。

お布施・入檀家料・志納金

入りたいお寺が信仰している宗教の下、檀家となることを入檀といいます。入檀すると、そのお寺が菩提寺となり、法要やお葬式で読経などをお願いすることになります。入檀するためには、入檀料をお寺へ支払う必要があります。地域・宗派によっても違いますが、相場は10万円から30万円前後が一般的です。

ただし、お寺ではお布施という扱いで入檀料を受け取るため、実際に聞いても一律いくらと明確な回答をしてくれるところは少ないです。また、入檀料以外にも毎年運営費などを支払う必要があります。

墓じまいにお布施は必要?お布施の意味から相場まで詳しく紹介!
最近、要望が高く、需要が多くなってきている墓じまい。墓じまいは、お寺のお墓の墓石を解体し、土地を現状復帰させるだけで終わるわけではありません。これまでお世話になってきたお寺などにお礼としてお布施を渡さなければならないのか?また、お布施を渡す...

戒名

仏教において亡くなった後に菩提寺につけてもらう名前を戒名(かいみょう)と言います。この戒名をつけてもらうためには、戒名料(お布施)を菩提寺に支払わなくてはいけません。
戒名料の相場は、30万円〜100万円と大きな幅がありますが、この差は寺院や戒名のランクによって相場が大きく異なるためです

お寺によって金額設定がまちまちで、戒名料を尋ねても「お気持ちで」と返されたりすることもあるので、金額の目安がわかりにくくなっています。

仏壇

仏壇は、葬儀後に故人悼む位牌を安置する場所ですが、仏壇にも様々な種類があります。相場は20万円~100万円ほどと幅広いですが、20万円~30万円がよく購入されている価格帯で、全体の平均額は372,000円となりました。

お仏壇は20年、30年あるいはもっと長い期間に渡って、その前で毎日手を合わせて故人への想いをしのぶ貴重な空間になります。安いものよりも、飽きの来ないしっかりしたデザインで、長く使える丈夫なものをお選びになることをおすすめします。

お墓のリフォームや建て替えなど

大切に管理しているお墓ですが、常時日差しや風雨にさらされている墓石は、次第に経年劣化にようる汚れや腐食する部分もでてきます。クリーニングや磨き直しでは修復が難しくなった場合は、リフォームや建て替えが必要となります。

お墓の建て替えは、現在ある墓石の撤去と新しい墓石の建立費用とともに、閉眼法要も必要になります。お墓の建て替えにかかる費用の相場は、200万円前後となっています。建て替えまでいかず修繕で収まるようならば、50万円前後がリフォーム相場となっています。いずれも高額な費用がかかるため、複数の石材店に現地調査をしてもらったうえで、見積りをもらいましょう。

お墓の修理 - 修理の流れ、内容、費用相場
お墓の修理とは、一見大変そうですが修理を依頼するときの手順をしっかりとおさえておけば簡単に行うことができます。お墓の破損にはどのようなものがあるのか、どのように修理するのか、その修理にかかる費用はいくら位になるのかなど知っておきたい「お墓の修理」についてまとめました。

改葬・墓じまい

改葬などお墓の引っ越しを行う場合、もとある墓所の墓じまいを行い、引っ越し移転先に建立する墓所も確保しなければなりません。ゆくゆくのことになりますが、改葬する場合も費用がかかることを頭に入れておきたいものです。

もとの墓石を解体して更地にして霊園管理者に返還、名義変更などを含めた新しいお墓の建立で、約200万円ほどが費用相場となります。

墓じまいの費用・料金、手続きや作業の流れ/費用を抑える方法とは?
墓じまいとは、遺骨を既存のお墓から新しい場所に移し、お墓を片付けて更地にし、墓地の管理者に返還する一連の行動のことです。お墓を管理する子孫がいないため、遺骨を永代供養墓などに移す人が増えている中、墓じまいをするケースも増えています。 ここでは、墓じまいをするにはどうすればよいのか、お墓の撤去や役所での書類取得などの流れ、閉眼供養のお布施、今までのお墓からの離檀料、新しい墓地の準備など、墓じまいにかかる一連の作業内容やそれにかかる費用などを中心にご説明します。 また、墓じまいの費用負担を抑える方法や、墓じまい費用が払えない場合の対処方法についてもご紹介しています。

