最近人気の樹木葬墓地とは?タイプや埋葬方法、費用内訳を細かに説明!

近年、樹木葬という言葉が浸透してきました。樹木葬は、墓石の代わりに樹木を墓標(シンボルツリー)にし遺骨を自然に還す埋葬方法ですが、その形態は千差万別であり、こういうものだという明確な定義はありません。墓石はなく、墓標である樹木の下に納骨するという概念だけが共通しているといえます。本記事では、樹木葬墓地の埋葬方法や流れ、メリットやデメリットなどを紹介していきます。

都道府県一覧から霊園・墓地を探す

いいお墓では、ご希望のエリア、お墓の種類や特色・こだわり、宗旨・宗派などの検索条件で全国の霊園・墓地を探すことができます。

樹木葬墓地ってどういうもの?

樹木葬は、墓石の代わりに樹木を墓標(シンボルツリー)にし遺骨を自然に還す埋葬方法ですが、こういうものだという明確な定義はありません。そこで、樹木葬墓地の主な3つのタイプである庭園タイプ・公園タイプ・里山タイプについて説明していきます。

庭園タイプ

ごく限られたスペースに、墓標となるシンボルツリーや花木を植えるガーデンタイプです。寺院の境内墓地や霊園の一角でも見られる、“都市型”の樹木墓地と言えるでしょう。庭園・ガーデニング風の雰囲気を保つよう管理している霊園が多く、整理された美しさを感じることができます。

公園タイプ

墓域をマウント状にして芝生を植えたりするなど、まるで公園のような草花の自然が感じられる環境整備が成されたタイプで、園内の一角を樹木葬としている霊園が多いです。樹木は1~数本を墓域に植えるシンボルツリー型が多いようですが、一部、一区画ごとに植える霊園もあります。

里山タイプ

自然とより密接した里山という環境の中、「人を弔う静かな墓地で里山の草木を育てる」といった自然樹林保全の目的を持ったタイプです。死して自然に還るという希望を叶えたい方がお求めになるケースが多いようです。里山タイプでは山林や丘などの広大な面積を持ち、一区画に1本ずつ墓標となる樹木を植樹するところが多いようです。

埋葬方法によって価格は変動する

樹木葬は、永代供養墓や納骨堂と同様に継承する必要のないお墓であることが多いです。一定期間は管理者である寺院や霊園による供養が行われ、その後合祀されるケースが多いです。よって継承者が不要な永代供養の形式となっています。

樹木葬の埋葬方法には合祀型(合葬型)と集団型、個人型の3種類があり、それぞれの埋葬方法ごとに価格は変わってきます。合祀は「合わせて祀る(まつる)」、合葬は「合わせて埋葬する」という意味の言葉です。どちらも同じく、骨壺から焼骨を取り出し、ほかの人のご遺骨と一緒にする埋葬方法のことを指します。ご遺骨は合祀により色々な人の遺骨とひとまとめにされ混ざった状態になり、長い年月をかけて土に還るかたちで地面に埋葬されます。

合祀型(合葬型)

ほかの方と同じ敷地内に故人の遺骨を埋葬する合祀型は、埋葬される多くの方に対して一本の木をシンボルツリー(墓標)とします。そのため樹木葬の中でも格安で、相場は30万円ほどです。場所によっては5万円ほどの格安費用で行える場合もあります。格安で樹木葬を探すと、ほとんどが合祀型になりますが、一度合祀にすると、後からご遺骨を取り出すことができないので注意が必要です。

集団型

合祀型と似た埋葬方法ですが、シンボルとなる木の下が区画で分けられており、ほかの方と故人の遺骨が混ざらないと言う点に違いがあります。

集合はしているものの個人の区画が設けられるため、合祀型よりも費用は高くなりますが、一般墓と比べれば安くおさえられます。

個人型

個人型の場合は個人のスペースを設けたり、一本の木を独占してシンボルとしたり、合祀型に比べて割高になります。相場は70万円ほどですが、高いところでは100万円ほどになる場合もあり格安とは言い難いです。夫婦・家族だけでなく個人(一人)でも入ることが可能です。納骨後、一定年数経過後はご住職により集合墓地(合祀・ごうし)に移動され、永代供養されることがほとんどです。

