寺院の墓地ですが、石材店は自由に選べますか?【Q&A】

Q.非常に立地条件の良い寺墓地を見つけたので申し込みをしようと住職にお話をしてみました。人当たりもよくこの場所に是非お墓を持ちたい気持ちになったのですが、問題が発生しました。住職から墓石屋さんを紹介されお話を伺ったのですが、担当者は非常に粗暴な態度で、金額も私の想定を超えたものでした。住職に相談すると「うちにお墓を建てる方は皆さん、その石材店に依頼する条件になります」とあっさり。他の石材店が工事をする事は許可出来ないとのこと。紹介された墓石屋さんでお墓は建てたくないのですが、そのお寺にお墓を建てたい思っております。どうすればよいでしょう?

回答

民営墓地だけでなく寺院墓地の場合でも石材店が指定されていることがあります。
トラブル(施工・管理上)を未然に防ぐ目的が通常ですが、資力の乏しいお寺が石材店の資金によって墓地整備を行い、その代わりに指定業者とする場合や、リベートをもらうために業者を指定制にしているところもないではありません。

消費者の立場からは抵抗感を覚えやすいこの制度ですが、お寺側としては具体的に必然性を感じて・・・ということも多々あるようです。

・職人さん一人でやっている石材店で、管理面が未整備なため彫る文字を間違えてしまった
→資金繰りも脆弱なため補償もできずトラブルに発展
・施主さんが連れてきた石材店の若い職人見習いが、お墓参り中の方の目の前で墓地の中をズカズカと横断
→急いでいたためまっすぐ歩いたとの意識なのですが、トラブルに発展

寺院墓地では民営墓地の場合と異なり一業者独占の場合も多く、今回の場合もおそらくそのような事情かと思います。

ひょっとしたらちょっとしたゆきちがいで悪い印象を持ってしまっただけかも知れません。住職さんにじっくり事情を説明して相談してみるのが良いでしょう。それでも不安が大きいようであればその墓地は諦めるというのもひとつの選択でしょう。