墓石の価格を判断する際の注意点

さまざまな要素が集約されてお墓の価格は決まってくるので、価格だけに注目してお墓を購入するのは注意する必要があります。

指定石材店制

墓地や霊園によっては石材店が指定されている場合があります。自分で安い墓石を探すことができないので、お墓の値段が高くなる可能性があります。一般的に民間の墓地の場合は石材店が指定されていることがほとんどです。寺院の場合はどちらの可能性もあるため、お寺に確認しましょう。一方で、公営の墓地には石材店が指定されていません。自分で安い墓石を探す場合は、信頼できる業者に見積りを依頼しましょう。

信頼できる石材店の選び方
石材店は、墓石などの加工や販売を行っているお店です。大切な方が亡くなった際は、葬儀に目が行きがちですが、石材店との付き合いについても考えておく必要があります。石材店は、お墓の彫刻や建立だけでなく、納骨や法要、墓石が壊れた際の修繕などさまざまな面でお世話になる存在です。石材店と一口に言ってもその数はとても多く、どこを選べばよいか判断に困ってしまいます。価格や契約などのハード面だけでなく、工事はきちんとしているか、彫刻や字彫りなどの希望に丁寧に応えてくれるかなど、ソフト面でも安心できる業者を選びたいところです。そこで、ここでは信頼できる石材店を選ぶポイントについてご紹介します。

事前の情報収集が足りない

事前の情報収集や、比較検討が十分ではない場合、納得できる霊園選びができない場合があります。
資料請求をして事前に情報を収集しましょう。

現地で見るべきポイントが足りていない

ご自分で霊園に直接問い合わせした場合、霊園によっては自分一人で霊園の見学をすることになります。
その場合、本来見るべきポイントを見落として、契約後に後悔してしまうことがあります。

業者の言うがままで契約

十分に知識を持ち合わせていない場合、業者の言うがままで契約してしまうケースがあります。
お墓選びに詳しい人に相談した上で、複数の霊園を比較検討することが重要です。

霊園ごとに変わる価格

公営霊園

公営墓地とは、地方公共団体が管理、運営している墓地もしくは、最終的な責任は地方自治体で持つものの、実際の管理、運営は公認の指定管理業者に委託している墓地のことです。基本的に公営霊園はどのようなお墓を建立しても問題はありません。どの石材店に頼むのかについての規制もありません。公営なため、㎡あたりの価格は低い設定になっています。しかし、1区画の㎡数が大きな場合もあるため、結果、高額な価格になる可能性もあるため注意しましょう。管理、運営に対する不安がなく、比較的リーズナブルであり、宗教、宗旨宗派不問とメリットが多いため、競争率が高い傾向があります。

公営霊園とは - 特徴と費用相場、民営霊園との違い
墓地や霊園は、だれがそこを管理、運営しているかによって「公営霊園」「民営霊園」「寺院墓地」の3つの種類に分類できます。中でも公営霊園は、都道府県や市区町村など、地方公共団体が運営しているため、安心感がある、価格が安いといった意見も聞かれます。今回は、そんな公営霊園について、特徴や費用相場などを解説いたします。

民営霊園

民営霊園というのは、宗教団体や財団、社団法人などは事業主体の霊園です。管理、運営は、民間の企業が受託している場合が多くなっています。そもそも民営霊園のはじまりは、昭和30年代ころ。寺院墓地や公営霊園だけでは墓地が不足するのではないかといったことから、誕生したといわれています。寺院墓地や公営霊園と比べると、申し込み時の制限が少なく、さまざまな種類の墓地が選べることが特徴です。大抵の民営霊園は、石材の大きさや高さ、彫刻をする内容など、墓石を建立するにあたり規制や条件がある程度決まっている場合が多いです。また、基本的には石材店が自由に選べないケースもあります。そのため、霊園ごとに大体の価格相場がわかりやすくなっているので、価格のことは担当の方に聞くことをおすすめします。宗教、宗旨宗派不問がほとんどです。

民営霊園とは - 費用相場とメリット・デメリット
民営霊園とは、公営霊園や寺院墓地とどのような点が異なるのでしょうか。今回は、民営霊園とはどんなものなのか、その特徴や代表的な施設、メリット、デメリットなどについて詳しく紹介したいと思います。

寺院墓地

寺院墓地は寺院の住職の意向によって、対応が違ってきます。代々と継がれている承継されるお墓が多いため、デザイン墓のような独特な形式のお墓は少ない傾向にあります。また、石材店はその寺院に出入りをしている石材店が指定される場合が多いです。お寺のお坊さんに相談してみることをおすすめします。

