遺骨の保管 – 自宅で保管する方法/手元供養とは?

遺骨を保管する方法として、お墓に納骨する以外に自宅で保管する方法があります。

遺骨の自宅保管は、故人の遺骨を形見として手の届くところに大切に保管したいという方におすすめの保管方法です。このような保管方法は手元供養とも呼ばれ、最近増えてきています。

しかし、遺骨の保管を自分で行う必要があるため、保管について不安を感じる方もいるかもしれません。遺骨をご自宅で保管する際、そもそも保管をしてよいのか、どのように保管をすればよいのか、遺骨を入れる箱はどんなものを使用すればよいのかなど疑問が出てくるかと思います。

ここでは、自宅で遺骨を保管する方法や注意点について紹介しています。

都道府県一覧からお墓を探す

いいお墓では希望エリア・お墓の種類・宗旨宗派などの検索条件で全国のお墓を探すことができます

遺骨を自宅で保管する方法は?

遺骨を自宅で保管する場合は、遺骨を適切に保管しなければいけません。遺骨は主にカルシウムでできていますが、高温多湿の場所で保管してしまうとカビが生えてしまいます。大切な故人の遺骨にカビを生やしてしまうのは大変残念なことです。

遺骨を自宅で保管する際は、遺骨の入っている骨壷と木製の木箱をそのまま使用する方法があります。

また、シンプルな骨壷やモダンな骨壷も販売されているため、骨壷を変えたい場合は購入しましょう。故人に対する感謝や想いを表す方法の1つとして、こうしたデザイン性の高い骨壷に移す方もいます。

遺骨は、直射日光のあたらない風通しのよいところに保管しましょう。湿気の多い水回りの近くや、押入れなど空気が滞留している場所は、カビが繁殖しやすいので注意が必要です。仏間が一番適していますが、マンションの場合は風通しのよい寝室やリビングルームなどに保管する方が多いようです。

遺骨を保管する際は、カビの流入を防ぐために必ず密閉できるケースを選びましょう。完全に密閉ができる容器であれば、内部の環境が保たれるため、湿気や気圧の変化などの影響を受けません。

また、最近では遺骨を安置できる仏壇も造られています。さまざまなデザインのものがありますので、探してみるのも良いでしょう。

手元供養とは?

あまり知られていませんが、遺骨をお墓やお寺に納骨しない場合は、どこに保管をしても問題はありません。その場合の選択肢として挙げられるのが、自宅などに遺骨を保管する手元供養という方法です。

 

一般的に、告別式が終わった後、火葬された故人の遺骨は骨壺に収められ、お寺や遺族の自宅に届けられます。そして、49日を目安にお墓やお寺に納骨されます。

しかし、最近は故人をよりそばに感じたい、自宅で大切に遺骨を保管したいということで、自宅等で遺骨を保管される方もいます。また自宅以外の場所で遺骨を2ヵ所以上の場所に分けて保管したいという場合は、埋葬許可証が複数枚必要になる可能性があります。

遺骨の大半はお墓に納め、一部分だけを自宅など身近なところにおいて手元供養するというケースが多いようです。

遺骨は砕くべきか?

通常の骨壷はある程度の大きさがあるため、骨壷の大きさが問題になるケースがあります。旧式の日本家屋であれば仏間がありましたが、アパートやマンションで手元供養をする場合は骨壷の置き場所に困ることがあります。

その場合は、遺骨を粉砕するという手段があります。遺骨を粉砕することによって、通常の骨壷より小さい骨壷に入れ替えることができます。近年はデザイン性の高いコンパクトな骨壷も販売されているので、どの骨壷で手元供養をするのかを考えてから遺骨の粉砕を検討してもよいでしょう。

もちろん、そのままの骨壷で保管しても問題はありません。可能であれば故人の意見をあらかじめ聞いておいたり、家族と相談したりして決めるようにしましょう。

ただし、粉砕した全骨を骨壷にすべて納める場合は、通常の骨壷よりもコンパクトにできるものの、ある程度の大きさがあるので注意が必要です。

遺骨を粉砕するタイミングは?

遺骨は、葬式場での火葬が終わってから四十九日を過ぎたタイミングで納骨するのが一般的ですが、粉砕するタイミングは納骨後でも問題ありません。ただし、時間が経つほど遺骨にカビが生えやすくなるため、あらかじめ遺骨を粉砕する予定であれば、葬式場での処理が終わってからできるだけ早く遺骨を粉砕した方がよいと言えます。

骨壷に入らなかった遺骨の取り扱いについて

市販されている小型の骨壷は、一部を除いて、砕いた遺骨をすべて収納するようにはできていません。そのため、骨壷に入らなかった遺骨を海や空、山中等に散骨する方もいます。

小さいお子様がいる家庭では、子どもが怖がってしまう可能性もあるので、粉砕した遺骨の一部をペンダントやお守りにするケースもあります。いつでも故人の方を近くに感じたいとうことで、遺骨をアクセサリーにする方もいます。

また、手元供養を十分に行った後や気持ちの整理がついた際に、お寺や納骨堂などに納骨する方もいます。場所によっては粉砕された遺骨の納骨を断られる場合があるので、事前に調べておく必要があります。

まとめ

手元供養では、自宅など身近なところに骨壷を保管して供養します。遺骨を手元供養したい方や、粉骨の流れがわからないという方、自宅での遺骨の保管の方法を知りたいという方は、ぜひお気軽にご相談ください。

4.88/5 (8)