不祝儀袋(会葬・法事・法要)の表書き【Q&A】

Q.お墓を建立したときや納骨法要のときなど、もろもろの不祝儀袋の表書きについて教えてください。

回答

不祝儀袋の書き方には宗旨・宗派によって法事・法要毎に色々としきたりがあります。
法事不祝儀袋の書き方、仏式会葬の不祝儀袋表書きなどの書き方について御説明いたします。

●葬儀時に参加者が用いる表書き(仏式)
・御香典
:仏式の葬儀の時に、霊前に供える金包みの表書き
・御霊前
:仏式・神式・キリスト教式いずれの葬儀にも用いられる表書き
但し、浄土真宗では49日前でも「御仏前」を使い「御霊前」は使わない
・御供え
:品物をお供えする際に
・御弔料
:会社関係などの葬儀で会社名・団体名で金品を贈る時に
・御香華料
:仏式の葬儀のとき「御香典」と同じに用いる
・御香
:仏式の葬儀で線香を供えるときに
・御悔
:通夜のみで、友人・知人がお金を包むときに
・菊一輪
:お供えするごく軽少の金包みに用いる

●葬儀時に参加者が用いる表書き(神式)
・玉串料
:神式葬儀の時に香典の表書き。葬儀以外の神社に納めるお金の場合にも用いる
:御榊料/御神饌(しんせん)料としてもよい
・幣(へい)料
・神社で神にお供えする金包みに用いる 幣帛(へいはく)料としてもよい

●葬儀時に参加者が用いる表書き(キリスト教式)
:御花料を用いる カトリックでは「御ミサ料」や「弥撒(みさ)料」とする

●僧侶・お寺へのお礼として喪家が用いる
・お布施
:お寺で葬儀法要をした場合のお礼は「お布施」としこれに「お膳料」を添える
・お膳料
:お経の後ねぎらいの食事の替わりに包む金包み
・御車料
:交通費として用意する
・戒名料
:戒名をいただいたら謝礼として渡す 「お布施」としてもよい

●神官・神社へのお礼として喪家が用いる
・御礼
:神式の葬儀・供養の際の神官へのお礼金に
・御祈祷料
:神社などで祈祷をしてもらったときに 神社神官への御礼
・御祭祀料
:神式で葬儀供養などの祭事をしてもらったときに
・御神饌料
:神前に供える供物料として
・御席料
・式場を借用した場合に お礼金として

●神父教会へのお礼として喪家が用いる
・御礼
:キリスト教式の葬儀追悼式などで神父・牧師さんへのお礼金に
・記念献金
:キリスト教式での教会へのお礼金に(献金でもよい)
・薄謝(御席料)
:式場に教会を借用した場合は別にお礼金を添える

●香典返しと配り物の際に喪家が用いる
・志
:香典返しや法要の引き出物の表書きに 神式の場合も用いる
・祖供養
:法要の時の配り物をするときに
・供養志
:祖供養と同じ どちらを用いてもよい
・偲び草
:神式の法要で五十日祭の忌明けの挨拶として配る品に用いる

●法要の参加者が用いる
・御仏前
:仏式の法要(49日以降)の時にお供えする金品の表書きに
・ご神前
:神式の法要の時にお供えする金品の表書きに
・御花料
:キリスト教式の法要の時にお供えする金品の表書きに
・御供料
:お金をお供えする場合 どの宗教にも用いてもよい
・御供
:品物をお供えする場合 どの宗教にも用いてもよい