敷きなおした玉砂利が頼んだものと違っていた。【Q&A】

Q.墓石を購入した石材店に修繕を依頼した際に「砂利が減っているから足したほうが良い」と言われました。
以前のものと同じ玉砂利を頼みましたところ、今までの玉砂利の3倍以上あるものが敷き詰められていました。
1.同じ石であっても3倍以上のサイズの差はあるものでしょうか?
2.石材店にクレームを出した場合玉砂利を敷きなおしてもらえるものでしょうか?

回答

1について
同じ種類の石でも大きさ(例.2cm~8cm)は様々で、磨いてあるもの(光沢がある)とそうでないもの(光沢がない)といった種類や規格があります。

2について
「求めているものと違うものが施工された」といえるかどうかがポイントになると思います。

依頼前に施工内容等の書類を交わしていれば、クレームを主張できる根拠となります。書面上のものがないという場合でも、「求めているものと違うものを施工した」といえる事実があるのであれば石材店にはやり直す義務が生じると思われます。

「求めているものと違うものを施工した」といえる事実があるのかどうかについては、依頼した際に「求めているもの」がどこまで客観的かつ明確に表現されていたのかに拠りますが、まずはこちらの希望を丁寧にかつ根気強く伝えてみるのがよいでしょう。