お墓の植木 – 選び方のポイント

お墓の植木とは、墓地に植物を植えることです。お墓は、墓石が所狭しと並び無機質な空間になりがちですが、そこに植物の緑があることによって、癒やしの効果がもたらされます。また供養の気持ちを込めて、故人の好きだった植物が植えられることもあります。

このようなメリットがある一方で、こまめな管理が必要などのデメリットもありますので、お墓の植木を考えている場合には、ご家族などとよく相談することが大切です。

都道府県一覧からお墓を探す

いいお墓では希望エリア・お墓の種類・宗旨宗派などの検索条件で全国のお墓を探すことができます

お墓に植物を植えてもよい?

花木が植えられているお墓は、見るだけで気分が明るくなります。また、故人が好きな植物を植え、お墓周りを飾ることで供養になるかもしれない、と考える方もいらっしゃるでしょう。しかし、「お墓に植木はいけない」と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。というのも、紀元前の中国発祥の墓相学では、お墓に木を植えることはよくないと考えられていたという説があるからです。

それを信じるかどうかは人それぞれですが、多くのお墓ではお墓の周りにも植物が植えられています。

お墓に植える際におすすめの植物は?

お墓に植える植物は、どんな種類を選べばよいのでしょうか。

お墓の管理という視点から考えると、残念ながらどんな種類の植物でもよいというわけではないようです。枝や幹がぐんぐん成長する植物の場合、同時に地中の根も成長しています。このように成長が著しい種類の植物は管理が難しく、お墓に植えた後の手入れが大変になる可能性があります。

中でも、コニファーやキンモクセイは、成長が早い植物です。また、周囲のお墓との距離など立地にもかかわりますが、あまり背が高くなりすぎない木を選ぶ方がよいでしょう。

このような意味から、ツツジやナンテン、アジサイは低木で管理がしやすく、人気の高い植物です。また、墓地によっては植えてもよい植物が限られている場合もありますので、確認する必要があります。

植物の管理方法

またどんな植物を選んでも、お手入れを全くしなくてよいものはありません。長い間管理を怠ってしまうと、周辺のお墓に迷惑をかけてしまう可能性があるためです。

そのようなことを避けるために、植物を管理する上で重要な作業は剪定です。年に1回は伸びた枝や葉を定期的に剪定するようにしましょう。

剪定によって風が通りやすく、さらに枝全体に日が当たりやすい状態になります。また、切り戻しなど細かいお手入れが必要になります。お墓参りの際には、毎回植木バサミや剪定バサミなどの道具を持参されることをおすすめします。

お墓に植物を植える場合のメリットとデメリット

お墓参りの際に、お墓周りに綺麗な花が咲いていたり、木々の葉が青々と茂っていたりするのを見ると心が和みます。故人の好きな花であればなおさらです。見頃の季節には、故人を想いお墓参りに行くきっかけになることもあるでしょう。このような精神的な効果も、お墓に植木がある大きなメリットといえます。

ではデメリットは何なのでしょうか。

先述したように、植木は管理が行き届かないと大きくなりすぎてしまいます。土地に十分余裕のある墓地ならそこまで問題にはなりませんが、近年の墓地は土地が限られているところも多く、隣のお墓まで枝や葉が覆ってしまっては迷惑がかかってしまいます。また、地中に張った根には、重い墓石をも動かしてしまう力があるため、隣のお墓に影響が出る恐れもあります。植木が落葉する品種であれば、落ち葉の季節に掃除する必要も出てきます。このように、植木にこまめな管理が必須であるということが、デメリットといえるでしょう。

手に負えなくなった場合は、業者に依頼する手も!

若いうちはこまめなお手入れをこなせても、年を重ねるにつれ管理が行き届かなくなってしまう方もいらっしゃるでしょう。生き物である木の成長は止まることなく、ぐんぐん大きくなってしまいます。久しぶりにお墓参りに行ってみたら、とても手に負えなくなってしまっていたという場合はどうすればよいのでしょうか。

慣れていない方が無理をして剪定すると、怪我をしてしまう可能性があります。そんな方には、専門業者に依頼されることをおすすめします。

定期的な剪定の依頼も可能ですし、今後のことを考えて思い切って伐採や抜根を依頼することもできます。ただし、伐採や抜根するには許可を取る必要のある墓地もありますので、事前確認が必須です。作業にかかる料金は業者や植木の状態によっても変わりますので、見積もりを取り、信頼できる会社を選ぶようにしましょう。

お墓の植木の注意事項

お墓に木を植えようと考えている方は、管理をしていけるのかどうかを、ご家族で十分に話し合ってください。お墓は代々受け継いでいくものですので、ご家族皆さんの同意が必要不可欠です。そして木を植えると決めた場合には、管理のしやすい品種を選ぶようにしましょう。

植木があれば、その管理が目的となってお墓参りに行く頻度も高まり、故人も喜んでくれることでしょう。お墓参りをする側に癒やし効果も期待でき、正に一石二鳥といえます。

まとめ

お墓に木を植えたいと思っても、まず何から準備すればよいのかわからない、どんな種類の木を選べばよいのかわからない、という方も多いと思います。そのようにお墓のことでお悩みがありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。他にも、わからないことやお困りになっていることがありましたら、お墓から葬儀に関することまで丁寧にご相談にのらせていただきます。

5/5 (3)