【初心者向け】墓じまいと永代供養の違いは?費用や流れも解説

この記事はこんな方におすすめ:永代供養と墓じまいの違い・かかる費用・流れ・注意点を知りたい方

  • 永代供養は遺骨を永代に供養してもらうこと。墓じまいはお墓を管理者に返却すること
  • 墓じまいをして遺骨を永代供養墓に移すまでの流れを紹介
  • 永代供養と墓じまいにかかる費用を紹介

「永代供養」墓じまいという言葉を聞いたことはないでしょうか?

  • お墓の後継者がいない
  • お墓が遠方にあってなかなかお参りに行けない
  • 家族にお墓の維持管理の負担をかけさせたくない

このような方が、先祖代々のお墓を「墓じまい」し、「永代供養」を選ぶというケースが増えています。

この記事では、永代供養と墓じまいの違い永代供養と墓じまいにかかる費用墓じまいから永代供養墓に改葬するまでの流れについてご紹介します。

墓じまい一括見積
注目墓じまい・お墓の引越し業者をご紹介!
墓じまい一括見積もり墓じまい一括見積もり

墓じまいと永代供養の違いは?

墓じまいとは?

墓じまいとは、先祖のお墓を片付け、お墓を建てていた土地をお寺や霊園の管理者に返却することを言います。

墓石を解体し、区画を更地に戻す必要があるので、墓じまいをする場合は業者に解体工事を依頼する必要があります。

墓じまいをした場合、今あるお墓は撤去してしまうため、遺骨を新しい場所に移す必要が生まれます。

墓じまい後の遺骨の供養方法は下記があります。

  • 墓石を購入して新しく故人のお墓を作る。
  • 永代供養墓や樹木葬、納骨堂に納める。
  • 手元供養や散骨などお墓を必要としない供養方法にする。

墓じまいについて詳しく知りたい方は下記の記事もご覧ください。

永代供養とは?

永代供養とは、お寺や霊園などの墓地管理者に故人の遺骨を預け、遺族に代わって永代に渡って管理し供養してもらうことを言います。この永代供養を前提としたお墓が永代供養墓です。

永代供養墓は、近年、以下のような悩みから利用者が増えています。こうした悩みに応えるかたちで、永代供養が注目を集めるようになりました。

  • 遠方に住んでいるため、年に数回しかお墓参りができない。
  • 墓石を建てるのは高額なので、できるだけ値段を抑えたい。
  • 子どもがいないため、将来お墓を守ってもらう人がいない。
  • 子どはいるけれども、負担をかけたくないと考えている。

永代供養について詳しく知りたい方は下記の記事もご覧ください。

「永代供養墓」と「墓じまい」の違いと、それぞれの意味について、ご説明しました。

次は、今あるお墓を墓じまいして、永代供養墓に遺骨を移すことでどのようなメリットがあるのかをご紹介します。

墓じまいして遺骨を永代供養墓に改葬するメリット

継承者がいない場合でも安心

これまでのお墓は、家で代々受け継いでいくもので、お墓の承継を考える必要がありました。

永代供養墓であれば承継者がいない人でも契約でき、継承者が絶えてしまってもお寺や霊園から永続的に供養が受けられますそのため「自分の死後は誰が供養してくれるのだろう」と心配する必要はありません。

また、一般的に永代供養墓には、遺骨の有無に関係なく生前に申し込みができるという特長もあります。

お墓を管理する必要がなくなる

先祖代々のお墓が子孫の居住地から遠い場所にある、または交通の便が非常に悪いところにあるなどの場合、お墓の管理や供養に多くの手間がかかります。

永代供養にすると、お墓の管理はお寺や霊園が行ってくれるようになります。

従来のお墓に比べ費用の負担が少ない

永代供養墓は一般的なお墓よりも維持管理費が安い傾向があります。年間管理料や石の修繕などの費用も不要となることが多く、「子孫にお墓の費用負担をさせたくない」という理由から選択する人が増えています。

墓じまいをして遺骨を永代供養墓に移すまでの流れ

1.親族や墓地の管理者に墓じまいの意向を伝える

墓じまいをするときには、必ず親族と話し合いを行ってください。お墓の管理は親族全体に関わる問題なので、独断で墓じまいをすることは避け、親族の同意を得ておく必要があります。

親族の同意が得られたら、お寺や霊園などの墓地管理者に墓じまいをしたい旨を伝えます

お寺の墓地にお墓がある場合は、檀家をやめる(離檀する)ということになります。トラブルにならないためにも、突然告知したりはせず、理由を丁寧に説明の上、墓じまいしたい旨を伝える方がスムースです。

2.永代供養墓を決める

次に新しい遺骨の納骨先である永代供養墓を決めます。親族や管理者への相談と同時並行で進めてもよいでしょう。

実際にご希望の地域の永代供養墓を探したい方は、下記からお探しください。ご希望のエリア、お墓の種類や特色・こだわり、宗旨・宗派などの検索条件で全国の永代供養墓を探すことができます。

