今人気の洋型墓石とは?カタログを活用して希望の墓石をさがす!

お墓というと、昔ながらの和型と呼ばれる代々墓の形態の終の棲家をイメージする方が多いでしょう。江戸時代から広く使われている伝統的な墓石です。現在も日本の墓地の多くはこの和型です。しかし、最近では洋型と呼ばれるお墓に人気が集まっています。ガーデニング霊園や洋風の民営霊園などの出現により登場した墓石といえるでしょう。

都道府県一覧からお墓を探す

いいお墓では希望エリア・お墓の種類・宗旨宗派などの検索条件で全国のお墓を探すことができます

洋型墓石とは?

洋型墓石とは、芝生墓地やガーデニング霊園などによく映える、欧米風のスタイリッシュな墓石です。明るく現代的なデザインであり、モダンで瀟洒な中にも格調があることから近年人気を集めています。洋型とはいっても日本で造り出された墓石ですから、和洋折衷型と考えることができます。厚めの台石の上に、低く横長の幅の広い石碑を載せた形が一般的です。最近はこの洋型墓石のタイプが増えてきています。宗旨宗派が不問がほとんどで、信仰は自由なども選ばれる理由のひとつです。

洋型墓石が増えているのはなぜ?

芝生墓地、ガーデニング霊園が増えている

墓域が、芝生墓地や樹木で囲われたガーデニング霊園の公営霊園、民営霊園が増えてきています。この場合棹石が縦長の和型ではなく、欧米の例にならい竿石が横長の形態の墓石が基準とされているケースが多くなってきている現状があります。この場合、芝生が地続きになっているため、外柵がない場合がほとんどです。

想いを墓石に反映しやすい

和型墓石は「〇〇家之墓」というように、棹石の正面に彫刻する名称も決まってきますが、洋型墓石の場合は、遺骨を納骨する際、故人や遺族の想いを文字や形態として、墓石に彫刻しやすいという特徴があります。最近では、死や自分の人生に対する価値観の多様化に伴い、死生観も同じように多様化しています。洋型墓石であれば、そのような生前の多様な価値観を反映したお墓を建立することができるからです。

重心が低いので倒壊しにくい

和型の縦長の竿石に比べ、洋型は横長の竿石なため重心が低いため、地震などによる倒壊が免れやすいという傾向があるともいわれています。

洋型墓石の種類

洋型墓石にはどのような種類のものがあるのでしょうか。

洋一段ストレート型

墓石の竿石が垂直になっているタイプで、下台の上に直接竿石が積まれているものを指します。

洋二段ストレート型

洋一段ストレート型の竿石に中台という石を挟み、二段になっているタイプです。

洋二段ストレート型(水垂加工、亀腹加工のタイプ)

水垂加工は、墓石の台の部分を斜めに加工をして仕上げること、亀腹加工は、亀のお腹のように丸みを帯びたなだらかな曲線を描いた加工をして仕上げることです。

洋一段オルガン型

オルガン型とは竿石の前部が斜めに加工された形態がオルガンのように見えることから命名されました。竿石の下が直接下台となっています。

洋二段オルガン型

洋二段オルガン型は、洋一段オルガン型に中台という石を挟み、二段になっているタイプです。

洋二段オルガン型(水垂加工、亀腹加工のタイプ)

水垂加工は、墓石の台の部分を斜めに加工をして仕上げること、亀腹加工は、亀のお腹のように丸みを帯びたなだらかな曲線を描いた加工をして仕上げることです。

洋型墓石に彫刻する文字

家名

一般のお墓と同様に「〇〇家」など、家名を記載する場合があります。また、苗字ではなく、何気ない名前や愛称を刻む場合やイラストを彫刻する場合も見受けられます。

感謝を表す言葉

先祖や故人に対してまるでお声掛けをするかのような、感謝を表す言葉を記す場合もあります。文例をあげると、そのままずばり「感謝」という言葉のほか、「一期一会」「無我」「ありがとう」や「お礼」「悠久」「静寂」「旅立ち」「安らかに」「永遠」「想い」「生きる」「流れ」「希望」「やすらぐ」「祈る」「清心」「飛翔」などという熟語などのワードや、詩・俳句などが選ばれることもあります。選び方はさまざまですが、遺族の故人に対する思いが表れた言葉です。