樹木葬の埋葬方法

シンボルツリー(墓標)の木の下に故人の遺骨を納骨する樹木葬には、いくつかの埋葬方法があります

遺骨を自然に還す散骨タイプ

遺骨を埋めるのではなく、撒くという供養の手法をとり、散骨にようにして自然に還るタイプです。散骨のように自然に還してしまうと、あとから改葬の希望がでた場合に、合祀と同様遺骨を取り出すことができませんので、生前に確認が必要です。

布などに包んで埋葬するタイプ

遺骨がほかの人と混ざらないよう、布や袋などに包み重ねて納骨していきひとつのスペースに分けて埋葬する集団型、遺骨を個々の区画に埋葬する個人型があります。布に包んで納骨するタイプも他の方の遺骨と合祀され一緒になってしまう場合が多く、遺骨を取り出せなくなるケースが多いので注意しましょう。

専用の壺や筒などに入れて埋葬するタイプ

寺院や霊園専用の壺や筒などに遺骨を入れて納骨して、ひとつのスペースに分けて埋葬する集団型、遺骨を個々の区画に埋葬する個人型があります。霊園や寺院専用の骨壷で納骨するため、ほかの人の遺骨と混じることはありません。ただし多くの霊園では一定期間終了後、合同墓などに合祀された後に、遺骨を永代供養として土に還すという供養方法がとられています。

樹木葬費用の内訳

樹木葬の費用には、いくつかの項目が含まれています。それぞれの項目の有無や費用規模で、費用総額が変わってきます。

永代使用料

墓地や霊園で、「13年」「17年」など決まった期間(年忌法要の期間に合わせることが多いようです)、骨壺に入れて埋葬し、合祀墓などに埋葬された後に遺骨を永代供養として土に還します。供養料には戒名料込みというケースが多いようです。

埋葬料

故人の遺骨を埋葬してもらうための手数料で、複数の遺骨を埋葬する場合、遺骨1柱ごとに埋葬料がかかるのが一般的です。

年間管理料

運営費や管理費などとも呼ばれる、お墓の管理をしてもらうために必要な料金ですが、昨今の樹木葬では年間管理料が無料という霊園や寺・墓地も増えてきました。

追加料金でできること

個別に料金がかかりますが、追加で提供できるサービスがあります。

銘板彫刻料

墓石代わりに、遺骨を埋葬した場所の近くに、銘板=石材などで作られたいわゆるネームプレートを設置できるサービスで、戒名彫刻やお好きな彫刻を彫る場合、別途費用がかかります。

法要料

葬儀のあと墓所へ葬送後、お寺の僧侶をお呼びして、埋葬のための法要を執り行っていただく場合は、法要料としてお布施を用意する必要があります。

中にはこんな意見も

購入者から貴重なご意見をいただきました。

ペットと一緒に永眠できる

最近はペットと共に眠れる樹木葬も増えてきています。家族も同然の大切なペットと自然に還れるのは何とも嬉しいことです。

宗旨宗派にこだわりがない

樹木葬は基本的には宗旨宗派不問のところが多いです。そういう理由で、埋葬場所は宗旨宗派にとらわれたくないという方には、樹木葬はぴったりの埋葬方法です。

改葬ができない場合がある

「布などに包んで埋葬するタイプ」「専用の壺や筒などに入れて埋葬するタイプ」などは、いずれ合祀となり遺骨が土に還ることが多いため、後々改葬など遺骨を取り出したい場合でも取り出せないことになりますので、注意が必要です。

樹木葬を選ぶには まとめ

必ず、現地見学をしましょう!

樹木葬は明確な定義はなく、埋葬方法もまちまち。立地条件、環境によってまるっきり印象が違ってきます。希望する樹木葬であるかどうかは、必ず現地見学をして、自分の目で見て確認するようにしましょう。

5/5 (2)