3.墓じまいの行政手続きを行う

墓じまいをした後に遺骨を永代供養墓に移す時には、改葬許可申請の手続きをしなければいけません。このときに必要となる書類は「埋葬(納骨)証明書」「受入証明書(永代供養許可証)」「改葬許可申請書」の3点です。

埋葬(納骨)証明書

埋葬(納骨)証明書は、現在のお墓の管理者に交付をしてもらいましょう。なお、公営霊園の場合は各市町村が窓口となっている場合もあります。

受入証明書(永代供養許可証)

受入申請書(永代供養許可証)は、新たな納骨先のお寺・霊園の管理者に交付をしてもらいます。散骨や手元供養を行う場合は、どのような手続きを踏めばよいのかを事前に市町村に問い合わせておきましょう。

改葬許可申請書

埋葬(納骨)証明書と受入証明書(永代供養許可証)が用意できたら、改葬許可申請書を記入して3点セットで提出しましょう。改葬許可証は、遺骨を取り出すために必要になります。なお改葬許可証が発行されるまでには時間がかかることがあるので、余裕をもって手続きを行うようにしてください。

4.お墓を撤去する石材店を決める

次に、墓石の撤去作業をお願いする石材店を選びます。お寺側・霊園側が石材店を指定していないのであれば、複数の石材店で見積もりを取るとよいでしょう。

5.お墓の閉眼供養を行い遺骨を取り出す

お墓を撤去し、遺骨を取り出す前に、お墓の閉眼供養を行います。手を合わせる対象だったお墓から魂を抜くことで、ただの石に戻すための供養です。閉眼供養は先祖代々のお墓があるお寺にお願いします。

長い間お墓の中に安置されていた遺骨は、溶解していたりカビが生えていたりすることがあります。骨壺内の水抜きをするなどして、遺骨をできるだけきれいにしてあげてください。

6.墓石の撤去を行う

遺骨を取り出した後、石材店に墓石の撤去工事をしてもらいます。墓石だけでなく巻石や外柵なども取り払い、区画を更地にした上で、墓地を管理者に返還します。

7.遺骨を新しい納骨先の永代供養墓に埋葬する

最後に、墓じまいをして取り出した遺骨を新しい納骨先の永代供養墓に埋葬します。その際に、永代供養料・納骨費用・管理料をお支払いします。

墓じまいと永代供養にかかる費用

墓じまいにかかる費用

墓じまいを行うときにはさまざまな作業が必要です。それぞれの作業費の内訳を見ていきましょう。なお、作業内容の紹介は別の項目で行います。

お墓の撤去費用

お墓を撤去して更地に戻す費用です1㎡あたり10万円程度を見込んでおきましょう。お墓の立地や状況によっては追加費用が発生することもあります。地域差も大きいので気をつけてください。

お寺などへのお布施

お墓を撤去し、遺骨を取り出す前に、お墓の閉眼供養を行います。手を合わせる対象だったお墓から魂を抜くことで、ただの石に戻すための供養です。このときに渡すのがお布施です。

それぞれのお寺との関係性などにもよりますが、数万円程度といわれています。また、新しいお墓に遺骨を入れる場合にもお布施が必要になります。

離檀料

檀家としてお寺にお墓を管理してもらっていた場合、墓じまいとともに檀家を抜ける(離檀する)ことが多いです。このときに「今までお世話になりました」という意味でお寺に支払うお金が離檀料です。

お寺の格によりますが、数万円から、場合によっては数十万円というところもあります高額な離檀料を請求するケースもあり、一部では問題になっています。

最近のお寺では檀家も減っている関係で、お寺を維持することが難しいという場合もありますが、こじれてしまうと大きなトラブルに発展することもあります。

なお、離檀料には法的な根拠はなく、慣習として行われているに過ぎません。

新しい墓地の費用

既存のお墓から取り出した遺骨を納めるための、新しいお墓を入手する費用です。墓石を購入して新しく個人のお墓を作るのか、永代供養墓にするのか、納骨堂に遺骨を納めるのか、樹木葬を選ぶのかなどでコストは大幅に異なります。

手続きの費用

墓じまいをするときは、役所や墓地の管理者から数種類の書類を交付してもらう必要があります。具体的には以下の書類です。

  • 改葬許可申請書
    墓地がある自治体の役所で申請して発行してもらう
  • 埋葬証明書または納骨証明書
    既存のお墓の管理者に依頼して発行してもらう
  • 受入証明書または永代供養許可証
    新しいお墓の管理者から発行してもらう