故人との関係性を感じさせる言葉

「魅」「逢」「隠」「奏」「清」「宙」「空」「祥」「曙」「憩」「昴」「願」「悠」「浄」「心」「誉」「燈」「想」「絆」「愛」「慈」「恵」「戒」「慕」「好」「情」といった一文字の漢字など、それぞれの遺族の方が故人との関係性の中から思い描いた言葉をピックアップしていきます。故人の気持ちに寄り添い、これまで一緒に生きてきた過程の中から生まれてきた言葉を選ばれる方も多いです。

外国語の言葉

日本語に限らず、外国語の言葉を選ばれる方もいらっしゃいます。「Que Sera, Sera」「forever」「la vie en rose」「thank you」「love」「wish」など。故人が好きだった言葉や、歌のタイトルなど故人と縁の深いワードのほか、オリジナリティある言葉が選ばれるケースが多いようです。

墓石カタログで洋型墓石を選ぶ方法とは?

一概に墓石カタログとはいっても、石材店が作成している墓石カタログにはさまざまなものがあります。そこで、どのような種類のカタログがあるのかを紹介していきます。

多くの墓石が紹介されたカタログ

購入できる多くの墓石がラインナップされたカタログです。デザインや石種が選べ、価格のガイドラインもしっかりと掲載されています。「いいお墓」では、「定額墓石ブラン」と称し、“3つの定額価格ですべてが揃う、豊富なラインナップから選べるお墓”のカタログを無料進呈しています。多くのプロトタイプの中から自ら選べるセミオーダーのお墓です。デザインや価格も明確なので、心配することがありません。

墓石カタログ ~定額墓石プラン~|いいお墓
永久保存版の墓石カタログを無料で資料請求...

石材店の総合カタログ

それぞれの石材店が用意している自社のカタログです。お墓のデザインや石種などの紹介もされていますが、自社の沿革や、基礎工事風景、代表や営業マンの言葉や顔写真なども掲載されており、総合的にその石材店がわかる総合カタログです。

洋型墓石のカタログを手に入れる方法

洋型墓石のカタログを手に入れたいと思った場合、どのような方法があるのでしょうか。

「いいお墓」などポータルサイト

「いいお墓」などのお墓探しのポータルサイトに、自らの要望を伝え、希望に叶った墓石カタログを送付してもらう方法があります。特定の石材店にかたよることなく、幅広い情報を有しているので、希望に叶う何種類かのカタログを送ってもらうことができるのがメリットです。希望をすれば、霊園の資料も送ってもらうこともできます。

墓石カタログ ~定額墓石プラン~|いいお墓
永久保存版の墓石カタログを無料で資料請求...

「石材店」のホームページ

各石材店においてもホームページなどから資料請求ができるところが多いです。複数の石材店からカタログを取り寄せ、比較検討できるようにしましょう。

石材店に訪問する

建立する場所などを想定している場合は、その墓所に近い石材店を選び、直接出向いて、カタログをもらうということもできます。事前に電話などでカタログの有無を確認してもよいでしょう。丁寧に対応してくれると思いますが、その石材店に依頼をするかどうかを決めていない場合は、比較検討する旨を明確に伝えましょう。

墓石カタログのチェック項目

墓石カタログを入手した後、どのようなポイントをチェックしたらよいのかを紹介します。

サービス対象エリアの確認

墓石を建立する際には、墓石を運搬する必要などもあり、サービスの対象エリアを設定している場合があります。気に入った石材店があったとしても、遠方にある場合などは、工事を請けてくれない可能性もありますので確認する必要があります。

