お墓の引越し(改葬・移設)の流れ

お墓の引越し(改葬・移設)

「実家の墓地は遠くてお墓参りが大変」
「寺院の墓地にお墓があるが、民営霊園に移動したい」

お墓の引越しは「改葬」と呼ばれているのですが、そのような言葉があるくらい昨今では一般的なことになっています。その背景には、仕事の事情やライフスタイルの変化により、一つの場所に定住し続けるのが難しくなってきていることがあります。

しかし「改葬」は、自分の都合だけで勝手にできるものではありません。移転元や移転先での承認を得るほかにも、さまざまな手続きを行わなければなりません。

現在あるお墓から魂を抜き、新しいお墓に魂を入れるという供養も必要になってきます。また、古い墓石は、必ずしも新しい墓所へと移動できるとは限りません。移動できるとしても、撤去費や移動費、設置費が掛かってきます。

都道府県一覧からお墓を探す

いいお墓では希望エリア・お墓の種類・宗旨宗派などの検索条件で全国のお墓を探すことができます

墓じまい資料一括請求【無料】

墓地の解体・撤去を考えている方のご状況に合わせて「いいお墓」が厳選した墓じまい業者をご紹介!

フォームに必要情報を入力するだけで、お近くの墓じまい業者の資料を一括でお取り寄せいただけます。

お墓の引越しの流れ

1.
移転先の墓地の管理者から「受入証明書」を発行してもらう。

2.
移転元(現在埋葬されている墓地)の管理者から「埋葬証明書」を発行してもらう。

3.
移転元の墓地が所属する市区町村役場に「改葬届」を提出し、「改葬許可証」を発行してもらう。

4.
移転元の墓地の管理者に「改葬許可証」を提示し、遺骨を取り出す。

5.
移転元の墓地を原状回復する。「御魂抜き」法要後、墓石・外柵の撤去を行う。
※墓石(石塔・石碑)を移設する場合でも、外柵などの部材撤去は必要です
※御魂抜き(閉魂法要)…お墓から仏様の魂を抜いて元の石の状態に戻すこと

6.
移転先の墓地の管理者に「改葬許可証」を提示し、遺骨を埋葬する。
「開眼法要」を行う。

注意点
  • お骨だけでなく、墓石(石塔・石碑)の移設も希望する場合は、移転先の霊園・墓地が移設を許可しているかどうかを事前に確認しておく必要があります。※墓石の受け入れが可能な墓所は限られています。
  • お墓の引越し(改葬)をする場合、移転元墓所の「現状回復義務」(元の更地に戻すこと)があり、諸費用(墓石撤去料、回復の際の工事費)は自己負担しなければなりません。
  • 移転元の永代使用料は返還されません。
  • お墓やお骨を勝手に移動することは法律で禁止されています。所定の手続きと法律に則って行う必要があります。
お墓を建てるために必要な手続きと書類
最近では人々の生活も多様化が進み、お墓の事情も以前とは違ってきています。そのため、子孫に受け継いでいく昔ながらのお墓のほかに、納骨堂や永代供養墓なども増えてきました。また、墓石にこだわらず、樹木の下に遺骨や遺灰を埋葬する樹木葬や、山や海に散骨する自然葬なども注目を集めています。

お墓の引越しFAQ

Q.古い墓所の墓石を、新しい墓所に移動できますか。

A.

一般的に骨壷の移動は可能ですが、墓石を移動する場合は、移動先の墓所で改葬する墓石の受け入れが可能かどうかを確認する必要があるでしょう(移動不可の墓所もあります)。

また、外柵と呼ばれる墓所の周りを囲む石に関しては、移動先墓所との寸法が合うことが希だということもあり、 移動できない可能性があります。

Q.改葬の際、骨壷だけを移動することができますか。

A.

できます。納骨されているご遺骨すべてを改葬し既存のお墓を撤去する場合、特定のご遺骨だけを改葬される場合などがあります。

その他、さまざまなケースが考えられますので、迷われる場合は「いいお墓 お客様センター」にご相談いただければと思います。

Q.分骨は自由にできるのでしょうか。

A.

埋葬してある遺骨から分骨する場合※①と、火葬場で分骨する場合※②で、手続きが異なります。

①まず墓地管理者に「分骨用の証明書」を発行してもらいます。次に、石材店などに依頼し遺骨を取り出してもらいます。その後、分骨先の管理者に 「分骨の証明書」を提出して、納骨します。

②火葬場管理者に「分骨用の証明書」を必要枚数発行してもらい、火葬場で複数の骨壷に入れる形で分骨します。その後、それぞれの納骨先にご遺骨を納めるという手順になります。

Q.改葬は何から始めればよいでしょうか

A.

まずは今、お墓のあるお寺の住職などに引越しをしたい旨を相談してみるのが良いでしょう。

そして、移動する先の墓所のめどもつけておきたいです。その後、墓石が移動できるかどうか、費用がどれくらいかかるかなど、条件や費用面の比較検討をしていくのが良いでしょう。

Q.改葬費用の相場が知りたい。

A.

改葬にかかる費用は、大きく4つに分けられます。

①現在あるお墓の移転費用

②移転先のお墓の設置費用

③宗教儀式に関する費用

④手続きに関する事務手数料

また、寺院の場合は、これまでのお付き合いのされ方でお布施の金額が異なったりすることがあります。

301 Moved Permanently

Q.返還した墓所の永代使用料は返金してもらえるのでしょうか

A.

原則返金されることはありません。その墓所ごとにある墓地使用規則をご確認ください。

Q.離檀料を請求されたのですが、払わなくてはならないのでしょうか。

A.

離檀料に法的根拠はありませんが、これまで永年お世話になったお礼としてお布施をお渡しする習慣もあるようです。

まずは、改葬する前に、その旨を住職に相談・説明をして、ご理解いただくことが大切でしょう。

仏教の場合は、今あるお墓を撤去する際に供養(魂抜き)をしてもらい、新しいお墓に納骨する際にも供養(開眼供養)してもらうことが多いです。

Q.土葬のお墓を改葬するにはどうしたら良いでしょう。

A.

土葬でも遺骨の改葬は可能です。ただし、火葬することが必要になってきます。その際は役所から、「改葬許可書」と「火葬許可書」を発行してもらう必要があります。

また、墓所の広さ、土葬のご遺骨が何名様分あるのかなどの詳細を知る方の立ち会いが必要となる場合があります。

Q.改葬する遺骨が複数人分ある場合、改葬許可申請書は何枚提出すれば良いですか。

A.

改葬許可申請書は、遺骨1名分につき1枚必要となります。

例:遺骨数5名の場合、改葬許可申請書は5枚

4.86/5 (22)