お墓とは – 墓地の種類、建立・管理・相続・改葬・墓じまいの流れと費用

お墓とは、故人の遺骨を埋葬する場所として広く知られていますが、昔から現在の形であったわけではありません。また、最近は墓地と暮石で構成される一般的な故人のお墓や先祖代々のお墓だけでなく、墓石のない新しいタイプのお墓も増えています。ここでは、お墓の歴史を辿り、お墓の基礎知識とともに新しいタイプのお墓やお墓参りの作法などについて紹介します。

都道府県一覧からお墓を探す

いいお墓では希望エリア・お墓の種類・宗旨宗派などの検索条件で全国のお墓を探すことができます

お墓の歴史(家墓の伝統、檀家制度)

お墓の歴史は江戸時代の檀家制度に端を発します。

檀家制度は元々キリスト教の弾圧を進めるために作られた制度です。その過程でお寺と庶民の間に強い結びつきが生まれ、お墓を建てる習慣が根付きました。以前は1人ずつ埋葬される個人墓が主流でしたが、土地不足などの理由のため、明治時代以降、土葬から火葬に変わり、また現在の家墓の伝統が生まれたのです。

お墓の相続(承継)

お墓の承継とは、お墓の名義人(使用権を持つ人)が亡くなった際に、お墓を継ぐことです。これまでは長男が継ぐことが一般的でしたが、現在は少子化の影響などで親族の承継者を確保することが難しくなっています。

民法による定め、相続税、承継ルール、名義変更方法手数料など

お墓の継承について、民法897条によると、通常は慣習に従うものの、被相続人の指定があれば親族以外でもお墓を承継することができます。口頭や簡単な書面でも指定できますが、遺言状を正式に作成しておくことで無用のトラブルを避けることができます。遺言書は公証人役場や弁護士事務所などに問い合わせるとよいでしょう。

お墓を承継するときは、承継者が墓地管理者に「墓地使用者の名義変更届け」を提出します。また、提出する際には墓地管理者が定める名義変更料を支払います。

承継者が不明である場合は、家庭裁判所が承継者を指定します。

お墓の無縁化

承継者がいないお墓の増加、永代供養、墓じまい

最近は承継者がいないお墓が増加しています。

承継者がいなくてもお墓がなくなることはありませんが、管理されていない無縁墓は景観の面や維持費用の面からも問題視されています。また、お墓の管理料が一定程度滞納された場合は、お墓の永代使用権が消滅してしまう可能性もあります。

このような事態を避けるため、あらかじめお墓の中の遺骨を永代供養墓など承継者がいない場合でも墓地の管理者が遺族に代わって供養してくれる施設などに移し、お墓を撤去・解体する「墓じまい」などを選択する方もいます。

お墓と墓地の種類

墓地・霊園:公営、寺院、民営

墓地には地方自治体が運営している公営霊園や、主に檀家が寺院の敷地内にお墓を建てる寺院墓地、宗教法人などから委託を受けた民間企業が管理している民間霊園があります。墓地の形態によって費用や規則が違うため、メリットやデメリットを比較検討した上で選ぶようにしましょう。

お墓:家墓、永代供養墓、新しいタイプ(個人墓夫婦墓両家墓、納骨堂)

「家墓」は家単位で先祖代々引き継がれる形態のお墓で、広く建てられています。

近年は葬祭に関する考え方が変わってきており、夫婦だけが埋葬される夫婦墓や一代限りの個人墓。また永代供養墓、納骨堂、樹木葬といった新しいタイプのお墓が注目されています。

お墓と墓地の関係:墓地は借り物

お墓を建てるためには墓地が必要です。お墓を買う場合、墓石は購入することができますが、墓地は借地扱いになります。よく耳にする「永代使用料」というのは墓地の上にお墓を建てる権利のことです。

新しいお墓の建立(流れと費用相場)

新しくお墓を建てるときは、まず墓所を購入します。そして、石材店で墓石やお墓の形状を選んで完成予想図と見積もりを元にお墓のイメージを固めます。その後、工事を注文し、最終確認を経て設計図を元に建立作業に入ります。また、工事には3週間程度かかります。

お墓の費用は石材の種類などによって幅がありますが、100万円から高いものでは200万円以上かかります。

お墓の維持管理(管理する人費用)

納骨時期については、通常、四十九日が過ぎてからお墓に遺骨を納め、供養します。

また、お墓の維持管理料は年間4,000円〜14,000円が相場とされています。また、お寺の墓地を利用している場合は行事の参加費などが加算されることもあります。お墓の管理は墓地管理者によって行われます。

お墓参り(意味、時期頻度、やること概要)

お墓参りは、ご先祖様や故人を供養するために行います。

やり方の正解は一つではありませんが、一般的に掃除に必要な雑巾やバケツなどを持ってお墓に赴き、お墓の掃除をします。そして、墓石に打ち水をして清めてから花立にお花、水鉢にお水を入れ、お供え物を墓前に置きます。お線香をあげてから、お墓に手を合わせてお参りします。帰る際にお供え物は持ち帰りましょう。時期には決まりがありませんが、お彼岸やお盆、命日などに行うのが一般的です。

お墓の引っ越し、改葬(流れと費用相場)

引っ越しや承継などの理由で、お墓を移動させることを改葬と言います。

改葬を行う場合は、改葬先の霊園を探して受け入れ証明書の発行を受けた後、元々のお墓から埋葬証明書を発行してもらいます。その後、自治体に改葬許可証を発行してもらい、現在のお墓の管理者に提出します。埋葬されている霊園での閉眼法要、改葬先の霊園で開眼法要を行います。お墓を処分し、新しく建てる場合の改装費用は300万程度かかると言われています。

まとめ

お墓が広まったきっかけはキリスト教の弾圧でしたが、そのおかげでご先祖様を祀る習慣が生まれました。また、お墓は時代によってその形状を変え、現在も新しい形態のお墓が生まれています。また、核家族の増加や承継者の不足もあり、改装などを望む方が増加しています。お墓の改装や承継者がいないお墓について相談したい方や、新しくお墓を建立する予定の方は、いつでもお気軽にお問い合わせください。

5/5 (9)