石の使用量や広さ

洋型墓石を希望される方はデザインへのこだわりが強い場合が多く、イメージ通りのデザインを設計しようとすると石の量はどんどん増えてしまいます。お墓の大きさによって使用する石材の量が違ってきます。石材の量が変わってくると、当然、価格にも反映されます。必ず現地を採寸して見積もりを出してもらうようにしたいものです。

墓石の原石の種類や産地

墓石の原石には、国産のもので約50種類、中国やインドなど外国産のもので100種類程度の種類があります。国産石の方が外国産石と比べて、総体的に価格が高くなる傾向にあります。また、ほとんどの石には等級があり、それにより価格も変化します。色褪せることがない、吸水性が低い、硬度の高い石材などが品質の良いとされています。価格だけを見るのではなく、品質も考慮する必要があります。人気が高い石として、御影石の一種で石質の高さから花崗岩のダイヤと称される庵治石(あじいし)、世界で最も硬い黒御影石として最高ランクの石といわれるクンナムなどがあります。

墓石への彫刻、耐震構造などオプション

デザイン性の高い墓石や、家名や家紋などの彫刻を竿石などに施した場合や磨き直し、耐震構造などオプションの作業が加わると、価格にも影響をおよぼします。従来の和型墓石の場合は規格が決まっていますが、洋型やデザイン型のお墓はオリジナルもしくはセミオーダーになります。こうした行程で発生するデザイン料や加工料を請求する石材店もあることでしょう。

霊園・墓地での規制を確認

墓地や寺院によっては洋型のお墓を規制している場合もあります。特に寺院墓地は寺院の住職の意向によって、対応が違ってきます。信仰にこだわりがある場合、洋型のお墓は仏教の思想が反映されていないとの見解もあります。代々と継がれている承継されるお墓が多いため、デザイン墓のような独特な形式のお墓は少ない傾向にあります。また、石材店はその寺院に出入りをしている石材店が指定される場合が多いです。洋型が認められても、その大きさや形に規制がかかることもあります。宗教観が墓地や寺院と合わなかったり、周囲の和型のお墓と見た目が違うため、景観が損なわれるなどその理由はさまざまです。洋型のお墓を希望の際は、必ず事前に確認しましょう。

墓石カタログを活用したお墓造りの極意!
お墓を建てる際には、まず、墓石カタログを入手したいものです。石材店で作成している墓石カタログを取り寄せ、比較検討してみる。そうすることで、得意としていることや、気を付けていることなど、それぞれの石材店の特徴がわかってきます。また、過去の建墓...

お墓選びの流れ

さまざまな要素が集約されてお墓の価格は決まってくるので、価格だけに注目してお墓を購入するのは注意する必要がります。

資料請求で複数の墓地の情報を手に入れる

資料請求で気になるセット価格墓石の情報を手に入れ、比較対象しましょう。

現地で採寸をする

必ず墓所現地で採寸を行いましょう。この工程がなければ墓石の施工工事を行うことはできません。改葬なども場合も同様です。

見積もりを必ずとる

永代にわたり建てられているものです。どのような墓石を建立したいのかが決まった段階で、必ず見積もりをとるようにしましょう。

いいお墓とは

いいお墓では、全国の9,000件以上の墓地情報を掲載し、年間14万件のご相談を承っております。「いいお墓」の運営は、1984年創業の出版社である株式会社鎌倉新書(東証一部上場、証券コード:6184)が行っています。

墓石について徹底紹介! お墓をなぜ建てるのか、その目的・種類・石種などを詳しく説明!
お墓とは、故人を埋葬する場所に建つシンボルです。葬儀を執り行い、火葬した遺骨を埋葬した後は手を合わせ、供養の対象となる場所でもあります。日本で一般の人がお墓を建てるようになったのは江戸時代といわれています。霊園、墓地、墓所などお墓を指す言葉...
5/5 (1)