【お墓から納骨堂へ】遠い田舎の墓の管理はどうすればいいの?

日本は家ごとにお墓を立て、先祖代々の遺骨を埋葬・管理することが伝統があります。

ところが都心への人口集中や墓地の不足を背景に、先祖代々のお墓に納骨するのではなく、自分が住んでいる近くの納骨堂に遺骨を預けて管理してもらう人が増えています。

法律上遺骨は墓地ではない場所に埋葬することができないため、遠いお墓しか持たない人やお墓自体を持たない人たちは納骨堂を利用する人が増えています。

知っているだけで役立つお墓や埋葬にまつわる問題について、最近の傾向と費用について説明します。

 

都道府県一覧からお墓を探す

いいお墓では希望エリア・お墓の種類・宗旨宗派などの検索条件で全国のお墓を探すことができます

自宅から遠いと法事が大変!?

家族代々の墓地を持っているとしても、自宅から離れた地方にお墓がある人も少なくありません。

当たり前のことですが、お墓が遠方になると管理するのが大変です。

兄妹や親せきの家族が近くにいれば管理をお願いできますが、お墓参りをするだけでも交通費などの負担がかかります。

新しく購入する場合でも、墓地の場合、土地代や墓石代、工事費などで初期費用が平均200万円かかるとも言われています。

また墓地の場合、寺院によって宗派が異なるなど制限も出てくるでしょう。

こうした費用や手間、制限などを考慮すると遺骨の保管先として納骨堂を選択する人が多いのも時代と言えるかもしれません。

 

納骨堂の種類と特徴

納骨堂に遺骨を預ける場合、いくつかの形態やプランを選択できます。

まず納骨堂を運営しているのは主に、公営と都道府県から認可を受けている寺院、民営があります。

そのほとんどが宗派の制限がないため誰でも利用できます。

また納骨堂の遺骨保管形式としては、上段に仏壇、下段にお墓を安置する場所がある仏壇式、すてきなデザインのものもあるロッカー式、さらにカードをかざすと遺骨が自動的に運ばれてくる機械・可動式などです。

いずれもお墓を購入するよりも費用をおさえることができ、最も高価なものでも200万円以下、平均すると30万円ほどで利用できます。

 

両国綾苑

 

遺骨を一時保管することができるってホント?

納骨堂での遺骨の管理は、期限付きで申し込むことができます。

一時的に納骨堂で遺骨を管理してもらい、その後、あらためて墓地で埋葬もできます。

もちろん契約更新をして管理期間の延長も可能なため、利便性が高くなっています。

納骨堂では永代供養をしてくれることが多いので継承者がいなくなっても管理を心配する必要がなく、一代限りで利用を終えることなど、利用者の希望に合わせた管理をしてくれます。

最近では都心を中心に立体駐車場のようなビル型納骨堂が増えています。

施設内はバリアフリー設計で、明るく清潔感のある空間の施設が多いです。

墓地だと遠方に足を運ばなくてはならず、長く管理するのにも多大の費用と労力がかかることもあり、今後も納骨堂を好んで利用する人が増えていくことでしょう。

納骨堂を探したい方は納骨堂なびをご覧ください。

納骨堂ナビ(姉妹サイト)ではさまざまなタイプの納骨堂をご紹介しています。


日本最大級のお墓ポータルサイト「いいお墓」では、全国7,000件以上の霊園・墓地を検索できるほか、資料請求・見学予約・お墓の相談をすべて無料で承っています。お墓・永代供養墓・樹木葬の価格(費用)、お墓購入者の口コミ、建墓のポイント、石材店の選び方や、お墓の引越し(改葬)など、お墓に関する情報も満載。霊園・墓地のことなら「いいお墓」にお任せください。

また、運営元の株式会社鎌倉新書(東証一部上場、証券コード:6184)では、お墓だけではなく、葬儀・葬式、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持ち、幅広い情報を提供しています。

 

5/5 (2)