寺院墓地とは - 費用とメリット・デメリット
「寺院墓地(じいんぼち)」とは、各宗派のお寺によって管理・運営されている墓地のことです。お寺との繋がりが強いことから、檀家になれば手厚い供養や節目ごとの法要を安心して任せられるのがその他の霊園との違いですが、気になるのは管理費や、そういった費用に関するトラブルです。 お墓を経営主体ごとに分けると、都道府県や自治体による「公営墓地」と、宗教法人あるいは公益法人による「民営霊園」、宗教法人である寺がその敷地内で運営する「寺院墓地」があります。ここでは、そのうち寺院墓地で永代供養をするための費用や管理費の相場、利用するメリット・デメリットについて解説しています。

お墓の費用負担と支払い時期

お墓の費用負担は特に決まっていません。本人や必ずしも長男がするわけでもありません。兄弟や親族同士で費用分担をしても構いません。

お墓を生前に建てる場合

お墓に入る方が存命であれば、基本お墓に入る人が永代使用料・墓石代を負担することになります。

生前墓は縁起がいいの?メリットや注意点、霊園見学のポイント
生前墓とは、自分や家族が亡くなる前に事前に建てるお墓のことで、最近の終活ブームで生前墓を建てる人が多いそうです。「寿陵」とも言われており、昔から中国・日本では、長生きや子孫繁栄など縁起の良いこととされています。また、亡くなった際に残された家族に経済的な負担がかからず、非課税相続財産となるので相続税の節税にもなります。しかし、遺骨が入っていなくても、開眼法要の費用や管理料が必要だったり、お墓にお参りしなければならなかったりなどの負担もあります。 この記事では、生前墓を検討中の方のために、生前墓のメリットや注意点、霊園見学会へ参加する際のポイントなどを紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

お墓に入る方がすでに亡くなっている場合

お墓に入る方がすでに亡くなっている場合は、その供養をする人がお墓を用意することになります。

お墓を継承する人がいない場合

承継する人がいなければ、将来お墓が無縁墓になる可能性が高いです。無縁墓ならないようにするためには、お墓に入る人は永代供養の供養形態を選ぶ必要があります。

永代使用料の支払い時期

一般的に、墓地の契約時に一括払いで行います。

管理費

毎年決まった日(期間)に1年分をまとめて支払います。数年分をまとめて支払うことができる墓地・霊園もあります。

お墓・墓石の値段を安くするには

格安の墓石を探すためにも、複数の石材店で見積もりをとって比較検討し、自分の希望する条件にあったものを探してください。

お墓選びの流れ

さまざまな要素が集約されてお墓の価格は決まってくるので、価格だけに注目してお墓を購入するのは注意する必要がります。昨今ではお墓以外の供養形態も多様化し、永代供養・納骨堂・樹木葬・海洋散骨など、お墓の建立以外にも比較的安価な選択肢もあります。そのため、よく調べたりお墓のご購入経験者に助言を求めることも大切です。

見積りを必ずとる

どのような墓石を建立したいのかが決まった段階で、必ず見積りをとるようにしましょう。※お墓・墓石・石碑の寸法は「寸」(すん)又は「尺」(しゃく)で表示します。

墓石価格の相場はどのくらい?分かりにくい価格の仕組みを詳細説明!
墓石価格とは、墓石を購入される方にとって大切なことにもかかわらず、具体的なことが分かりにくいという問題があります。墓石価格は石碑の種類や加工やデザイン、大きさなどで決まります。そのため、実際に墓石を購入する際は、墓石選びやデザインなどが重要...

資料請求で複数の墓地の情報を手に入れる

資料請求で気になる霊園の情報を手に入れましょう。お墓の種類だけでなく、民間霊園、寺院墓地、公営霊園など運営母体などもチェックできます。

霊園の見学予約

気になる霊園が決まったら、現地で見学しましょう。資料だけでは確認できないポイントや、交通アクセス等も確認しましょう。家族が来やすい立地を選ぶことがポイントです。

いいお墓とは

いいお墓では、全国の9,000件以上の墓地情報を掲載し、年間14万件のご相談を承っております。「いいお墓」の運営は、1984年創業の出版社である株式会社鎌倉新書(東証一部上場、証券コード:6184)が行っています。

墓石について徹底紹介! お墓をなぜ建てるのか、その目的・種類・石種などを詳しく説明!
お墓とは、故人を埋葬する場所に建つシンボルです。葬儀を執り行い、火葬した遺骨を埋葬した後は手を合わせ、供養の対象となる場所でもあります。日本で一般の人がお墓を建てるようになったのは江戸時代といわれています。霊園、墓地、墓所などお墓を指す言葉...
5/5 (2)