お墓への納骨の時期はいつがいいの?日程と手配のポイント

納骨とは、火葬した後のご遺骨をお墓などに納めることですが、ご遺骨をどのタイミングでお墓に納めればよいのかご存じですか?

法律として納骨しなければいけないとは決められていませんが、遺骨をお墓に納めるのは、故人が亡くなってから四十九日を過ぎてからが一般的であると言われています。
しかし、納骨は骨を納めるお墓を用意しておく必要があるだけに、納骨の時期を定めるのは難しく、個人の状況や心境によって最適な時期は変わってきます。
特にお墓がまだない方は、これからお墓の場所を探す必要があるので時間がかかりますし、遠方にお墓がある方は手続きや手配のために休暇をとる必要があるかもしれません。また、納骨の時期を定めたら納骨式の準備もしなければなりません。このように納骨するまでにいくつもの手続きが必要になります。
ここでは納骨の時期の定め方と、最初の法要でもある納骨式についてご紹介したいと思います。

 

都道府県一覧からお墓を探す

いいお墓では希望エリア・お墓の種類・宗旨宗派などの検索条件で全国のお墓を探すことができます

納骨できるのは四十九日を過ぎてから

納骨の時期というのは、実は決まりはありません。

遺骨はいつまでも手元に置いておいても問題はありませんが、納骨する場合は四十九日を過ぎてから行うのが一般的と言われています。

これは仏教において、亡くなった方があの世とこの世の間をさまよっている期間が四十九日間と言われているからであり、この期間のことを「忌み日」といいます。

また、忌み日が過ぎ、故人が成仏したあとのことを「忌明け」と言います。

ですから納骨は、なくなった方が成仏した忌明け以降に行うことが多いようです。

忌明けには、四十九日法要が執り行われますので、納骨式もその日に一緒に済ませるのが一般的です。

 

お寺と日程を相談しよう

四十九日法要の日程は、故人が亡くなってから、四十九日目でおこなう必要はなく、お寺と相談して決めることができます。

当然納骨式も四十九日法要に合わせた日程にすることが多いです。

例えば四十九日後が平日ならば、直前の土日、祝日に執り行うのが普通です。

また宗派によっても、三カ月またぐのはよくないとか、五十七日法要を忌明けとするとか、決まりがいろいろありますので、そのあたりはお寺とよく相談しましょう。

四十九日で避けるべき日程は特にありません。

この法要では、仏滅や友引など、六曜を気にする必要はありません。

法事は基本的に休日に行われることが多いため、混雑が予想されますので、できるだけ早めに日取りは決めてしまいましょう。

 

お墓の準備ができていないときの納骨

四十九日法要にて、納骨式も無事に済ませられればよいのですが、それまでにお墓の用意が間に合わない場合もあります。

墓地の手配から墓石の購入、戒名彫りなど、突然のことでとてもそこまで手が回らなかった時には、どうすればよいでしょうか?

こういう場合にも焦る必要はありません。

遺骨は自宅に安置しておいても問題はありませんし、納骨堂にて一時預かりをお願いすることも可能です。

納骨式が忌明けに行われるのは、四十九日法要と日程を合わせているだけであり、決まりがあるわけではありません。

お墓の用意が間に合わないのであれば、百カ日、あるいは一周忌を目安に納骨式を執り行うとよいでしょう。

ただし、この時注意しなければならないのは、三回忌を過ぎてしまうと次の法事まで期間がだいぶあいてしまうということです。

納骨堂で預かってもらえる日数にも限度があります。

お墓はできるだけ、早めに用意するのが一番です。


日本最大級のお墓ポータルサイト「いいお墓」では、全国7,000件以上の霊園・墓地を検索できるほか、資料請求・見学予約・お墓の相談をすべて無料で承っています。お墓・永代供養墓・樹木葬の価格(費用)、お墓購入者の口コミ、建墓のポイント、石材店の選び方や、お墓の引越し(改葬)など、お墓に関する情報も満載。霊園・墓地のことなら「いいお墓」にお任せください。

また、運営元の株式会社鎌倉新書(東証一部上場、証券コード:6184)では、お墓だけではなく、葬儀・葬式、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持ち、幅広い情報を提供しています。

 

4.83/5 (6)