自治体や管理者によっては金額は異なります。発行時に数百円から1,000円程度の手数料が発生しますので、あらかじめ問い合わせて確認しておきましょう。

なお、埋葬証明書については「そのお墓に埋葬されている人数分」の枚数が必要になるため、昔からあるお墓は埋葬証明書の取得に時間と費用がかかってしまいます。

自分で手続きできないときは行政書士などに代行してもらうことになりますが、その場合は行政書士への報酬が必要です。

永代供養にかかる費用

永代供養墓で最低限必要になる費用は、永代供養料、お布施、刻字料の3点です。それぞれ単独で請求される場合もあれば、セット料金としてまとめて支払う場合もあります。

なお、お墓の種類や、墓じまいも併せて行う場合など、状況に応じて他にも費用がかかることもあるため、契約時によく確認することをおすすめします。

永代供養料

永代供養料はお墓を維持、管理し、故人を供養するための費用です。多くの場合、永代供養料のなかに、墓所使用料も含まれています。

永代供養料の費用内訳としては、墓所使用料が2割、維持管理費が6割、法要料が2割程度とされています。通常のお墓に比べると比較的費用は抑えられますが、選び方によっては100万円を超えることも少なくありません。

また、永代供養墓は大きく分けて「単独墓」「集合墓」「合祀墓」の3種類があり、どのタイプを選択するかで永代費用料も変わります。一般的には、単独墓が高額となりやすく、次いで集合墓、合祀墓の順に価格相場は安くなります。

永代供養のお布施

永代供養の場合でもお布施は必要です。お墓に遺骨を納骨する際に行われる納骨法要で僧侶にお渡しします。

納骨法要でのお布施の相場としては、3万~5万円が目安になりますが、開眼供養魂入れ)が必要な場合には納骨法要と合わせて10万円ほどが目安になります。寺院や霊園によっては納骨法要のお布施代が永代供養料に含まれている場合もあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

永代供養墓の刻字料

刻字料は石碑や墓誌などに故人の名前を彫ってもらうための費用です。永代供養料に含まれている場合も多いですが、刻字自体の料金は3万円ほどが相場です。

また、刻字に際して戒名を付けてもらうこともありますが、その場合は別途、僧侶へのお布施が必要になります。

その他、永代供養墓にかかる費用

永代供養料、お布施、刻字料のほかには、永代供養墓の運営形態や供養方法によっても異なりますが、墓石料、入檀料、年間管理費などが必要になる場合もあります。そのため、契約前に寺院や霊園にかかる費用の内訳や見積もりをきちんと確認することが重要です。

墓じまいと永代供養を行う際の注意点

墓じまいをして永代供養墓に改葬をする場合の注意点をご説明します。改葬した後に後悔したり、トラブルとならないように、ご参考にしてください。

親族やお寺と事前に相談をしておいた方が良い

墓じまいをする時は、独断で決めたりせず、事前に親族と相談し、同意を得てから行う方がよいでしょう。お墓は親族全体に関わる問題なので、参拝しに行った際にお墓が無かったということになれば、親族間のトラブルになります。

先祖から受け継がれているお墓は遠い親族とも関係している可能性があります。相談や伝達は事前に幅広くしておいた方が無難です。

また、お寺の墓地にお墓がある場合は、檀家をやめる(離檀する)ということになるので、事前に理由を丁寧に説明の上、墓じまいしたい旨を伝える方がスムースです。代々お世話になったお寺です。不義理な伝え方をしたせいで、高額な離檀料を請求されたというトラブル事例もあります。

合祀墓に納骨すると遺骨は後から取り出せなくなる

墓じまいして取り出した遺骨を合祀墓に納骨した場合、遺骨は骨壺の状態で埋葬されるわけではなく、骨壺から取り出して他の遺骨と一緒に埋葬されます。

そのため、合祀された後は遺骨を取り出すことができなくなります

墓じまいして永代供養墓に改葬する場合は、その点を踏まえ、親族の理解を得たうえで行う方がよいでしょう。

墓じまいと永代供養についてのよくある質問

永代供養と墓じまいの違いは?

永代供養とは、お寺や霊園などの墓地管理者に故人の遺骨を預け、遺族に代わって永代に渡って管理し供養してもらうことを言います。

墓じまいとは、先祖のお墓を片付け、お墓を建てていた土地をお寺や霊園の管理者に返却することを言います。

永代供養と墓じまいについての 詳細はこちら>

墓じまいと永代供養を行う際の注意点は?

墓じまいと永代供養を行う際の注意点としては、

  • 親族やお寺と事前に相談をしておいた方が良い
  • 合祀墓に納骨すると遺骨は後から取り出せなくなる

などがあります。

墓じまいと永代供養を行う際の注意点についての 詳細はこちら>

墓じまい・お墓の引越し業者をご紹介

墓じまいは完了するまでの手続きも多く、必要な費用も不透明なところが多いのが実態です。まずは、複数の墓じまい業者から見積りをとることで費用の全体感を把握しましょう。

全国1,000件以上の石材店と提携している「いいお墓」では、お客様のご要望に合わせて、最適な墓じまい業者を紹介いたします。

注目墓じまい・お墓の引越し業者をご紹介!
墓じまい一括見積もり墓じまい一括見積もり

▶︎複数の石材店で墓じまい費用を比較する

全国の永代供養墓ランキング

全国の永代供養墓のランキングをご紹介します。永代供養墓をご検討の場合は参考にしてみてください。

関東

関西

中部

北海道・東北

中国・四国

九州・沖縄